スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

マレアレア

2010/2/21 日
朝7:30過ぎにブルームフォンテンに到着。車窓から眺めた朝焼けが実にキレイだった。
ブルームフォンテンは三つある南アフリカの首都の一つである。ちなみに他の二つはプレトリアとケープタウンで、ヨハネスブルグは単なる経済の中心地である。
インターケープのオフィス前からミニバス乗り場までタクシーで40R。途中ワールドカップスタジアムの脇を通ったが、ケープタウン同様すっかり完成してそうな感じであった。
ミニバス乗り場でマセル行きのチケットを買ってバスに乗り込む。マセルは南アフリカに囲まれた小さな国レソトの首都で、運賃は一人70R。ミニバスだといつもザックの置き場に困るのだが、幸い一番後ろの席を確保でき、シートの下に置くことができた。
ミニバスは満員にならないと発車しないシステムである。自分らの前にそれなりに人が乗っていたこともあって1時間半ほどで満席になり、無事出発。乗客は自分ら以外全員黒人である。
確かに道路はキレイなのだが、ミニバスは怖いくらい飛ばしまくる。一応、制限速度は120km/hみたいなのだが・・・。
レソトに近づくにつれキレイだった景色が一層キレイになり、楽園に向かっているような気がしてくる。
所要2時間半くらいと思ってたら、わずか1時間半でマセルに到着。マセルブリッジの手前でバスを降り、南アフリカの出国手続きをして歩いて橋を渡る。橋の向こうはレソトだ!レソトのイミグレも、入国カードも何もなくあっさり1ヶ月の滞在許可をくれた。
マセルは首都らしくそれなりに大きな町だ(レソトにはマセルのほかに町らしい町はほとんどない)。乗り合いタクシーに乗ってミニバス乗り場へ、運賃は一人4.5R。
長距離バス乗り場の一段上に、ずらりとミニバスの並ぶミニバス乗り場がある。バスがあり過ぎて、どれがどのバスやらさっぱりわからない。「マレアレア」と聞きまくりながら歩いていると土地の人が親切に教えてくれ、ようやく奥の方にあった一台のバンに辿り着いた。運賃は一人30R、またまた運良く一番後ろの席を確保できた。
当然ながら満席にならないと出発しないので、2時間弱の客待ち。待ってる間、流しのミュージシャンがギターを持って現れ、美声を聞かせてくれたりした。
出発後はけっこう順調で、2時間半ほどでマレアレアに到着。途中マレアレアの手前の岩壁にレリーフがあり、こう刻まれている。"Gateway of Paradise"楽園の入口、と。
村唯一の宿であるマレアレアロッジの前でバスを降りる。
マレアレアはまさに楽園だ。タヒチのような南の島とは違うけど、自分の想像する楽園とはまさにこんな感じだ。青い空と白い雲、なだらかな起伏に富んだ緑の大地とドラケンスバーグの山々・・・どう表現したらいいのか、この感じは写真でも上手く伝わらないだろうが、とにかく楽園を思い浮かべてもらえばいいのだろうか。ヨーロッパともカナダとも違う、おそらくここでしか見られない独特の景観だ。
村には電気も水道もないが、ロッジだけは自家発電で18:00から22:00まで電気が使える。ロッジの敷地内には野生のクジャクもいる。
18:00になると毎晩ライブが始まる。村の人のコーラスとバンドの演奏だ。バックの山の景色といい、心を洗われるような歌声といい、もうとろけそうである。夕日に染まる雲が何とも言えない美しさだ。
ロッジで、ケープタウンの宿で別れたYOU君と思いがけず再会した。他の宿泊客は全員欧米人である。
キッチンで夕飯を食べてたら、オーバーランド・ツアーのスタッフの女性が余った魚のムニエルと野菜の炒め物をお裾分けしてくれた。こんなところでこんなご馳走にありつけるとは!感謝、感激、雨あられ。
22:00に電気が止まると、一面漆黒の闇になる。ちょっと雲が多いが、それでも十分星がキレイだ。

21feb2010 マレアレアへの道1 21feb2010 マレアレアロッジ6 コーラス
"Gateway of Paradise"                 村人のコーラス隊

21feb2010 マエアレアロッジ13
夕日に染まる雲が美しかった

2010/2/22 月
鳥の声で目覚める。鳥といっても断じてカラスではない。オーバーランド・ツアーのトラックは7:00に出発していった。
広いロッジの敷地には、従業員の他は自分らとYOU君の3人しかいない風で、朝の景色を3人で独占だ。うぅぅむ、ここはヤバイ・・・こんなことしてるとずっと居座りたくなってくる。
今日発つというYOU君と別れて楽園を散策。ロッジから南に方に続く道を下っていくと、ポツポツと集落が現れる。土地の人は皆素朴で、今収穫したアプリコットをくれたりする。そのアプリコットのまた旨いこと。青い空と白い雲、赤い土と緑の大地・・・なんてのどかなところだろう。こんなところで生活していると、時間の流れがまるで違ってくるだろうなぁ。
川の流れる広い谷間にある集落は「風の谷」を思わせる。聞こえる音といえば風の音と、牛や山羊が首にぶら下げている鈴の音くらい。
しばらくボーっと谷間の集落を上から眺めてたら、近くで小さな竜巻が起こり、谷の下の方へ抜けていった。舞い上げられた藁や草が谷を舞う様はあまりにキレイで、一瞬時間が止まったように錯覚してしまった。
午後のひと時、ロッジの木陰でのんびり過ごすのがまたなんとも言えない。
けっこう人は途切れなく来るもので、午後になってロッジにパラパラと新しい人たちがやって来た。落ち着きのある年配の人が多い。こういうところでのんびり余暇を過ごす欧米人は、ホントに余暇の過ごし方が上手いなぁと思う。楽園のような場所で何をするでもなくただのんびり過ごす、今の日本人が苦手な実に優雅な時間の使い方だ。
今晩は自炊をする人がおらず、広いキッチンが貸切だった。こんな広いスペースを独占できるとは、なんと贅沢な。皆さんシャワー、トイレ付きの高い部屋に泊まっているようで、共同のシャワーやトイレも常に貸し切り状態だ。

22feb2010 マレアレア散策3 22feb2010 マレアレア散策12
ここは楽園である                     村人は素朴で明るい

22feb2010 マレアレア散策14
「風の谷」を連想せずにはおれない

2010/2/23 火
9:00からポニートレッキングに行ってきた。
昨晩は雨が降り、今日も雲が多かったが幸い雨にも降られず、後半はスッキリ晴れ渡った中でトレッキングを楽しめた。
ポニーとは言うが、要するに普通の大きさの馬である。自分の愛馬はリシータ、マユミのはジョボ、案内してくれるガイドはンポという。観光ポイントになっているブッシュマンの壁画とポロロの滝を巡る5、6時間のコースである。
滝や壁画はなんてことのない代物なのだが、道中の眺めはホントに素晴らしかった。マレアレアは、雲がとてもキレイな場所だ。山が低いためか、白くてモコモコした雲がとても低いところに浮かんでいる。こんな空は今まで見たことがない。馬の背からボーっと雲を眺めていると、まるで空を飛んでいるような気がしてくる。
馬にまともに乗ったのは初めてだが、ラクダに比べると実に快適だ。アブミがあるだけで断然楽だし、揺れも少ない。馬は優れた乗り物であると実感。背の高さはラクダの半分くらいだろうか?ラクダには座ってもらわないととても跨れないが、馬には立った状態でそのまま跨れるので乗り降りも楽だ。
けっこうなガレ場の急斜面を上り下りしたり、川を渡ったりするのだが、ここの馬はとても気性が穏やからしく信頼できる。馬がコケたらきっと大変なことになるのだろうが、自分の馬を信じて跨っているほかない。道中で馬の屁というものも初めて聞いてしまった。急登で力む度にブーブーやるのがコミカルだった。
壁画や滝といった観光ポイントに着くと、どこからともなく別のガイドが現れ観光ポイントを歩いて案内してくれるのだが、正直に言って観光ポイントなどどうでもいいから、ずっと馬に乗っていたい気分だ。乾季のマレアレアなど当然見たことないのだが、緑の濃い今の時季の方が楽園度が増すように思う。
通貨について書き忘れていたが、レソトには(マ)ロティという通貨がある。レソト国内には南アフリカ・ランドが普通に流通しており、(マ)ロティと等価交換されている。ランドがそのまま使えるので実に便利である。

23feb2010 ポニートレッキング45 23feb2010 ポニートレッキング50
ここは楽園である                     雲がとてもキレイな楽園である

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [5] | Category [■ 012_Lesotho / レソト] | 2010.02.26(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 012_Lesotho / レソト
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。