スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

関門トンネル人道経由、下関

2013/4/9 火
始:9:20 ~ 終:17:30 走行:33km
~ 小倉 ~ 門司 ~ 下関

朝はどんより曇っていたが、11:00頃になると晴れた。風が強く肌寒い一日。
山から下ること4kmで国道に出る。すると、いきなり車の往来の激しい大都会・・・そのギャップに驚く。
国道に出て1kmも走るとモノレールが現れ、さらに3kmも走ると都市高速が現れる。
昨日テントを張ったところは、市街地手前のラストチャンスのような場所だったようだ。

R322を北上し、小倉でR3に乗る。交通量は多いが、歩道が広く走りやすい。
ただ門司のあたりまで来ると、道路が狭くなって少々走りにくくなる。

門司でも素晴らしい出会いがあった。
道路端に車を止めて手招きしている人がいたので、自転車を止める。
その人、近所に住んでおられるアサウミさんは、昔自転車であちこち旅をされていて、懐かしくて声をかけてくださったということだった。
当時、ご本人も各地でいろいろな人から親切を受けられ、「そのことが懐かしくて・・・」ということだった。
「時間があれば一緒に昼食でも」と誘われたのだが遠慮すると、「もう少し先に行ったところで待っていてください」と言って近くの寿司屋で寿司を買ってきてくれた。感激!!
こういう出会いはとても気持ちのいいものだ。

アサウミさんの持たせてくれた寿司は、関門橋近くのノーフォーク広場でいただいた。めちゃくちゃ旨かった・・・。
ちなみに、このあたりまで来ると、テントを張れそうな場所があちこちに見られる。

さて、門司と下関の間の関門海峡ですが、徒歩や自転車で渡れることをご存知でしょうか?
関門橋は高速道路だし、いわゆる関門トンネルも自動車専用。
自分らも今日はじめて知ったのであるが、実は関門トンネル人道というのがあり、徒歩や自転車で通行することができる(ただし自転車は押して)。
関門トンネルというのは二階建構造になっており、上段が車道、下段が人道になっている。知らなかったわ・・・ビックリした。

人道の入口は和布刈神社の近くにある。
和布刈神社は門司側の橋脚の基部にあり、ここから見上げる関門橋は迫力がある。これまで何度か渡ったことのある関門海峡であるが、ここまでまじまじと関門橋を見たのは今日がはじめて。
関門海峡は潮の流れが速く、潮位の差によって流れの向きが変わる。
この時の潮流は西→東。その方向に進む大型船がすごい速度で橋の下を通過してゆく。

人道入口からエレベーターで人道に降りる。
そこには国道2号の標示があり、歩いている人がけっこういた。たまたまエレベーターで一緒になった人の話では、付近に住む人たちのランニングやウォーキングのスポットになっているらしい。
なるほど・・・確かにここなら天気によらず運動ができる。
人道の全長は780m。床は衝撃吸収性の素材でできている。ここを往復しているだけでいい運動になるという寸法。
珍しくて新鮮で、そこにいるだけで楽しくなってくるような場所だった。

門司側と下関側のエレベーターホールにそれぞれスタンプ台があり、それぞれ半分ずつとなったスタンプを押せるようになっている。
専用台紙に双方のスタンプを押して指定の観光案内所へ持って行けば、記念証を発行してくれる。
ミーハーながら、後ほど下関駅に出向いてもらってきました・・・「関門TOPPA!記念証」というのを発行してくれます。
いずれにせよ楽しいところなので、一度歩いて横断してみることをオススメします。

下関側も門司側と同じ構造になっていて、エレベーターで地上に上がる。
そうそう、下関側に料金箱が設置してあり、自転車の通行は20円です(徒歩は無料)。

さてさて。下関には見どころがたくさんある。
二人ともこれまで通過したことはあっても立ち寄ったことはなかったので、のんびり見て回ることにした。
人道入口の目の前が壇ノ浦の古戦場。かつ、幕末の馬関戦争の時にはここから外国船を砲撃した。その時の長州砲が何門か並べられている。
そこから海沿いにちょっと下ったところに赤間神宮がある。鮮やかな竜宮造りで、巫女さんの常駐している大きな神社である。
ここには壇ノ浦の合戦に破れ、二位の尼に連れられて僅か八歳で入水された安徳天皇が祀られている。そのほか境内には平家一門の墓や、耳なし芳一の芳一堂もある。
社務所にて、平家蟹というものをはじめて見た。もちろん生きているものではないが、コイツは確かに奇妙なカニだ。

赤間神宮の隣には春帆楼がある。下関条約が締結された場所である。
先の大戦の空襲で焼けてしまい、当時の建物は残っていないが、隣に日清講和記念館というのが建てられていて、そこで当時使用された調度品など貴重な資料を見ることができる。
下関で講和会議が行われたのは、目の前の海峡を行き来する日本の軍艦を見せつけて日本に有利な条件で条約を結ぶため、と言われている。つまり、当時の日本は今よりずっと外交巧者であったわけである。
ちなみに、下関条約によってようやく朝鮮は支那から独立できた。それを記念して建てられたのがソウルにある独立門のはずなんだけど・・・今ではまったく別のファンタジーに仕立て上げられております。愚かにも。

春帆楼の隣にあるのは、下関の豪商だった伊藤家の邸宅跡。
坂本龍馬が活動の拠点にした場所であるが、今は石碑だけが残されている。
関門海峡には巌流島もある。
赤間神宮のちょうど目の前あたりが、武蔵の船出した場所であるらしい。
さらに下ると亀山八幡宮があり、ここに世界一のふく(フグ)の像がある。思っていたよりずいぶん小さくて拍子抜けする・・・そもそも世の中にふくの像なんていくつあるのだろう?

ふ~。結局、今日のところは下関に泊まることにした。テン場は日和山公園に目星をつけた。
下関駅で買い出しをしてからさっそく行ってみる。
海峡を見晴らす丘の上にあるこの公園は桜の名所で、高杉晋作の陶像もある。この陶像、てっきり萩焼なのかと思ったらなぜか備前焼であるらしい。

アプローチが少々しづらい。
海側の晋作通りからは丘の上まで長大な階段となっていて、徒歩でしか上れない。自転車を下に置いてひとまず偵察。
公園にはまだ花見の提灯がぶら下がっていたが、幸い既に桜は終わっている。すぐ近くに人家があるものの、静かで幕営できそうな場所である。
別の道を探って自転車でアプローチ。道は細くて途中から激坂になる。
自転車を押して歩いていると、道沿いの家に住むおっちゃんに声をかけられた。
これまた旅好きの人で、後ほど公園に散歩に見えたので暫しお喋りをした。下関の人も皆さん感じがいい。
この公園は、夏になるとテントを張っている人もいるらしい。「でも今の時季は珍しいよ」とおっちゃんは連発していた。ひとまずお墨付をもらったようで一安心。

こういう旅好きの人に声をかけられやすいというのも自転車旅の特権ではなかろうか。
そんな人たちと言葉を交わすのが旅の最大の楽しみである。
世の中に旅好きの人ってのはずいぶんいるもんだなぁとつくづく思う。日本に限らず世界中どこでも。
18:00頃テントを張った。日が暮れると風がますます強くなった。

IMGP8826_サイズ変更  IMGP8828_サイズ変更
三岳梅林公園・・・梅の時季はキレイだろうな          山から下りてちょっと走ると・・・

IMGP8831_サイズ変更  IMGP8837_サイズ変更
いきなりコレ・・・軽い猿の惑星状態                門司でも素晴らしい出会いがありました

IMGP8842_サイズ変更  IMGP8841_サイズ変更
めちゃくちゃ旨かったです                      こちら関門トンネルの門司側入口(国道2号) 

P1180665_サイズ変更
真下から見上げる関門橋(なんとなく写真からも潮の流れの速さがわかる)

P1180670_サイズ変更  IMGP8850_サイズ変更
そこにある和布刈神社                       関門トンネル人道入口(門司側)

IMGP8852_サイズ変更  IMGP8854_サイズ変更
エレベーターで地下に降りると・・・                 そこに人道がある

P1180674_サイズ変更  IMGP8858_サイズ変更
関門トンネルはこういう構造になっている             途中にある県境

IMGP8859_サイズ変更  P1180676_サイズ変更
下関側入口                              下関は歴史好きにはたまらんところです

P1180693_サイズ変更  P1180680_サイズ変更
赤間神宮                                境内には芳一堂もある

P1180685_サイズ変更  P1180686_サイズ変更
平家蟹                                 これは確かに気味が悪い

P1180689_サイズ変更  P1180691_サイズ変更
春帆楼 左:伊藤博文、中央:陸奥宗光の席          その二人

IMGP8860_サイズ変更  P1180698_サイズ変更
この階段を上った先が日和山公園       高杉晋作の陶像(なぜか備前焼)が・・・

P1180699_サイズ変更  P1180703_サイズ変更
海峡を見下ろしている               すごく快適なところです

スポンサーサイト
Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1] | 2014.04.17(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

下関を発つ

2013/4/10 水
始:9:40 ~ 終:15:30 走行:46km
~ 吉見 ~ 豊浦 ~ 豊北(道の駅)

昨晩は暴風だった。
夜が明けても風が強い。晴れてはいるが雲が多く、一見して不安定な空。真冬並みの寒気が入っているらしく、寒くてカッパが脱げない。

下関からR191を北上。
途中、白石正一郎の旧宅跡と高杉晋作が病に没した場所に立ち寄った(ともにそのことを示す石碑があるだけ)。
白石正一郎は下関の豪商で、幕末の志士たちと交流が深かったことからその手の歴史小説には必ず登場する人物である。
高杉晋作は下関で大人気、というかなにかにつけて観光の呼び物にされている。
破天荒で、僅か27年という短い生涯だったところが人を惹きつけるのだろう。かくいう自分もその一人だが・・・。
ちなみに、現首相の安倍晋三、その父親の安倍晋一郎など、「晋」の字は晋作の名前からとっているのだろうと思うのだがどうだろう。

これにて下関の観光終了。
長府や、高杉の眠る吉田も見てみたかったのであるが、ルートと逆方向のため今回はパス。
海沿いのR191をゆく。
とにかく風が強く、特に道が海岸に出ると強烈。西風で、道路が狭いから車線のほうに押されて危ない。
波の花を飛ばしながら白く泡立つ海は大迫力である。

途中でガソリンと食料の買い出しをし、15:30頃豊北の道の駅に到着。まだできて一年ほどの真新しい道の駅である。
角島と、そこを結ぶ角島大橋がよく見える。島に寄ろうと思っているのだけれど、あまりの強風のため今日渡るのはやめにした。
16:00頃から一時雨が降った。

この道の駅、ありがたいことにWiFiが使えた。おまけに快適な休憩スペースまである。実に快適・・・。
外で甘栗を売っていたおっちゃんと言葉を交わすと、暖かい時季には屋根の下に人がよく泊まっているという。今宵のテン場に決定ではないか。
18:00の閉館時間までありがたくネットを使わせてもらう。18:30を過ぎ、職員の人たちがあらかた帰ったあとでテントを張った。
幕営中に前を通った職員のおばちゃんも、「風邪をひかないようにね~」と笑顔で言葉をくれるだけなのでありがたい。
交通量の少ない道路であり、日が暮れると実に静かな道の駅であった。

P1180706_サイズ変更  IMGP8862_サイズ変更
”おもしろきこともなき世をおもしろく”               高杉は下関の人気者

IMGP8863_サイズ変更  P1180709_サイズ変更
今日はとにかく風が強い                      スーパーだったか、妙に印象に残った看板

IMGP8876_サイズ変更
強烈な西風・・・ほとんど烈風です

P1180710_サイズ変更
うなるほど快適な道の駅

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1] | 2014.04.18(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

春の嵐一過のあとで@角島

2013/4/11 木
始:14:20 ~ 終:17:30 走行:18km
~ 特牛 ~ 角島(夢崎~牧崎)

昨晩は風が強かった。夜が明けるとますます強まり、台風のようになった。
7:00頃、早くも掃除を始めた職員のおっちゃんに声をかけられ、そそくさとテントを撤収する。
荷物を自転車に積んだと同時に雨が降り始めた。強風のせいで雨が真横に降っている。
広い屋根の下に避難できる場所でホントよかったわ・・・。

冷たい雨を避けつつ、道の駅の開店を待つ。
8:30に店が開くと同時に中へ逃げ込んだ。
ネットしながら天気待ちできるなんて、なんて贅沢なんだろう。この機会に写真の整理もできてしまった。
窓の外は嵐のような光景である。
天気図を見ると、どうやら気圧の谷が通過しているらしい。

いつもガラガラなのかと思っていた道の駅も、さすがに昼時には混んできて、店内のテーブルがほぼ満席となった。
昼すぎになると天気が回復の兆しを見せ、14:00近くになって晴れた。風もだいぶ収まった。
よかった・・・朝の状況だと今日もここに泊まるようかと思っていた(快適だからそれならそれで困らなかったけれど・・・)。

14:20に出発。角島大橋へ。
いやー天気待ちした甲斐があった。海の色といい、実にきれいなところだ。
角島大橋は全長1,780mの見事な海上橋。うれしいことに無料である。無料で渡れる橋としては日本でも屈指の長さ。
いつも風の強いところで、橋の上はこの日も強風だった(自転車通行注意!)。
橋の上にいるよりも、端から見ているほうが断然気分が盛り上がる橋である(素直な感想)。

角島は周囲17kmほどの小さな島である。トンビのたくさんいる、緑の美しい島だ。
千人近くの人が住んでいるらしいが、島にはほとんど人気がない。夏の時季はどうなのかわからないけど、この時季は観光客も疎らで、恐ろしいほどひっそりしている。
島内の道路は異様にキレイだ。見事な橋といい、失礼ながらこんな人気のない島によく造ったものだと思う。

島は、「四日間の奇蹟」という映画のロケ地となったようである。
たまたまこの映画は、確かカザフスタンの宿で見た。角島大橋(その時はどこだか知らなかったけど)も神秘的に描かれていた。
映画に出てきた教会が大浜にある。教会といっても、撮影のために作られたセットである。
映画というのはうまく撮るもんだよなぁと感心する。

せっかくなので今日は島に泊まることにした。
島はテン場天国である(ただし風が強い)。
島をぐるりと回り、テン場に目星をつけておいた牧崎へとやって来た。ロケーションは最高!だが目ぼしいスペースがない。
まだ時間も早かったからどうしようか迷ったのだけれど、移動するのが面倒になってトイレの陰に幕営した。

海に沈む夕日を久しぶりに見た。
今日の夕日は低くなるにつれて急速に力を失っていった。
原因はたぶん中国。黄砂やPM2.5・・・低層の塵の濃度が高すぎるためではなかろうか。ビックリするくらい弱々しい夕日だった。
晴れているものの夜になっても風が強い。

P1180717_サイズ変更
角島大橋・・・天気待ちした甲斐があった

P1180714_サイズ変更
無料で渡れる橋としては日本でも屈指の長さ(全長1,780m)

IMGP8891_サイズ変更  P1180720_サイズ変更
橋の上は風が強い(自転車通行注意!)         正直なところ、実際走るより端から見ているほうが気分が盛り上がる

P1180725_サイズ変更  P1180726_サイズ変更
角島灯台                        映画のセットだから不自然な場所にある

P1180728_サイズ変更  P1180729_サイズ変更
牧崎・・・めちゃくちゃ風が強い                   トイレの陰に幕営

P1180736_サイズ変更
ビックリするくらい弱々しい夕日だった

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1] | 2014.04.19(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

萩へ 一路東へ

2013/4/12 金
始:9:05 ~ 終:18:00 走行:53km
~ 日置 ~ 長門 ~ 湯免温泉 ~ 出水川砂防公園

晴れのち曇り。
昨晩は一晩中暴風だった。夜が明けても風が強く、こんなところにテントを張っているのがちょっと信じられないくらい。
風に飛ばされないよう注意してテントをたたむ。

こんな風で橋が渡れるのか?と思っていたのだが、橋のあたりまで来てみたら現実的な風だった。
牧崎だけ異常に風が強いらしい。
橋を渡り、島戸の半島をぐるりと回ってR191に出る。
ここから一路東へ。強い西風に乗って自転車が進むこと・・・。

長門に入ってようやくスーパーが現れ、腹ごしらえと買い出しを済ませる。
引き続きR191を東へ。途中に村田清風の旧宅と墓があり、立ち寄る。

14:00前に湯免温泉に着いた。ここで三時間ほどまったり。
500円もするのにいやにせこい温泉だった。なんとサウナが別料金!こんな温泉初めてだ。
九州に比べすっかり温泉が高くなってしまった。九州はよかったなぁ・・・とつくづく思うこの頃。
それにしても・・・休憩室のコンセントは使えないようにしてあったし、ホントにせこい温泉だった。

そのまま萩方面に向かい、R191からちょっと入ったところにあった出水川砂防公園というところに幕営。
今日はいやにあっさりテン場が定まった。静かで快適な場所である。水は近くの沢でとることができる。
ちなみに、幕営できるのかどうか定かでないが、萩の周辺には道の駅もやたらある。
夜になると無風快晴だった。昨日が嘘のような静かな夜。

IMGP8905_サイズ変更  IMGP8909_サイズ変更
快晴の牧崎(風は強い)                       角島大橋を渡って本土へ戻る

IMGP8917_サイズ変更  P1180745_サイズ変更
萩へ 一路東へ                            出水川砂防公園・・・静かで快適

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1] | 2014.04.20(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

萩界隈散策

2013/4/13 土
始:9:15 ~ 終:17:20 走行:26km
~ 萩 ~ 美萩 ~ マリーナ萩

無風快晴!絶好の観光日和(笑)
萩は前回じっくり散策していたから軽く見てスルーするつもりだったのだけれど、なんだかんだでほぼ丸一日観光に費やしてしまった・・・。

昨日は絶好のタイミングで幕営したようだ。
テン場をあとにするとすぐに山越えの道となった。
これまで左手に見えていた山を越えて海沿いに出る。途中の道は驚くほど車が少ない。
現在、三隅~萩の間を山陰道という自動車専用道路が通っていて、無料で通行することができる。ほとんどの車はそちらを走っているというわけ。

萩というのはえらい山の中にある。
一方を海、三方を山に囲まれた盆地状のところで、陸路ではどこから入るにしても山越えとなる。よくこんなところに城を置いたものだと思うが、むろん望んでそうしたのではない。
普通に考えればより開けた山陽道側に城を置くのだろうが、山陽道側は望ましくない、と家康に釘をさされたためだ。
広島を居城にして中国に覇を唱えた毛利家が、僅か防長二州に押し込められ、山陽に城を置くことも許されなかったのだから、長州の徳川に対する恨みは根深かったに違いない。
同じ関ヶ原の負け組みでありながら、所領を安堵された薩摩とは対照的である。
島津の場合、敵陣への退却も天晴れであったわけだけれど、武力を背景にした外交によって所領安堵を勝ち取ったわけである。薩摩に逃げ帰ったあとも徹底抗戦の姿勢を崩さず、その武力を背景にしたたかな外交を推し進めた。結果、家康のほうが折れて所領安堵と相成った。

天晴れ。薩摩の外交術というのは、日本人離れしていて実に天晴れである。
幕末においても、もっとも大人の立ち振る舞いをしたのが薩摩であったと思う。
武士道とか仁義といった観点では、薩摩のやり方は非常に卑怯なものと映る。二枚舌外交であり、常に腹に一物、本音と建前は常に別といった行動であったから、あまりいい印象はない(反面、長州や会津がすごく純粋に映る)。
が、後になって振り返ってみれば、一番うまく立ち回ったのが薩摩であったのは疑いがない。
翻って戦後の日本の無様な外交を見るにつけ、政治家は薩摩の爪の垢でも煎じて飲んだほうがいいのではないかと思ってしまう。

萩への山越えの道中は、山間に小さな集落の点在する美しい風景が広がっている。
この景色・・・江戸の頃からほとんど変わってないのではないかと思えてくる。

橋本川を渡ると萩の城下町。
萩城跡や指月山を含め、城下は前回散策したから今回はパッと見てスルー。僅か三年半ほど前に来たときはなかった高杉晋作の像が建てられていた。
藩校明倫館の一部は、今でも小学校として使われている。その名も明倫小学校。こんな学校に通える子どもは幸せだな・・・。

中島となっている城下を横断し松本川を渡ると、松下村塾や松陰神社がある。ここも前回じっくり見たから神社に参拝してサッとスルー。
毛利家墓所・・・これを見たいのであるが、どの地図や案内板を見ても不思議と出ていない。
ガイドをしているNPOのおっちゃんに訊いてみると、墓所は三ヶ所に散らばっているらしい。松陰神社からほど近い東光寺がその一つということなので、そこへ行ってみる。
おっちゃん曰く、このあたりはもともと松本という地名であったらしい。それがいつの頃からか松下となり、松下村塾の名もそこから来ているのだそうだ。

東光寺へ向かう途中に、前回見られなかったところがいくつかある。
まずは伊藤博文の旧宅と、その隣に移設された別邸。別邸のほうは東京にあったものの一部を移設したものである。
建屋自体も見事なものであるが、それ以上に写真が興味深い。建屋の中に伊藤の貴重な写真が多数展示されている。これが非常に興味深い。

伊藤宅からすぐのところにあるのが玉木文之進の旧宅。
玉木文之進は松陰の叔父にして教育者、かつ松下村塾の創始者である。
さすがにここまで訪れる人はあまりいないが、ここにもNPOのおばちゃんがいて、声をかけられたのでいろいろと説明してもらった。
一通り説明してもらった後で家系図なんかを見ていたら、おばちゃんから質問。
「門下生のうちでは誰が好き?」
おばちゃんはおそらく相当の歴史好き。今で言えば歴女の走りといったところだ。
「門下生でですか・・・高杉ですかね」
と答えると、あまりにメジャーな名前だったからか、
「高杉晋作は人気あるわね・・・」
おばちゃんはちょっと不服そうだった。果たしておばちゃんは誰贔屓だったのだろうか・・・?
ちなみに、ここに来て初めて知ったのであるが、乃木希典も玉木文之進の教えを仰いだ一人だった。

ここに自転車を置かせてもらい、歩いて東光寺へ。
門からして堂々たる見事な寺である。黄檗宗(おうばくしゅう)という禅宗の一派の寺らしい。
寺の奥に、三代から十一代までの奇数代五代の藩主の墓がある。

寺を出てさらに山側へ坂を上ると、団子岩と呼ばれるところに出る。
ここに松陰の誕生地と墓地がある。
松陰は江戸の伝馬町で処刑されたわけであり、ここには遺髪が埋葬されているそうだ。
同じ場所に玉木文之進や高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿らの墓もある。
ちなみに、高杉の墓も下関の吉田にあるわけであるが、ここにはへその緒が埋葬されているということである。

この場所からの萩の眺めは実に美しい。
それにしても・・・周りは見事にぐるりと山に囲まれている。
長州人というと、自分の中での典型は桂小五郎で、どことなく線が細く神経質そうなイメージがあるのだが、そういった人間性の形成にはやはりこの風土が少なからず影響しているだろうと、山に囲まれた町を見ながら思った。

自転車のところに戻って北へ向かう。既にいい時間である。
買い出しを済ませてちょっと走るとR191に合流。これ以降、笠山までの間にいくつか公園のようなところがある。
その中の一つであるマリーナ萩。その駐車場の奥にある芝生の上に幕営した。
ちょっと道路に近くはあるが、今日もなかなか快適なテン場である。

IMGP8925_サイズ変更  IMGP8928_サイズ変更
萩へ                               萩はえらい山の中・・・陸路ではどこから入るにしても山越えとなる

P1180748_サイズ変更  P1180749_サイズ変更
城下には高杉晋作の旧宅や・・・                 桂小五郎の旧宅などがある

P1180754_サイズ変更  P1180755_サイズ変更
こんな学校に通える子どもは幸せだ(明倫小学校)       松下村塾

IMGP8931_サイズ変更  P1180775_サイズ変更
その隣に松陰神社が建てられた                  東光寺

P1180780_サイズ変更  P1180782_サイズ変更
大雄宝殿の鬼瓦                        毛利家墓所(三代から十一代まで、奇数代五代の藩主の墓がある)

P1180787_サイズ変更  P1180804_サイズ変更
亀の台座(後ろから見たところ)                 吉田松陰誕生地に建つ松陰の銅像

P1180805_サイズ変更  P1180813_サイズ変更
そこからの萩の眺め                         マリーナ萩・・・なかなか快適

P1180816_サイズ変更
日本海に日が沈んだ

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1] | 2014.04.21(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 117_Sanin,Chugoku1 / 山陰,中国1
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。