トレラン日記1 小渋湖 ~ 四徳 ~ 駒ヶ根

コースの紹介も兼ねて、これから自転車のトレランのことも記録に残そうと思います。
自宅から乗り出すトレラン!その第一弾。

日付: 2014/5/22 木
コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 四徳(しとく) ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 50kmほど

私、およそ38年間を関東平野で過ごしてきました。
関東平野は日本最大の平野です。日本で海と山がこれだけ離れているのはここくらいでしょう。
その関東平野にいたころ、上りのトレーニングをしたいときは、わざわざ自転車を山まで車で持ち込みそこで乗ったりしてました。自宅から自転車ですぐ行けるようなところに大きな上りがなかったからです。
ヒルクライムの草レースに豆にエントリーしていたころは、レースの前になると、仕方なく会社の帰りに近くの小山に寄り道し、そこを上ったり下ったりしてました。
気軽に上りのトレーニングのできる場所がなくて困っていたものです。

ところが、伊那谷に引っ越してきてからはそんな心配はまったくなくなりました。
なんてったって家から出ればすぐ上り、ここでは平坦なところを見つけるほうが難しい。坂バカにはパラダイスのようなところです(笑)。
以前、しらびそ高原の近くを走っていたとき、東京のほうから(輪行で)ツーリングに来ていた一団と出会ったことがありました。
言葉を交わし、こちらが地元と知ると、「走るところがたくさんあっていいですね、羨ましい~」と話してました。坂バカたちの考えることはこんなところのようです。

反面、自転車に乗る人が少ないのも、坂が多いせいだと思われる。
ここ伊那谷では、自転車に乗っている人をほとんど見かけない。土日にロードで流している人こそたまに見かけますが、買い物や通勤など日常の足として自転車に乗っている人はほぼ皆無。むしろ自転車に乗っていると驚かれます(注目度抜群!)。
単に田舎だからというのもある。基本的に、田舎ではそもそも健康のために自転車に乗るなどという発想はない。そんな悠長なことはしていない。そんなことをせずとも、農作業等により皆さんそもそも健康ですから・・・。

ですが、そこのところを差し引いても、ここは極端に自転車が少ない。これはやはり坂と関係があるのだと思う。
一般的に、自転車が活躍しているのは平坦な国や地域です。
オランダを見るとわかりやすい。確かにあれだけ平坦だと、誰でも自転車に乗ろうという気になるのかもしれない・・・。
ただ、皆が皆そうではないのかもしれませんが、自転車にはまり始めると、アップダウンのある道こそ楽しく感じるようになるのではないでしょうか。

いきなり話が脱線してしまいました。
以下に今回のトレランについて記します。すごくローカルなネタなんですけど・・・。

自宅から小渋湖まではいったん下って緩やかに上り返す感じ。
小渋湖に出ると(自宅から7kmほど)、湖岸に沿って枝道が分岐し(県道・西伊那線)、この道が陣馬形山の東を巻いて駒ヶ根に通じています。
この道を走ろうと思っていたのですが、湖岸の一部が土砂崩れにより通行止め。トンネルの手前まで来るとそんな標識が立っており、迂回路が標示されてました。
このあたりの山間の道ではよくあることなんです・・・。

仕方なく迂回。トンネル手前の激坂を上る。たぶんロードのギアでは上れないと思う。
上り切った先からは小渋ダムをきれいに見下ろせる。
P1190627_サイズ変更

さらに上ると桑原の集落。
このあたり、車で走るときは一速です(笑)。
狭くて軽同士でもすれ違えないから、マニュアル車で上るとけっこう緊張しますよ。
同じ村の中でも、うちより山側に住んでいる人たちは単純にすごいと思う・・・。

桑原から一気に下って西伊那線に復帰、道は再び上りとなる。
このあたりは完全にサルたちの縄張り。通常向こうが逃げるけど、自転車で群れに囲まれたらけっこうピンチのような気がする・・・。
小さな沢がいくつも流れ落ちているから、水の補給には事欠かない。いつでも冷たい水が飲める。

桑原の滝を過ぎ、道が四徳川のすぐ川岸を走るようになると周囲が開けて明るくなる。
いったいどこまで続くんだと上りに嫌気が差してきたところあたりで折草峠に着く。
P1190633_サイズ変更
峠は中川と駒ヶ根の境界。峠の北は駒ヶ根。
ちなみに道は三叉になっていて、さらに西に向かって延々と上ると陣馬形山の山頂近くまで上れる(めちゃくちゃキツイ)。

ここから駒ヶ根の町部まではずっと下り。
気持ちよく一気に下ると県道49号にぶつかる。西に折れて、天竜川までさらにずっと下る。
天竜大橋の手前で県道18号と交差する。南に折れて天竜川沿いに自宅まで帰ってこられる。
駒ヶ根⇒中川だと県道18号も基本的に下り基調です。

おまけ・・・自転車にフロントバッグのアタッチメントをつけました。
リクセンカウルのKLICKfix・・・脱着式フロントバッグの元祖です。
最初はオルトリーブのアタッチメントを買おうと思ったのですが、知らぬ間にフロントバッグがアルティメイト5から6にモデルチェンジしてました・・・。
互換性がよくわからないので(6のアタッチメントに5のバッグはつくのだろうか?)、やめにしてリクセンカウルにした次第(店によっては今でも5のアタッチメントが手に入るようですが)。
P1190630_サイズ変更
リクセンカウルのアタッチメントはオルトリーブのバッグと互換性がある。というか、逆にオルトリーブ側がリクセンカウルと互換性があるように作っている。
日本では使っている人をまず見かけないであろうリクセンカウルですが、ヨーロッパではたまに見かけます。
今回使ってみると、オルトリーブの純正アタッチメント(アルティメイト5)よりむしろ使いやすいのではないかと思える(バッグの脱着が簡単)。アタッチメントのハンドルへの固定もより簡単だし(外してワイヤの再利用も可能)、さらに価格もオルトリーブより安いから言うことなし。

スポンサーサイト
Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2014.06.16(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

分杭峠

日付: 2014/5/25 日
コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 大鹿 ~ 分杭峠(1,424m) ~ 中沢峠(1,317m) ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 60kmほど

一年前のこの日、秋葉街道(R152)を走って自宅に帰ってきた。
それからちょうど一年後の5月25日、秋葉街道の続きをちょっと走ってみた。

秋葉街道というのは、南アルプスのすぐ西側の山間を走り、浜松から中央構造線に沿って長谷まで北上する狭い道。
地質が脆く、がけ崩れにより通行できなくなることも珍しくない。冬場は雪のため、大鹿と長谷の間、及び大鹿と上村の間が通行止めとなる。
国道は青崩峠と地蔵峠の二ヶ所で途切れている(あまりの崩落の激しさに日本のトンネル技術が敗退・・・)。
不通区間は林道で迂回できるようになっていて、青崩峠は兵越峠のほうから、地蔵峠の南側はしらびそ高原のほうから迂回することができる。
ちなみに、R152自体は長谷の北も茅野まで延びているが、長谷より北は杖突街道と名前を変える。こちらはそれほど狭くもなく快適な道です。

一年前、その秋葉街道で浜松から大鹿へ抜け、自宅まで帰ってきた。
そして一年後のこの日(だからというわけでもないのですが)、続きを分杭峠まで走ってみました。

自宅から、おなじみの小渋川と小渋湖沿いの道を走って大鹿へ。
参考までに・・・小渋湖の先で松除橋を渡ってそのまま県道を行くと豊丘へ抜けられるのですが、この道もがけ崩れにより現在通行止めです。

最後のトンネルをくぐると秋葉街道にぶつかる。
南に折れれば地蔵峠のほうへ、そのまままっすぐ行けば分杭峠のほうへ北上する。
分杭峠に向かって道は緩く上ってゆく。
興味があれば、途中に中央構造線の北川露頭などがあります。付近一帯がジオパークに指定されております。
地蔵峠方面と違い、こちらは明るく開けていてガレた感じもない。道路もキレイなのだけれど、その分車やオートバイが増える。といっても高が知れてますが・・・。
P1190635_サイズ変更  P1190636_サイズ変更
実にのどかで、なんだかいい感じです。水はどこでも補給可能。
自宅から分杭峠まで32kmほどでした。

さて、分杭峠・・・ご存知でしょうか?一部の人たちの間では有名なスポットです。
ここはゼロ磁場として知られています。なんでも世界有数のパワースポットなんだとか・・・。
ヒーリング関係などが好きな人たちを中心に来訪者が増えているらしい。
興味のある方は「分杭峠」でググってみてください。怪しげなグッズなども出てきます(笑)。

ちなみに・・・以前にも近所に住む知人と一緒に来たことがあるのですが、自分は特に何も感じませんでした。
知人も少々感じることができる程度でしたが、知人の知り合いの気功師はビンビン感じていたという話です。
こういうのは、「信じるものは救われる」ではないですが、ある程度その人の気持ちの持ちようで変わってくるような気がします。自分のように最初から疑ってかかる人は何も感じないのかもしれません。

この日は日曜だったからか、峠にたくさんの人がいてビックリ。ゼロ磁場で瞑想している人もたくさんいる・・・。
以前はその先のダートも車で入れたのだけれど、今は進入禁止となっている。
ダートをしばらく歩くと水を汲めるようになっていて、来るといつも汲んで帰ります。
このゼロ磁場の水は販売されていて、日曜だからか、峠でもペットボトル入りの水が売られていた。
「そんなもん、すぐそこでいくらでも汲めるじゃねーかよ・・・」と思ったら、さすがに販売している水は地下深くから汲み上げているらしい。
P1190640_サイズ変更

参考までに・・・分杭峠は非常に狭く、駐車スペースがありません。
日曜だからか、この日は交通整理をするおっちゃんまでいて、止めようとする車はことごとく移動させられてました。
自家用車で道路を通行することは自由ですが、峠に立ち寄ろうとする場合は途中でシャトルバスに乗り換えて来なければならないようです。車で行かれる方は要注意。

分杭峠からは長谷まで下り。
なのですが、長谷まで行ってしまうと帰ってくるのが大変なので、今回は分杭峠の先の中沢峠で分岐する道で駒ヶ根に抜けて帰ってきました。

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2014.06.17(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

塩川小屋(塩見岳の登山口)

日付: 2014/5/29 木
コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 大鹿 ~ 鹿塩温泉 ~ 塩川小屋手前 ~ 大河原 ~ 自宅 = 53kmほど

この夏は久しぶりに塩見に登ろうかと思っていて、その下見を兼ねて塩川小屋まで行ってきた。
自転車でアプローチするのにどのくらいかかるのか、登山口に幕営できるのか、それらを確認するための下見。いや、塩川口には何度か行ったことがあるのだけれど、まったく覚えておりません・・・。

いつものコースで大鹿へ。
最後のトンネルを抜けて秋葉街道に出ると、道路脇に標示があった。
この間はまったく気付かなかったのだけれど、「塩川小屋手前道路崩落のため通行止」とある。
P1190656_サイズ変更
たぶん登山道自体は問題ないのだろうけど、どうやら塩川口からの入山自体禁止にしているもよう。
いずれにしても現在車等でのアプローチはできないので、登りに来ようと思っている人がいたら要注意です。

おそらく自転車なら通れるだろうな・・・そんな読みもあり、行けるところまで様子を見に行ってみることにした。
分杭峠方向にしばらく走って秋葉街道を外れ、鹿塩温泉方面へ。塩川に沿って上る。
この道もまぁ狭いやね。南アルプスはアプローチが大変だ。

しばらく上ると工事をしている。が、これは道路崩落の復旧工事とはまた別であるっぽい。自転車は何の問題もなく通してもらえる(毎度注目を浴びますが・・・)。
その先でもまた工事。でも、これもまた別の工事であるっぽい。重機を降ろすのに大型トラックがドーンと道路を塞いでいるので車の通行は不可能(おそらく最初の工事のところでUターンさせられると思う)。
トラックの脇をすり抜けてさらに奥へ。
塩川小屋の1.5kmほど手前まで来ると、道がダートになった。そうだったっけ?まったく記憶にございません・・・。
ちょっと詰めてみると、道が激しくぬかるんでいる。そして林道の奥からは重機の動く音がする。おそらくそこが法面崩落の場所だろう。
P1190657_サイズ変更
そこまでして塩川小屋まで行く意味もないか・・・ということで、今日のところはヌタ場になる手前のところから引き返してきた。

来た道を下る。
道路脇に出された標示には、「登山者は鳥倉ルートをご利用ください」とある。
これまで鳥倉口(三伏峠で塩川口からの道と合流する)から登ったことはない。せっかくだから林道の分岐だけ確認しておこう、ということで帰りに寄ってみることにした。
秋葉街道に戻っていったん大河原へ。林道の分岐は小渋橋のすぐ手前にあった。

帰路につく頃には空がすっかり怪しくなっていた。南アルプスにはモコモコと入道雲が湧いている。
こりゃいかん・・・大急ぎで小渋川沿いを伊那谷へ下る。しばらく行くと、中央アルプスの方角の空が真っ暗・・・完全にやっちまったか、という感じ。
四徳大橋のあたりまで来て雨がぱらつき始め、雷も鳴り出す。しばらくはそんな感じで、なんとか逃げ切れるかと思ったのだけれど・・・。
渡場の手前まで来ると土砂降り。まさにバケツをひっくり返したかのようなゲリラ豪雨。適当な避難場所がなく、しばらく走って公民館の軒下にようやく避難。
いやーすごい雨だった。しばらくするとすぐ北のほうは青空も見えていたのだが、渡場から南は激しい雷雨で煙っている。そのうち直径1cmくらいの雹にも見舞われた。
後で聞いたところによると、場所によってこの雹でりんごやなしに壊滅的な被害があったらしい。

雨がやむのをもうしばらく待ってから家に帰った。
そこからすぐ北のところはすっかり晴れていて、もう道路もほとんど乾いていた。自宅付近もそれほど雨が降らなかったみたいである。
ゲリラ豪雨なんてなんだか久しぶりだった。
塩川小屋の手前からまっすぐ帰っていれば、雨に降られず家まで帰れていたんですけどね・・・。

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2014.06.18(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

自転車アプローチ登山5 陣馬形山(1,445m)

日付: 2014/5/31 土

村の北部、駒ヶ根との境に陣馬形山という山がある。山頂まで樹林に覆われたなだらかな山で、冬でも白くなることは滅多にない。
伊那谷のほぼ真ん中に位置し、山頂からの眺めは伊那谷随一と言われている(実際ちょっとビックリするような景色が見られる)。
山頂まで舗装路が整備されていて、西の伊那谷側からも東の折草峠側からも車やオートバイでも山頂まで行くことができる。
もちろん登山道もある。が、伊那谷側から登ると、途中で道路を横切ったりするのであまり楽しくはない。

うちにゲストが来たときも、よく山頂まで連れて行く。
そんなわけで、これまで伊那谷側からは車、自転車、歩きと様々な手段で登ったことのある山だ。
先日何気なく地図を見ていて、四徳(折草峠の南)からも登山道が整備されていることに気付いた。
東側(南アルプス側)から登ったことがなかったので、じゃあ行ってみるか・・・ということで行ってきました。

小渋湖に出るのに、いつものようにいったん渡場まで下るのではなく、自宅のすぐ脇の坂道を柳沢まで上ってみた。
柳沢は、うちより一段上ったところにある集落。ちょっと上っただけなのに、まったくの別世界に思える。
やはり開けていて明るく、中央アルプがきれいに見えるのだけれど、下部の伊那谷のほうは見えないから、世の中の喧騒からより遠ざかっている感じ。
世の喧騒とはまったく無縁の場所です(うちのあたりでも十分そうですけど・・・)。実にのどか。なんかこんなところにいたら引き篭もってしまいそうだ(この場合引き篭もりという表現が正しいのかどうかわかりませんが・・・)。

柳沢からいったん下って上り返し。
距離はこちらのほうが短そうだが、わざわざ苦労をしに行くようなアップダウンのキツイ道だった。

フロント用のパニールも修理したので、今日は試しにこれを後ろにつけて走っている。
位置が前過ぎて踵に当たる・・・家を出てすぐに気付いたのだけれど、面倒なので後ほど帰宅してから調整することにした。

四徳の登山口まで15kmほど。なんだかんだで二時間近くかかる。
少々奥の木に自転車を縛り付けて歩き始める。ザックに入っているのは水とおにぎり、念のための長袖シャツのみ。
特に面白味のあるルートではないけれど、伊那谷側から登るよりはいいかな・・・。
途中から見晴らしがよくなって南アルプス(荒川、赤石のあたり)がよく見えるし、車道を歩いたり横切ったりすることもない。
さらに登ると塩見や仙丈も見えてくる。
北部と南部で雪の量がぜんぜん違う。北部の仙丈や塩見はもう雪がほとんどないが、荒川、赤石、聖といった南部の山はまだ真っ白である。

P1190663_サイズ変更  P1190670_サイズ変更
(左)お気に入りの四徳川沿いの道  (右)木に自転車を縛り付けて歩き始める

陣馬形山の山頂は明るく開けていて、無料のキャンプ場となっている。もともとは有料でしたが、何年か前から無料になりました!
で、その山頂に出てみて驚いた。
ここまで自転車に乗っているときも歩いているときもまったくと言っていいほど人を見かけなかったのだけれど、山頂にはけっこうな人がいた。車とオートバイがいっぱい。
P1190681_サイズ変更  P1190677_サイズ変更
いつ来ても休みの日には何組か来ている陣馬形山だけれど、今日はすごかった・・・テントが二十張りくらい張ってある。
まぁ確かに、ここでキャンプしたら気持ちいいだろうな。
自分はキャンプしたことないのですが、ロケーションは最高です。これが無料というのだから太っ腹な気がする。
ちなみに、キャンプ場っぽく一応水道もありますが、天水のはずだからあまり期待しないほうがいいです。

今日はあいにく霞んでますが、山頂からの眺めは初めて見たらちょっとビックリするんじゃないかと思います。
特に伊那谷の眺めがすごい。中央アルプスをバックにスッキリ見渡せます(中央アルプは全山見渡せます)。
反対側の南アルプスも、鋸、甲斐駒(は陰になっていて見えなかったかな?)、仙丈から聖の先まで見渡すことができます。
一度見てみて損はないのではないかと太鼓判を押しておきます!特にスッキリ晴れた日はすごいです。

四徳から登り1時間15分、下り1時間弱といったところです。
来た道を引き返し、県道・西伊那線が一部不通のためいったん桑原へ上り返し、渡場のほうへ下って帰ってきました。

P1190678_サイズ変更 P1190683_サイズ変更
陣馬形山からの眺め  (左)伊那谷側  (右)南アルプス側・・・正面が赤石、右奥に聖

P1190674_サイズ変更 P1190675_サイズ変更
(左)仙丈  (右)塩見  南アルプス北部はもう雪がほとんどない

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2014.06.19(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

シオジ平(越百山の登山口)

ローカルなネタが続きます。この度はシオジ平へ・・・。
日付: 2014/6/9 月
コースと距離: 自宅 ~ 天竜川 ~ 七久保 ~ 千人塚公園 ~ シオジ平手前 ~ 自宅 = 35kmほど

実は、近くに住んでいながら中央アルプスにはこれまでまともに登ったことがない。
これぞ山脈、という壁のような山塊は見ている分には美しく見映えがするのだけれど、懐が深いわけではなく、どうにもスケールが感じられない。
「登る」という観点ではあまりそそられんのです、要するに。中央アルプスは眺めて楽しむ山ではないかと思う。

ですが、毎度地図を眺めていると気分が盛り上がってくる。
この夏はちょっと縦走してみようかな、と思っております。

核心はやはりアプローチなわけです。縦走の場合は入山と下山が別の場所になるから特に考えないといけない。
誰かが送り迎えをしてくれない限り、公共交通機関を利用するのが基本になる。ポイントはなるべくお金をかけないこと。
ちょっとシミュレーションしてみると・・・うちから登りに行く場合こんな感じになる。
入山口は伊那スキーリゾートになろうか・・・ここなら飯田線で移動して駅から歩ける。
木曽駒から南へ縦走して、家に帰りやすいことを考えると越百(こすも)山か奥念丈岳から伊那谷へ下山することになる。越百からの場合はシオジ平、奥念丈からであれば鳩打峠に下りることができ、そこからなら家まで歩いて帰れる(ともにけっこうな距離がありますが・・・)。

そんなわけで今回はシオジ平へ行ってきました。
越百に登ったとき車では行ったことがあるのですが、果たして歩ける距離なのか、もしくは安全に自転車をデポすることが可能か、その辺のことを確認するのが目的。
ちなみに2009年の段階では、巨石崩落のためシオジ平の手前1.5kmほどのところまでしか車では入れなかった(こんなのばかりです・・・)。そのあたりがどうなったのかも確認する必要がある。

中央アルプスは、うちから見ると天竜川の対岸になる。
今回のコースを簡単に説明すると・・・いったん天竜川まで下って川を渡り、あとはひたすら上るだけ。与田切川に沿って上ります。シオジ平の標高が1,300mほど。
行った先は行き止まりだから、車はほとんど通らない。

一本道をひたすら詰めていくと、「シオジ平手前1.5kmの駐車場から車両通行止」との標示があった。2009年から状況は変わってないらしい。
そこまで行って引き返してくるか、ということにしてさらに詰めてみると、今回はさらにその1kmほど手前のところで通行止になっていた。以前より状況が悪化しているではないか・・・。
シオジ平の手前2.5kmほどのところで道路が閉鎖されている。
以前は1.5kmほど手前のところに駐車場があり、そこに車をとめて越百に登ることができた。
が、現在はそこまで車で入れない・・・もし越百山に登りに来る人がいたら要注意です。まともな駐車スペースはありません。

P1190715_サイズ変更  P1190710_サイズ変更
・・・ということですが、                      今はそこまで行くこともできません

自転車をデポしておくなら、どこか山中の木に縛り付けておくしかないかな・・・けっこう山深いところだからちょっと不安。あまり現実的じゃなさそう。
ここから家まで15km、歩くのはちょっとだるいな・・・。
天竜川までずっと下りだから、やはり自転車をデポしておくのが便利、どこかにデポしたい・・・というのが結論です。

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2014.06.21(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ トレラン、ショートトリップ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム