(たぶん)ヒヨドリの巣

我が家の庭の木にはよくヒヨドリが営巣する。
今年も現在、ブナの木にたぶんヒヨドリの巣がある。
たぶんというのは、枝と葉が込んでいる場所のため近づかないと確認できず、親鳥が巣にいるところを確認できないため。
が、いろいろ調べてみると、ヒヨドリで間違いなさそう。バサバサッと飛び立つ親鳥の大きさもちょうどヒヨドリくらいだし。

IMGP7056_サイズ変更
ブナの木にある(たぶん)ヒヨドリの巣(2017/6/11)

IMGP7125_サイズ変更
卵は今のところ二個(2017/6/18)。通常、一回の繁殖で四個の卵を産むらしいので、これからまだ増えるのかもしれない。

ヒヨドリの繁殖期は5~9月にかけてと比較的長い。これは捕食されるなど繁殖の失敗による再繁殖が多いためとされる。
確かに、高さ1~2mほどのこんなところでいいの?という場所にも平気で営巣したりする。
そんな、クルミのまだ小さな木に営巣した二年前は、たぶんアオダイショウに卵をペロリと食べられてしまった。
今年はどうだろうか?うまく雛が孵って育つといいなぁ。

IMGP5299_サイズ変更
ヒヨドリは我が家のもっとも身近な鳥で、エサ台にもやってくるし、家の中からもよく観察できる。
子飼いにすると非常に良く慣れ、飼い主を見分けるのだとか。平安時代には貴族の間で盛んに飼われていたそうな。
「ヒーヨ、ヒーヨ」と鳴いたり「ギャー、ギャー」と鳴いたり、鳴き声も独特だし、波打つ軌道を描いて飛ぶところも独特なので、どこにいても簡単に識別できる鳥ですね。

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 虫と動物] | 2017.06.23(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ビーバーとキジ

ようやく雨が降りました。ここらでは二週間ぶりの雨。
何もかもカラカラで干からびそうだったので、まさに恵みの雨です。ありがたや~。

カラカラだったために、その間草の生長はある程度抑制されていたのかなぁという気がしますが、それでも今年もやってきました!ビーバーの季節。
ビーバーってのは刈払機(草刈機)のことです。
毎年この時季になると朝から晩まで必ずどこかでビーバーの音がしている、といっても過言ではない。そんな状態が春から秋までずっと続くんですけど、はっきりいってうるさいです(笑)。
「草は必要なところに必要な草が生えている」ということを悟って以来、我が家では基本的に草を刈らないようにしている。刈るにしても鎌で高刈りするようにしているので、土煙が上がるほど短く刈っているのを見るにつけ、なんでそこまでするんだろうと思ってしまう。
田んぼの畦とか、もちろん必要なのはわかるんですよ。ただ、それでもやはりやり過ぎだと思わずにおれない。

・・・と、草刈りのことはまた次の機会に書くことにしましょう。今回はそんな話ではなかった。
ビーバーです。
ビーバーを使っていると、よく生きものを切ってしまうことがある。自分は経験ないですが、ヘビを切ったとかキジを切ったとか、ノウサギとかカエルとか、ちょっと話が違うけど間違って苗木を切っちゃったとか、よく聞きます。
先日も危うく切りはしなかったものの、果樹園のオーナーがまだ子どものノウサギを捕獲していた。別に捕まえる必要はなかったと思うけど、その人も動物が好きな人なんで思わず捕獲してしまったのだと思う。
追いかけ回されて疲れきってしまったウサギ。そのまま死んでしまうんではないかと思ったが、後日無事に放してもらえてめでたしめでたし。

IMGP6961_サイズ変更
捕獲されたノウサギ(2017/6/2)

それからまた数日したリンゴ園。
摘果の前にオーナーが草を刈ってくれるという。
木の列の間の通路部分は自走式の草刈機(ゴーカートのようなやつ)で刈ってあり、草が生えているのは列上にある木と木の間だけ。濡れているわけでもないし、自分らの場合草が生えていてもなんともないので構わないですよというのだが、そういうわけにはいかないからと刈り始めてくれた。
ビーバーが遠くへ離れるまで脇でしばらく待っていると、
「うわっ、切っちゃった」というオーナーの声。
鳴き声もせず、羽音も聞こえなかったのでまったく気付かなかったが(脇の水路にカワニナがたくさんいて、自分ら二人はカメの餌にとって帰ろうとそっちを見ていた)、オーナーによると卵を抱いていたメスのキジを切ってしまったらしい。キジは道路を挟んだ隣の柿畑のほうへ飛んでいったとのこと。
現場へ行ってみると、メスの抱いていた卵が八個。いやーキジの卵ってはじめて見ました。

IMGP7047_サイズ変更
巣にあった卵(2017/6/10)。小ぶりのニワトリの卵ほどの大きさ。

卵を抱いたキジは草むらにじっとしていて、自分の身が危険に晒されるギリギリまで逃げない。
メスはあまりに見事な保護色だし、もっと早くに鳴くなり逃げるなりしてくれれば気付くのだが、じっとしているために気付かずビーバーで切ってしまうことがあるのだ。

自分は見てないけど、幸い今回は深く切られはしなかったように思える。血がついているわけでもないし、飛んで逃げることができたわけだから。
が、切ってしまった本人は・・・
「うわー大丈夫だったかなぁ」と心配そう。
「だから草刈りは嫌なんだよ」と、すっかりブルーになってしまった(いや、草刈り大好きなように見えますけど(笑))。
とても行動力のある人なので、スマホですぐに孵卵器のことを調べていたのが可笑しかった。

たぶん親鳥のほうは大丈夫だろうけど、残念ながらもう巣には戻ってこないだろう。まだオスもうろちょろしているし、もう一回卵を産むんじゃないかな。
そんなふうに思っていた。
それが土曜のことだったので、一日おいて月曜日。
再びリンゴ園に来て、卵はどうなったかとのぞいてみると・・・

IMGP7068_サイズ変更
んっ!?卵がない?いや、キジがいた!

IMGP7071_サイズ変更
見事な保護色ですね。どこにキジがいるかわかりますか?
自分がかぶっている枯れ草はどうやってセットするのだろうか。セットした後にもぐりこむのか?

メスのキジが特に怪我した様子もなく無事だったこと、そしてなにより再び巣に戻ってきて卵を温めていることに驚いた。
オーナーが早まって孵卵器を買ったりしてないでよかった(笑)。
後で電話でキジが戻ってきたことを伝えると、
「ホント!」と、オーナーもとても喜んでいた。

その日リンゴの摘果をしている間、キジは物音ひとつたてずじっと卵を温めていた。
こちらもあまり近づき過ぎないように気をつけていたのだけれど、16:30頃になって巣のすぐ隣の木に差しかかったとき、それでも巣の上にかかっている枝は後回しにして遠巻きにそっと摘果していたのだが、少々近づきすぎたのか最後に親鳥が飛んで逃げてしまった。
ま、でも、どこか近くに潜んでこちらの様子をうかがっているに違いない。人間が去ればまたすぐ巣に戻るだろうと思えた。
17:00に仕事を終え、ササッとその場を後にした。

そして翌日、さてキジはどうしているかなと巣をのぞいてみると・・・
もぬけの殻になっていた。ガーーーン。

卵の殻がまったくないから、孵ったとは思えない。
何かに襲われたのだろう。羽毛が少々落ちていたから、親鳥がいるときに襲われたのかもしれない。
あれだけ大きな卵八個を平らげたとなると、ヘビなどではあるまい。キツネか何か?もっと大きな動物だろう。
いずれにしてもショック。
もしかしたら昨日飛び立つところを見られていたのかもしれない。あのまま巣で温め続けていたら見つからなかったのかも・・・。
そう思うとちょっと悪いことをしたようにも思う。

三時のお茶の時間に来たオーナーも残念そうだった。
オーナーは猟もするので、猟友会絡みのことをいろいろ知っている。
かつてこのあたりには猟友会でキジを放鳥したことがあるらしい。最近はキジが増えたと話していたが、そういえばやたらとキジを見かける。
ちなみに、キジは国鳥であるがオスは狩猟可である。
ノウサギ駆除の目的でキツネを放したこともあるらしいが、キツネは増えていない。さすがに食料の問題からキツネのような大型の動物が増えるのは難しかろう。たまに見かけるが、キジのように頻繁には見かけない。

キジの卵が消えた翌日、そのすぐ近くで今度はシジュウカラの巣を見つけた。
よく見かける黄色いワイヤカバーの中に営巣していた。
IMGP7077_サイズ変更
ツツピーツツピーと付近でしばらく警戒してから穴の中へ入っていくが、シジュウカラにとって人間は警戒の対象ではないらしい。
いやはや自然は厳しくもあり、逞しくもある。

ちなみに、シジュウカラは季節によって何羽かで群れていることがあるが、その中にヤマガラが普通に混じっていたりする。
カラなら誰でもいいのかよ!と突っ込みたくなる。
ああ見えて、「警戒しながら集まれ」とか鳴き声をいくつか使い分けてコミュニケーションをとっているらしい、と先日ラジオで聞いた。

(おまけ)
IMGP6948_サイズ変更 IMGP6950_サイズ変更
梨棚にいたアオダイショウ(2017/5/31)
ヤマカガシやシマヘビ、ましてやマムシなんかと違って可愛い顔をしていると思うが、よく見りゃけっこう怖い顔をしているな・・・。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 虫と動物] | 2017.06.21(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

大麦の収穫

いよいよ梅雨入りしましたね。
昨日(6/7)、関東甲信地方が梅雨入りしたと発表がありました。
その翌日となる今日(6/8)、鈴虫が誕生しているのを確認。
日記を確認すると、昨年も梅雨入り直後に誕生している。毎年、この時季の気温や湿度を見計らって誕生してくるんですね・・・不思議なものです。

さて、奇しくも梅雨入り直前となった6月5日と6日に大麦を収穫しました。
収穫した日はカラッとした見事な晴天!こんなですよ↓
IMGP6987_サイズ変更
眩しすぎる。いやーホントにきれいな空と雲で、パタゴニアを思い出しました(遠い目)。

まずは6月5日の夕方、裸麦を収穫。(素人判断だが)こちらは最適なタイミングだったと思う。
六条大麦はまだもう少しという感じだったので先延ばし。
6日に再度確認し、翌日以降の天気を考慮した結果、夕方に収穫。雨の前に刈りたい・・・というバイアスがかかっていたのもあるが、カラッとした晴天が続くと僅か一日で麦粒の状態がかなり変わるのも事実。
茎に青味が残っているものもポツポツあったが、麦粒を爪で押さえてみた硬さでOKと判断。

IMGP7001_サイズ変更
収穫前の六条大麦。穂首が曲がっているのも多いし、たぶん大丈夫だろう。

麦の収穫適期の判断というのは難しいんだな、と思い知る。
主題は違うけど確かイソップ物語にあったヒバリ?の親子の話を思い出した。

ちなみに、同じ日の小麦(左)とライ麦(右)。
IMGP7007_サイズ変更 IMGP7008_サイズ変更
まだ青々としており、こちらは収穫期が完全に梅雨と重なる。
そりゃ百姓が小麦を作りたがらないわけだ・・・。

痩せた土地なので、思った以上に収穫できたというのが率直な感想(どれだけ期待してなかったんだ・・・)。
もともとは田んぼだったところで、あまりの粘土質にここ何年か苦戦中。雨が降るとヌタヌタ、晴れるとカチンコチンに固まってどうにもならない。
麦は畑の土質改良が目的で植えています。
当初は草すら生えない絶望的な状況でしたが、ここへきてシロツメグサやカラスノエンドウもかなり生えるようになりました。土地が緑で覆われるとホッとします。
農薬や肥料で疲弊しトラクターで踏み固められた土を、野山の土のようにするには膨大な時間が必要ですね。まだまだ先は長い。
麦の後にはこれから大豆を播きます。

IMGP7015_サイズ変更
収穫した麦はひとまずガレージにはざかけ。
この後どうするか、脱穀以降のやり方を考えないと・・・。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 畑] | 2017.06.08(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カメハウス始動!

我が家には昨年(2016年)の11月に実家からもらってきたクサガメが一匹いる(写真の小さいほう)。
もともとは親父が川で捕まえてきたものだ。
IMGP4125_サイズ変更 IMGP4127_サイズ変更
クサガメは目がおもしろい(もう少し大きな写真がこちらにあります → 羽田沼の白鳥@小さな菜園のある暮らし)。
ちなみに、クサガメは漢字で「草亀」と書くと思いきや、実は「臭亀」。
驚くと悪臭を出すので臭亀というらしいが、そんな臭いをかいだことはないけど本当だろうか?ずっと昔のガキの頃、川口に住んでたときにも親父が飼っていたけど、そんな臭いはかいだことないけどなぁ・・・。

もらってきたとき既にカメは冬眠に入っており餌は食べない状態だったので、そのまま家の中で冬越し。
ケースごともらってきたのでそのまま比較的暖かい二階に置き、周囲をダンボールで囲っておいた。
IMGP4197_サイズ変更
カメは樹脂製のトンネルの下(水の中)でじっとしている。変温動物なので気温(水温)が下がると動けなくなる。
肺呼吸なわけだけど、冬眠中はほとんど呼吸をしないで大丈夫らしい。

トンネルから出てくることがまったくないので、正直なところ冬の間は生きているのか死んでいるのかもよくわからない状態。
カメってのは基本的に暖かいところに生息しているので、果たして伊那谷の寒い冬を無事越せるのか、ちょっと心配だった。

生きていることを信じて、カメが冬眠している間にカメの生活場所を準備。
ガレージの後ろに金魚を飼っているプラ桶があり、これをリフォームしてカメハウスにする。
IMGP4221_サイズ変更
このプラ桶はもともと雨水をためて利用するために設置したのだが、夏場にボウフラがわくのでこれを食べてもらうつもりで金魚を放し、そのまま金魚池になっていたもの。

水深があるため全部が凍ることはないが、冬の間は厚い氷が張り、ほとんど冬の間中融けることなく張りっぱなしになる。
金魚はこの環境にも負けず凍ってないところでじっとして冬を越すが(これも冬眠状態)、果たしてカメがこの環境で冬を越せるのかどうかはわからない。
冬眠するので気温(水温)は問題ないと思うが、果たして氷の下で大丈夫なのかどうか???
うまいこと水から上がって冬眠してくれるのか?それとも冬はやはりケースに入れて屋内に避難させる必要があるのか?このあたりのことは今後様子を見てみないとわからない。

いずれにせよカメハウスの制作ですよ。
まずはプラ桶の周りに石垣を作り、プラ桶との間に土を入れる。不要な石も片付いて一石二鳥!
IMGP4266_サイズ変更 IMGP4298_サイズ変更
カメの上陸場所であり、プラ桶の保温の意味もある。

IMGP4307_サイズ変更
カメが身を隠せる場所も多数作った。

P1230333_サイズ変更 P1230330_サイズ変更
そして全体をブロックで囲う。ブロック内がカメハウスの敷地。
(右)は排水口の写真。あふれた水はここから樋を流れて下の沢へ。

IMGP4362_サイズ変更
トンネルをどけてカメの生存を確認(2016/12/14)。まだそれほど寒くはないし、ひとまず無事だった。

P1230363_サイズ変更 P1230359_サイズ変更
後ほど使用する木材を切り出して皮を剥く。
(右)のような感じに柱を立てる計画。
ちなみに、使用する木材は庭で伐採したクルミとヌルデ。

ここまで出来たところで熊野古道へと旅立った・・・。
(その間も含め木材はもうしばらく乾燥させる。)

・・・熊野古道から帰っても、相変らずカメが生存しているかどうかは不明。
ケースの蓋を開けても何の臭いもしないので、たぶん生きてはいるのだろう。
生存を信じてカメハウスの続きを作る。

P1240014_サイズ変更
ブロックの穴に小石を敷き詰め、ブロックの穴より少し小さい有孔ボードを底に組み付けた柱を挿入。柱の周りに小石を詰めて固定。柱が立ったら梁を通す。

P1240019_サイズ変更 P1240018_サイズ変更
(左)側面にナイロンの防鳥ネットを張り、左右の柱の間にナイロン紐を渡す。
(右)そこに上から防鳥ネットをかぶせてひとまずカメハウス完成!

IMGP5128_サイズ変更 IMGP6460_サイズ変更
(左)プラ桶の周りに川石を敷き詰めた。
(右)カメの上陸場所も設ける。

ここまで出来たところで、気温が上がってカメの引越しできる日を待つ・・・。

Theme [爬虫類] Genre [ペット]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ カメハウス] | 2017.05.28(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

こんなものいいなのバーテープグリップ

今回はバーハンドルのグリップのお話。

バーハンドルの自転車に乗っている方、グリップの選択に迷いませんか?
五百円以下で買える安いものから一万円近くする高価なものまでピンキリ。形状も断面が円形のオーソドックスなものから扁平したエルゴ形状のものなど千差万別。バーエンドと一体になっているものもある。

形状はさておき材質はゴム系のものが多いのですが、問題はココ。
経験上、ゴム系のグリップだと劣化してベトベトしてきたり、ボロボロ剥がれてきたりする。また、吸水性はゼロなので、夏場手に汗をかくと異様に滑ったりもする。
グリップがベトベトしたりボロボロ剥がれたりするとものすご~く不快で、触るのも嫌になってきますよね。

ま、グリップなんて所詮消耗品だからそうなったら(そうなる前に)交換すればいいだけの話なんですけど、これがまた思った以上に寿命が短い。
結局、凝ったものを使っても一緒で、というよりむしろ凝ったもののほうがそんなふうになりやすいように思えて、近頃はなるべくシンプルで安い、何のひねりもないゴム製のグリップを割り切って使ってます(ました)。
このグリップ問題は自分にとって長らくの課題で、いろいろ試した挙句にそのような結論に至ったわけです。

昔、まだサラリーマンをしていた頃に一度、夏場にあまりにも滑るアルミのバーエンド(今では手に入らない長いもの)にコルクのバーテープを巻いて使っていたことがある。
遥か昔に折れて使えなくなってしまったのだけれど、こいつは実に調子がよかった。ロードのハンドルと同じで最高の握り心地だった。
その時の記憶が鮮明で、バーテープのグリップってないのかなと、そんなのがあったらいいのにと、長いことおぼろに思っていました。

・・・が、ありました。そんなあったらいいながありました。
それがこれ。
P1240051_サイズ変更
ギザVLG-852AD2。千五百円ちょっと。
芯材にバーテープを巻いたもので、ロックオンタイプなので脱着が楽チン。オープンエンドでエンドプラグ付き(ただしエンドプラグは大きすぎ、たぶんバーエンドを着けると使えない)。
もしバーテープがダメになっても、これなら自分で簡単に巻き直せる。まさに理想的な一品。

ちなみに、調べた範囲だと他にプロロゴからも似たような製品(ロゴ入りでカッコイイ)が出てます。値段でギザにしましたけど。
ギザ=GP(ギザ・プロダクツ)というのは自分のお気に入りのメーカ。
前にも話題にしたことがありますが、サドルやグリップや工具などなど、広範なものを製造販売しているメーカです。
高価なロードバイクなどとは無縁なのでネームバリューはまったくないですが、質の高い部品を安価に製造販売しているという印象。(何せ安いだけに)これまでに買って後悔したものはありませんね。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 自転車いじり、自転車ネタ] | 2017.05.26(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地

ようこそ!"なかっぴー通信NEO"へ!
トップページです。

 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム