熊野古道から 2017冬 装備と費用

遅ればせながら・・・備忘録を兼ねて、昨冬の熊野古道の装備等まとめたので参考まで。

IMGP4644_サイズ変更

①装備

衣類は身に着けているものも含めた数量。数量表示のないものはすべて1。共同装備は二人分を表示。
食料については下の②に分けてまとめてあります。

【衣】
・下着(上下各2)
・靴下(厚手2)
・長袖シャツ(フェニックス)
・長袖ジャージ
・ストレッチパンツ
・カッパ上下
・フリース(薄手)
・ダウンジャケット
・タイツ(薄手)
・ニット帽
・帽子
・グローブ(フリース1、毛糸薄手1)
・替えズボン(薄手) ・・・使用せず
・靴(ローカット)
・スパッツ(夏山用)

【食】
・MSR(ウィスパーライトインターナショナル)
・MSRボトル(2)
・ベニヤ板
・コッヘル(2)
・ボール(大2、小2)
・箸、スプーン(各2)
・1Lペットボトル(3)
・200ml?ペットボトル ・・・トイレで水を汲むとき有用
・2Lプラティパス
・テルモス500ml(2)

【住】
・テント
・フライ
・ボトムシート(ただのプラシート)
・テントマット(2)
・ペグ(8本)
・ウレタンマット(サーマレスト3/4+足用小片)
・シュラフ(羽毛量400g)
・シュラフカバー
・ザック
・100均のレインコート(ザックカバーとして) ・・・使用せず
・ひも(ザックカバー用) ・・・使用せず
・ライター(2)
・布巾
・予備のビニール袋(2)

【生活】
・ヘッドランプ
・予備電池
・携帯電話
・カメラ
・バッテリー充電器
・メモ帳(B5ノートを半分に切ったもの)
・下敷き(同様に半分に切ったもの)
・シャーペン
・ボールペン
・地図
・コンパス
・ラジオ
・手拭い(2)
・垢すり
・剃刀
・爪きり
・耳かき
・目薬
・腕時計
・サコッシュ(貴重品袋)
・カード入れ
・保険証
・ろうそく(少々)
・歯ブラシ
・ロールペーパー
・温度計
・お遍路の白衣
・金剛杖
・経本
・納札(少々)
・ワイヤーロック

≪ 所見 ≫
四国遍路はごく普通のバックパック旅に近かったが、熊野古道は山行に近い。
ヘッドランプの充電なんてできないだろうということで充電器は持って行かなかったが、これは正解。代わりに予備電池を1セット携行した。カメラのバッテリーだけは温泉に入ったとき充電させてもらいました。
同様にコインランドリーなど使うはずがないのに、お遍路の時と混同していたらしく、替えのズボンなんてものを持って行った。が、案の定、出番はなかった・・・山で着替えるわけねぇだろ。途中からなんで持ってきたんだろうと自分でも不思議に思っていた。
そしてやはりザックカバー(100均のレインコート)なんてものを山で使うこともなかった。

靴は、できればハイカットの靴のほうがいいです。
お遍路では冬でもハイカットの必要性はまったく感じなかったが(どころかアスファルトの上を歩く機会のほうが圧倒的に多いので、むしろハイカットの靴では歩きにくい)、冬の熊野古道はハイカットの靴が有効です。
理由は雪。雪対策としてスパッツもあったほうがいい(積雪量は高が知れているので夏用のものでOK、むしろ背負っているのがほとんどですから)。
アイゼン、ピッケルもあったほうが安心ですが、これは個人の技量と体力による。やはり重しとして背負っているのがほとんどですから。

②食料

食料についてもお遍路(基本的に毎日買出し可能)とは事情が異なり、山行に近い。
買出しできる場所などごく限られているので、食料は一週間分くらい携行して入山する必要がある。
お遍路では食料以外のものもたいていは途中で買うことができたけど、熊野古道ではほぼ不可能なので、必要なものは最初から携行する必要がある。

食料計画は次の通り。
九度山を出発して那智勝浦の海岸に出るまで8日間を想定。朝食+夕食として二人で米4kg、ふりかけ各種6袋、スープ各種40個を携行。
夕食時、一度に500gの米を炊き、余ったご飯はおにぎりにして朝食にまわす。
那智勝浦に出て以降は適当に買出しが可能になるので、様子を見ながら米を2kgずつ買い足して携行していた。
ふりかけとスープも様子を見て買い足し、夕食のメニューは終始一貫してふりかけご飯+スープだった。

行動食はやはり8日分を想定して携行。
カンパン:400g、煎餅:180g、チョコレート類:900g強、はちみつキャンディー:100g強。(自分ひとりの分)
この行動食で摂取できるカロリーは、一日900kcalほど。
やはり様子を見ながら買い足し、お遍路のときのように途中で買い食いをすることはほとんどなかった。

飽きずに食べられるが、美味しすぎてばくばく食べてしまうこともない、というのがよい行動食の条件で、ここのところ自分の場合の定番は、カンパン、割れ煎餅、チョコレートの三種類。

IMGP5046_サイズ変更

③費用

費用についてはマユミがブログにまとめたものがあるので、こちらを参考にしてください。
→ 高野山と熊野古道、旅の装備と家計簿@小さな菜園のある暮らし

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 005_装備、費用、その他] | 2018.01.09(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 005_装備、費用、その他
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム