スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

高野山から伊勢へ

今年の二月は熊野古道を歩きます。
橋本までバスと列車で移動し、高野山町石道 → 小辺路 → 中辺路 → 伊勢路と繋ぐつもり。
高野山から熊野三山、そして伊勢の神宮へと繋げます。
日本の神々のおわす大和の山々、その主脈をぐるりと巻くようにまず今回は歩きます。
車道の建設などにより姿を消してしまった部分も少なくない熊野古道ですが、宇江敏勝氏の本などを参考に、可能な限り古よりの道を辿ってみたいと思ってます。

熊野古道といいますと、個人的には熊野詣の参詣道という以前に、まず単純に奈良の十津川という山深い地に興味があります。
彼の地のことはもう何十年も前から頭にあるのに、未だ足を踏み入れたことがない。
前回自転車で紀伊半島を横断したときも、まず頭に浮かびながら結局ルートには採らなかった(あまりに山深くて敬遠しました)。

十津川村というところは地図を見れば一目瞭然、非常にデカイ。琵琶湖とほぼ同じ大きさがあり、東京23区より広い。
非常に山深く、また生産性の低い土地でもあったが故に古来ず~っと、なんと明治になるまで租税が免除されていたという土地である。
歴史にもたびたび登場する。
後醍醐天皇が隠岐に流された後、大塔宮(後醍醐天皇の皇子護良親王)が落ちのびてきたのが十津川の地ですし、幕末の坂本龍馬暗殺の場面では、暗殺者が十津川郷士を名乗るのがお約束。龍馬暗殺より前、クーデターに失敗した天誅組が逃げ込んだのも十津川ですし、そのとき朝敵と知らず天誅組に加わったのも十津川郷士です。
山も歴史も好きな自分には一種独特の響きに感じられて惹かれるんですよね、十津川には。
彼の地を訪ねるのが今から楽しみです。

現在、山陰を中心に西日本の雪がすごいですね。大山の積雪が2m40cmとか。
南国の和歌山市でも積雪があったということで正直驚きました。
稀勢の里の初優勝と横綱昇進を見届けてぼちぼちというところなんですが・・・天気予報を見て出発のタイミングを計ってます。

ちなみに、一方で自宅近辺は現在積雪ゼロですよ。いつ降ったやつだったか、日陰の雪が融けずに残っているだけ。
これまでのところ伊那谷ではほとんど雪が降ってません。
もちろん西も東も山は連日のように降っているのですが、谷の中は降らない。東は赤石山脈(南ア)、西は木曽山脈(中ア)で見事にブロックされるんですね。特に東側は赤石山脈と伊那山地の二段ブロックなので強力です。

いずれにしても、ぼちぼち出発しますので、ブログはしばらくお休みします。

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [★ お知らせ、その他] | 2017.01.24(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路2016 費用と総括

四国遍路の費用についてざっくりまとめました。すべて二人まとめての額です。

【行き帰りの交通費】
行き=11,800円 (路線バス+高速バス+列車+フェリー+路線バス+列車)
帰り=16,120円 (列車+高速バス+高速バス)

【お遍路関係の出費】
13,500円
(お賽銭、御朱印、金剛杖、その他参拝に必要な品々)

【食費】
98,400円(うち外食が7,800円)
行き帰りの日を除き二人で一日2,080円ほど、というのがお遍路中にかかった食費。
思いのほか使ったなぁというのが実感です。

【ガソリン】
320円
ガソリンストーブは実に経済的!

【温泉】
3,900円
(桂浜荘 1,180円、臥龍の湯 1,100円、道後温泉 820円、白鳥温泉 800円)

【コインランドリー】
1,300円
(洗濯と乾燥各二回分)

【その他日用品、消耗品】
4,000円
(ウェットティッシュ、絆創膏、ビニールカッパ、靴下など)

合計=149,340円


≪≪≪ 総括・・・歩き遍路のススメ ≫≫≫

お遍路のやりかたにはいろいろスタイルがあって、人それぞれです。
手段とすれば歩きのほかに自転車、オートバイ、自家用車、バス、列車、タクシーなどいろいろ。個人で回る以外にツアーに参加する手もあります。
順打ちか逆打ちか、通しで打つか分割にするか。
いろいろありますが、どれが良い悪いというのはもちろんないです。逆打ちのほうがご利益があるとか、通しで打たないとダメとか、そんなこともないと思います。
時間とお金という制約の中で人それぞれに選べばいいわけです。

様々やりかたのある中で、時間的にも金銭的にも一番贅沢なのは歩き遍路。一般的に50日、もろもろ含めて50万円必要と言われます。
多くの人にとって問題なのはお金より時間でしょうが、もし許されるのなら(例えば定年退職後とか)歩いてお遍路されることをオススメします。
毎日どこか宿に泊まりながら、余計なものは持たず必要最低限の軽荷で、歩くことに集中する。毎日ただただ歩く。これはすごく贅沢なことですよ。

どれが良い悪いというのはないわけですが、断然歩きをオススメします。歩くべきだと思います。
なぜなら歩くというその行為こそが、歩いているその時間こそが大切だから。
考える時間がたくさんあるわけです。歩いている間中ずっと考える時間であり、瞑想の時間です。
歩いている間は暇だから、たぶん誰もがいろいろ考える。何周もしていれば、それこそ悟りを開くかもしれない。
歩いているうちに御朱印などはどうでもよくなってくる。だんだん札所自体がおまけになってきて、節目節目で合掌し読経するだけのところ(単なるチェックポイントのような場所)と思えてくる。
歩いている時間こそが主となってくるんですね、何日もただ歩いているうちに。
おそらく他の方法で回ったとしても、こういう境地にはならないのではないかと思う。

ぜひ、歩いてお遍路されることをオススメします。
私らもまたそのうち行きますよ?

※遍路が終わってすぐの新鮮な感想が過去記事にありました。よろしければこちらも参考にどうぞ。
遍路から帰還しました

関連記事
Theme [寺巡り] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 005_行程、装備、費用、その他] | 2017.01.19(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路2016 装備表

四国遍路の装備一覧です。
(たとえ野宿で回るにしても)四国遍路は山とか秘境へ行くのとは違い、ごく普通のバックパックの旅に近い。
食料の買出しなどほとんど毎日可能だし、その他のものでもたいていのものは遍路の途中で買うことができる。
よって、余計なものを最初からあまり持っていかないようにしたほうがよいし、あまり高スペックな装備も特に必要はない。

以下に装備の一覧を示し、最後に所見を述べます。
衣類は身に着けているものも含めた数量。数量表示のないものはすべて1。共同装備は二人分を表示。

【衣】
・下着(上下各2)
・靴下(厚手2、薄手1) ・・・薄手のものは使用せず
・長袖Tシャツ
・長袖ジャージ
・ストレッチパンツ
・カッパ上下
・フリース(薄手)
・ダウンジャケット
・タイツ(薄手)
・イヤーウォーマー ・・・使用せず
・ニット帽
・帽子
・グローブ(フリース)
・替えズボン(薄手)
・靴(ハイカットのなんちゃってトレッキングシューズ)

【食】
・MSR(ウィスパーライトインターナショナル)
・MSRボトル(2)
・ベニヤ板
・コッヘル(2)
・ボール(大2、小2)
・箸、スプーン(各2)
・2Lペットボトル
・500mlペットボトル
・2Lプラティパス
・テルモス(500ml)
・インスタントコーヒー
・塩

【住】
・テント
・フライ
・ボトムシート(ただのプラシート)
・テントマット(2)
・ペグ(8本)
・ウレタンマット
・シュラフ(羽毛量400g)
・シュラフカバー
・ザック
・100均のレインコート(ザックカバーとして)
・ライター
・布巾
・ナイフ
・細引き
・針と糸
・エア枕
・予備のビニール袋(2)

【生活】
・ヘッドランプ
・エネループ充電器
・携帯電話
・携帯の充電器
・カメラ
・バッテリー充電器
・予備メモリ
・メモ帳(B5ノートを半分に切ったもの)
・下敷き(同様に半分に切ったもの)
・シャーペン
・ボールペン
・地図
・コンパス
・ラジオ
・タオル ・・・使用せず
・手拭い(2)
・垢すり
・剃刀
・爪きり
・耳かき
・目薬
・テーピング
・腕時計
・サコッシュ(貴重品袋)
・財布
・保険証
・線香
・歯ブラシ
・石けん
・ロールペーパー
・ウェットティッシュ
・温度計

※そのほか遍路に必要な品として、次のものを1番霊山寺の納経所で購入。
金剛杖、白衣、経本、ろうそく一箱、納札、地図(へんろみち保存協力会発行、B5冊子)

※食料は現地調達。
基本的に夕食はインスタントラーメンで、朝食と行動食はスーパーやコンビニのパンがメイン。
添加物の摂り過ぎでだいぶ健康を害した・・・。


≪≪≪ 装備についての所見 ≫≫≫

☆ まずは持って行ってよかったものの筆頭、サコッシュについて
サコッシュというのは、自転車レースで食料なんかの補給に使用する(通常布製の)袋のこと。自分らの使ったものはいつだかの乗鞍HCの参加賞で、ジッパー付き。
お遍路では、ろうそくや線香、経本、納札など、札所を参拝するときに必要になるものがいくつかある。これをいちいちザックから出し入れしていたのでは不便だし、たぶんボロボロにもなってしまう。よってこれらのものはサコッシュに入れ、常に袈裟懸けにしていた。これが非常に便利だった。
これらの参拝に必要な品は通常、頭陀袋(ずだぶくろ)という幼稚園児が持っている(いた)ようなバッグに入れて多くのお遍路さんが持ち歩いているのだが、その代わりにサコッシュを使った次第。
ペラペラの布袋だから嵩張らないし、ちょうどB5版の地図が収まる絶妙な大きさだった。一緒に貴重品を入れておけば貴重品袋も兼ねるし、もちろんお遍路以外のことでも使える。
サコッシュ風の袈裟懸けできるペラペラの布袋を準備しておくと非常に便利です。

☆ ザックカバーについて
通常、山でザックカバーなど使うことはないのだが、お遍路ではあったほうが便利。中身の防水のためではなく、ザック本体の防水用として。
お遍路では店や温泉などに寄ることが多々あり、その際にザックがびしょ濡れだとなにかと不都合である。
ただ、お遍路のためだけにザックカバーを買うのはもったいないので、オススメは100均のレインコート。ビニール製なのでそれ自体の防水性は完璧だし、ザックに被せて袖の部分を縛ったりボタンをうまく使ったりすればかなりいい感じに装着できる(場合によって紐で縛る)。脱着も比較的容易である。
もちろんザックの中身はスタッフバッグに入れた上、すべてを大型のビニール袋に入れておく。(ゴミ袋で十分なんだけど、最近は極薄のポリ製が多く、厚手の大きなビニール袋というのが日本ではなかなか手に入れづらい。)

☆ 靴について
冬でもハイカットの靴は必要ない。そして、あまり高価な靴はもったいない。
お遍路は舗装路、中でもアスファルトの上を歩く機会が圧倒的に多い。山とは違った辛さがあり、靴に求める要件も登山靴などとはまた違ってくる。
なにより荷物を背負ってアスファルトの上を延々と歩くものだから、靴底が減る。ものすごいスピードで減る。おそらくお遍路が終わる頃には、他はまだまだなんともないのに底だけない、という状態になっている。
仕様の上からも必要ないが、高価な登山靴で歩くのはあまりにもったいない。底のしっかりしたウォーキングシューズのようなもの、それも比較的安価なもので十分である。
足への負荷(基本的に価格に反比例)を考えると、どの程度のものを選ぶかけっこう悩むところだけど・・・。
ちなみに、自分らが履いていたのはアディダスのなんちゃってトレッキングシューズ(ハイカットで一応ゴア)。雨の日に重宝することもあったけど、全体を通してみればハイカットである必要はなかった。お遍路で初めて履いたわけではないけれど、お遍路とともに天寿を全うした感じ(靴底以外はなんともないのに・・・)。

☆ その他
線香は100均の安物は使い物にならない。ポキポキ折れてしまってダメな上、火つきも悪いのでストレスになる。日本製のきちんとした線香を使ったほうがよい。
また、ライターはBiC製のフリント式に限る。火力の調整はできないが、着火性、炎の安定性とも抜群で長く使うことができる。経験上、ガスがなくなるまで使えるのはBiCだけだ。同じフリント式でも100均のものなど、100円で3~5本も買えるけど、ガスより先に着火用の石がなくなってまず使えなくなる。
ちなみに、電子式は標高の高いところへ行くと着火しなくなるのでダメですよ。お遍路で使うならまず問題ないだろうけど、信頼性の点から使わないことにしている。

関連記事
Theme [寺巡り] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 005_行程、装備、費用、その他] | 2017.01.15(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路2016 行程表

目次として使えるように、四国遍路の行程を一覧にしました。

0日目
行程: 自宅 ~ 徳島駅 ネットカフェ跡泊

1日目
行程: 徳島駅 ~ 上板町神宅 上板ファミリースポーツ公園泊
札所: 1番霊山寺、2番極楽寺、3番金泉寺、4番大日寺、5番地蔵寺

2日目
行程: 上板町神宅 ~ 吉野川市川島町 川島潜水橋土手上お遍路休憩所泊
札所: 6番安楽寺、7番十楽寺、8番熊谷寺、9番法輪寺、10番切幡寺

3日目
行程: 吉野川市川島町 ~ 神山町阿野 廃屋軒下泊
札所: 11番藤井寺、12番焼山寺

4日目
行程: 神山町阿野 ~ 徳島市国府町 井戸寺通夜堂泊
札所: 13番大日寺、14番常楽寺、15番国分寺、16番観音寺、17番井戸寺

5日目
行程: 徳島市国府町 ~ 小松島市櫛渕町 法泉寺下泊
札所: 18番恩山寺、19番立江寺

6日目
行程: 小松島市櫛渕町 ~ 那賀町中山 道の駅わじき泊
札所: 20番鶴林寺、21番太龍寺

7日目
行程: 那賀町中山 ~ 美波町奥河内 道の駅日和佐泊
札所: 22番平等寺

8日目
行程: 美波町奥河内 ~ 海陽町浅川 大砂海水浴場泊
札所: 23番薬王寺

9日目
行程: 海陽町浅川 ~ 高知県東洋町御崎 法海上人堂泊

10日目
行程: 東洋町御崎 ~ 室戸岬(泊)

11日目
行程: 室戸岬 ~ 羽根岬(泊)
札所: 24番最御崎寺、25番津照寺、26番金剛頂寺

12日目
行程: 羽根岬 ~ 安芸市下山 浜千鳥公園手前泊
札所: 27番神峯寺

13日目
行程: 安芸市下山 ~ 香南市野市町 野市体育館上泊

14日目
行程: 香南市野市町 ~ 高知市吹井 瑞山神社泊
札所: 28番大日寺、29番国分寺、30番善楽寺、31番竹林寺

15日目
行程: 高知市吹井 ~ 桂浜 浦戸城跡泊
札所: 32番禅師峰寺

16日目
行程: 桂浜 ~ 土佐市塚地 塚地峠入口泊
札所: 33番雪蹊寺、34番種間寺、35番清瀧寺

17日目
行程: 土佐市塚地 ~ 須崎市押岡 住友大阪セメント近く泊
札所: 36番青龍寺

18日目
行程: 須崎市押岡 ~ 四万十町平串 道の駅あぐり窪川泊

19日目
停滞

20日目
行程: 四万十町平串 ~ 黒潮町佐賀 土佐西南大規模公園(佐賀地区)泊
札所: 37番岩本寺

21日目
行程: 黒潮町佐賀 ~ 土佐清水市下ノ加江 ドライブイン水車泊

22日目
行程: 土佐清水市下ノ加江 ~ 足摺岬(泊)

23日
行程: 足摺岬 ~ 土佐清水市下益野 旧益野小学校泊
札所: 38番金剛福寺

24日目
行程: 土佐清水市下益野 ~ 宿毛市平田町 平田公園泊

25日目
行程: 宿毛市平田町 ~ 愛媛県愛南町上大道 上大道休憩所泊
札所: 39番延光寺

26日目
行程: 愛南町上大道 ~ 愛南町柏 内海運動場泊
札所: 40番観自在寺 

27日目
行程: 愛南町柏 ~ 宇和島市祝森 石丸公園泊

28日目
行程: 宇和島市祝森 ~ 西予市宇和町卯之町 宇和高校前公園泊
札所: 41番龍光寺、42番仏木寺

29日目
行程: 西予市宇和町卯之町 ~ 西予市宇和町信里 関地池泊
札所: 43番明石寺

30日目
行程: 西予市宇和町信里 ~ 内子町内子 内子運動公園泊

31日目
行程: 内子町内子 ~ 久万高原町 農祖峠手前泊

32日目
行程: 久万高原町農祖峠 ~ 久万高原町西明神 仰西休憩所泊
札所: 44番大寶寺、45番岩屋寺

33日目
行程: 久万高原町西明神 ~ 松山市南久米町 日尾公園泊
札所: 46番浄瑠璃寺、47番八坂寺、48番西林寺、49番浄土寺

34日目
行程: 松山市南久米町 ~ 松山市堀江町 堀江中央公園泊
札所: 50番繁多寺、51番石手寺、52番太山寺、53番円明寺

35日目
行程: 松山市堀江町 ~ 今治市阿方 阿方貝塚史跡公園泊

36日目
行程: 今治市阿方 ~ 西条市楠 永納山城跡入山口泊
札所: 54番延命寺、55番南光坊、56番泰山寺、57番栄福寺、58番仙遊寺、59番国分寺

37日目
行程: 西条市楠 ~ 西条市小松町 白滝奥之院泊
札所: 60番横峰寺

38日目
行程: 西条市小松町 ~ 新居浜市角野新田町 山根公園泊
札所: 61番香園寺、62番宝寿寺、63番吉祥寺、64番前神寺

39日目
行程: 新居浜市角野新田町 ~ 四国中央市川滝町 椿堂秋葉神社泊
札所: 65番三角寺

40日目
行程: 四国中央市川滝町 ~ 香川県観音寺市有明町 琴弾公園泊
札所: 66番雲辺寺、67番大興寺

41日目
行程: 観音寺市有明町 ~ 善通寺市吉原町 柳の水P泊
札所: 68番神恵院、69番観音寺、70番本山寺、71番弥谷寺、72番曼荼羅寺、73番出釈迦寺

42日目
行程: 善通寺市吉原町 ~ 坂出市西庄町 西庄公園泊
札所: 74番甲山寺、75番善通寺、76番金倉寺、77番道隆寺、78番郷照寺、79番高照院

43日目
行程: 坂出市西庄町 ~ 高松市檀紙町 河川敷公園泊
札所: 80番国分寺、81番白峯寺、82番根香寺

44日目
停滞

45日目
行程: 高松市檀紙町 ~ さぬき市志度 志度寺近くの海岸泊
札所: 83番一宮寺、84番屋島寺、85番八栗寺、86番志度寺

46日目
行程: さぬき市志度 ~ 東かがわ市入野山 白鳥温泉泊
札所: 87番長尾寺、88番大窪寺

47日目
行程: 東かがわ市入野山 ~ 徳島県鳴門市板東 道の駅第九の里泊
札所: 1番霊山寺

関連記事
Theme [寺巡り] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 005_行程、装備、費用、その他] | 2017.01.12(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

2017年の走り初めと歩き初め=鬼面山

我が家で恒例となりつつある正月の走り初め、今年は歩き初めも兼ねて鬼面山となりました。
時間的にどうかなぁというところだったんですけど、明らかに山に雪はない感じだったので行ってきました。
・・・予想通りいっぱいいっぱいで、帰りは暗くなってしまいましたね。=温泉は諦め(泣)

日付: 2017/1/3(火)
行程: (自宅)0805 ~ 虻川渓谷 ~ 1035(林道奥駐車スペース)1110 ~ 1310(鬼面山山頂)1340 ~ 1520(林道奥P)1540 ~ 1730(自宅)

鬼面山には前に一度行ったことがあり、こんな感じの山です。 → 自転車アプローチ登山11 鬼面山(1,890m)

いつもに比べて暖かいとはいえ、日差しがないとやはり寒い(天竜川の東岸は朝日が当たるのが遅い)。
冬場の自転車の下りは拷問である。
よって、もう少し早い時間に家を出ればいいのはわかってるんだけど、ちょっと無理かな。とてもそんな時間に自転車で坂を下る気にはならない。

虻川渓谷沿いの道はやはり寒い(アブとは嫌な名前だがきれいな沢である)。
滲み出しが多く、ところどころにアイスパッチがある。気付かず突っ込むとツルッといく。
IMGP4463_サイズ変更 IMGP4466_サイズ変更
上りじゃタイヤが空転しちゃって進まんのですかさず押しです。

ここの場合、凍結より怖いのは落石で、なんだかもう常に崩れている感じである。
奥へ進むにつれて散乱する岩の量が多くなり、無数の岩で道が覆われた状態となってしまう。
林道の奥の方は(盛んに木を伐採しているのでたぶんその作業用に)まだアスファルト舗装されて間もないのだけれど、場所によって路面が岩で完全にパックされていたり、舗装したところが早くも崩落していたり。こんなとこ舗装しても意味がないのではないか、と思わずにおれない。

IMGP4470_サイズ変更 IMGP4472_サイズ変更
最後に未舗装路を2kmほど詰めると、第2駐車場と書かれた駐車スペースがある。
以前と同じところに自転車を縛り付けて歩き始める。

沢沿いにしばらく詰めてから尾根に取り付く。
途中、渡渉が四回ほどある。
沢は水量があるため冬でも凍らないが、飛沫を浴びた石がことごとく凍っていてツルッツル。何気に足の置き場がない。

IMGP4482_サイズ変更
別に落ちても命にかかわるようなところではまったくなくて、単に冷たいだけなんだけど、新しい靴を履いてることでもあるし、ものすごく慎重に渡渉した(笑)。

IMGP4476_サイズ変更
町中にあればさぞ巨大に見えるであろうトチの巨木

尾根はかなり急登である。特に下部が急。
(薄っすらと)雪が乗っていたらいやらしいのではなかろうか。
急なおかげで標高はグングン稼げる。

P1230391_サイズ変更
ちょうど二時間、760mのアップで山頂。雪は山頂に薄っすらある程度。

IMGP4481_サイズ変更 P1230394_サイズ変更
山頂には櫓があり、これに登ると驚くほど視界が開けるのだが、残念ながら中央アルプスにも南アルプスにも雲がかかっていて今回もいまひとつだった。正月休みの期間、どうやら天気が一番よかったのは元日だったようだ(中央アルプスも南アルプスもスッキリ見えていた)。
櫓は木が腐っているところもあって上がるとけっこう怖い。

ちなみに、こんな櫓があるくらいだから時期によってそれなりに人が来るのだと思うが、豊丘側から登る人は少ない。多くは大鹿側の地蔵峠から登っているのだと思う。

同ルートを下山し、自転車も同じところを走って自宅まで帰ってきた。
帰りの自転車は天竜川に下りるまでずっと下りで楽なんだけど、冬場はむしろそれが辛い。

夕暮れ時になって空はスッキリと晴れ、中央アルプス方面がよく見えた。
正面、西の方角に見慣れぬ顕著な山が目についた。恵那山のような山容をしているが、恵那山なら南に見えているから恵那山ではない。南木曽岳か?
地図で確認してみると、果たして南木曽岳だった。
普段中川からは風越山の陰になってしまいチラッとしか見えないのだが、豊丘まで来るとこんなによく見えるんだなぁ・・・新鮮な発見だった。
そのうち登ってみるとしよう。

関連記事
Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2017.01.06(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地

ようこそ!"なかっぴー通信NEO"へ!
トップページです。

 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。