安徽省をかすめる

2012/12/9 日
始:8:55 ~ 終:16:50 走行:89km
~ 曹庄 ~ 碭山県 ~ 李庄 ~ 黄口 ~ 閻集 ~ 楊楼 ~ 楊楼の先10km

晴れ。7:00の気温-13℃。目の前のドブ川も凍っている。
久々の野宿で寒さが身にこたえる。
凍ったテントをそのまま撤収して出発。

今日もどうにもパッとしない一日だった。
開封の先あたりから、どうにも連日パッとしない。風景がパッとしなけりゃ町もパッとしない。
人はたくさんいるのだけれど、どうしてだか活気が感じられない。見える景色は畑(主に麦畑)と人家だけ。要するに走っていてつまらんのだ。
路上は相変らず埃っぽい。ただでさえ埃っぽいのに、黄砂を山積した大型トラックが、カバーもかけず黄砂を撒き散らしながら激走しているから始末に終えない。

人が多いせいか、汚さだけが目につくようになった。いたるところゴミだらけだ。
工事のために地面を掘り返してあるところなど、地下までゴミだらけ。地面を掘ってもゴミが大量に出てくる始末。
酷いものだ・・・。
ゴミはゴミ箱へ、などという習慣は皆無なのだから無理もない。
多少なりともどうにかしようという意図が感じられるのは、大都市の市街地くらいのものだ。そこを出ると、どこもかしこもゴミだらけ。かつ、どこもかしこもキジ場である。
ミソもクソも一緒、という言葉がこれほど似つかわしい国も他にない。衛生とか清潔といった感覚は微塵も持ち合わせていないのだな・・・。
世界一清潔とされる日本人の目からすると、そりゃもう酷いものだ。おそらく普通の日本人は、この環境には耐えられまい。

ほんの100km弱ではあるが、河南省の先で安徽省を走る。
省境の小さな町である曹庄にて、揚げ包子?のような初めて目にする食べもので腹ごしらえ。

これも開封の先あたりからだったろうか、食べものの質がガクンと落ちた。
四川省から離れたせいか、四川料理の店なんてまったく目にしなくなってしまった。そもそも食堂の数自体がかなり減った。
中国ならどこでもおいしいものが食べられると思っていたのだが、案外そうでもないようである。これは意外だった。地域によってだいぶ差がある。
中国から食べる楽しみをとってしまうと、ハッキリ言って何も残らないのだが・・・。

食堂だけでなく、超市もパッとしなくなった。
ねじりドーナツや月餅といった、これまで行動食に重宝していたものがまったく手に入らなくなった。ラーメンに入れる具材も見かけなくなってしまった。
売られている商品は、省というか地域によってだいぶ差がある。流通ルートによるのではないかと思っている。

何もかもがパッとしない道を東へ東へ。
14:00前、楊楼で夕食にしようと思ったのだが、これがまたどうにもパッとした食堂がない(食堂自体かなり少ない)。
外食は諦めた。
(特に清真の看板を掲げているわけではないから)ムスリムというわけではないと思うのだけれど、このあたりには羊肉を扱っている店が多い。
それから、商丘あたりから狗肉という看板をよく目にするようになった。つまり犬の肉である。
それ以前はまったく目にしなかった(と思う)が、どうやらこのあたりは犬の肉をよく食べているようである。

水事情もよろしくない。水道、というと語弊があるが、蛇口をひねれば水が出てくるというものを見かけなくなった。
この日は工事現場で貴重な溜め水をいただいたのだが、そのまま飲むのはちょっとためらわれる。

パッとした集落はないわりに道路沿いに人家が途切れない。テン場探しが少々大変だ。
畑の奥の人工林の中にどうにか幕営。
ここから先もしばらくこんな感じなのかなぁ・・・。
開発ラッシュはどこへやら、完全に取り残されてしまった地域といった感じ。これで人さえ少なければ、のんびりしたいいところなのだろうが・・・実際はゴミだらけで汚いだけのところにしか映らない。19:30の気温-8.5℃。

さてこのあたり、ほとんど負のエネルギーで日記を書いていたもよう。
ほぼ日記にあるままを起こしているのですが、その時どきの心境が如実に現れているからおもしろい。

余談69 犬食文化について
野蛮であるといった意見もあるが、他国の伝統的な食文化にガタガタ口を挟むのは間違っていると自分は思う。
そもそも昔は日本でも食べていたはずである。赤犬が旨い、といった話も残っているわけであるから。
ちなみに、中国ではチャウチャウが一番旨くて高級とされている、という話を昔どこかで読むか聞くかした記憶がある。真偽の程は定かでない。

食文化について言えば、クジラやイルカについてもまったく一緒だ。
が、人間中心の宗教観を持つ人たちの中には、これについてガタガタ言う人がいる。彼らの考えでは、家畜は食べていいが野生動物を食べるのはけしからん、ということになる。家畜は人間に食べられるために神がこの世に遣わしたのだ、という日本人の宗教観からするとトンデモな宗教観が世の中では幅を利かせているわけである。
日本人の感覚では、むしろそんな家畜のほうが悲惨であるように映りますが・・・。
いや、これが絶滅しそうな動物を捕って食べているというのなら、あれこれ言われるのも無理はない。が、実際には捕獲しているようなクジラやイルカは増えている。これは船乗りの人たちから聞いた話などからしてまず間違いない。
むしろ、海の食物連鎖の頂点に立つクジラやイルカだけを無闇に保護していると、そのうちバランスが崩れて大変なことになりますよ。
ま、彼らは魚なんてほとんど食べないのだろうから、別に魚が捕れなくなっても関係ないのか・・・。

日本人のような宗教観は、世界的に見てかなり稀である。
古代においてはどこも自然崇拝の似たような宗教観だったのであろうが、言わば新興宗教である一神教にすっかり駆逐されてしまった。
一神教とはほぼ無縁と言っていい中国においても、これはこれで宗教観はまったく異なっている。
日本から一歩海の外に出ると、そこはまったく別の世界。下手をすると間逆の価値観を持った人たちの世界である。
捕鯨の話一つとっても、人の根底にある宗教観からしてまったく違うのだから、おそらくいくら話をしようが噛み合うことはない。「バカの壁」というのが昔あったけれど、まさにその通りであると思う。
こういう人たちと話をし、共存していくというのはすごく大変なことだよなぁと、旅中ずっと思い、そして実感している。

IMGP7240_サイズ変更  IMGP7241_サイズ変更
写真では埃っぽくもゴミだらけにも見えないが・・・        ここもオープンカフェです

IMGP7242_サイズ変更  P1170288_サイズ変更
ある意味すごく便利な乗り物に思える・・・             マツダ???

P1170289_サイズ変更  IMGP7244_サイズ変更
いったいこの国に自動車メーカは何社あるのだろう?       いったん安徽省に入る

P1170290_サイズ変更
毎日似たようなところに幕営

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省] | 2014.02.24(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

いつの間にか江蘇省

2012/12/10 月
始:9:30 ~ 終:16:35 走行:68km
~ 大彭 ~ 徐州 ~ 大吴 ~ 鹿庄 ~ 206号と310号の分岐から4km先

晴れ。7:30の気温-11.5℃。寒気が和らいだようで、日中はそれほど寒くなかった。

出発して5kmほど走ったところで朝食に包子を食べる。
明らかに食の質が落ちた・・・。

知らぬ間に江蘇省に入っていた。
最初の大きな町である徐州は、G310の標示に従って市区の北側を迂回。徐州の手前15kmほどのところに料金所がある。
ここまで来ると、行き先には連雲港と標示されている。
市区を迂回できたのはよかったのだけれど、おかげで本屋が見当たらず、地図が手に入らなかった。
しばらく行くと、また例によっていつの間にかルートを外れていた。いくつか工事中のロータリーがあったから、そのうちの一つで外れてしまったのだと思う。
肝心なところに標示がないのはいつものことだ。最低限の標示だけでもしてもらえるとありがたいのだが・・・。

交通量が減り、どうやらルートを外したらしいと気付いたのだが、方角自体は合っているし、道もキレイなのでそのまま走ることにした。数キロ北をG310が並走しているはずだ。
そのまま自然に合流できることを期待するわけであるが、こういう場合キレイな道路が突然終わって行き止まりになる、というのが中国の常である。
北に向かう道を求めて右往左往。余計なところで時間を食う。
京杭運河を渡ってどうにかG310に合流。

15:00頃、超市で買い出しを済ませてから食事にした。
食の質が明らかに落ちている・・・。メニューも減った。
決して不味くはないけれど、これまでみたいに感動するほど旨くもない。
そう言えば河南省に入ってからだったか、料理に胡椒を多用するようになった。唐辛子ではなく胡椒の辛さ。何を頼んでもたいてい胡椒がつぶのまま大量に入っている。
地域によってずいぶん変わるものだ。日本を見てもそりゃそうなんだろうけど・・・。

水を5Lもらって食堂を出たのが16:00。この時季はもうテン場探しの時間である。
テン場を探しながら走り、G206との分岐から4kmほど来たところで道路脇の林の中に幕営した。
久々に道路に近くてちょっとうるさい。おまけに後ろに人家も並んでいるが、寝るだけなのでまぁよい。
埃にやられたか、昨日あたりから喉が痛い。今日も埃が酷かった。
19:00の気温-7℃。

経済成長が著しい中国であるが、どれほど経済発展しようと、この国が先進国となる日は100年経っても来ないだろうな。
大多数の人民とごく一部の富裕層との乖離が著しすぎる。
ボトムアップでしか改善し得ないのだろうけど、残念ながら人民の中からそういった動きは起こりそうにない。選挙もないしねぇ・・・。
人民は貧乏なりに今の生活で満足してしまっている、そんなふうに見える。

10IMGP7246_サイズ変更  10IMGP7247_サイズ変更
テン場をあとにする                          今日も埃が酷い

10IMGP7248_サイズ変更  10IMGP7249_サイズ変更
朝の包子・・・明らかに質が落ちた                 徐州の市区を迂回

10IMGP7253_サイズ変更  10P1170292_サイズ変更
料理に胡椒を多用するようになった                おなじみの道路脇の林の中

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省] | 2014.02.25(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

そんなもの三輪バイクで運ぶなよ・・・

2012/12/11 火
始:9:15 ~ 終:16:45 走行:69km
~ 二朱家 ~ 汴塘 ~ 棠棣埠 ~ 車輻山 ~ 岔河 ~ 港上 ~ 港上の5km先

晴れてはいるが、日差しの弱々しい寒い一日だった。
夜が明ける前のまだ暗いうちから、電動バイクに乗った人民が次々と前の道路を通る。手前の鹿庄が工業団地になっていたから、そこへ通う人たちだと思う。
7:30の気温-9℃。

凍ったテントをそのまま撤収して出発。最近はテントが乾く暇がない。
二朱家で朝食に包子を食べる。久しぶりにおいしい包子だった。蒸篭一枚が2元・・・これで商売が成り立つのだからすごい。
それにしても寒い。昼過ぎになってもボトルの水はカチンコチン。久々に緩いアップダウンが続いたのがありがたかった。

岔河の手前あたりから苗木畑が延々と続く。苗木を積んだ三輪バイクも頻繁に往来している。一大苗木どころであるらしい。
苗木といったって、どの木も10mくらいまで育ってしまった立派な木だ。そんな苗木を積んだ三輪バイクが、にっちもさっちもいかなくなっていたるところで道を塞いでいる。
そんなもの三輪バイクで運ぶなよ、と言いたい。というかそれ以前に、そこまで育ってしまった木を引っこ抜いたり植えたりするなよ・・・。
苗木がもっと小さいうちにやればいいんじゃないの・・・もうちょっと考えましょうよ、人民の皆さん!
苗木によらず、支那の人たちは掘ったり埋めたりするのが大好きなように見える。何のためだか知らないが、走っているとあちこちに掘り返した跡がある。

苗木畑が延々と続く。
これまで他にもそういったところがあったけれど、これ全部苗木かよ!という状態である。
これだけ広い国土でありながら、実は支那には天然林というものがほとんど存在しない。苗木畑以外の林であっても、まず間違いなく人工林で、単一種の樹木が整然と並んでいる。
恐ろしく人工的な国である。自然すらも、全部壊したあとで人工的に造りかえるといった風だ。
ハッキリ言って、どこもかしこも耕しすぎ。しかも、ここまで育ってしまった木を強引に植えかえるところといい、やることなすことすべてが力業すぎ。
万里の長城の時代から何ら変わってないし、これから先もずっと変わらないのであろう。これぞ支那の伝統だ。

港上には苗木問屋がズラリと並んでいて、苗木の一大基地となっている。巨大な苗木を積んだ三輪バイクもうようよいる。
もしかして苗木がこれより小さいと、環境が過酷すぎて育たないのだろうか(そんなことはないと思うけど)?
いずれにせよ、そんな巨大な木を三輪バイクで強引に運ぶのはやめてほしい・・・。

苗木問屋の並ぶ中にあった食堂で夕飯にする(中国版ファーストフードといった感じの店だった)。
食後に隣の大きな超市で買い出し。ここは珍しく、いわゆるスーパーマーケット風の超市であった。
店員は愛想がなく感じが悪い。久しぶりに見たなぁ、こういうイメージ通りの中国人。
たぶん雇われ店員だからであろう。とにかく態度が悪く乱暴で、愛想笑いの一つもない。雇われた人ってのはやっぱダメなんだなぁ・・・。

港上を出ても苗木畑は続く、続く・・・。
道路からかなり奥に入ったイチョウの木の下(広大すぎる苗木畑の一角)に幕営した。
それにしても・・・これ全部苗木かよ!どれももう立派に育っちゃってますが・・・。
ホントにやることなすことすべてが力業だ。

こんな広大な林の奥深く、他の国ならまず人が来ることはないのだが、作業を終えた人民がけっこう通ったりする。
近くを通りかかったおっちゃんに声をかけられたが、幸い「幕営しちゃいかん」とは言われず助かった。
19:30の気温-8℃。

IMGP7255_サイズ変更  P1170294_サイズ変更
今朝もオープンカフェ(背景は無視)                これはたぶん結婚式(爆竹炸裂)

IMGP7257_サイズ変更  IMGP7260_サイズ変更
それにしても寒い・・・                         京杭運河を渡る

IMGP7263_サイズ変更
そんなもの三輪バイクで運ぶなよ・・・

IMGP7264_サイズ変更
というかそれ以前に、そこまで育ってしまった木を引っこ抜いたり植えたりするなよ・・・

P1170296_サイズ変更
立派に育っちゃってますが、たぶんこれも全部苗木です

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省] | 2014.02.25(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

山東省をいったんちょっとかすめる

2012/12/12 水
始:9:00 ~ 終:16:25 走行:73km
~ 花園 ~ 高峰頭 ~ 双店 ~ 青湖 ~ 青湖の先6km

一日中晴れていたものの日差しが弱々しく、朝だか夕方だかずっとわからない状態だった。
7:30の気温-5℃。相変らずテントはバリンバリン。

出発して2kmも走らないうちに山東省に入った。と言ってもいったん入るだけで、すぐまた江蘇省に戻る。このあたりは省境がちょっと入り組んでいるのだ。
そのくせ、山東省に入ったと同時にあれだけあった苗木畑がパタッと姿を消す。省ごとにけっこうカラーが違うようである。

山東省に入ってすぐの花園で、朝食に包子を食べる。美味だった。
この時季、小さな子どもたちはどの子も、これでもかというくらい服を着せられている。マシュマロマンのようなモコモコの姿が可愛らしい。すぐ用を足せるように、必ずお尻がパックリ割れているのがこれまた愛らしい。
この時季はまた、特に電動スクーターなんかに乗るとき、老若男女を問わずコートやジャンパーを後ろ前逆に着るのが標準的。継ぎ目から風が入るのを嫌っているのだろう、どの人も後ろ前に着ている。
子どももそのように着せられているのだが、スクーターの後ろに乗せられている姿を見てビックリすることがある。後ろ向きに乗っているように見えるのだ。しかも、場合によっては頭ままでスッポリ隠されていて、首のない子が後ろ向きにスクーターに乗せられているように見える・・・。

25kmほど走ると再び江蘇省に出た。
何故だかこのあたりは沿道にほとんど人が住んでいない。不気味なほどひっそりしていて、いきなりどこか別の国に来てしまったかのような気分になる。
道路はキレイで車も少ないから、走る分には快適だ。
全般的にG310という道路は、活気のある賑やかなところを外れて辺鄙なところを走っている。大きな町も通らなければ、時どき現れる小さな集落にもまるで活気がない。人工林の点在する畑の中の一本道で、アップダウンもないし、走っていて至極退屈である。
おまけに、何日か前からまた体調が今ひとつで、どうにも疲れやすい。平地を走っているだけなのに妙に疲れる。

青湖で夕食にする。
ここも今ひとつ活気のないところで、パッとした食堂も見当たらない。仕方なく酒店(宿)のレストランに入った。
ナスの炒め物ともやしの炒め物を食べたのであるが、油で気持ち悪くなってしまった(決して料理が不味いわけではない)。
あれだけ飽きずに食べていた中華であるが、ここへ来てちょっと食傷気味。ま、体調が悪いだけという話もあるが・・・。

食事が済むともうぼちぼちテン場を探す時間。一日があっという間だ。
酒店で水を5Lもらって少々走る。
テン場にはまったく事欠くことがなく、道路脇に広がる人工林の奥に幕営した。
まだ明るかったので、テン場に陣取っていの一番に凍ったフライを干した。凍ったテントの中は寒いから・・・。
ちょっと干しただけで乾くわけではないが、氷をはたき落とすだけでずいぶんマシになる。
19:00の気温-3℃。

12IMGP7266_サイズ変更  12IMGP7268_サイズ変更
テン場をあとにする・・・広大な苗木畑               小さな子どもはみんなモコモコ

12IMGP7271_サイズ変更  12IMGP7273_サイズ変更
山東省に入った途端苗木畑がパタッと姿を消す          再び江蘇省へ

12IMGP7278_サイズ変更  12IMGP7280_サイズ変更
別の国に来てしまったかのようにひっそりしている        ちょっと小奇麗な酒店(宿)のレストラン

12IMGP7281_サイズ変更  12P1170297_サイズ変更
日が沈む・・・一日があっという間                  テン場にはまったく事欠かない

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省] | 2014.02.26(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

雨と停滞

2012/12/13 木
始:9:15 ~ 終:15:20 走行:59km
~ 沙河 ~ 墩尚 ~ 贛楡 ~ 海頭 ~ 海頭の先10km

夜が明けるとどんより曇っていた。が、気温は高く寒くない。7:30の気温+0.5℃。
何日か前に商丘で見た天気予報によると、今日あたりからしばらく天気が崩れる。気温は高いようで、青島の予報は雪ではなく雨となっていた。
ちなみに、山東半島の中ほどに位置している青島と、突端にある威海や煙台とでは、ずいぶんと天気が異なる。渤海に近い半島の突端部はずっと寒そうである。商丘に滞在していたときも威海や煙台の大雪のニュースがTVで流れていた。青島との間には山もある。

どこから韓国へ渡るか・・・天気と積雪の状況次第だ。
できれば威海か煙台まで走りたいところであるが、状況によって青島から渡ることになる。
韓国の仁川行きの船はたくさんの場所から出ていて、渡ろうと思えばもうすぐそこの連雲港から渡ることもできる。

テン場を出てちょっと走ると、集落が現れて賑やかになった。昨日は絶好のタイミングで幕営したものだ。
18kmほど走ると墩尚。より賑やかになる。
腹は減っているのだが食欲がない。油ものはまったく受け付けそうにない。
運よく見つけた焼いもで腹ごしらえ。町中の小さな書店で、これまた運よく山東省の地図も手に入った。

中国で焼いもにされているのは、地瓜という種類のもの(芋のことを地瓜と言うのかもしれないが)。焼いもは焼地瓜という名で売られている。
日本のサツマイモに比べて黄色く、かつ水っぽくて軟らかい。これを巨大な壷の中で、石炭もしくは練炭の熱でじっくりと焼く。

町中には探せばたいてい公衆便所があるのだが、これがどこも驚きの汚さだ。
水洗でもなけりゃ穴が掘ってあるわけでもない。広いスペースに足場がいくつか並んでいて(もちろん仕切りはない)、コンクリート造りのそこに大量のウ○コがしてある。
こんなことならむしろ穴を掘ってそこにすればいいのに・・・。
これはいったいどうやって処置するつもりのものなのだろう???疑問に思わずにおれない。まぁたぶん何も処置しないということなのだろうけど・・・。
そんな便所が町の一角の、それも人家のすぐ隣にあったりする。まさにミソクソ一緒としか言いようがない。

墩尚で連雲港を見送り、G204に入って山東半島を北上する。
昼頃になって北風が強くなり、13:00頃から雨となった。
天気予報通りということか・・・。北のほうはもっと早い時間から降り出していたもよう。

海頭で食料の買い出しをし、水とガソリンも手に入れて停滞に備える。
風雨ともだんだん強くなり、全身びしょ濡れ。

海頭まではテン場の宝庫だったというのに、海頭から先は集落が途切れなくなった。ずぶ濡れになりながらテン場を探す。
ルート沿いはしばらく人家が途切れそうにない。東側は海、西側はちょっと離れたところを高速が並走している。
ルート沿いは諦め、交差する細い道を西に入り高速のほうへ走る。疎林がいくつかあるのだが、近くにけっこう人が住んでいたりする。
どうしようもなく、高速のすぐ下の疎林の中に幕営した。

しっかり雨の降る中テントを張るのは久しぶりだ。
テントはもちろん、マットから何からすべてびしょびしょ。ものすごく不快。
こんな状況ではシュラフやダウンジャケットを出すことはできない。ズボンはもちろん中のタイツやパンツまで濡れているが、着替えるのも無駄。どうせ濡れてしまう。
風上側はフライの下にビニールを入れてみたが、それでもテント内に水が溜まる。拭きとっては鍋の中に絞るを繰り返す。

炊事中に濡れたものを乾かそうと奮闘するが、焼け石に水。また長くて辛い夜が始まった。
フリースを着てシュラフカバーにくるまる。用足しにすら行けない。
マットもびしょびしょだし着ているものも濡れている。当然寒くて眠れやしない。
ちょっと眠っては寒くて起きて、溜まった水を拭きとって鍋に絞る。そんな作業を繰り返す。

2:30頃になってようやく雨風ともにやんだ。
結局、鍋に溜まった水は一杯きり。アゼルバイジャンやカザフスタンでのことに比べればずいぶんマシだった。
ただ、その時と違うのは今が冬だということ。
雨が上がったからといって濡れたものが乾くわけでなし、シュラフカバーにくるまって夜が明けるのをひたすら待つ。

IMGP7286_サイズ変更  IMGP7288_サイズ変更
今日あたりからしばらく天気が崩れそう・・・           焼いも、もとい焼地瓜

IMGP7289_サイズ変更  IMGP7290_サイズ変更
日本のサツマイモに比べて黄色く、水っぽくて軟らかい     久々にテン場探しに苦戦・・・全身びしょ濡れ

2012/12/14 金

曇り、ガス。行動可能な天気であるが停滞とする。
何もかもがびしょ濡れで、とても動く気になれない。かと言ってカラッと晴れているわけではないから、停滞したところで濡れたものを乾かす術はないのであるが・・・。
気温だけは唐突に高く、7:30の気温が+6.5もある。
標高が0mに近いところだから雨で済んでいるが、標高が1,000mもあれば確実に雪だろう。
正直言って雪より雨のほうが不快であるが、気温が高いのだけはありがたい。

結局、その後一日雨は降らなかった。
日はまったく出ずとも風が多少あり、夕方までにはテントもマットも着ているものも、どうにか現実的な湿り具合にまではなった。
18:30の気温+4℃。日中もまったく寒くなかったし、急に季節が変わったかのように暖かい

P1170299_サイズ変更
二日間お世話になったテン場(12/15朝撮影)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省] | 2014.02.26(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 110_China3 Anhui~ / 中国3 安徽省,江蘇省,山東省
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム