スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ネバーエンディングストーリー(ビーバーと草刈りと・・・)

「ビーバー」ってのは刈払機(草刈機)のことです。
もともとは山田機械工業という神戸の会社が製造している刈払機のブランド名なのですが、これが刈払機の代名詞のようになっているものだから、いつの間にか普通名詞となって、このあたりでは刈払機のことを普通に「ビーバー」と呼んでいたりします。
本体を背負うタイプの刈払機が有名です。

田舎に住んでいてもっとも厄介なことの一つは草刈りではないでしょうか。
都会と違って団地なんてないですし、工場も駅もスーパーもコンビニも・・・都市部では当たり前に存在するものが基本的にありません。つまり、草の生える余地がいくらでもあるわけです。
ここでは土地の主は明らかに人間ではないでしょうね・・・。

その田舎において毎年綿々と繰り返されるネバーエンディングストーリーが草刈りです。
春から秋までずっと、一年に何度草刈りしていることでしょうか。農家の人たちは特に大変ですね。

草刈りにおいて大きな力を発揮するのがビーバー。
田舎なら一家に一台、どころか大きな家族なら家にニ、三台あるのではないかと思います。
夏場など早朝から夕暮れ時まで、どこかでビーバーの音がすると言っても過言ではない(特に朝と夕)。
昔はエンジン音を聞けばオートバイ、特にオフ車を連想していましたが(もっとも今どきは2ストのオートバイなんてないでしょうけど)、こちらに来てからはエンジン音がすればビーバーかチェーンソーです。

ちなみに、ビーバーとチェーンソーの音はアクセルの開け方で聞き分けられます。
チェーンソーってのはアクセル全閉(アイドリング状態)か全開のどちらかなんですね。木を伐るときは全開、それ以外は全閉です。
このチェーンソーってのも都会に住んでいれば間近に見ることなどまずないと思いますが、ここらではかなり身近な存在です。さすがに一家に一台とまではいきませんが、山仕事をしている人も多いですし、山を持っている人も少なくない。場合によって農作業に使うこともあるでしょうし、薪ストーブを使っているなら必須です。
なんというか、人間も住環境によってずいぶん生活様式が変わるものだと思います。

話がそれました。草刈りの話です。
我が家にもまさにビーバーそのものがあります。去年人からもらったもので、だいぶくたびれてるんですけど、ちゃんとエンジンがかかって使えます。
今年もメンテをして出動!
プラグを磨いてアクセルワイヤに注油し、燃料(混合油です)を入れる。ハーフチョークにしてスターターの紐をニ、三回引っ張ると無事に始動!
如何せんくたびれてるので、その年最初に始動するときはちょっとドキドキします。
パワーもだいぶ落ちているのですがそれはまぁいいとして、一点問題があります。アイドリングが高いんです。
アイドリング調整ボルトと思しきものがあるのですが、既に最低の状態になっていて調整の余地なし。これ以上自分ではどうしようもないかな・・・。
どなたか詳しい人がいたら教えてください!!
アイドリング状態で刃がけっこうな勢いで回転しているので、その状態で本体を背負うのにけっこう気をつかう・・・。

ビーバーを使うと草刈りが楽になるんですけど、欠点もあります。無差別に刈ることになってしまう点です。
田んぼの畦とか草むらとか、何も考えず刈ってしまえばいいところでは問題ないんですけど、庭なんかだと残しておきたい花や幼木なんかがあるわけです。生い茂った草の中でビーバーを使いながらこれらを識別し、なおかつそれだけ避けて刈るというのは至難の業。
たいていは「チュイン~」とかいって刈ってしまった後で気付きます・・・。

それから、わざわざ燃料を使って草刈りをするわけですけど、地上部分だけを刈るわけですからまたすぐ生えてきちゃうわけです。年に何度も刈る必要があります。
わざわざ燃料代をかけて草刈りする意味があるのだろうか・・・と最近思ったりもします。ガソリンも高いですしね、特に長野は。
よって、手間はかかるのですが、庭の草はむしるようにしています。草刈りではなくて草むしり。
これだと根っこからむしるので、ある程度長持ちします。それでも草はまた生えてきますが、ビーバーで刈るよりは長持ちする。
一番厄介なのは、スギナのように根っこで増える草ですかね。竹に通ずるものがあります。

雑草として刈られてしまう草たちですが、地面の保水・保湿という意味ではすごく有益なんですよね。
庭でも畑でも、草刈り・草むしりをした後の地面はすぐにカラカラになってしまいます。
ですので最近は、人が歩くところ以外は無闇に刈らずに草を生やしておいたほうがいいのかな、という境地に達しました(笑)。
願わくば、草たちの背丈があまり高くならなければいいのですが・・・。
踝くらいの丈の草が茂っているのが理想の状態です。

P1190870_サイズ変更 P1190872_サイズ変更
だいぶくたびれている我が家のビーバー              もともとはあるメーカのブランド名です

P1190876_サイズ変更
夏になるとなぜかオニヤンマもたくさんやってくる・・・

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2014.07.23(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

こんなものが売っている・・・

これは都会じゃなくて、長野の伊那谷という田舎での話です。

スーパーなんかで売っていて一番驚くのが竹の子ですね。
つい先日も書いたとおり(竹取物語(竹を駆除するいい方法はないものか))、荒れてどうにもならなくなった竹林が近くにいくらでもあるわけです。
なにも我が村に限った話ではなく、そこらじゅう竹薮だらけ。国道を走っていたっていくらでも目につく。
当然、時季になれば竹の子がいくらでも生えてくる。でも、誰も採らない、誰も食べない。
だのに・・・その竹の子がスーパーで売ってるってどういうわけ???

値段を見ると、太くて立派なモウソウの竹の子だと800円くらいする。しかも、わざわざ九州産だったりする。
確かに、ここらで採れるよりちょっと早くから出回る。
だからといって、近くでいくらでも(しかもタダで)採れるものをわざわざ遠く九州から持ってくる必要があるのか???
果たして買う人がいるのか?どうにも信じられない。

ま、いいんですよ。世の中は需要と供給で成り立っているわけですから。
買い手がいる限り、そこで商売をするのはいたって正しい。
買う人だって、むしろ積極的に経済を回そうとしている人なのかもしれない。
ちなみに、スーパーで売られている太くて立派な竹の子を見るたび、竹で苦労している自分としては毎回、食べものとして以前に「これが竹になったらえらいことになるな・・・」などと思ってしまう。

一万歩譲って、立派なモウソウの竹の子はまだいいとしましょう。
たぶん食用にわざわざ栽培されている竹の子だろうし、九州産というブランド物かもしれない。ものすごく美味しいのかもしれないし、グルメな人が買っていくのかもしれない。
目が点になったのは、マダケの竹の子が売られていたとき。
細いのがニ、三本束ねてあって300円ほどでしたが、明らかにこのあたりで採れたもの。というか、今竹の子を売っているスーパーから歩いて行けるところでおそらく簡単に採ることができる。
いったい誰が買うのだろう・・・。

前にも書いたとおりマダケの竹の子は普通に食べられるのですが、あまり食用にしません。
モウソウの竹の子すら誰も採らないのに、マダケの竹の子なんて誰も採ろうはずがない。
しかもモウソウと比較にならないくらいたくさんの竹の子が毎年ニョキニョキ生えてくる。
そんな竹の子が商品として売られている・・・ビックリしました。
でも、こうして普通に売られているということは、誰か買う人がいるということですよね・・・世の中どんな商売が成り立つのかわからない。

竹の子以外にも驚くようなものが売られています。
次はクルミですかね。
これも前にどこかで書きましたが、長野は(少なくとも中信や南信は)クルミだらけなんです。そこらじゅうオニグルミの木だらけ。
やはり国道を走っていてもいくらでも目につきますし、少し歩けばそれこそいくらでもある。
うちの庭なんて、旅の間に勝手に増えたクルミの木だらけになってしまった。
でも、これも誰も拾わない。拾っている人を見たことがない。

スーパーではカシグルミもオニグルミも両方、殻を割った中身だけの状態で売られています。
油分たっぷりで美味しいのはオニグルミ。高いのもオニグルミのほうで、ほんのひと握りほどで500円くらいします。
拾ってきたクルミの実の果肉を洗い流し、中の種を割るわけですが、その手間賃でしょうかね???
確かにカシグルミと違って、オニグルミを割るのはすごく大変ではありますが・・・(クルミ割りなんかでは絶対に割れません!)。
ちなみに、カシグルミはヨーロッパあたりが原産で、日本には自生していないと思います。
ウクライナあたりでは道路脇で木を揺すってクルミを拾っている人の姿をよく見かけましたし、自分らもよく拾って食べました。

その他には山菜の類でしょうかね。
タラの芽なんかは比較的希少だし、わざわざ山に採りに行く必要があるでしょうからまだわかるんです。
が、ワラビやゼンマイなんてのは道路脇にだっていくらでも生えているのですが・・・。
わからないものです。
だから世の中はおもしろいのでしょうかね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2014.07.28(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

こいつはなかなか優れもの

過去に撮影したネガ・フィルムやカラーリバーサル・フィルムをけっこう持っていて、すべてデータ化したいと常々思っておりました。
この場合一番簡単な方法は、フィルムをキタムラなんかに持ち込んで、データをCDに落としてもらう方法。
過去に何度か依頼したことがあるのですが、問題はやはりコスト。フィルム一本につき、今でも300~400円くらいかかると思います。数年前ならその倍近くかかった。

一方、フィルムスキャナーがあれば、自分でデータ化することができる。
フィルムスキャナーなんて以前からあるものですけど、けっこう値が張りましたよね。いや、ま、ちゃんとしたやつは今でも高いわけですけど。
フィルムスキャナーなんてものは、いったん手持ちのフィルムをすべて読み込んでしまったら、おそらく二度と使わない。今でも銀塩カメラにこだわって写真を撮っているならともかく、デジカメを使いだしてからはデジカメ以外すっかり使わなくなってしまいましたから(なんといっても現像&プリントする必要がないのが金銭的にありがたい)。
よって、あまり高価なものに投資する気にはどうしてもなりません。
レンズ付きフィルム(いわゆる写ルンですの類)で撮ったものもそれなりにあったりするからなおさらです。元のフィルムのクオリティーが低いわけですから、それほど高性能なものはいらないわけです。

何かいい手はないものかとネットで調べていたら、最近はいいのがあるんですね。
廉価版のフィルムスキャナー。
これ、フィルムスキャナーとは言いながら、実際にはスキャンしません。言ってみれば、デジカメでフィルムを撮影してしまうという方式。
いいアイデアですね。こいつはなかなかのアイデア商品ですよ。
この方式なら、五千円くらいで物が買えてしまう。フラットベッドスキャナーやCCD型フィルムスキャナーの1/10以下、価格が一桁違います。

もちろん画質はそれなりです。
画質にこだわるのなら不向きですけど、しかし、サンプルの写真を見る限り、L版くらいの大きさで見る分には(個人的には)まったく問題ない。十分耐えられるものだと思います。

これならってことで購入してみました。
買い物と言えば最近はもっぱらネット通販。価格.comで一番安いところを調べて購入する・・・電化製品なんて100%そうですね。
便利な時代になったものです。田舎にいると特にその恩恵にあずかれるような気がします。
送料無料で家まで届けてくれるのだから本当にすごい。
今回は注文した翌日に届きました。しかも岡山から。

で、実際に使ってみたところ・・・これがなかなかの優れもの。費用対効果大です。(使用目的によりますけど)買って損はないと太鼓判を押しておきましょう。
ちなみに今回自分が買ったのは、サンワサプライの400-SCN006というモデル。
ネガにもポジにも対応しており、35mmフィルム用のホルダーとスライド用のホルダーが付属してます。
フィルムの送りは自動じゃなくて手動なんですけど(安いですから)、かえってこれがいいような気がします。壊れないでしょうし、手加減次第で微妙な調整ができます。
慣れるとけっこういいペースでデータ化できる。
これから昔のフィルムを順次データ化していくつもりです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2014.09.26(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬支度

冬の足音が近づいてきました。
今年はどんな感じの冬になるのでしょうか。たぶん暖冬だろうと予想しているんですけど、どうですかね?

伊那谷のこのあたりでは、いつも10月頃になると薪の準備をしている家が目につくようになります。もうすぐ冬かぁ・・・とそれを見ると思います。
ま、我が家には薪ストーブなんてないんですけどね。
一見エコなイメージのある薪ストーブですけど、実は手間もお金もかかります。とてもじゃないけど、日本ではリッチな人でないと使えない。金持ちの道楽といっても過言ではない。
もしくは山仕事でもしていて、適当な材の入手も解体も自由自在という人でもない限りちょっと厳しい。
当然ながら、通常は薪もただではないんですね。山でも持っていれば別ですけど。
山に材を集めに行くにも車の燃料がかかるし、材を適当な寸法に解体するにはチェーンソーが必要、これまた燃料がかかる。
生木ならそれから干さねばならないし、実際使う前には薪割りが必要。薪割りだって、今日日斧でやっている人は少ないでしょう。たいていは油圧式の薪割機を使っているのではないでしょうか。
煤で煙突が詰まるから針葉樹は使わない、コナラしか使わない、などとやっているとだんだん趣味の世界になっていく。
結局、なんだかんだで灯油を燃やしているのが一番安い。そういう思考に達するんですね、貧乏人は。
あぁぁ趣味で薪ストーブを使うような身分になりたいものだ・・・。

いかんいかん。そんなことを書きたいのではなかった。
自然界の冬支度の話です。

10月の末に庭の畑の落花生を収穫していたら、冬眠態勢に入っていたトノサマガエルを掘り当ててしまった(傷つけないでよかった)。
さすがにビックリした。まだ10月なんですけど・・・。
朝晩冷えるようになったとはいえ、まだまだ紅葉もこれからだし、ほんの二週間ほど前にはまだシュレーゲルが虫を食べに家の窓に張り付いていたけど・・・。鈴虫だってまだまだ元気に鳴いているというのに・・・。
もう冬眠態勢かよ!とつっこんでやりたくなった。いったい何ヶ月冬眠するつもりなんだ・・・。
そのトノサマは準備万端で、丸々太ってましたね。カエルに限らず、変温動物の彼らは一度体温が落ちるともう動くことができず、掘り出されてもその場でじっとしています。
写真だけ撮らせてもらってまた元の場所に埋めておいたのだけれど、その間もなされるがまま・・・。

そのちょっと前にはシラカバの木にコクワガタが来てました。
しきりに木の幹に潜ろうとしている。冬眠態勢に入るつもりなのか・・・。
これにもちょっと驚いた。コクワって、カブトと同じようにひと夏で死んでしまうものだと思っていたのだ。
オオクワガタは冬を越して三年くらい生きるって聞くけど、実はコクワも越冬するのか???

毎年冬が近くなると、どこから入ってくるのか家の中にカメムシが増えます。
彼らは人家の中で越冬するんですね。カーテンの陰とか、暖かくて快適な場所を見つけて越冬してます。テントウムシも似たような傾向にあるような気がしますね。

冬眠といえば、おもしろいのがカナヘビ。
去年の冬、竹の根っこ掘りをしているときに時どき掘り当ててしまったんですけど(かわいそうなことをしました)、彼らは何匹か集まって冬眠する習性があるようです。
家族なんですかね、大きいのやら小さいのが入り混じって一箇所で冬眠してました。
そんな習性があるとは知らなかったから、これまたビックリ。と同時に見ていて微笑ましかった。
ちなみに、成体になるとカナヘビと似ているトカゲですが、彼らにはそういう習性はなさそうです。やはり掘り当てることがあったのですが、トカゲのほうは必ず単独でした。

どの生きものも強いですよね。
このあたりは冬には凍土と化すのですが、そんなところで冬眠しているのですから。
そんな彼らを掘り当てることになってしまうので、晩秋から冬にかけては地面を掘らないほうがいいなと、そんなふうに思うようになりました。

ニ、三日前に隣の藪でみかけたタヌキも丸々してました。
すっかり冬毛にも覆われて準備万端!
タヌキは冬眠しませんが、あんなんでこのあたりの冬を乗り切ってしまうのだから、やはり強いものです。

さて、木に話を移します。
落葉樹の紅葉は北から南へ、標高の高いところから低いところへ下りてきますが、同じ場所でも種類によってだいぶ差があります。
身の回りで一番紅葉(黄葉)、落葉とも早いのはクルミです。7月末には早くも黄色くなりはじめ、9月になると早々に散り始めます。
逆にクヌギなんかは黄葉、落葉とも遅いですね。いつまでも青々としています。

個体差もずいぶんあります。
庭のクルミを見回しても、もうずいぶん前から丸坊主になってしまった木もあれば、未だに葉っぱがたくさん残っている木もあります。
樹齢やちょっとした日当たりの差によるんですかね、ビックリするくらい個体差があります。
ちなみに、クルミの落葉する様は豪快です。
クルミというのは、ちょっと専門的な言い方をすると奇数羽状複葉なんですね。9~15枚くらいの小葉からなっていて、分類上はこれで一枚の葉っぱ。寸法でいうと40~60cmくらいある。
要するに、見た目は9~15枚ほどの葉っぱがまとまってごそっと落ちてきます。

落葉というのは、通常風によって起こります。
風が吹くと葉が散る。よく見かける光景です。
でも、これまたちょっと驚く光景を去年見かけたんですね。
ちょうど今ごろだったんですけど、唐突に-3℃ほどまで冷え込んだある朝、風もないのに柿やクルミ、ヤマボウシの葉っぱがはらはらと散っているということがありました。
特に柿の木はすごかったですね(このあたりは市田柿というのが有名で、柿畑があちこちにあります)。もうバサバサと葉っぱを落としてました。
風もないのにバサバサと葉っぱを散らしている様は、もう自分の意思で落としているとしか思えませんでした。きんと冷え込んだ朝で、なにやら神々しい気さえしましたね。

一方で、いつまでも葉っぱが散らないのがクヌギです。
高木に育ったクヌギの場合は、そのうち風に吹かれてはらはらと葉が散りますが、背の低いものや風の当たらない場所にあるものはいつまでも葉っぱがついたまま。
我が家の庭にあるクヌギなんて、春まで枯れた葉っぱがついたままですよ。

ときに、旅に出ている間に大きく育ったクヌギなんですが・・・。
鉢で発芽させたコナラの幼木を植えたはずで、てっきりコナラだと思い込んでいたのですが(益虫と害虫)、今年ドングリがなってみたら実はクヌギでした!
いやぁビックリした。いつの間に入れ代わったのだろう・・・。

P1200600_サイズ変更 P1200344_サイズ変更
10/31に早くも冬眠態勢に入っていたトノサマ           こちらは10/13夜のシュレーゲル

IMGP8478_サイズ変更 P1200622_サイズ変更
コクワも越冬するつもりか?(10/4)                クルミはこれで一枚の葉っぱです この状態で落葉します

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2014.11.11(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

信州なかがわハーフマラソン・・・村おこしにはこれです

毎年五月五日に我が村で開催されている、信州なかがわハーフマラソンというのがあります。
今年で八回目になるようだから、自分らが引っ越してくる以前から行われている。

一年ちょっと前からマラソンを始めたらしい、今は横浜に住む山岳会の先輩が、うちに遊びに来がてら出場するというので、今年は応援に行ってきました。

P1210419_サイズ変更
去年の大会はあいにくの天気でしたが、今年は快晴!
先輩のカトーさんはラッキーでした。というより、カトーさんが晴れ男といったほうがいいのかもしれない。なんとなく昔からそんな傾向がある。

IMGP9399_サイズ変更 P1210424_サイズ変更
晴れているけど気温は低く、最高のレース日和。かぶりもの系の人もチラホラ。

P1210425_サイズ変更
理想的なリタイア生活を送っているカトーさん。素晴らしい笑顔です!

もう結構前のことになりますが、カトーさんから電話をもらったあとで、マラソンはどんなところを走るのかと、コースを自転車でトレースしてみたことがある。

・・・かなりアップダウンがあります。
スタートしてからいきなり上りで、150mくらい上る。続いて一気に200mほど下り、その後は小刻みなアップダウンを繰り返して、最後に100mほど上り返し。
晴れれば中央アルプスがよく見え、眺めは抜群です。

自分はマラソンのことはよく知りませんが、こんなにアップダウンがあるというのはちょっと驚きです。
伊那谷なんかでマラソンをやれば、当然このようなコースになるわけですけど、これはわざと狙ってこういうコースにしている、と思えます。
レース後に、カトーさんがもらってきたチラシを見せてもらったら、その中に松川のハーフマラソンのチラシがあった。どうやら今年から開催するらしい(10月に開催)。
で、コースの高低図を見てみると、これまた同じようにアップダウンがある。
ちょうど天竜川の対岸で行われることになるわけで、当然と言えば当然なんですけど、これも狙ってこういうコースにしてますよね。たぶんそのほうが人を呼べるのだと思う。

世間ではトレールランニングというのもますます大人気ですけど(こちらは自分も長谷川カップや山田杯に何度か出場したことがあります)、数年前から時どき、登山者との間でトラブルになっていたりもします。
場所によってはトレランを禁止するとかしないとか、そんなニュースも読んだ覚えがある。

トレランは、レースとして開催しようとすると、運営するのもかなり大変ですね。
下手をすると、選手が山中でどこかに落ちたり、いなくなってしまったりしかねない。
長谷川カップなんて、確か都岳連のボランティアだったと思うけど、細かいところまでよく運営の手が行き届いているなと、感心したものです。

そこで・・・なかがわハーフマラソンのようなアップダウンのあるマラソンです!自分が思うに。
参加するランナーは、ありきたりの平坦なコースではなく、おそらくトレランのような変化のあるコースを求めている人が多いのではないか。でも、山を走るのはちょっと・・・という人も少なくないように思う。
一方で、開催する側は、トレランに比べて運営するのがずっと楽。あくまでコースは公道ですから。
そんな両者の利害が一致して、こういうレースが流行っているのではないか、と勝手に想像している。

世の中のマラソンブームはすごいですよね。ほぼ毎週のように、全国どこかでレースが行われているのではないでしょうか。
しかも年々増えているように思う。山ブームも自転車(ロード)ブームもまったく比ではない。

思うに、村おこしや町おこしには、マラソン大会を催すのが一番なのではないでしょうか。
すごい集客力ですよ。今回のなかがわハーフマラソンなんて、村民が5,000人ほどに対して出場者が3,500人もいるんですから(もちろんほとんどが村外からの参加者)。

基本的には道路さえあればできるのですから、どこでもできるはずです。
マラソン大会の機会を上手く使えば、村の特産品を知ってもらったり買ってもらったり、村の目玉スポットに人を呼べたり、さらには近隣の村にまで人を呼べたり、いろいろな効果が期待できそうだ。
もちろん、大会が気持ちのいいものであれば、また来年も再来年も参加してもらえる。

下手なことに税金を使うくらいならマラソン大会!これです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2015.05.08(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 田舎暮らし日記
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。