スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

香港 その1

2010/2/12 金
1:00近くになってようやくターミナルに入ることができた。キャセイのチェックインはオンラインだったので実にスムーズ。エクセレント!セイフティ・チェックはかなり厳重で長い行列になっていた。またライターを没収されてしまった・・・。
免税店でタバコを買おうとしたら、何とインドの空港なのにルピーが使えない!ドルかポンドかユーロのみ(もしくはカード)などとふざけたことを言うので、買うのをやめた。
香港行きの飛行機は定刻通り4:30にテイク・オフ。機体はエアバスA340。久々のエアバスは足元が広くて実に快適であった。
香港には12:00着、インドとの時差は+2.5Hである。曇ってどんよりとした天気。緯度はムンバイとほとんど変わらないのに、香港は寒い。
通常ならこのまますぐ市街に向かうところだが、自分らにはやることがある。アフリカに入る前に、宙に浮いたままになっていたメキシコシティ~バンクーバーの予約を確定せねばならない。香港はキャセイの本拠地、ターミナル内に様々なオフィスがあり、まずはチケッティング・カウンターを見つけるのが一苦労だった。キャセイの制服を着た人に場所を聞くと、あっちだこっちだとてんでばらばらなことを言うのでなかなか辿り着けない。
ようやく辿り着いたカウンターの女性スタッフは優秀な人で(バンコクの角野卓造とは大違い!)、親身に対応してくれた。予約変更だけだからすぐできるだろうと思っていたら・・・待てど暮らせど完了しない。女性スタッフは難しそうな顔をして端末を叩いている。うぅぅむ、何やらまた嫌な予感・・・ドキドキしながら待っていると、女性スタッフが状況を説明してくれた。面倒なことになっているらしい・・・ダブル・ブッキングどころか、三重、四重のブッキングになってしまっているらしいのだ。おそらくバンコクのキャセイで予約してくれた02APR、30OCT、04DECのフライト、そしてJALが予約した02APR、04DECのフライト。全てメキシコシティ~バンクーバーの同じフライトで、このままだとオーバーブッキングのため全てキャンセルされてしまうかもしれない、などと恐ろしいことを言う。しかも、キャセイで予約した分はここでキャンセル可能だが、JALの予約した分はシステムが違うため、JALの端末でないとキャンセルできないらしい。自分らに必要なのは04DECのフライトだけだ。女性スタッフの言うところでは、キャセイで予約した分はひとまずキャンセルしておく、JALで予約した分を日本のエージェントに頼んでキャンセルしてもらえ、ということだ。
うぅぅむ、久々に困った。JALの所為で踏んだり蹴ったり、余計なエネルギーを消耗させられる。事情がちょっと複雑なので、経緯を記しておく。
世界一周航空券の発券時(JUL/2009)に最初に予約したのはメキシコシティ~バンクーバーのJAL便。発券時点で翌年の12月のフライト・スケジュールはまだ確定していないため、日程は仮の02APRで発券。その後、経営不振のためJALのメキシコシティ~バンクーバー線が廃止される。メキシカーナがワンワールドに加盟したため、メキシカーナの便が利用できることになった。昨年12月に、以前ブログにも書いたバンコクのオフィスで航空券の予約変更。角野卓造は最悪の奴だったが、別の優秀なスタッフが手続きをしてくれた。この時、システム上はまだ廃止されたJALのままになっていて、仕方なくメキシコシティ~バンクーバーだけはそのまま宙に浮いた状態になっていた。バンコクの優秀なスタッフがJALに問い合わせてくれ、またこちらからも日本のエージェントに問い合わせて、ようやくJALからメキシカーナに変更になった。日程は当初通り02APRのままと聞いていたのだが、バンコクの優秀なスタッフに相談した30OCT、04DECでもどうやら予約を入れていたようだ。先読みして予約を入れてくれるのは結構だが、どんな状況になっているのかくらい連絡くれよ!まったく!
途方に暮れてしまったが、女性スタッフの言う通り、まずは日本のエージェントに頼んで予約をキャンセルしてもらうことにした。なんと素晴らしいことに、香港の空港はWiFiが無料で使える。しかも電源までとれる(コンセントが甚だ挿しにくくはあるが)ではないか!
一仕事終えてから、腹ごしらえして宿探し。宿の当ても情報もないが、とりあえず安宿を求めてネイザンロードまで行ってみる。香港は物価が高く、安宿と言えどもそれなりにすることだけは何となく知っていた。
ネイザンロードまでは空港から出ているバスで一人33HKD。今のレートだと、1HKDが約12円である。香港のバスは全て立派なダブルデッカー、実に快適である。
どこで降りればよいかわからないので、当たりをつけて前の席の人に聞くと、ここがネイザンロードだと言うので急いで降りる。そのまま歩いて宿を探すが、土地勘もないし、それっぽいのはまったく見当たらない。ネイザンロードから一本逸れるとそれっぽい雰囲気はあるのだが・・・。
露店で客と話しているおばちゃんと筆談すると、「あそこはどうだい?」みたいな感じで客の人と相談してくれ、一泊250HKDのところが近くにあると教えてくれた。250HKDは今までの国と比べると相当高いが(インドなら5泊はできる)、香港とすれば悪くない。客のおばちゃんが近くに住んでいるらしく、連れてってくれることになった。
おばちゃんについて歩いていくと、これはさすがに自分らだけじゃ見つからないよなぁというところだった。雑居ビルの4Fが案内してくれた韶興賓館で、深夜特急を髣髴とさせる雰囲気だった。部屋を見せてもらうと、狭いが、何とトイレとホットシャワーが付いている!香港の安宿は全てトイレ、シャワー共同かと思っていたが、どうやらいいとこを引き当てたらしい。即決!一泊240HKDであった。宿の人も実に感じがいい。
昨晩寝てないし、あれこれ動き回ってくたくただ。夕飯を食べに行くのも面倒で、マユミに買ってきてもらうことにして18:00には寝てしまった。

12feb2010 香港行きの飛行機から 12feb2010 香港のダブルデッカー
香港行きの飛行機から                 香港の路線バスは2階建てが普通

2010/2/13 土
今日も天気は悪い。霧雨交じりで、夜にはしっかりと降った。たっぷり15時間も寝た。
フロントの近くにPCがあり、ネットが使えるか聞いてみると使えるという。じゃあちょっとケーブルを拝借して、とやっていると、「無線」が使えると筆談で教えてくれた。何と、WiFiがタダで使えるのだ!すごいぞ、香港!
エージェントからのメールで、そっちの予約はキャンセルしたと言うので、また空港に行くことにした。九龍城の近くにキャセイのヘッドオフィスもあるのだが、距離的にあまり変わらないようなので空港に向かうことにした。
その前に軽く食べようということで、吉野家に行ってみた。あの牛丼の吉野家である。メニューは日本より豊富で、とても美味しかった。地元の人でかなり繁盛している。ちなみに、ネイザンロードには元気寿司もあるし、セブンイレブンやサークルKもある。
バスで空港まで行く。早速キャセイのカウンターに行くと、ラッキーなことに昨日対応してくれた女性スタッフがいる。日本のエージェントの分はキャンセルした、と相談を持ちかけると早速作業に移ってくれた。よかった~話が早い。別の人しかいなかったらどう説明しよう、と思っていたところだったのでホントに助かった。
今はちょうど中国の旧正月だそうで、メキシカーナのオフィスは閉まっているらしくちょっと時間が掛かると言う。上手く予約できるのなら何時間待ってもかまわない。また電源を拝借して無料のWiFiで調べ物をしていると、1時間ほどで女性スタッフが完了した新たなプリントアウトを持ってきてくれた。エクセレント!スバラシイ!キャセイのスタッフは優秀だ。仕事が速くて的確な上、親身の対応をしてくれる。そんな優秀な人たちの中に、バンコクの角野卓造のようなヤツが交じっていたのが今もって信じられない。ヤツは本当に存在したのか?ひょっとしたら幻でも見ていたのではないか?と疑りたくなる。
とりあえず、これでモヤモヤしていたものが解決して気分晴ればれ。またバスに乗ってネイザンロードに戻る。
香港は実にキレイな街だ。空港からのバスから眺めると(当然2F席から)、高層建築と海と山のコントラストが素晴らしい。日本のように、海や山を変にいじってしまったり、工事中だったりするところがないので、とてもキレイに目に映る。ゴミも少なくて、インドから来ると衝撃を受けるほどだ。
ネイザンロードのあたりは、自分の感覚では、昔祖母の住んでいた横浜駅付近の匂いを感じさせる。街自体が似ているわけではないと思うが、一番最初にそう感じた。同じ港町だからだろうか?ネオンに輝く夜の街は見事である。
おそらく金さえあれば、香港は住みやすい。金持ちが多いことは、走っている車を見るだけですぐにわかる。これだけ高級車が走っている街というのもそうそうないのではなかろうか。規制されているのか、大型トラックというものはまったく走ってない。
日本の大きな街にありがちな爆音を立てて走る車やバイクも存在しない、昼だろうが夜だろうが。要するに、香港は大人の街なのだと思う。街を歩く人たちは、皆洗練されていてお洒落である。どことなく落ち着きがあってゆとりが感じられる。歩道が広い所為もあって、せかせかした空気はまったく感じられない。I LOVE 香港(金さえあれば)!
ようやく明日から二日間は、のんびり香港を満喫できそうである。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [2] | Category [■ 010_Hong Kong / 香港] | 2010.02.13(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

香港 その2

2010/2/14 日
香港に来たのはたまたまである。使っているラウンドチケットの制約上、インドからアフリカに直接飛べる路線が存在しないため、経由地として一度逆行することになったのだ。
今日もあいにく朝から雨交じりの天気。この時季の香港は毎日こんな天気なのかもしれない。
今日は年初一、即ち旧正月の元旦である。旧正月というと、本土では爆竹を鳴らしたりして大騒ぎするイメージがあるが、香港の旧正月はとてもひっそりしている。人に言われなければわからないくらいだ。閉まっている商店も多く、いつもより人手も少ない。年初一、年初二、年初三の三日間が正月三が日にあたり、今日から三日間は商店が休みだったり営業時間が短かったりする。朝は飲食店も軒並み閉まっていて、日本を出て以来初めて朝マックをしてしまった。
香港の街をのんびり散策してみた。道路が碁盤目状に走っていてとても歩きやすい。我らが韶興賓館は、廟街の入口に位置している。廟街の露店に期待していたのだが、今は昔の話らしい。深夜特急の頃のように、行けども行けども露店が連なり・・・などということはない。端から端まで歩いてすぐに抜けられてしまい、逆にビックリしてしまった。もう今の香港には深夜特急の頃の面影は微塵もないのだなぁ、と思わざるを得ない。これならバンコクあたりの屋台の方がずっと大きくて面白い。
近くの寺に行っても、参拝者がいるにはいるが、日本の初詣と違いあまりに閑散としていて肩透かしを食った気分だ。
街中に目立つのは「六福」や「周大福」といった看板を掲げた宝石店である。これだけあるからには、それなりの需要があるのだろう。街を走る高級車の数も尋常じゃない。不況とか環境問題とか言われても、やはり需要のあるところにはあるものなんだなぁと変に納得してしまった。そうそう、香港ではスバルも数台目撃した。
予備知識が何もなくて恐縮なのだが、香港で話されているのは広東語なのだろうか?所謂北京語に比べてソフトな響きに感じる。北京語と広東語は、どう違うものなのだろう?文字として使っている漢字はまったく同じように思えるのだが、単語がまったく違うのだろうか?今度調べてみたいと思う。
そんな言葉の響きもあってか、香港の人はとても物静かに思える。街の地べたに座り込んだり、やたらと大声で喋るような信じ難い生態の人種が存在しない。マックなども混んではいるのだが、ギャーギャーうるさいということはない。何と言うか、文化的にとても成熟した感じなのだ。自分が言うのも何だが、ファッションセンスもよく、オシャレで垢抜けている。本土人や韓国人とはまったく別個の人種のようである。
香港では、高級ホテルは「酒店」、ゲストハウスのような安宿は「賓館」という看板を掲げている。「賓館」の方は、他の国のゲストハウスのように独立した建物ではなく、雑居ビルのワンフロアだけで営業しているのがほとんどで、慣れないと非常に見つけづらい。いくつもの賓館が入っている雑居ビルもある。
街中で感心するのは、いたる所にゴミ箱が置かれていることだ。紫色のけっこう大きなゴミ箱で、上部は灰皿になっている。香港にゴミが少ないのは、このゴミ箱の効果もあるのかもしれない。防犯上の理由か何か知らないが、日本では逆にゴミ箱を撤去する動きになっている。ゴミを減らすためにゴミ箱を減らしているとしたら、それはまったく逆だろうと前から感じている。それでは不法投棄を増やすだけに違いないのだ。

余談12 インド人は電話好き(話し好き)
インドから抜けてもインドの話なのだが、書き忘れたことがあるので。
インド人はどいつもこいつもよく電話をする。それも人目をはばからず大声で。モバイルはもちろん、街中の電話屋(インドではそんな商売が成立する。店先に固定電話が何台か並べてあり、お金を払って通話する)などで四六時中電話している観がある。食事中でも列車やバスに乗っているときでも、そして人と話している最中でもよく電話をかけたりかかってきたりしている。何をそこまで話すことがあるのか、傍で見ていてとても不思議である。

余談13 男同士で・・・
インドでは、男同士で手をつないだり、腕を組んだり、膝枕をしたりするのを良く見かけるが、別に深い意味はない。単に仲良しなだけなのだ。
人それぞれにパーソナル・スペースというものがあると思う。自分の周囲のどのくらいの範囲にまで他人が入ってくると不快に感じるのか、とでもいったようなスペースで、通常日本人なら50cmとか1mくらいだろうか。思うに、インド人の場合は、このパーソナル・スペースがゼロか、むしろマイナスなのではなかろうか。老いも若きも問わず、仲よさそうにしている姿は実に微笑ましいものだ。

(香港にきて気付いたこと。「カーーーッッッ、ペッ」と唾を吐く人がいない。まったくいない。インドでは誰でもこの「カーッ、ペッ」をやっていて逃げるのが大変だった。ネパールでは若い女の人でも「ペッ」とやっていた。中国でもやってる人は多いと思うのだが、香港はやっぱり中国にして中国にあらずなんだなぁ。そもそも通貨が違うもんね。 マユミ)

余談14 紙で尻を拭くのは・・・
香港では紙で尻を拭くのが一般的らしい。たいていの場所では拭いた紙も便器に流してしまう。
東南アジア、インド、ネパールと回ってきて、紙で尻を拭くのは実に久し振りである。水で尻を洗うことに慣れてしまうと、紙で拭くだけなんていうのは不潔に思えてどうもしっくり来なくなる。ましてや紙を便器に流すなんて、ホントに流しちゃっていいの?という感じである。
日本で暮らしていると気付かないかもしれないが、紙で尻を拭くのはまだしも、紙を便器に流してしまう国というのは世界的に見てかなりマイナーな存在だ。自分の知る限りではアメリカと日本くらいか・・・ヨーロッパでも南米でも紙は便器に流さない。さて、これから向かうアフリカではどうなのか、興味津々である。
ちなみに、中川の我が家では、浄化槽式の水洗トイレのため、当初から紙は便器に流さないことにしている(庭で燃やしてしまうのだ)。日本に帰った後は、インド式を実践しようと考えている。

14feb2010 旧正月のネイザンロード1 14feb2010 ティンハウ廟3
ひっそりとした旧正月のネイザン・ロード       ティンハウ廟

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 010_Hong Kong / 香港] | 2010.02.14(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

香港 その3

2010/2/15 月
今日も雨交じりの天気である。ザーザー降るわけじゃないので大きな問題はないのだが、洗濯物は乾かないし、何となく気分も萎える。香港に来ようと思ってる人がいたら、この時季は外した方がいい。
意外にも、これだけ車が走りながら香港の空気はキレイである。黒煙を吐いて走っている車がただの一台もいないためだ。規制が相当厳しいものと思われる。それにしても、うじゃうじゃいるあのデカイ2階建てバスは何の燃料で走っているのだろう?天然ガス?パワーはあるんだよなぁ・・・。ディーゼルだとしたら驚異的だ。排ガスの臭いが一切しないから。
ガソリンスタンドも全く見かけないが、かなり郊外にまで行かないとないのかな?
それにしてもすごい数のバスだ。一体何台のバスが香港を走ってるんだ?空港行きのバスですら、一本乗り損ねてもすぐ次のバスが来るという具合だ。
昼にチェックアウトし、のんびり昼食を食べてから早目に空港に行くことにした。香港の空港は実に快適である。自由に使えるイスとテーブルがたくさんあり、WiFiが使い放題な上、電源まで使える。何時間いてもまったく苦にならない。寝るスパースさえ与えてくれればここに住めそうだ。
いよいよ今夜の便でアフリカに発つ。自分らにとってまったく未知の大陸だ。ケープタウンからアフリカ大陸を縦断し、中東、トルコを抜けてヨーロッパに入るのが今回の旅の核心である。
香港からヨハネスブルグ経由でケープタウンに入る。ヨハネスブルグが乗換えのみなのは、死んでも滞在したくないからだ。「世界で一番危ない(しかもダントツ!)都市」「世界最悪の凶悪犯罪都市」「一日に○○人が殺される」「○○人が行方不明になる」・・・とヨハネスブルグの悪名を形容する言葉は枚挙に暇がない。治安の悪化により、中心部は大ホテルや外国資本が軒並み撤退してしまい、ゴーストタウンと化しつつあるとも聞く。
ガイドブックはどの都市でもかなり大げさに書いてあるものなのだが、ヨハネスブルグの記述は群を抜いているので列挙しておきたい。
「ヨハネスブルグ中心部はいつ強盗に襲われてもおかしくない超危険エリア。地元の住民もそのエリアは歩かない。・・・特に駅周辺(駅の構内も含む)、ミニバス乗り場付近、マーケットエリアを歩くのであれば、強盗に遭うことを覚悟の上で歩くこと。・・・ホテルのあてもなく、大きな荷物を持ってヨハネスブルグ中央駅やバスターミナルに降り立つのは(←これ、いつのも自分ら)無謀と言うほかない。」
「ヨハネスブルグの恐ろしいところは、犯行が暗闇だけではなく、白昼堂々人通りの多い路上でも行われることだ。危険エリアには興味本位で近づいたりしないこと。100%に近い確立で強盗に遭うだろう。」
「泣こうが叫ぼうが周りの人は見て見ぬふり。襲われたら最後、助けはないと思った方がいい。それでも出歩くというのであれば、・・・最悪は殺される覚悟が必要だ。」
「ヨハネスブルグ駅周辺で、外国人旅行者がバックパックを担いで歩いていれば、十中八九強盗に遭うと覚悟した方がいい」
などなど・・・。
笑っていられないのは、旅した人の話を総括すると、これらの記述が一概に大げさなものではなく、かなり事実を反映していると思えるからだ。こんなところで本当にワールドカップができるのか、前々から甚だ疑問に思っているのだが・・・。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 010_Hong Kong / 香港] | 2010.02.15(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 010_Hong Kong / 香港
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。