FC2ブログ

ジャイアントを8s化(7s→8s)

現状7s仕様のジャイアントのホイールを8、9、10s用のハブで組んだので、さてどうやって運用しようか・・・という話です。
大まかに言ってやり方は4通りほど考えられます。
ハードルの低いほうから順に列記すると・・・

①8、9、10s用のフリーハブに、スペーサーを使って7sカセットを組付ける。

②8sカセットを組付けて、7sで運用する。

③シフターも8s用に交換して(ディレイラーはそのまま)、8sで運用する。

④シフターの他にディレイラーも8s用に交換する。

もっとも手っ取り早いのは①の方法で、適当なスペーサーさえあればカセットもそのまま使い回しできる(もちろんシフターとディレイラーはそのまま)。
適当なスペーサーがなければ8sカセットを新調して、シフターとディレイラーはそのままで7sとして運用する(②)。
②の方法がうまくいかなければ、シフターだけ8s用に交換して様子を見る(③)。
それでもうまくいかなければ、最終手段としてディレイラーも8s用に交換する(④)。
・・・というような手はずになります。

④までやれば確実に作動しますが、ディレイラーを交換するにはチェーンを切らねばならない。
現状チェーンはまだ新しく安易に切りたくないので、ディレイラーを交換するなら、できれば次回のチェーン交換のタイミングで一緒に行いたい。
なるべく③までに収まるようにしたいわけですが、こればかりは部品の相性があってやってみないとわかりません。

以下、試したことを順に記録します。

まずは①の方法。
フリーの寸法から見ると、7sと8sの間には大きな壁がある。
7s→8sへ、同じチェーンを使って8s化しているので、カセットの総幅はスプロケ一枚分増えており、当然ながら8sフリーは7sフリーよりその分長い。
P1260367_サイズ変更
その差がどのくらいかというと、4.5mm。8sフリーは7sフリーより4.5mm長い。

よって、フリーボディに組付ける厚さ4.5mmのスペーサーがあれば、8sフリーに7sカセットを組付けることができる。
何か手持ちのもので適当なものはないか、探してみたけど・・・うまく使えそうなものがない。

P1260365_サイズ変更
マビックのM9やM10のスペーサーが惜しかったけど、残念ながら使えそうにない。

市販品だと、WHEELS MANUFACTURINGがそのものズバリのアルミスペーサーを販売しているのですが、これが現在は何故だか5枚セットの販売となってます(5枚セットで1,335円)。
5枚セットって・・・自転車屋でもあるまいし、そんなにいらんでしょ普通。こんなもの他に使い道ないですし。
一枚のみ200円くらいで売っていれば欲しいけど、1,335円もするんじゃもう少し出せば8sカセットが買えてしまう。

・・・ということで、①の方法は却下。
8sカセットを買って組付けることにしました。

P1260313_サイズ変更
おなじみのCS-HG51、グレードで言うとALIVIOクラス(1,609円)。
現在買える8sカセットではこれが最上級グレード。実売価格を見ると、これを買うのが一番お得です。

せっかくなので本当は11-32Tにしたかったのですが、チェーンをそのまま使い回すので、最大ギアを現状の7sカセットに合わせました。

で、こいつを組付けて、現状の7sシフターで運用する。
7sと8sは変速ピッチがほとんど一緒だから、そこそこシンクロする・・・はずなんだけど、なぜだか今回は変速性能がガタ落ちとなった。

8sカセットと7sシフターを組み合わせて使うのは個人的に経験があり、近いところではドーズをこの組み合わせで使っているけど、まったく問題がなかった。
今回も決して使えないことはないけど、実用上ちょっと使うのをためらうレベル。何度ディレイラーを調整してもそれ以上にはならない。
カセットとディレイラーはMTB系で統一しているのに、なぜ・・・?

・・・ディレイラーのせいかもしれない。

ジャイアントのディレイラーはSTX。品番で言うと、RD-MC34(たぶん)。
このモデルは、自分の記憶が正しければ1996年頃STX-RCへと進化し、品番がRD-MC36となった(まだ7s)。その後8sへと拡張されて、品番がRD-MC38となる。
ややこしいですが、STX-RCのリアディレイラーには7sモデル(RD-MC36)と8sモデル(RD-MC38)が存在する。
ま、そんなことはどうでもいいのですが、いずれにせよジャイアントのディレイラーはSTXで、明確に7sです。しかもIGチェーン対応。

実際のところ、7s用ディレイラーと8s用ディレイラーで何がどう違うのか、よく知りません。
7sと8sではストローク幅が違うわけですが、通常は実力的に7sディレイラーでも8sまで引けます。
(さらに、8sと9sではストローク幅が同じですが、ディレイラーに8s用と9s用があるのは何がどう違うのだろう?チェーンが違うからプーリーの幅が違うだけだろうか?)

STXの場合、後になって8s用のモデルがわざわざ追加されているので(STX-RC/RD-MC38)、STXのディレイラーを8sで使うのは何らかの理由で問題があるのかもしれない・・・考えにくいけど。

・・・はたまたシフターのせいか。

8sカセットと7sシフターの組み合わせにおいて、実はラピッドファイヤーの7sシフターを使うのは今回が初めて。
微妙に異なる7sと8sの変速ピッチ。その中においてラピッドファイヤーとの相性がよくないのかもしれない。

いずれにしても②ではうまくいかないので、③の方法へ。
ディレイラーはそのまま、シフターだけ8s用に交換する。

P1260332_サイズ変更 P1260333_サイズ変更
品番はともにSL-M310。右の写真で左側が7s用、右側が8s用(1,580円)。

おそらくディレイラーを交換しないとダメだろう、と思っていたのであまり期待してなかったのですが・・・試してみたらうまくいった!
先ほどの7sシフターのときとは雲泥の変速性能!もちろん実用上なんの問題もありません。
これでいける。

ただひとつ、おそらくこれは7sで使おうが8sで使おうが関係ないことですが、このSTXのディレイラーはローのポジションのとき、プーリーケージとスポークの隙が妙に攻めた仕様になってます。

見ているとちょっと不安になってくる↓
P1260334_サイズ変更
ローのとき、スポークとの最小隙がスポーク一本分くらいしかない。
測定してみると2mmで、ちょうどスポーク一本分。

参考まで、スペシャの場合はこんな感じ↓
P1260335_サイズ変更
こちらはスポーク二本分以上あり、測定してみると6mm。ちょうどスポーク三本分。
このくらいあると安心感がある。

が、ストロークをきちんと調整すれば、ディレイラーは写真の位置からスポーク側へはまったく動かないので、たぶん大丈夫でしょう。この位置でスポーク側が動くということもまずない。
上りを中心に試走した結果もまったく問題なかったので、今冬はこの仕様で旅に出ます。
P1260355_サイズ変更


(おまけ)
実は8sのディレイラーも準備してあったのですが、今回は出番なし。
次回のチェーン交換のとき、一緒に交換するつもりです。

P1260340_サイズ変更
8sディレイラーの名機=RD-M310(1,989円)。8sディレイラーを今買うならこれです。
この価格でビッグプーリーの効果を体感できるかもしれません?

関連記事
スポンサーサイト
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 駆動系] | 2018.12.28(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ブレーキシュー交換と調整(トーイン)

P1260327_サイズ変更
一年間使ったジャイアントのブレーキシュー(フロント)

ブレーキシューというのは(まめにチェックせずに乗ってるのも悪いのですが)、金属片や砂粒などいろんなものを吸い込みます。
上の写真で、シューの中に銀色の粒々が埋まっているのがわかるでしょうか?
これはもちろんメタルパッドというわけではなくて、自転車のブレーキシューなんてゴム製ですから、外から入り込んだものです。
微小な金属片で、主にリムの削りかすだと思います。

P1260328_サイズ変更
同じくジャイアントのブレーキシュー。上がリアで、下がフロントのもの。

確認したところシュー自体はまだまだ使えるので、金属片を取り除いてそのまま使うことに。
減り具合から、前後のシューをホルダーごとローテーション。

P1260319_サイズ変更
こちらは一年間使ったスペシャのブレーキシュー(フロント)。
ちなみに金属片を取り除いた後の状態で、クレーターのようになっているところのいくつかにはやはり金属片が刺さってました。
・・・これでも旅先ならまだまだ使うところですが、今回は新品に交換しました。

P1260322_サイズ変更
そして問題のリアのブレーキシュー(これも金属片を取り除いた後の状態)。
リムが割れたときのダメージで、シューの一部が千切れてしまいました。
どうもピンが抜けないと思ったら、どういう力が働いたのかピンの片端が写真のようにホルダーのこちら側にきてしまっていた。
これではいくらピンを引っ張っても抜けないわけだ。

・・・それはそうと、シュー自体はさほど減っておらずまだまだ使えそう。

P1260323_サイズ変更
一応ホルダーからも外してみましたが、タッチ面が少々削れているだけで特に問題はなさそう。
なので、片側のピンだけ新しくしてそのまま使うことに(どうせリアだし・・・)。

P1260324_サイズ変更
この状態で再び組付け。

さて、ブレーキシューの組付けですが、ジャイアントのほうはなかったもののスペシャのほうは鳴きが気になっていたので、今回は二台ともトーインをつけました。

簡単なやり方をご紹介します。

1.まずはブレーキシューをリムと平行に固定する。

これは固定ボルトを緩めた状態で、リムとの位置関係が適当になるようにブレーキシューをセットしたら、ブレーキレバーをギュッと握って動かないようにして固定ボルトを締める。これを左右順番に行います。
(今回ワイヤーはいじる必要がなかったので、一切いじってません。)

2.いったんリムと平行に固定したら、次にトーインをつけます。

トーイン量ですが、0.5mm程度が適当でしょうか。
使うのは厚さがそのくらいの厚紙です。ティッシュの箱くらいの厚紙でOK。

その厚紙をリムとブレーキシューの間に後ろから挿入して、ブレーキレバーを握る(この状態だとシューの前のほうはリムに接触してない)。
厚紙をどこまで挿入するか、わかるように厚紙に目印があったほうがいいです。

厚紙が落ちないようにブレーキレバーを握ったまま、固定ボルトをいったん緩める。
緩めたら、ブレーキシューの前のほうを押してリムに接触するように動かす。
ブレーキレバーを握る力を少々緩めたり、うまく加減しながら動かすのがコツ。
狙い通りトーインがついたら、そのままブレーキレバーをギュッと握ってシューが動かないようにして固定。
これを左右順番に行います。

P1260320_サイズ変更
フロントブレーキシューのトーイン調整(左側の写真)

P1260326_サイズ変更
同じくリアブレーキシューのトーイン調整(こちらは右側の写真)

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ハンドルまわり、ブレーキ関係] | 2018.12.25(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

組んだホイールで足回りのメンテ

まずはスペシャのほう。
アレックスDH19を組付けます。

タイヤはリム割れの際にサイドが裂けて使えなくなってしまったので新調。
第一候補に挙がるのはシュワルベ・マラソンですが、換えるのは後輪だけなのでつなぎの意味合いが強く、マラソンじゃ少々もったいないかなぁと貧乏性が出て・・・たまたま最安で買えるところのものが欠品だったこともあり、何か他に怪しいメーカのものじゃなく安くていいものはないかなぁと探していたら・・・ありました。
P1260310_サイズ変更
MICHELIN PROTEK CROSS
ちょっと前から気になっていたタイヤですが、入荷数が少ないのか以前見たときは売り切れでしたが、今回は手に入りました。
厚さはたった1mmですがマラソンのように耐パンク層が入っていて、これまたマラソンのようにサイドに反射テープが付いてます。
良心的なのは価格で、驚きの2千円ちょっとで買えます(今回の買値は2,011円)。
実力のほどは初めて使うのでまだわかりませんが、ミシュランなので心配してません。
(これまで車やオフロードバイク、自転車もロードレーサーはずっとミシュランをはいてましたが、どれもすばらしいタイヤだった。)

このタイヤはサイズがちょっと特殊で、1.85という他では見たことないサイズ。
このクラスのチューブは1.9~2.1あたりのものが多く、おそらく1.9のチューブでも問題ないと思うけどいきなり試すのは怖かったので、手持ちの中から対応したチューブを見つけて使いました。
リムフラップはそのまま使い回し。

さて、後輪のリムが割れたので、前輪のほうも気になります。
外観をチェックしたところ問題なさそうでしたが、見えないところにクラックなどあったらシャレにならないので、やはりタイヤをいったん外して詳細にチェック。ついでに振れ取り。

P1260318_サイズ変更
まったく問題なかったので安心しました。振れもほとんどなかった。
タイヤもリムフラップも今のものがまだまだ使えるので、そのまま組付け。

これまで長らく自転車に乗っていて、前輪のリムが割れたという経験は一度もない。
割れるのはいつも負荷のかかる後輪ですね。
前輪はスポークが折れたという経験もない。これまた折れるのはいつも後輪です。


続いてジャイアント。
こちらはアラヤのTM-840Fを組付けます。

タイヤは交換なしですが、減り具合から前後をローテーション。
タイヤを外したついでにやはり前ホイールを詳細にチェック&振れ取り。
こちらもまったく問題なかったが、1mmほど横振れしていたので修正。

前ホイールのバルブ穴はUS。
USバルブのチューブがもったいなくてそのまま使い続けていましたが、今回のホイール交換で後輪はフレンチバルブとなった。
旅先で二種類のチューブを持ち歩くのは非効率なので、この機会にバルブ穴スペーサーを使って前輪もフレンチ化しました。
パナレーサーとWHEELS MANUFACTURING、二種類のものを持ってますが、今回使用したのはパナレーサーのほう。
これで我が家からUSバルブの自転車はなくなりました。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.12.23(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

PWTスポークテンションメーター STM01

激安のスポークテンションメーターを見つけたので買ってみました。
PWTという台湾の工具メーカーが出しているSTM01というスポークテンションメーターですが・・・
P1260305_サイズ変更 P1260306_サイズ変更
お値段なんと、驚きの4,580円!

本来のスポークテンションメーターというものがどの程度のものなのか、知らない人のために書いておくと・・・
プロのメカニックが使っているであろうDTのスポークテンションメーターなら7万2千円くらいします。
やはりプロユースにも耐えられるであろうホーザンのものが4万円以上。
・・・一般人にはとても手の出ない高価な測定器なんです、本来は。

一方で、一般人にもギリギリ手の出せる約1万円という価格で販売されているものが以前からあります。
パークツールのTM-1というのがそれで、要するに廉価版というか簡易版のスポークテンションメーター。
趣味でホイールを手組みする人の多くが使っていると思います。

それでもTM-1ですら1万円ですからね。他に使いみちのない工具に1万円・・・安くはないです。
そこへきて今回のSTM01はというと、簡易版のTM-1のさらに半額という驚きの価格。
きちんと使えるものならば、これはもう激安という以外にいいようがない。
それでも海の物とも山の物ともつかぬなら買うことはなかったでしょうけど、案外評判がいいので試しに買ってみました。

先に結論を述べておくと、このSTM01というスポークテンションメーターは使い方によって十分有用だと思います。
スポークテンションの絶対値を精度よく測れるとはとても思えませんが、例えば同じ太さのスポークで組んだホイールが二つあれば、それをともに測定して相対的にスポークテンションを比べるという使い方なら十分いけます。

プロユースのDTのものからホビーユースのTM-1やSTM01まで、スポークテンションメーターにはピンからキリまでありますが、その測定原理はまったく一緒で単純です。
二つの固定点と一つの可動点の三点でスポークを支持して撓みを測定し、その撓みを張力に換算するだけ。
桁違いの価格差がいったいどこにあるのかというと、精度と信頼性です。
スポークの撓みをバネで測定するので、一つにはそのバネ系の精度や再現性。そして何より撓みを張力に換算する際のデータがどれだけ信用に足るか、言わばソフト面に大きな差があります。
さらにはサービス性。
どんなスポークテンションメーターでも繰り返し使っているうちにバネ系に狂いが生じてきますが、そうしたときにメーカーのほうで再キャリブレーションしてくれるかどうか。
DTやホーザンならメーカーに送り返してキャリブレーションしなおしてもらうことが可能。パークツールも購入してからの年数制限があるようですが、キャリブレーションしなおしてもらうことが可能らしい。
が、PWTの場合はおそらくその点は絶望的でしょう?

ま、自分の場合はあくまで相対評価に使いたいだけなので、激安品のSTM01で十分です。
ホイールを組む際にどこまでスポークのテンションを上げるか、いつも手感覚で決めているわけですが、その裏付けデータとして、指標とするホイールのスポークテンションと相対比較さえできればいいわけです。

今回、スペシャとジャイアントの後ホイールを組むにあたり、STM01にてスポークのテンションを測ってみました。

指標とするジャイアントの現行ホイール(アラヤのRM-395 TeamXCというリム)のスポークテンションを、フリー側と反フリー側に分けて事前に全数測定・記録しておく。
(ちなみに、ホイール単体とタイヤ付きの状態とでは当然ながらスポークテンションは異なる。タイヤ付きの状態だとホイール単体の場合よりいくぶん低い数値が得られる。今回の場合ならメーター上のスケールで1~2くらいの差。)

その上で、まずはいつもの通りテンションメーターなど使わずに手感覚でホイールを組む。
ある程度仕上がったら、スポークのテンションがどのくらいになっているのか、フリー側と反フリー側のスポークを何本か測定してみる。

P1260307_サイズ変更 P1260309_サイズ変更
このようにスポークを三点で支持して、目盛の数値を読む。
意外と再現性がある。

今回は手感覚で組んだホイールのほうがスポークテンションがいくぶん高かった。
そのためニップルを1/4回転ずつ緩めて、スポークテンションを抜く方向でチューニング。
テンションが同レベルになったところで終了し、フリー側と反フリー側に分けて全スポークのテンションを測定・記録しておく。

リムにもスポークにもバラツキがあるので、スポークテンションは完全に均一にはなりません(そもそも今回の場合は測定器のほうにそこまでの信頼性がないでしょうけど)。
ここでテンションを均一にしようとニップルを締めたり緩めたりすると、振れが出てしまうので要注意。

測定したデータがいつまでも使えるかというと微妙です。
どんなスポークテンションメーターでも繰り返し使っているうちにバネ系に狂いが生じてくるので、相対比較しようとするスポークのテンションは基本的にその都度同時に測定したほうがよい。もしくはうまく補正するか。
ま、新しいうちはしばらく大丈夫そうではあります。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.12.18(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ARAYA TM-840F ホイール組み

ジャイアントの後輪用にアラヤのTM-840Fでホイールを組む。

現状のジャイアントの後輪は、アラヤのRM-395 TeamXC というリムで組まれている。
今のところこいつは特に問題ないのだが、似たような時期に組まれたスペシャのほうが割れたので、このまま荷物満載で長距離走るのが急に不安になった。ならばスペシャのほうと一緒に組んじゃえ・・・ということで組むことにした次第。

まずは使用した部品について。

【リム】
こちらは三択の中からアラヤのTM-840Fを選択(2,241円)。ホール数は32H。
特に理由はないが、スペシャのほうと同じリムにしてもつまらないし、アラヤのこのリムはどうなのだろうと気になったから。
ま、それより何よりべらぼうに安い実売価格が決定打ですね・・・もうほとんど投売り状態。
在庫処分ではなかろうかとさえ思えてくるようなこんな価格で売られていると、近々廃止されるのでは・・・などと心配にもなる。

P1260287_サイズ変更
ARAYA TM-840F
DH-19にさらに輪をかけて普通のホイール。アラヤのリムなので出来はよく、もちろん不満な点は特にない。
ハトメは二階部分までカバーしている。だからかどうかわからないが、手にするとリムの剛性が高いように感じられる。
断面形状の上からはDH-19のほうが剛性が高そうだが、手にしてみると逆にこちらのほうが剛性が高く感じる。実際のところはどうなのだろうか?
ちなみに、ハトメが二階部分までカバーしていると、ホイールを組むのがとても楽。

【ハブ】
さて、問題はハブ。
現状ジャイアントは7sで、ハブももちろん7s仕様となっている。
が、今日日7sのまともなハブなんてもはや手に入らないし、入ったところで今どき7sなんかで組んでしまうと、何の発展性もなく潰しが利かない。
先々のことを考えて8、9、10s用のハブで組み、今後ジャイアントは8sで運用することにした(このあたりのことについては別のところで書きます)。

・・・というわけで、フリーハブは同じくLX(FH-T670)。

【スポーク】
スポークは同じくDT チャンピオン 2.0mm。
こちらもスポーク組みはイタリアン6本組み(3クロス)とする。

こちらもやはりリムを先に購入し、スポーク長を決めるために各種寸法を測定する。
前回と同じ表を再掲↓
P1260329_サイズ変更

ここからスポーク長を計算すると、LH(反フリー側)=268.0mm、RH(フリー側)=266.3mmとなる。
購入するスポークは、LH=268mm×16本、RH=266mm×16本。

さて、TM-840FにもERDのメーカ公表値があり、それによるとERD=545mm。
実測値がERD=549.3mmだから、その差4.3mm。DH-19の場合ほどではないが、やはりこの差は大きい。
メーカ公表値を使ってスポーク長を計算すると、LH(反フリー側)=265.8mm、RH(フリー側)=264.2mmとなる。
これに従ってスポークを買うとすれば、LH=266mm、RH=264mm。
実測から得られるスポーク長との差は、LHが2mm、RHも2mm・・・やはりこの差は大きい。

DH-19の場合と同様、実測に誤差があるにしてもERDがメーカ公表値の545mmになるとは何度確認しても思えない。
やはりスポーク先端位置をニップルの溝より低い(短い)位置に想定しているということだと思う。

TM-840Fに関しては、さらに惑わされる事実があった。
このリムとDEOREのハブ(FH-T610)の組み合わせでホイールを組み、完組ホイールとして販売しているところがあり、そこが使っているスポークの長さが265/266mm。

T610とT670の寸法関係はまったく一緒である。
スポーク長はたぶんメーカ公表値のERDから決めているのだと思うが、そのスポークできちんと(かどうかは知らないが)ホイールが組めているという厳然たる事実。

・・・さんざん惑わされたが、やはり実測値によってスポークを手配した。

P1260298_サイズ変更
完成したホイール。
やはりスポークテンションはいつもの手感覚に加え、テンションメーターを使って旧ホイールに合わせた。

P1260300_サイズ変更 P1260304_サイズ変更
スポーク先端は狙い通りの位置に収まっていい感じ。
これより2mm短いというのは、やはりスポークが短すぎるように感じる。

実測から得られる266/268mmのスポークを基準に考えると、±2mmくらいの長さならホイールを組めるということ。
が、メーカ公表値から得られる264/266mmを基準にした場合、+2mmはもちろん問題ないが、-2mmのスポークではさすがに組めないのではなかろうか・・・。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.12.16(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地

ようこそ!"なかっぴー通信NEO"へ!
トップページです。

 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム