FC2ブログ

晩秋の高原山

日付: 2016/11/16(水) 晴れ、強風
行程: (小間々台P)0745 ~ 0835(大入道) ~ 0935(剣ヶ峰) ~ 1040(釈迦ヶ岳)1100 ~ 1150(鶏頂山)1225 ~ 1315(剣ヶ峰分岐) ~ 1405(八海山神社) ~ 1510(大間々台P) ~ 1540(小間々台P)

先日(11/24)の雪ですっかり冬景色になりましたが(このあたりは10cm以上積もりました。湿雪だったのですぐ融けましたが)、その雪の前に実家に帰省した折、高原山に登ってきました。

高原山というのは栃木県の北部にある山で、藤原(現日光市)、塩谷町、矢板市、塩原(現那須塩原市)にまたがっている。
山の位置関係をもう少し詳しく書くと、高原山の南西に日光の峰々が、北東に那須連山があり、その日光と那須の山塊を直線で結べば、ちょうど中間地点にあるのが高原山ということになる。
高原山の北西から北にかけて福島との県境を成す帝釈山地が連なり、その向こうは会津。東から南にかけては関東平野がドド~ンと広がっている。

ちなみに、高原山というのはいくつものピークを持つ山塊の名称で(最高峰は釈迦ヶ岳の1,795m)、麓からはひとつの山に見えるが、高原山という山(ピーク)があるわけではない。
八ヶ岳や那須岳、赤城山、霧島山などと同じです。
高原山のすぐ北東に八方ヶ原という広くて平らな高原があり、地元の人には高原山というより八方ヶ原(もしくは単に八方と呼ぶ)といったほうが馴染みがある。

矢板から八方ヶ原観光道路を上る。この道路は八方ヶ原を越えて塩原へ抜けているが、例年12月初旬から冬期通行止となる。
駐車する場所はふんだんにある。
観光道路をそのまま八方ヶ原(学校平)まで詰めてもいいし、すぐ手前の分岐を小間々台、大間々台のほうへ詰めてもOK。また、県民の森となっている麓にも駐車場はふんだんにある。

今回は小間々台の駐車場に車をとめた。
標高1,150m、実家からここまで26kmほど。
IMGP4175_サイズ変更 IMGP4176_サイズ変更
レンゲツツジなどが有名で、付近はハイキングコースとして整備されている。駐車場の数からして、時季によっては混雑すると思われる。

桜沢を渡ると広い尾根道に出て、しばらく登ると大入道(1,402m)。
尾根道の斜面は一面ダケカンバで(以前に山火事でもあったのか?)、若葉の頃は非常に気持ちよさそう。
P1230238_サイズ変更

緩い尾根道をさらにしばらく行くと剣ヶ峰(1,540m)。剣ヶ峰を越えると、目の前に釈迦ヶ岳が見える。
IMGP4181_サイズ変更

剣ヶ峰から1時間ほど登ると釈迦ヶ岳(最後はけっこう急登)。広い山頂には釈迦如来の石像がある。
P1230253_サイズ変更
山頂からの展望は素晴らしい。特に東から南の方角にかけて。関東平野がドド~ンと広がっている。
関東は広いなぁ~普段伊那谷なんてところにいるので、久しぶりに見るとつくづくそう実感する。
この方角に見える山といえば、ほとんど唯一筑波山のみ。標高900mに満たない山だけれど、ここから見ると富士山のような山容が美しく、独立峰なので大きく見える。

P1230251_サイズ変更
一番近くかつ顕著であるのは、南西に見える日光の峰々。
右から日光白根山、太郎山、女峰山、男体山。
この日は冬型で(風が強かった)、北は雲に覆われており、帝釈山地や那須岳はよくわからなかった。

いったん下り、さらに奥にある鶏頂山(1,765m)まで足を延ばす。
鶏頂山は今から約千七百年前に開山された霊山である。山頂には天孫降臨した折、天津神々が日本平定のため東北に向う途上先達として重責を担った道祖猿田彦大神が祀られている。
P1230264_サイズ変更
山頂に鶏頂山神社がある。社殿は平成九年に完成したもので、まだ新しい。

帰りは来た道を引き返し、剣ヶ峰から分岐に入って大間々台へと下りた。
こちらのルートはなだらかで歩きやすく、これならもっと穏やかな時季ならうちのお袋でも歩けるかな。次回は親を連れてこようか。
大間々台から小間々台までは気持ちのいい遊歩道を30分ほど。

P1230268_サイズ変更
こちら鬼怒川温泉の遠望。鬼怒川に沿って会津西街道も延びている。

P1230272_サイズ変更 P1230276_サイズ変更
途中の尾根上にある八海山神社。驚くほどなだらかな場所である。
ここからの展望も素晴らしい。大間々台から僅か1時間も登ってくればこの展望が得られる。

高原山は変化に富んでいてなかなかおもしろい山である。展望もよく、一日充実の山歩きが楽しめる。
八方ヶ原まで自転車でアプローチして泊まりで来てみる、なんてのもおもしろいと思う。

【おまけ】
P1230222_サイズ変更 P1230224_サイズ変更
越冬のため今年も大田原の羽田(はんだ)沼にやって来たオオハクチョウ

IMGP4125_サイズ変更 IMGP4127_サイズ変更
実家のクサガメ(親父が川で捕まえてきたもの)
小さいほうはもらってきたので、今は中川の自宅にいる(現在冬眠中)

こちらにも白鳥の写真あります。
→羽田沼の白鳥@小さな菜園のある暮らし

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2016.11.26(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

晩秋の高原山 2017

ここ何年か、仕事の合間となる11月半ばに実家へ帰るのが定番となっている。
そのとき車で走るルートも決まっていて、和田峠、鳥居峠、金精峠と大きな峠を三つ越える(伊那谷から栃木県北部へ抜ける最短ルート)。金精峠でシーズン初の雪上走行となるのも定番となっている。
帰省した際に近場へ歩きに行くのも定番となっていて、今年は昨年に続いて高原山へ、お袋も連れて行ってきた。

日付: 2017/11/17(金) 晴れのち曇り
行程: (大間々台P)0810 ~ 0925(八海山神社) ~ 1020(剣ヶ峰) ~ 1255(釈迦ヶ岳)1320 ~ 1630(八海山神社) ~ 1745(大間々台P)

大間々台まで車で入り、見晴コースから入山して釈迦ヶ岳までピストンする。

IMGP8256_サイズ変更
大間々台の駐車場。朝は快晴だった。

P1240399_サイズ変更 P1240400_サイズ変更
八海山神社にて。徐々に雲が出てきたが、このあたりまで天気は上々、富士山まで霞んで見えた。

IMGP8266_サイズ変更
剣ヶ峰の先でいったん下り、前方に見えている釈迦ヶ岳まで登り返す。

P1240407_サイズ変更
釈迦ヶ岳の登りに差しかかる頃にはすっかり曇り、時どき雪の舞う天気に。
すっかり雪山となってしまった・・・霧氷がきれいだった。

P1240412_サイズ変更 P1240414_サイズ変更
最後の登りはけっこうな急登。七十過ぎてここまで歩ければ立派だと思う。

P1240417_サイズ変更 P1240421_サイズ変更
そして登頂!残念ながらまっしろで展望はなかったが、お袋は満足そうであった。

IMGP8271_サイズ変更 IMGP8273_サイズ変更
実はたいへんなのは下りであるが、当人は登りより楽だと言っていた。
腰を落としたほうが安全だということを本能で察知し、大きなギャップは半ば滑り降りるという技を体得していた。

P1240423_サイズ変更
八海山神社まで下りたのが16:30。
ここまで下りれば一応安全圏ではあるのだが、この先樹林に入る。じき暗くなるなぁと、少々焦りながら下る。

別に暗くなっても、ヘッテンさえあれば問題ないのだけれど、まさかこんなに遅くなるとは思ってなかったので、この日は自分もマユミもヘッテンを持っていなかった。
自分なんて携帯すら家に忘れてきてしまったのだから、本当にどうしようもない。
なめすぎ、油断しすぎ・・・これは反省しないといかん。

林道まで下りる前にすっかり暗くなってしまったが、幸いマユミが携帯を持っていたので(もちろんガラケー)、最後は携帯の明かりを頼りに下ってきた。
携帯をかざして自分が先行し、後ろでマユミにお袋の手を引いてもらうという有様。
もしマユミも携帯を持っていなかったら、下るのにもっとずっと難儀したことだろう。
本当に、今回のことは猛省しなければならない。

真っ暗闇の駐車場に辿り着いたのは17:45。
何はともあれ無事に下りられてよかった・・・。

【おまけ】
IMGP8301_サイズ変更 IMGP8300_サイズ変更
羽田沼には今年も白鳥が来ていた。
優雅で、ちょっとコミカルなところもあり、一日見ていても飽きない。
群れで飛来して着水する瞬間、群れで長い距離を助走して飛び立つ瞬間は特にすばらしい。

Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2017.11.26(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

八溝山と雲巌寺

八溝山地は、白河南部から栃木と茨城の県境付近を南下している山地である。
厳密に言えばいくつかの山塊からなっていて、南は筑波山にまで至るとされるが、各山塊は谷や平地によって隔てられており、一般には白河南部から茨城の大子あたりにかけて広がる八溝山塊のことをそう言っている。
1,000m以下の山が連なるなだらかな山地で、その主峰が八溝山(1,022m)である。
山頂は福島と茨城の県境にあり、栃木県境からは僅かに外れている。
茨城県の最高峰であり、今回はじめて知って驚いたのだが、茨城県内唯一の1,000m峰である。

親父の出身地が、八溝山の裾野といっていい黒羽町(現大田原市)の須佐木であることから、ガキの頃から自分にとってもなじみの山であったけれど、これまで歩いて登ったことはなかった。
なぜなら、八溝山は山頂直下まで車で上がれてしまうからだ。
しかも、八溝林道、八溝山線林道、八溝山公園線(県248)と三方向から、いや、ダートの真名畑林道まで含めれば四方向から上がれてしまうではないか、今回改めて知ったけど。
親父など今でも車で行くところだと完全に思い込んでいるし、つられて自分もずっとそんなふうに思っていた。

久しぶりに車で走ってみたら、林道は細く、ヘアピンカーブの連続で、勾配もキツイ。
ふと思ったのだが、実はこの山は自転車で上るのが一番おもしろいかもしれない。
いつか自転車で走ってみたい、いや、走らねばならないだろう。そんなふうに思えてきた。
が、ひとまず歩いて登ってきたのでその記録。

日付: 2017/11/21(火) 晴れ
行程: (日輪寺入口P)0835 ~ 0900(日輪寺) ~ 0935(八溝山)1020 ~ (鉄水) ~ (金性水) ~ 1105(日輪寺入口P)

まずはアプローチについて。
R461(日光北街道)を東へ向かい、黒羽の那珂橋で那珂川を渡る。
大田原の市街地は大きく様変わりしていて、昔の面影はあまり残っていないのだけれど、那珂橋より先はあまり変わっていないように思える。
R461をさらに東へ行くにつれ、だんだん郷愁をそそる風景になってくる。
自分にとって田舎とは、田舎と聞いて頭に浮かぶのは、このあたりの里山の風景なのだ。いや懐かしい。

樹林の中の唐松峠を越えてしばらく下ると、道が二股になる。
馬頭へと南下するR461を右に見送って、県13を東へ。
さらにしばらく行くと、須佐木の交差点で再び道が二手に分かれる。
右に入って県13をそのまま行けば、袋田の滝(冬に運よく凍れば登れる)のある奥久慈へと通ずる。
八溝山へは、左の県321に入って雲巌寺へと向かう。

雲巌寺の前を通過し、そのまま北上。だんだん道が細くなってくる。
そのままずっと直進すれば、道は八溝山線林道となって、西側から車でそのまま山頂へと上ることができる(このときはたまたま工事で通行止となっていた)。
歩いて登る場合は、途中の分岐を右に上り(県28)、八溝山の南に回りこむ。
しばらく上ると栃木県境を越え、茨城の大子に入る。一本道をそのまま下っていくと、道が八溝川に沿うようになる。
さらに行くと、左に八溝神社の大鳥居が現れる。ここが八溝山の登山口。
P1240477_サイズ変更
大子側からアプローチすると道路上に案内標示があるが、黒羽側からだと何もなく、突然鳥居が現れるので、見逃さないように。
付近にトイレと駐車スペースがあり、もちろんここに車をとめて登ることも可能。
が、その場合、ほとんどが八溝林道の舗装路歩きに終始する(ところどころに林道をショートカットする登山道あり)。
それはちょっとだるいので、八溝林道をしばらく車で詰める。道は細く、ところどころ勾配もキツイ。軽同士でもすれ違いはほとんど無理。

P1240425_サイズ変更
しばらく上ると、日輪寺入口の駐車スペースがある。ここに車をとめて歩く。

道は二本あり、ぐるっと回ってくることができる。
今回は日輪寺のほうから登り、八溝五水の道で下りてきた。どちらから登っても、一時間ほどで山頂に着く。
道はいきなり少々不安になるほど下り、日輪寺へと登り返す。(今回と逆コースだと、最後に登り返して車に帰ってくることになる。)

P1240429_サイズ変更 P1240428_サイズ変更
沢沿いに、わさび田の跡?と思しきものがあり、わさびが生えていた。
このあたりでは八溝わさびの栽培が行われている、と別の場所の案内板で見たが、今も栽培は盛んなのだろうか?

登り返して、車道(八溝山公園線・県248)を横切るところに日輪寺がある。
P1240433_サイズ変更 P1240432_サイズ変更
坂東三十三箇所の二十一番札所である日輪寺。もちろん車で来ることも可能。

日輪寺からひと登りで山頂である(あっという間)。
ここでも車道を横切ると、まず八溝嶺神社がある。
P1240436_サイズ変更 P1240437_サイズ変更
元治元年の天狗党の乱では、水戸天狗党の三百余名が神社に立てこもった。
また、日本赤軍が立てこもったこともある、と親父が話していたのだが、そんな事件があったの?

そして神社の上にあるのが、なんだこれは・・・というような展望台。
P1240438_サイズ変更
数年前までは有料であったらしいが、現在は無料である。
見た目はあれだが、展望台に上がると360度の眺めがすばらしく、実にありがたい展望台ではある。

IMGP8321_サイズ変更
展望台からの眺めはこんな感じ。
写真は西の日光方面で、男体山と女峰山、その手前に雲に隠れた高原山が見える。
北の那須連山、磐梯山、安達太良山は完全に雲の中。

驚いたのは南東の方角・・・
P1240454_サイズ変更

P1240455_サイズ変更
「海、ですよね」
「そうですよね、やっぱ海ですよね」
「あのポコッと出っ張っているのが(奥久慈)男体山だから、鹿島灘になりますかね」
「地形的には見えてもおかしくないですもんね」

たまたま一緒に展望台に居合わせた男性に声をかけられ、海だと確信した。
男性は後から車でやって来たのだが、どこからですかと尋ねると、下野宮ということだった。八溝川を下ったところらしい。
地元の人が言うのだから間違いない。
まさかこんなところから海が見えようとは思ってもみなかった。

下りは八溝五水の道から。
八溝山はその名の通り沢が多く、水の豊かな山である。
説明板によると、「八溝山中の湧水群は、古来「三水」とも「五水」とも呼ばれ、「五水」とは「金性水」「鉄水」「龍毛水」「白毛水」「銀性水」をいい、いずれも徳川光圀公が命名し、光圀公は、特に「金性水」を賞味したと伝えられている。」

IMGP8331_サイズ変更
これは金性水。せっかくなので汲んで帰ったが、すこぶる美味しかった。

P1240473_サイズ変更
車のところまで下ってみるとこの通り、他に四台も車がとまっていた。この人たちとは下りの途中ですれ違った。
まさか平日に、山頂まで車で行けてしまう山に、こんなにも歩きに来る人がいるとは思わなかった・・・感心、感心。
往復二時間ほどの山なので、のんびりと遅い時間から登る人が多いみたい。

IMGP8335_サイズ変更
山裾のほうにはまだ紅葉している木があった。写真は八溝神社大鳥居の近く。

【おまけ】
帰りに、久しぶりに雲巌寺に寄ってみた。
ここも自分にとってはガキの頃からなじみの場所であったが、来たのは何年ぶりだろう。
紅葉の美しいところなのだが、このときはすでに終わっていた・・・残念。

IMGP8341_サイズ変更 P1240486_サイズ変更
恥ずかしながら、雲巌寺が臨済宗妙心寺派の禅寺であることを今回はじめて知った。
禅宗の四大道場の一つであるらしい。

こちらはもちろん知っていたが、松尾芭蕉と関わりの深い寺でもある。
芭蕉が「おくのほそ道」の旅で何日か滞在した。
・・・啄木も庵はやぶらず夏木立・・・

寺の境内は広く、付近をのんびり散策してみるとおもしろそうである。
ま、また次の機会にでも。

P1240479_サイズ変更
これ、同じものがR461沿いにもあり、いつも目を引きつけられてしまう。

Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2017.12.01(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

塩原渓谷歩道

ここ何年か、11月の勤労感謝の日前後に実家のある大田原へ帰省するのが定番となっている。
そのとき近場の山に登ったり、どこか歩きに行くのも定番となっていて、今年は塩原渓谷歩道と日留賀岳に行ってきました。

まずは塩原渓谷歩道の記録。
11月21日に、お袋をつれてマユミと三人で行ってきました。

IMGP1107_サイズ変更 P1260216_サイズ変更
回顧(みかえり)の吊橋からスタート。駐車場があってトイレもあります。
ここまで実家から車で30分ほど。

P1260218_サイズ変更
回顧の滝。
紅葉はほぼ終わって葉っぱは散っていたが、これらがすべて紅葉していたらさぞやきれいであろうと想像できる(笑)。
もう何十年も見てませんが、塩原の紅葉はすごくきれいです。もみじが多く、黄葉ではなく紅葉が多いのが特徴。
お袋は11月7日ころ友人の車で紅葉を見に来て、日塩もみじラインを流したらしいが、その頃が塩原の紅葉の見ごろだったのかも。

IMGP1123_サイズ変更
落葉樹に交じってモミの巨木の茂っている場所もある。
このモミの巨木もなかなかすごくて、我が村で御柱にされるモミよりはるかに太い。

P1260221_サイズ変更
留春(りゅうしゅん)の滝の下流部では、現在トンネルの先に橋を建造している。
その工事のために一つ上の写真のようなモミの巨木が何本か伐られていた。

P1260222_サイズ変更 P1260224_サイズ変更
留春の滝・・・テーブルとベンチがあって休憩スポットになっている。

IMGP1137_サイズ変更 IMGP1140_サイズ変更
大網温泉の先あたりでばったり会ったカモシカ。きれいな毛並みをしていた。
ニホンジカと違って単独行動、人と会っても駆けて逃げることはなく、木の陰に身を隠してこちらをじーーーっと観察している。

IMGP1145_サイズ変更
箒川ダム

IMGP1150_サイズ変更 P1260232_サイズ変更
(左)コナラの巨木と、(右)布滝

P1260239_サイズ変更
布滝より上流は流れが穏やかになる。

P1260242_サイズ変更 IMGP1152_サイズ変更
(左)不動の湯の先に無料の足湯があった。贅沢にもかけながしです。せっかくなので浸かっていくことに。
(右)は不動の湯。シーズン中なら200円で入れる混浴露天風呂ですが、川原や遊歩道からあまりに丸見えなんで少々落ち着かないかな。

P1260244_サイズ変更 P1260247_サイズ変更
(左)福渡温泉に到着。背後の山の木がすべて紅葉していたのかと思うと、さぞやきれいであったろう。
(右)福渡温泉の対岸にある岩の湯。ここも開いてるときなら200円で入れる混浴露天風呂ですが、やはりあまりに丸見えで少々落ち着かないかな。

福渡温泉から川岸の遊歩道をしばらく歩いて橋を渡り、もうひと登りするとゴールのビジターセンター。
帰りの足のバスについて教えてくれた職員の方がえらく親切な方だった。

「塩原温泉はすっかり廃れちゃったぞ」と親父やお袋から聞いていたけど、思ったほどではなかったような。
確かに昔に比べれば活気がなくなったのかもしれないけど、新しい施設もできてるし観光客もけっこう来ている。今日日この状況なら十分健闘しているといってよいのではなかろうか。

ビジターセンターからすぐのところに七ツ岩吊橋があり、吊り橋を渡ったところにバス停がある。
帰りは車をとめた回顧橋までバスで戻ることが可能。運賃は360円。
ちなみにバス停の前にも無料の足湯があって、時間がある場合は足湯に浸かって時間を潰すことも可能。

歩いて戻る場合は、車道歩きはオススメできない。R400(会津東街道)は狭いワインディングロードで路側帯もなく、おまけに交通量も多いから、こんなところを歩いていたら車にひかれかねない。

本日の歩行時間は、足湯に浸かっていた時間も込みで6時間というところです(回顧橋からビジターセンターまで)。

余談ですが・・・大田原へは車で帰るのですが、いつも迷うのがタイヤ。
夏タイヤで行っちゃうか、スタッドレスに履き替えていくか・・・。
ここ何年かは夏タイヤがツルツルだったこともあり、このタイミングでスタッドレスに履き替えてました。
が、今年はあまりに暖かい。もったいなくてとてもまだスタッドレスという気分にはならない。おまけに夏タイヤはこの春に新調したばかりなんで何の不安もない。
・・・というわけで、今年は夏タイヤのまま帰りました。日光白根山のロープウェイ山頂駅もR120の丸沼高原入口も、事前にライブカメラを見た限り雪は皆無。

行き帰りのルートは基本的にいつも同じで、下道オンリーの最短ルートをとる。その場合、和田峠、鳥居峠、金精峠と大きな峠を三つ越えますが、この時期なら和田峠と鳥居峠はまず問題なし。問題なのは金精峠、それも峠の群馬側。
日光にはまず雪はないが、群馬側の丸沼高原入口より上(冬期は閉鎖される)にはだいたい雪がある。
今年も行きこそ雪は皆無でしたが、帰りは金精峠から丸沼高原入口まで路上にけっこう雪があり、ちょっとビビりました。
実家を出る前にライブカメラで確認して大丈夫と思ったんですがね・・・この時期油断は禁物です。雪のなくなるところまで四駆にして二速でノロノロ下ってきましたよ。

ちなみに金精峠ですが(トンネルがある)、その前後で景色がガラッと変わるのが興味深い。
明るく開けた日光側と、狭くて暗い片品側という構図です。天気も日光側は晴れているが、片品側はどんより曇っていることが多い。
毎度群馬側は気が滅入ってくるような感じがあります・・・。

自宅から実家まで距離にして340kmくらい。車で8~9時間ほどかかる。
もう少し暖かい時季に、いつかこのルートを自転車で走ってみたいと思ってます。
自転車だと三日か四日かかりますね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2018.12.05(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

白戸から日留賀岳

那須連峰の西南に、男鹿(おじか)山塊と呼ばれる山々がある。
大佐飛山(1,908m)を主峰とし、男鹿岳、鹿又岳、黒滝山、長者岳などが連なり、その西南には栃木と福島の県境をなす帝釈(たいしゃく)山地が延びている。
男鹿山塊の山々には登山道というものがなく、いわば未開の山塊。いずれも激しい藪山で、足を踏み入れるのは積雪期に限られる。無雪期にトレースするのはかなり厳しいものがある。
その昔一度だけ、夏に大蛇尾川西股を遡行したことがあり、その時は上に抜けてから塩那道路を延々と歩いて板室温泉まで下りたが、とても山深いところだった。
源頭部のあたりに野生動物の生態調査のために無人カメラが仕掛けられていて、フラッシュが急にパシャッと光って驚かされたことがあったな、そういえば・・・。

ちなみに塩那道路というのは、塩那スカイラインとして計画されながら頓挫して廃道化された道路(工事用のパイロット道路)で、現在は自然にかえりつつある。
建設現場の地形が急峻で、民間の業者では機材の搬入が困難であったことから、工事を委託された陸上自衛隊が訓練の一環として工事に当たったという経緯があり、陸自による難工事の末、パイロット道路は1971年に貫通した。

そんな男鹿山塊の中で唯一登山道があるのが、山塊のはずれにある日留賀岳(1,849m)。
塩原温泉から登ることができ、標高差が1,300m以上ある。車で白戸集落まで入ることができるが、そこからでも標高差は1,200mくらいあるという山。
先日帰省したときに登ってきました。

日付: 2018/11/23(金) 雪
行程: (小山さん宅)0750 ~ 0850(林道終点) ~ (鳥居) ~ 1140(日留賀岳山頂) ~ 1255(鳥居) ~ 1400(林道終点) ~ 1450(小山さん宅)

6:50頃家を出る。
この日は冬型で、平野部は晴れていたが、山はどれも雪雲の中。高原山も日光の山も那須のほうも、白く煙っていて山は見えない。

アプローチは箒川沿いを走るR400をずっと辿る。
塩原温泉を過ぎ、日塩もみじラインの分岐を左に見送ったら、箒川を渡って白戸集落へ上る。
集落の奥にある小山さんが敷地の一部を登山者用の駐車場に提供してくださっており(8台くらい駐車可能)、ここにありがたく車を置かせてもらう。
小山さん宅の庭を通り、黙って入山するのも気が引けたので、玄関から声をかけたらお婆さんが出てこられた。
雪が降っていて、付近の畑は薄っすら白くなりはじめていたが、お婆さんによるとまともに雪が降るのは今シーズンはじめてらしい。

P1260249_サイズ変更 P1260250_サイズ変更
玄関の外に置かれたノートに記帳して入山する。
家の裏手に鳥居がある。

P1260251_サイズ変更 P1260253_サイズ変更
小山さん宅の裏山をひと登りすると、送電鉄塔の先で林道に出る。

P1260256_サイズ変更
しばらく林道を辿り、小山さん宅からちょうど一時間ほどで林道終点に着く。

P1260257_サイズ変更
その先は思っていた以上に雪があった。どうやら山は昨日から雪だったようだ。
雪に埋もれて夏道はもうほとんどわからない。

念のためコンパスを出して北上。
比津羅山の東を巻くようにして正面の尾根に取り付く。

IMGP1173_サイズ変更
急な尾根をしばらく登るとP1514の肩の付近で傾斜が緩み、少し行くと鳥居がある。

IMGP1175_サイズ変更
鳥居の先で稜線上に出ると風が強く、急に寒くなる。
たまらず一枚着て、下もカッパをはく。ニット帽とグローブも出した。

P1260265_サイズ変更 IMGP1179_サイズ変更
ガスっていて山頂が見えない。
そのせいもあって、なんだかなかなか山頂に着かない・・・。

P1260266_サイズ変更
ようやく登頂。
360°遮るものがないすばらしい眺めのはずが・・・まっしろで何も見えない(涙)。

P1260270_サイズ変更
北の方角。
大佐飛山や男鹿岳など、男鹿山塊の秘峰が目の前に見えるはずが・・・まっしろで何も見えない(涙)。

快適に休める場所もないので即下山。
風を避けられるところまで移動して小休止。
雪雲はすぐに引くかと思っていたが、結局一日雪だった。

IMGP1180_サイズ変更
下りは登りのトレースを辿る。

P1260273_サイズ変更
年中風が強いようで、横に伸びたり、捻れて伸びた木が多い。

IMGP1184_サイズ変更
尾根の下部のほうまで下ると、雪が融けていた。

P1260276_サイズ変更
林道終点まで来ると、もうすっかり雪がない。

P1260278_サイズ変更
下界は晴れていた。
行きはまっしろで何も見えなかったが、林道から塩原温泉が遠望できる。

帰りも小山さん宅で声をかけたら、やはりお婆さんが出てこられた。
後からもう一人山へ行ったということだが会わなかったので、どうやら途中で引き返したらしい。
玄関の外に置かれている「日留賀岳」と書かれた手拭いをお土産に買って帰った。

さあ温泉!
せっかくなので、日塩もみじラインをしばらく上って奥塩原温泉まで行き(もみじラインはここまで無料)、新湯の共同浴場に浸かった。
新湯には共同浴場が三つあり、どれも300円で入れる。
この日は「むじなの湯」に入った。

・・・ここ最高!やっぱ硫黄泉が一番だ。
湯温がそこそこ高くて自分好み。洗い場がないので混み合うこともない。
この日は寒くて唸り度指数も高い。
硫黄泉というのは伊那谷付近にはないので、なんだかとても久しぶり。
こんな温泉に毎日入れたら最高だろうな・・・。

Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2018.12.07(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 関東の山
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム