熊野古道から 2017冬 8日目 小雲取越

2017/2/8 水
始:7:10 ~ 終:14:25 晴れ 朝-3℃
0530起/0710発(渡瀬温泉隧道手前) ~ (川湯温泉) ~ 0755(請川) ~ 0920(松畑茶屋跡) ~ (万歳峠分岐) ~ 1010(百間座) ~ 1100(石堂茶屋跡) ~ 1150(桜茶屋跡) ~ 1300(小和瀬) ~ 1400(円座石) ~ 1425(東屋) ~ 1530(幕営)

車の音が喧しく聞こえるところで寝たのは久しぶりだが(普段自宅では聞こえないので)、思いのほかいいテン場だった。
今朝は楽々のテント撤収で7:10発。空気は冷たいが、朝から晴れて穏やかな一日。
が、明日は日本海と四国沖を低気圧が通過するため雨か雪の見込みで、停滞の可能性が高い。停滞が可能ないいテン場を見つけることが本日の第一の命題。低気圧の通過後はまた冬型になりそうである。

出発してすぐにある長いトンネル(渡瀬温泉隧道)を抜けると川湯温泉。
湯峯温泉と同じようにここも最高だ。なんというかロケーションが絶妙。
といっても別に絶景が広がっているわけではないし、冒険心をくすぐるような秘境にあるわけでもない。静かな山間にある以外これといって特筆するようなことはなにもないと言っていいロケーションなんだけど、湯治ということになるとこれこそが重要。
余計なことに気をとられることなく湯に浸かることだけに集中する、というのもおかしな表現か。無心でただひたすらボーっと湯に浸かる。
こんなところに長逗留してのんびり湯治したいものである。
ちなみに、公衆浴場は8:00から入れて250円。川の露天風呂など心付けだけで入ることができ、6:30~22:00まで入浴可能。

IMGP4776_サイズ変更 P1230603_サイズ変更
亀屋の前の川の中にあるのがその名の通り、川湯温泉の露天風呂

川湯温泉のすぐ先に野営場があり、たぶん野営場自体はこの時季開いてないと思うけど、近くの川原で車にカヌーを積んだ人がキャンプしていた。
こんなところにいいテン場があったではないか。
大峰を縦走するときは前日ここに幕営して温泉に浸かれるなぁ・・・などと想像してしまった。

熊野川と大塔川が合流するところに人家が密集しているのが請川。
かつては新宮からの船着場として賑わったところだが、今は熊野川沿いにR168がズドンと通っているばかり。
P1230604_サイズ変更 IMGP4778_サイズ変更
大塔川に架かる請川橋の東でR168に合流。すぐに小雲取越の登り口がある。

P1230606_サイズ変更 IMGP4780_サイズ変更
中辺路は歩く人が多いと見え、道が広くなだらかで歩きやすい。
別な言い方をすれば単調で退屈である、ともいう。
イノシシがいたるところを掘り返している。すごい仕事量だ・・・(笑)。

松畑茶屋跡を過ぎてしばらく行くと、万歳(ばんぜ)峠への分岐点。
ここより分かれて東へ下る道は、妙法山の山腹の万歳峠を越えて志古へ至る。志古から熊野川を渡って伊勢街道へとつながる道である。
請川と小和瀬の間の小雲取越の道は今では中辺路のハイライトのひとつとなっているが、中世の古道は別のルートをとっていたという見方がある。西行の歌に志古の山路がはっきりと歌われていたりする。
「紀伊続風土記」によると、今の小雲取の道は後世になって開かれた道で、古の時代に那智より本宮へ往来していた道は志古から西方の山中に入って番西峠へ登り(番西道)、これを越えて四村荘大津荷村(現本宮町大津荷)に下って同荘請川に至った、とある。
請川から小和瀬まではまったく別のルートだったことになるが、今旅ではこのまま近世になって開かれた小雲取越の道を行く。

10:10、百間座(ひゃっけんぐら)に着く。
崖のことを熊野地方では岩座(いわくら)といい、百間というのは高いことを形容している。
その名の通り道が崖の上を通っていて、西の方角は開けていてすこぶる見晴らしがよい。
果無山脈がよく見えるが、大峰山脈はすぐ北東にある妙法山の陰となってしまってまったく見えない。

P1230611_サイズ変更
百間座から望む山々。
右端(北西)に遠望できるのが果無山脈。それに連なるように西南に遠く横たわるのは大塔山系の山々。

一度林道と出合ってこれを渡り、しばらく登ると石堂茶屋跡。
ここに東屋があるが、残念ながら真ん中にイスとテーブルが鎮座していて幕営は不可。
さらに行くと桜峠。峠から少し下ったところに桜茶屋跡がありここにも立派な東屋があるが、残念ながらやはり真ん中に四角いイスが鎮座していた。
時間的に今日は大雲取越に入って適当に行動を切ることになりそうなのだが、雨の日の快適な停滞場所として狙っていたこの先の東屋はどこも望みが薄そう。

P1230616_サイズ変更 P1230619_サイズ変更
(左)石堂茶屋跡、(右)桜茶屋跡にある東屋。本日のルート中で雨の日に停滞可能な平坦地というと、こういった休憩所の類しかなさそうなのだけれど・・・。

桜茶屋の付近はユズリハがこれでもかというくらい群生している。柚も自生していた。
やっぱ暖かいんだなぁ・・・。
P1230620_サイズ変更
見事な大きさに育ったユズリハ

IMGP4785_サイズ変更
13:00に小和瀬へ下りた。見えているのは赤木川に架かる小和瀬橋。橋を渡った対岸が昔の渡し場跡となっている。
渡し場跡はちょっとした広場になっていてトイレと東屋があるが、残念ながら付近はキャンプ禁止である。

小和瀬から大雲取越の登り口となる小口までは1kmほど。
大雲取越と小雲取越の間に位置する小口は街道の要所で、中心地の上長井には明治の頃まで十軒ほどの宿屋があった。
現在も民宿はあるが、一番大きな宿泊施設は廃校を利用した小口自然の家で、川岸にあってキャンプすることもできる。そこ以外、付近の川原はキャンプ禁止となっている。

IMGP4787_サイズ変更
大雲取越の登り口

時間的に、目標は円座石(わろうだいし)の先にある休憩所とした。ここで確実に水がとれ、たぶん東屋がある。
その先の地蔵茶屋跡にもたぶん東屋があるが、水がとれるかどうか確証がないのと、林道と出合ってしまうため手前で切ることにした。

IMGP4789_サイズ変更 P1230622_サイズ変更
杉の人工林がしばらく続く。いわゆる熊野杉というやつだろうか?吉野杉や尾鷲杉のように有名な杉材なのだと思う。
そうでなければ今どき杉をこれほど大事に植林しなかろう。植林した幼木を樹脂材で保護している(右)。

14:00、円座石に到着。
長さ5m、高さ2mほどの苔むした大石に、(写真ではハッキリしないが)輪で囲んだ梵字が刻まれている。
P1230623_サイズ変更
説明板によると、「円座とは、藁や菅やいぐさで編んだ丸い座布団のようなもので、梵字は向って右から、阿弥陀仏(本宮)、薬師仏(速玉)、観音仏(那智)などをあらわし、三所の神仏がここに座って会合をしている図である」らしい。

中辺路にはまったく雪がなかったので歩いている人がいるだろうと思っていたが、円座石の説明板を読んでいるときに那智方面から歩いてきた人と会った。
九度山を発ってここまで古道を歩いてきてはじめて会う人だったが、その人はトレラン風の格好をした軽装の外国人だった(どこの人かは聞かなかったけれど)。
いやはやなんとも・・・熊野古道はすっかりインターナショナルなスポットなんですね。

円座石のあるところは中根という場所で、昭和三十年頃まで五軒ほどがあったところであるが、今となってはその形跡もほとんど残っていない。
そこからしばらく行くと古道の脇に東屋が現れ、どこから引いているのか水道があって水が取れる。
残念ながら、東屋の下は真ん中にテーブルとイスが斜めにデーンと鎮座していて幕営不可。問題は、東屋の周りにも幕営できるスペースがまったくないことだった。
P1230624_サイズ変更

時間はたっぷりあるので、その先の楠の久保まで空身で偵察に行ってみる。
楠の久保は山の斜面の集落跡で、かつては旅籠もあった。旅籠は明治の終わり頃までやっていたようである。
棚田のように何段かに分けて広い平坦地がつくられていて、けっこうな規模の集落であったことがうかがえる。昭和三十年頃にはまだ六軒ほどに人が住んでいたということである。
今となっては広い平坦地と石垣以外に何も残っていない。
こういった集落跡というのは、住んでいた人が出ていくときに田畑や屋敷跡に植林していくのが常だったので、たいていの場合杉や檜が密生している。楠の久保も例外ではなく、今では立派な杉林になっている。
つまり、広い平坦地はあるのだが幕営は無理。間伐されていたとしても切り株があってどの道無理。もう少し疎林であればヨーロッパの森のようにこの上ないテン場となるのだけれど・・・。

水も休憩所でしか得られそうにないので、雨の中の停滞ということを考えるとなるべく休憩所の近くに幕営したい。
戻ってもう一度休憩所の付近を探索することにした。
楠の久保までの往復の間にもう一人、やはり那智のほうから歩いてきた人とすれ違った。先ほどの人といい、今日は小口まで下って泊まるのだろうか。

休憩所に戻り、さらにその下まで範囲を広げてテン場を探す。小山の上に出てみたり、道から斜面を少し下りたりしてみたが、やはり適当な場所はない。
水に関しては言うことなしの場所なのに・・・こうなると邪魔なだけの東屋がむしろ恨めしい。
結局最善の場所は、東屋のちょっと先にある古道脇の狭いスペース。そこを整地して幕営することにした。
問題はボコボコした杉の根っこ。枯れ枝や杉の落ち葉を拾い集めて敷き詰め、なるべく根っこを目立たないようにする。

P1230627_サイズ変更 P1230628_サイズ変更
15:30、幕営完了!会心とはいえないが、どうにか許容範囲のレベル。フライの末端と固定の石が少々古道にはみ出してしまったが、まぁ勘弁してもらおう。それほど人も通らないだろうし。
こと水に関しては言うことなしのテン場である(右)。

16:00前、テントの中で日記を書いているとさらにもう一人、やはり那智のほうから歩いてきてテントの前を通過していった。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 003_Nakahechi / 中辺路] | 2017.03.21(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

熊野古道から 2017冬 9日目 二度目の停滞

2017/2/9 木

楠の久保の手前にある休憩所にて停滞。今旅二度目。

夜中の3:00頃から雪だか雨が降り始めた。そのタイミングで二人揃ってトイレを済ませる。
その後はずっと雪または雨。
端から停滞のつもりで朝も起きずに、そのままシュラフにくるまっていた。

ラジオの天気予報を確認すると・・・低気圧の通り過ぎる午後にはいったん小康状態となり、その後強い冬型になるとのこと。今冬最強の寒波らしい。
前回停滞した時と天気のパターンが一緒。
小辺路の核心部を抜けられていてよかった。

地図を見て今後の行程を確認。
明日、那智大社に参拝して那智駅まで抜けられる見通し。その次の日には速玉大社に参拝して伊勢路に入れる見込みだ。
そろそろどこかで温泉に入れるといいのだけれど。

自宅から持参した米4kgを昨晩食べつくした。今晩から買い足した米を食べる。
スープとふりかけと行動食は、買い足さずとも那智までもちそうな分量だった。
那智以降は適度に買い出しができる。

9:00頃、小口から那智方面へ二人組がテントの前を通り過ぎた。時間からして昨日は小口に泊まったのだろう。
フランス語圏の人だったな・・・。

昼過ぎにスープ、おにぎり、コーヒーをいただく。
停滞時の唯一の楽しみは一瞬で終了。
雨は16:00頃ようやく上がった。上がってからも杉の木から雪の塊がどさどさ落ちてくる。

P1230630_サイズ変更
幸い浸水することもなかった。

夕飯を食べたところで、下から持ってきたガソリン二本分、計1.2Lを使い終えた。一本で4日+αの計算。
雪を融かして水を作っているわけでもないのに、ずいぶん豪勢に使っている。MSRの不調で無駄になっている分もけっこうあるけれど。
ロールペーパーは今朝から二本目に突入。二人で使って一本で8日の計算になる。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 003_Nakahechi / 中辺路] | 2017.03.25(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

熊野古道から 2017冬 10日目 大雲取越から那智山(那智滝、青岸渡寺、熊野那智大社)

2017/2/10 金
始:7:20 ~ 終:16:20 雪ときどき晴れ 朝0℃
0530起/0720発(楠の久保手前休憩所) ~ (楠の久保) ~ (胴切坂) ~ 0855(越前峠) ~ 0930(石倉峠) ~ 0940(地蔵茶屋跡)1010 ~ 1100(色川辻) ~ 1120(舟見峠) ~ 1125(舟見茶屋跡)1145 ~ 1215(登立茶屋跡) ~ 1235(大雲取越登り口) ~ 1305(那智山) ~ (那智滝) ~ (青岸渡寺) ~ (熊野那智大社)1430 ~ (大門坂) ~ 1620(那智駅) ~ (Aコープ) ~ (那智駅) ~ (丹敷の湯) ~ 2200(幕営)

1:00頃トイレに起きたとき、あれだけびしょ濡れだったフライがすっかり乾いていた。夕方雨が上がった後もしばらく杉の木から雪の爆撃を受けていたというのに・・・日本でも森のマジックは健在だ。
もっともそのあと雪になったから、結局朝にはまた濡れてしまっていたんだけど・・・。

今冬最強の寒波が入り、強い冬型。天気は一日雪、ときどき雲が引くと晴れ間も見えた。
紀伊半島の南部、南国であるはずの那智勝浦にまで雪雲がかかっていたのだから、相当強い寒波でしたよ。今冬最強というのもあながち大袈裟でなかったかもしれない。

楠の久保まで再び登り返し、その先は越前峠まで胴切坂と呼ばれる坂道になる。長くてある意味退屈な石畳の上り坂(本宮から那智へ向うと)である。たぶん一般にはこういう石畳の坂道こそがもっとも熊野古道らしく、古道を歩くときのハイライトになるのだろうけど。
道は広く、道幅だけでいえば車が通れるほどの広さがある。歩きやすいのは間違いないのだが(足に優しいかどうかは別にして)、こういった広くて単調なところが退屈さを助長する。中辺路は全般的にそんな感じがする。

IMGP4795_サイズ変更
それはともかくとして、雪の白と苔の緑、そして石の黒、三色のコントラストが実に美しい。

P1230634_サイズ変更 P1230637_サイズ変更
登るにつれて雪が増えてきて、積雪は峠で5~6cmほど。(左)越前峠、(右)石倉峠。似ているけど違う場所。

P1230635_サイズ変更
杉や檜の針葉樹に着いた雪が不思議な雰囲気を醸し出していた。スケールの大きい大自然の美。

石倉峠を越え、地蔵茶屋跡で林道と出合う。地蔵茶屋は大正時代まであったらしい。
ここには現在素晴らしい小屋があるが、残念ながら宿泊は不可。夜間は施錠される。
が、道路の反対側にトイレと東屋があり、外の適当な場所に幕営することは可能である。トイレの水は例によって冬は止まっているが、近くに沢があるので水には困らない。
ま、車もそれなりに通るであろう林道沿いなのであまり快適ではないし、下手なところに幕営すると車に轢かれかねないですが。

P1230638_サイズ変更 P1230639_サイズ変更
(左)地蔵茶屋休憩所と、(右)道路の反対側にあるトイレと東屋

P1230640_サイズ変更
休憩所の中はこんなに快適!

P1230641_サイズ変更 IMGP4802_サイズ変更
地蔵茶屋跡から林道歩きが20分ほど、それから再び古道に入る。

色川辻からひと登りで舟見峠(一部木が伐られていて海がチラッと見える)、そしてその先に舟見茶屋跡がある。
舟見茶屋跡からの眺めは絶景だった。その名の通り、大海原を行く船が見える。
「紀伊名所図会」には次のようにある。
「山嶺より遠く海上を望めば嶋々の形態さながら刻むが如く、島かくれ行く帆船は恰も白扇を散らすに異ならず、その絶景筆紙に盡くしがたし」
IMGP4804_サイズ変更
緑の山の先に紺碧の熊野灘がドーンと広がる。山中から忽然と現れる海が眩しすぎる。「おぉぉ・・・」という声しか出ない。
正面に望めるのが那智湾と那智勝浦の町、その右に見えるのが太地湾になるだろうか。

P1230653_サイズ変更
舟見茶屋跡にも立派な東屋がある。ここに泊まったらきっと朝日がきれいだろうなぁ、冬は寒そうだけど。

着いたときはちょうど青空が広がっていて写真のような絶景が望めたのだが、そのうち雪雲が張り出してきて、15分もすると雪に煙って何も見えなくなった。
幸運だった。弘法大師のお導きか、とついついそんなことを思ってしまう。
「信じる者は救われる」とはよく言ったものだ。
もっとも今の世の中、「信じる者は掬われる」のほうが世相をよく表しているように思えるけど・・・。

昼頃から寒気が流入して寒くなった。
南国のはずの那智勝浦が雪に煙っているのだから非常に強い寒波だ。

越前峠からここまで、峠を越えても標高がほとんど下がらなかったのだが、舟見茶屋跡の先からようやく道が下り始めた。
那智大社や青岸渡寺のある那智山まで一気に下る。
途中にある那智高原公園(大戸平)は昭和五十二年に昭和天皇を迎えて植樹祭が催されたのを記念して整備された場所で、広大な公園となっていて素晴らしいテン場に見える。詳しくは見なかったが、たぶん幕営するのはOKだと思う。

IMGP4808_サイズ変更
広大な那智高原公園の中

P1230661_サイズ変更
さらに下って13:05に那智山に着いた。すごい雪だ。
三重塔の後ろ、那智滝が雪に煙る。雪の那智山なんてなかなか貴重なことなのかもしれない。

まずは那智滝へ下りてみたのだが、ちょうど滝の下に着いたときまたも青空となった。
なんてついてるんだ。やはり弘法大師のお導きか・・・。
P1230666_サイズ変更
落差133m、一段の滝としては日本一を誇る。側壁は立っていて、これは確かに登攀意欲をそそられるのもわからないでもない。
水量が多くないのであまり迫力は感じない。夏場はもっと水量が多いのだろうか?

P1230667_サイズ変更
落ち口付近のアップ

ちなみに、日本三大瀑布(三名瀑)というのがあって、那智滝、華厳滝、袋田の滝であるらしい。
袋田の滝はどうなの?と思ったら、特に定説というものはなく、那智滝と華厳滝が入っているのは定番として、あとのひとつには挙げられる滝が他にもいくつかあるようだ。

P1230679_サイズ変更
滝もさることながら、滝周辺の原生林がすごくて目を奪われる。
隣の山(写真に写っていない)の杉、檜の人工林とは見た目がまったく違い、種々の照葉樹が鬱蒼と茂っている。

那智滝のあと、青岸渡寺と那智大社に参拝。
今では仏教の影が薄い本宮大社(明治政府による神仏分離令の影響)と違い、那智山は神仏混淆が色濃く、青岸渡寺と那智大社は仲良く並んで建っている(そんな青岸渡寺とていっときは廃寺となり、本尊仏も麓の寺へ出されていたそうだ)。

青岸渡寺からの滝の眺めもまた素晴らしい。上の写真は青岸渡寺からの眺めである。

P1230675_サイズ変更 P1230687_サイズ変更
(左)青岸渡寺と、(右)熊野那智大社

青岸渡寺が西国三十三所の一番札所であることをはじめて知った・・・。
ちなみに、青岸渡寺は天台宗で、如意輪観音を祭っている。

参拝を終え、14:30に那智山を下りる。
表参道沿いには土産物屋などが並ぶが、季節がら閉まっている店も多くガランとしている。

大門坂は中辺路というか熊野古道の代名詞となっているような場所。
樹齢800年ほどにもなる杉や楠の巨木が石畳の道の両側に茂っていて壮観である。
P1230701_サイズ変更  P1230699_サイズ変更

大門坂から先は基本舗装路で、足にくる。
南方熊楠が滞在した大阪屋旅館跡や、尼将軍(北条政子)供養塔などが途中にある。
那智滝周辺の原生林が今に残っているのは、南方熊楠の運動に負うところが大きい。
明治の末頃に滝周辺の原生林が伐採されようとしたとき(もちろんお金のために。このあたりの愚かさは日本国中いたるところで今も変わらない)、反対の世論を喚起したのが南方熊楠で、結果的に保安林とされて伐採を免れた。
現在は那智滝と同様に周辺の原生林も神社が管理をしている。

さて、本日の目的地は那智駅。鉄道駅に隣接した道の駅なち。
そこまで下りてしまうと道の駅以外にテン場は得られそうにないし、立地条件からして道の駅も快適とはほど遠い場所であろうが、たとえ寝る場所を犠牲にしてでもそこにある温泉というのは魅力的だった。
そんな思いを秘めつつ一路道の駅を目指す。

果たして道の駅に着いてみると、道の駅自体は幹線のR42に面していて幕営スペースもなく残念な感じだったが、目当ての温泉は確かにあった。
着いた時刻は16:20。温泉をのぞいて営業時間を確認すると、なんと!22:00まで入れる。これは入らない手はない。
道の駅は幕営するにはあまりに厳しい立地なので、ひとまず荷物をデポし、他にテン場を探しながら少し南に行ったところにあるはずのAコープまで買出しに行ってみることにした。

付近には他にスーパーがなさそうで、Aコープはたくさんの買い物客で賑わっていた。
いやぁ惣菜コーナーに並んでいる弁当や揚げ物がキラキラ輝いてましたね。幸い店内に飲食のできるスペースもある(もちろんレンジもある)。
ここで夕飯を済ませてしまおう、そしてのんびり温泉に入ろう。当然のごとくそんな話になった。
スープとふりかけ、行動食の買い出しを済ませ、本能の赴くまま、カキフライ弁当にサラダ巻き、さらにコロッケまで食べたら腹いっぱい。
テン場は結局他に目ぼしい場所がなさそうなので、温泉から出たあとトイレの横に適当に張ることにした。

温泉最高!
靴下など洗濯させてもらい、カメラのバッテリーも充電させていただいた。

21:00過ぎに上がり、トイレの横に幕営するのだが・・・風がものすごい。それでもトイレの建屋でだいぶ遮られているのだけれど、時どき風向きが変わって強烈に吹きつける。
風が強いのだがフライを張る術がない。が、びしょ濡れなので乾かすためにテントにかぶせ、四隅だけポールに固定。

夜の道の駅は車中泊の車やその他で大賑わい。温泉に入るときはまだそれほどでもなかったのだけれど、出たときにはけっこうすごいことになっていた。特にハイエースが多い。
車中泊の車が多く集まる道の駅とそうでない道の駅があるが、どうやらここは前者で、車中泊のしやすい道の駅であるらしい。つまり車中泊の人にとっては当たりの道の駅ということになるが、逆に歩き旅や自転車旅の人にとっては大はずれということになる。
しかも22:00過ぎになって、他にいくらでもスペースがあるというのに、よりによってなぜかテントの前の枠に車をとめ、それだけなら別にかまわないのだけれど、一晩中エンジンをかけっぱなしにしていた頭のおかしなハイエースがいて迷惑千万だった。
一度エンジンが切れてホッとしたのだが、どうやら運転手がトイレに行っていただけで、車に戻るとまたエンジンをかけるという糞っぷり。
寒くてエンジンを切れないような装備で車中泊なんかするなよ、と声を大にして言いたい。

P1230707_サイズ変更
翌朝撮影。寒い上にうるさくて、というより排ガスの臭いが気になってあまり眠れなかった。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 003_Nakahechi / 中辺路] | 2017.03.27(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 003_Nakahechi / 中辺路
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム