再びグルジア入国

2012/5/5 土
始:8:45 ~ 終:16:45 走行:65km
~ Akhtala ~ Shnogh ~ Airum ~ Bagratashen ~ 国境 ~ Sadakhlo

晴れ、午後ゲリラ豪雨。
デベド川沿いの道をグルジア国境へ向かう。
国境の手前10km、Airumに差し掛かったところで工事のため道路が通行止め。迂回路が設けられているわけであるが、谷間に平坦な迂回路などとれるはずもなく、ダートの激坂・・・もちろん押し。
幸運にも2kmほどでM6に戻れて、11:30頃国境着。国境手前の村でアイスを食べてアルメニアのお金を使い切った。行く手は龍の巣だらけ・・・。

ここの国境はアルメニア側も立派だった。手続きもスムーズ。
川が両国の国境になっていて、橋を渡ってグルジア側のイミグレへ。相変らずグルジア側の国境はスゲェな・・・ここも空港並みである。
前回のザピの国境と違って空いていて、車と同じところを通ってスムーズに越境。

グルジアに入るとけっこう雰囲気が変わる。
まず、道路が格段にキレイになる。そして、何より緑が濃くなる。どちらかと言うと殺伐としていたアルメニアの景色、そこから来ると濃い緑に癒される。
いやーやっぱグルジアは好きだな・・・。たぶんアルメニアは木が少なすぎるのだと思う。
道は概ね平坦、舗装はキレイだし、こんな道ならどこまでも走れちゃうぜ・・・時速20kmで軽快に進む。こんな軽快に走れるのってなんか久しぶり・・・車も少ないし、気分爽快である。

前方の空が真っ暗・・・いつ降られてもおかしくない雰囲気。
距離的には今日のうちに楽勝でトビリシまで届くところなのだが、手前で刻むことも考えて食料を買出しする。
店からちょっと走ったところに小さなGSがあったので、雨に降られる前に屋根の下に避難させてもらった。
大正解・・・10分もしないうちに非常に激しい雨となった。日本のゲリラ豪雨のような激しい雨、雷も鳴っている。

結局、二時間近く雨宿りさせてもらった。その間、隣で店をやってるおっちゃんたちがアイスやスナック菓子をご馳走してくれた。
雨が上がり路上の水も大方引いた15:30頃、GSをあとにした。GSには水がなかったので、しばらく先の別のGSで水を汲ませてもらう。最近は飲用と調理用に5L、トイレ用に2L、計7Lほどもらうようにしている。

現在地はマルネウリまで10km弱、トビリシまで40kmほどのところ。中途半端なことになった・・・。
ちょっと頑張ればトビリシまで行けるわけであるが、遅い時間に宿に入るのもなんかもったいないなぁ・・・などという貧乏根性が働いて、結局手前で刻むことにした。
テン場を探しながら走る。本当はマルネウリの手前に幕営したかったのであるが、目ぼしい場所がなくそのままマルネウリに入る。道が広くなって車がちょっと増えた。
町の外れに快適な松林を発見!すかさず偵察して絶好の場所に幕営。昨日に続いて人目につかない会心のテン場である。

IMGP0901_サイズ変更 P1140830_サイズ変更
今日でアルメニアともお別れ                工事区間を迂回中

P1140832_サイズ変更 IMGP0915_サイズ変更
国境に到着・・・前方の空が怪しい            再びグルジア入国!

P1140833_サイズ変更 IMGP0920_サイズ変更
グルジア側の国境は相変らずすごい         やっぱキレイだわ、グルジア・・・緑に癒される

P1140836_サイズ変更 P1140837_サイズ変更
GSで雨宿り中の図                     昨日に続いて会心のテン場

余談50 キタイ
ロシア語で中国のことを「キタイ」という。旧ソ連邦の国に来て耳にするようになった。「チン」とか「チナ」に慣れているので新鮮な響きだ。「チン」「チナ」に比べると畏怖の念がこめられているようにも聞こえる(たぶん気のせいだけど・・・)。「チン」やら「チナ」ってのにはどう考えても人を小馬鹿にしたような響きがある。ま、間違いなく小馬鹿にしてるんだろうけど・・・。
中原の地の辺りのことを英語で「チャイナ(China)」という。世界的には「チン」「チナ」「チノ」などという国が圧倒的に多いが、出どころは一緒で読み方が違うだけである。ロシア語のキタイもおそらく語源は一緒だ。
日本でも戦中までは「支那」といった(前から不思議だったんだけど「支那」ってなんで漢字変換できないんだろ?)。これも語源は一緒で「China」と同じである。
それもそのはずで、「中国(中華人民共和国)」というのは1949年に建国した国で、64年の歴史しかない。俗に中国四千年の歴史などと言うが、そんなものはもちろんない。
よって、地理的・歴史的概念で中原の地の辺りのことをいう場合、世界各国の言語と同じように「支那」というのが正しいように思うのだが、なぜか日本語では混同して「中国」といっていて、それがすっかり定着してしまった。かくいう自分も混同して「中国」と使っているわけである・・・。
「支那」のもともとの概念には、チベットやウイグル、内モンゴルなどはもちろん含まれていまい。
そもそも「中国」という呼称には(中原の地が世界の中心であるというところの)中華思想がこめられていて、よくよく考えると気味が悪い。
ちなみに、英語で厳密に「中華人民共和国」のことを意味するのは、略称で「P.R.C.」である。

さて、「日本」は英語で「ジャパン」であるが、英語を話している国でもない限り「ジャパン」といわれることはまずない。言語によって呼称は様々であるわけだが、「ヤポン」「ヤパン」「ハポン」「ジャポン」あたりが多いような気がする。
(おそらくは日焼けした顔と洗練されてない服装から)自分らのことを初見で日本人と見てくれる人はほぼ皆無、ということを前にもどこかで書いたけど、これまでマレーシアとかタイとかフィリピンと言われることが多かったのが、ここへきて中国かベトナムと言われることが多くなった。
同じ陣営の国だったためか、旧ソ連邦の国々や(旧)共産主義の国々では中国かベトナムと言われることが多く(キルギスタンてのもたまにある)、間違えてもマレーシアとかタイとか言われることがないから面白い。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 098_Georgia 2 / グルジア 2] | 2013.09.11(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

トビリシに到着

2012/5/6 日
始:9:25 ~ 終:14:00 走行:44km
~ Tbilisi

晴れ。今日はトビリシまで30kmちょっと走るだけ。時々日が差して暑い。
トビリシに近づくにつれ車が増えて走りにくくなる。特に楽しい道でもなく、そんな車を眺めながら淡々と走る。
ドイツ車が多いな・・・特にベンツが多い。旧ソ連製のラダの次くらいによく見る。
これは何も羽振りがよいわけではなくて、中には最新型のピカピカの新車も走っているが、ほとんどは型落ちの、ドイツや他の国から入ってきた中古車だ。
何でそうわかるのかというと、「D」というステッカーがそのまま貼ってあったり、ドイツのディーラーのステッカーが貼ってあったり、ナンバープレートの台座がドイツのディーラーのものだったりするからだ。中には右ハンドルのベンツもあって、ヤナセのステッカーが貼ってあるものまである。言うまでもなく日本やイギリスから入った中古車だ。
日本車も目にするが、右ハンドルのものはやはりロシア経由で入ってきた日本の中古車だろう。

日本ではリサイクル料金なるものを使用者が払わされる。が、実際にはこのように第三国に車が流れていることが多い。
はっきり言ってリサイクル料金なんてのは、一部の人間を儲けさせるためだけの悪しきシステムに他ならないのでは・・・。
グルジアに限らず、一部の先進国を除いて車なんてのは走らなくなるまで徹底的に使いたおされる。いや、走らなくなっても部品にばらされて利用される。「エコ替え」なんて言っているのが恥ずかしくなるくらいの徹底した再利用っぷりだ。
もちろん、使えるものは使えなくなるまで使った方がいいに決まっている。
が、結局後々には、ドイツや日本といった国では解体する手間が省け(ゴミが減り)、十分な処理能力のないこういった国々にゴミが蓄積されていく・・・ということを考えると複雑な心境になる。

暇な道を走っていると、こんなことをあれこれ考えてしまうものである。

トビリシに入ってから中心部まではさらに15kmほどある。川を渡る橋が川沿いの道路とは同じ平面になくて走りにくい。
人に道を聞き聞きようやくトビリシ駅近くのホステル・ジョージアに辿り着いてみたら、改装中で閉まっていた・・・。が、中にオーナー夫婦がいて、もう一つ別のホステルがあると言って案内してくれた。
そちらの宿(ロマンティック・ホテル&バー)は現在まだ改装中。中に案内された瞬間、「カラオケ・ボックスか?」と思った。
一人一泊10GEL(5E)と安さが売りの宿なのだけれど、はっきり言ってまったくオススメしません。
地下にあり、部屋はおろかフロアに一つも窓がなく、外の様子がまったくわからないというすごく不健康な空間。
そこに生息している宿泊者は、ほぼ全員夜行性。朝9:00過ぎになっても誰も起きてこねぇ・・・。午後遅くに起き出してきて夜な夜な活動する迷惑な人たち。
いったいこんなとこに引き篭もって何やってるの???

一番迷惑なのはうるさくて眠れないこと。音楽ガンガンだし、話し声はうるさいし、まったく眠れねぇ・・・。
ここの宿、部屋が完全に隔離されているわけではなく、壁の上部が開いていてフロアの音と光がダダ漏れなのである。カラオケ・ボックスというよりパーティションで仕切られただけのミーティング・スペースに近いか。
特にうるさいのが中国人だか中国系アメリカ人の野郎。
夜中の3:00近くまで大声張り上げてスカイプで電話してやがった・・・。5~6時間電話してたんじゃねーか、こいつ。
(中国人=声がデカイ)×(アメリカ人=声がデカイ)で二倍二倍だから最悪だ。誰かこやつをポアしてほしい・・・。
オーナー夫婦はとてもいい人なんだけどねぇ・・・泊まっている人間が最悪。

IMGP0926_サイズ変更 IMGP0930_サイズ変更
トビリシに向かう                     到着・・・実は滞在中も含めトビリシの写真がほとんどなかった

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 098_Georgia 2 / グルジア 2] | 2013.09.12(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

トビリシで最大の(というか唯一の)ミッション・・・アゼルバイジャンのビザ申請

2012/5/7 月
昨晩遅くから雨が降っていて、今朝も雨。
トビリシに来た最大の目的=アゼルバイジャンのビザ申請のため、雨の中自転車で大使館へ。
ビザの申請は月・水・金の10:00~12:00だけ受け付けているから(もっと働けよ!)、今日を逃すとあと二日も無駄に滞在が延びることになる。こんな宿とは一日も早くオサラバしたいので雨の中強行。

アプリケーション・フォームは大使館ではもらえないらしいから、ネットでUSBに落として持っていく。
警備員にプリント・アウトできるところを聞くと、すぐ近くの旅行代理店を教えてくれた。
そこはビザ申請の代行をしている旅行会社で、行った時は大量のトルコ人の申請書を作成中。プリント・アウトしてもらうだけのことに30分以上待たされた。
パスポートを渡してフォームに記入してもらうだけのことなのだけれど、ここに代行を頼むと22GELも取られる。にも関わらず、次から次に人がやって来る。ネットでフォームを落として自分で記入すりゃいいのに・・・。

机を借りてプリント・アウトしたフォームに記入していると、フランス人のジャッキーとイズラエリーのドロンの二人がやって来た。彼らも代行を依頼している。
ジャッキーは自転車で、ドロンはモーター・バイクで旅をしている。
ジャッキーはもう18年も旅をしているらしい。その間フランスに帰ったのは自転車の準備をする二ヶ月だけという話。最初は走って(ランで)旅をしていたとか。
あとどのくらい旅するのか聞いてみたら、「7年くらいかな~」と言っていた・・・。
「南米で50年以上旅してるドイツ人に会ったよ」「二十歳かそこらで旅に出て、今72歳なんだ」・・・目をキラキラさせながら話すジャッキーは少年のようである。
50年・・・そりゃもはや旅とは言わないんじゃ・・・人生そのものだよ、それ。世の中は広い。

ジャッキーはおそらく自分と同年代くらい。イメージ通りの絵に描いたようなフランス人、つまりノーテンキでゴーイング・マイ・ウェイ。
でも、感じのいい人だった。
フランス人はある年代を境に二極化している、と感じる。特に最近思うんだけど、二十代くらいの最近の若いフランス人はすごくまともだ。物静かで思慮深い。空気を読むというか、きちんと相手のことを考えている節がある。
ノーテンキでゴーイング・マイ・ウェイな従来通りのフランス人てのは、たぶん自分と同じくらいの年代までなんじゃなかろうか。そのうち絶滅しちゃうのかな・・・?

フォームを書き終えて大使館へ。
雨の中待たされてようやく順番が来る。一人ずつ建物に通される形。
で、ドアのところに行ってみると、係官は鉄格子の向こう。
「日本人?じゃあ水曜の15:00に取りに来て」・・・鉄格子越しにフォームを差し出して終了。他に必要なのは写真一枚だけ。パスポートのホールドもなし。こんな大使館も今までなかったなぁ・・・。
ちなみに、ちょっと前から日本人はビザ代が無料である。
フランス他、シェンゲン協定国のビザ代は60ユーロ。悲惨なのはアメリカとイギリスで、アメリカが140USドル、イギリスが118USドル。何故か日本人以外は写真も二枚必要だった。
だからいろいろなところで日本のパスポートは羨ましがられる。ビザなしで入れる国が日本より多い国は、おそらくデンマーク他ヨーロッパのニ、三ヶ国だけだったと思う。
実際、日本のパスポートは強力だ。旅をしていていろんな場面でひしひしと感じる。こんな心強いものはない。
そりゃ中国人が偽造するわけだよ・・・。中国とかアメリカ、はたまたロシアのパスポートなんかで旅するのは大変なんだろうな・・・。
ロシアと言えば、ドロンから聞いて初めて知ったのだけれど、イズラエリーはビザなしでロシアに入れるらしい。三ヶ月まで滞在できるらしく、ドロンは三度も行ったことがあると言っていた。そりゃまた強力なコネだな・・・。

依然雨は降り続いていて、旅行会社で雨宿りさせてもらっていると、トルコで会ったエティエネ&マリーがもう一組のフランス人カップルとやって来た。
お互い、「おぉぉ・・・っ」てことで話が盛り上がる。
バトゥミからやはりM11を走ったという話。そしてやはりリムが割れたと・・・。彼らが通ったときは既に全線除雪が済んでいたようだが、トレーラーを引いてM11を走った彼らはトレーラーの接続部分も壊れたらしい。リムと部品をドイツから送ってもらうと言っていた。
彼らはシマノのギアを外すソケットとギア抜きを持っていた。いつでも貸すよと言ってくれたが、残念ながらトビリシから20kmほどのところに滞在していたので、トビリシにあるかどうかもわからない自転車屋を探すことにした。
とても感じのいい二人で気も合ったのだけれど、残念ながら二人とまともに撮った写真がなかった・・・。
「これ、日本のカーペンターのズボンなんでしょ?」とマリーに聞かれて見てみると、どうも見覚えがあると思ったら鳶の作業着だった。きちんとメーカ名も漢字で入っている日本製。お母さんが日本を旅行した時にお土産で買ってきてくれたものらしい。機能的な鳶の作業着をマリーはえらく気に入っていて、これで自転車に乗って旅をしている。

もう一組のカップルは古いメルセデスのミニバンでフランスから旅をしていた。もちろん宿には泊まらずいつも車中泊。ウランバートルでミニバンを売ってシベリア鉄道でフランスに帰るのだとか。
「仕事してるからさ・・・たった5ヶ月の旅なんだ」
たった5ヶ月と・・・羨ましい。ヨーロッパの中でもフランスは飛び抜けて休暇が多い。

10:00前には旅行会社に来ていたジャッキーとドロンであったが、昼近くになってもまだ申請書が出来上がらない。
22GELも取るくせに待たせすぎだろ、ここ。それでも次々人が依頼にやって来る。
ジャッキーの方は間に合った。
悲惨なのはドロンだ。大使館へ行った時は12:00を10分ほど過ぎていたらしく、「明日来い」って言われて帰ってきた。
22GELも取られてさんざん待たされた挙句にこれかよ・・・それでもドロンは怒るわけでもなく、「まいっか」という感じ。旅行会社の方もまるで悪びれた様子もなく、「じゃあ明日行きゃいいじゃん。何か問題か?」という感じ。お互いノーテンキというか、心が広いというか・・・。

フランス人たちと別れて、近くの店で教わった自転車屋へ。
住所を頼りにようやく辿り着いたその店で驚愕の事実が発覚。
残念ながら28in用のスポークはなかったのだけれど(宿に帰れば手持ちがあるから問題ない)、店にシマノのソケットがあったからギアが外せるかどうか試してみたところ・・・外れねぇ。いや、ソケットは嵌るのだけれど回らない。何度試してみてもビクともしない。
おぉぉ・・・なんでこういうことになるんだぁーーー!
これではもはやスポークが折れても交換すらできない。さすが、凄腕アスラン!と言ってやりたい。いったいどんだけ馬鹿力なんだよ・・・。
トラブゾンで直して完璧だと思っていたのに、スポークは折れるわ、挙句の果てにロックリングが外せないってどういうことだーーー。

ハブもギアも一新できれば解決するのだけれど、そんなものがグルジアにあるわけない。もちろんこの店にはないし、他にどこかで入手できるか聞いてみても「ない」という話。だろうね・・・おそらくバクーでも状況は変わるまい。
困った・・・。

成す術なく宿に戻る。
はぁぁぁ・・・なんかドーズに振り回されっぱなしだ。大都市へ行くたび自転車屋を探すってのにももう疲れたよ・・・。

P1140840_サイズ変更 P1140448_サイズ変更
ジャッキー(中)とドロン(右)             手前の二人がエティエネ&マリー@トルコのGS

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 098_Georgia 2 / グルジア 2] | 2013.09.13(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ドーズも(ひとまず)復活!

2012/5/8 火
くもり時どき雨。15:00過ぎから日が出た。
まずは自転車屋を探しまくるが、どうやら昨日のところ以外トビリシには自転車屋がないらしい・・・。
博物館の中にあるインフォメーションで情報をもらうべく行ってみたのだが、たまたまなにかの催しをやっていて博物館の中にすら入れず・・・使えねぇインフォメーションだ。

ひとまず諦めてトビリシ観光。美術館を回ってみる。
ピロスマニの絵が目当てだったのだが、あいにく最初に行ってみたナショナル・ミュージアムにはピロスマニの絵がほとんどなく、肩透かしを食った。
もうひとつ、ナショナル・ギャラリーというのがあるらしい。
それにしても・・・トビリシの美術館てのは探すのが大変だ。すぐ近くで尋ねてるはずなのに誰も知らなかったりするし・・・。
ようやく探し当てたナショナル・ギャラリーのほうはなかなか充実していた。すっかり満足。

久々にマックで昼食を食べてから、今度は地図を求めて本屋を探しまくる。
この本屋ってのがまたほとんどない上に(本なんてあまり読まないのかな?)、通りから隔てられて門をくぐった先にあったりするから非常にわかりにくい。
三軒目の本屋でようやくカフカスの道路地図だけはゲット(今さらという気もするが・・・)。同じシリーズに中央アジア版もあるみたいなのだが、残念ながら店には置いてなかった・・・。
ま、ひとまずこれでアゼルバイジャンだけは困らず走れる。

そのあとで昨日の自転車屋にもう一度行ってみた。最後にもう一回ソケットとギア抜きを借りて、本当にギアが外れないかどうか試してみたかったのだ。
サービスは16:00からだと聞いていたので、ちょうどその頃自転車屋へ。
持参したスポークを取り付けたい旨説明し、工具を借りる。「いいけど、5GELもらうよ」と釘を刺された。
昨日も店にいた若い子が一緒に作業を手伝ってくれたのだが・・・やはり外れん。うぅぅむ、困った・・・。
その子が、「ギアを外さずスポークを曲げながら通してみてセットできないか試してみたい」と言うので、トライしてもらった。
おっ!おぉぉ・・・入った!
たまたまフリーと逆側だったので、ギアの歯の谷間をうまく通してセットすることができた。今後もフリーと逆側なら同じ要領でスポークを交換できそうである。フリー側が折れたらアウトだけど・・・。
先日緩められなかったニップルもついでに二ヶ所ほど交換。
とりあえず、これでドーズもしばらく問題なかろう。

IMGP0932_サイズ変更 IMGP0934_サイズ変更
ドーズもひとまず復活!                 彼がスポークを入れてくれた

IMGP0935_サイズ変更
自転車屋の外観・・・トビリシの写真がホントにないなぁ・・・

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 098_Georgia 2 / グルジア 2] | 2013.09.14(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

無事にビザを受け取ってミッション終了

2012/5/9 水
今日は戦勝記念日とやらで祝日。おそらく旧ソ連邦の国々はどこも祝日だろう。
ビザの受取日であるわけなのだが、本当に開いているのか・・・?甚だ不安である。申請した日に何度も確認し、あれだけ開いていると豪語していたわけであるが、開いているとはとても思えない。

言われたとおり15:00の少し前に大使館に行ってみたのだが、やはり閉まっていそうな雰囲気。しかも、門のところの掲示では受け取りは16:00からとなっている。
そこにいた警備員に聞いてみると、やはり今日は休みだという。
「いやいや、でも今日ビザを受け取れるはずなんだけど・・・」と尋ねなおすと、
「あぁ・・・それなら大丈夫だ」といった風。本当に受け取れるのであろうか・・・?

15:00まで日陰で待つ。今日は朝から快晴でものすごく暑い。
すると、15:00直前に一人やって来た。聞いてみるとトルコ人。彼がすかさず門のブザーを鳴らしてみたが音沙汰なし。
やっぱ今日はダメなんじゃ・・・と思い始めた頃、先ほどの警備員が門の錠を開けて中に入れてくれた。あんたが鍵を持ってたんかい・・・。
事前にパスポートをホールドされていたらしいトルコ人は、すぐにパスポートを返してもらって帰っていった。
ホールドされていなかった自分らはパスポートを差し出す。
「いつ申請した?」という問いに
「月曜日」と答えると
「じゃあ20~30分後にまた来て」ということになって、パスポートを預けて門の外で待つ。
待っている間にフランス人のジャッキーがやって来た。確か彼は16:00の受け取りと言われていたはずであるが、フライングして来てしまったらしい。

30分後にもう一度門を開錠してもらって中に入ると、ビザの貼られたパスポートが戻ってきた。祝日の日に受け取れるなんて奇跡だ!
アゼルバイジャンのビザは受領日から一ヵ月有効の一ヵ月ビザ。つまり、受取日の今日からもうビザがスタートしているから要注意だ。

16:00前にもかかわらず、自分らに続いてジャッキーもビザを受け取れた。
もちろんビザには今日の日付けがスタートの日付けとして明記されている。エンドの日付けはその一ヵ月後。にもかかわらず、「入国日のスタンプの日付けから一ヵ月有効」とジャッキーは係官に聞いてきた。
でもそれは間違いであって、「同じ状況でビザに明記された日付けを過ぎてしまって罰金を取られた友人がいる」とジャッキーに教えてやったのだが、まったく聞く耳持たず。さすが同年代のフランス人。アゼルで罰金取られなきゃいいけど・・・。

イスタンブールの宿に、アゼルの出国時に罰金を取られた人がいた。やはり(確か入国時にも)入国の日から一ヵ月有効だと聞いていて、ビザに明記されたエンドの日付けを過ぎて出国しようとしたときに罰金を取られたというもの。
係官がどう言おうと、やはりビザに明記された日付けがすべてであると思う。

しばらくしてイズラエリーのドロンもやって来た。どうやら昨日無事に申請できたようである。
ちなみに、アゼルの大使館は終始鉄格子越しにやり取りするだけで、中には一歩も入れない。受付窓口のようなものもなくて、ホントに鉄格子越しにやり取りするだけである。

さて、宿に宿泊者は何人もいるわけであるが、うるさい元凶はやはりアメリカ人の二人(英語を教えにグルジアに来ているらしい)と、アメリカに留学していたらしい完全にアメリカにかぶれた中国人・・・。
この中国人、名前を聞いたら「トーマス」だと。バカじゃねーのか。
アメリカは夢の国だ、アメリカがナンバーワンだと信じて疑わないこの手の輩が一番性質が悪い。

IMGP0940_サイズ変更
地下にある宿の入口(撮影は翌朝) ちなみに右の階段じゃなくて正面の暗闇がそう

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 098_Georgia 2 / グルジア 2] | 2013.09.15(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 098_Georgia 2 / グルジア 2
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム