キガリ その1

2010/4/8 木
明朝、5:00を過ぎると続々と乗客が集まり出した。満席となって6:00に出発。
カハマまでのバスに比べるとシートが柔らかく、運ちゃんは突起の前でしっかり減速もしてくれるので実に快適だ。客の乗り降りをさせながらバスは順調に進み、10:30にルスモの国境に着く。当然ながらタンザニアの出国手続きは何事もなく瞬時に終了。これでルワンダの入国が拒否されたらどうなるんだろう?もうタンザニアは出国しちゃったし・・・。
タンザニア側の国境には両替え屋が何人もおり、タンザニア・シリングを全てルワンダ・フランに両替え。レートもそれほど悪くなかった。ルワンダ側の国境には両替え屋がいなかったので、もし行く人がいればタンザニア側で両替えしておいた方がいい。
国境の橋を歩いて渡る。茶色い泥の川はけっこうな水量に見える。橋の少し上流に滝があって、落差はないものの巨大な水量のため激流となっていてなかなかの迫力だ。
いよいよルワンダのイミグレへ・・・「ビザを取りたいのですが・・・」「はいよ、一人$60!」・・・拍子抜けするほどあっさりOKだった。少なくともルスモの国境では何の問題もなく$60でビザの取得が可能である。外務省の情報は一体何なのだろう?それにしてもビザ代$60は高いなぁ。しかも30日で申請して15日の滞在許可しかもらえなかったし。
大変なのはこの後だった・・・税関職員?がバスの全ての荷物の検査を始めた。見ていると、どうやら環境保全としてスーパーのレジ袋やその他のビニール袋を全て回収するらしい。地元の人が、買出しした大量の物資を持ち込むのでかなり大掛かりな作業になり、一体いつになったら出発できることやら、という感じだ。
一辺が1m以上ある巨大なダンボールを持ち込んでいるおばちゃんがいた。ルワンダで商売でもしているのか、ダンボールを開けると中から大量の木工品なんかが出てきた。検査はポレポレと行われ、途中で職員が木工品を包装していた広告を広げて見入ってしまう始末だ。
結局、国境で3時間以上足止めされ、出発できたのは13:30過ぎであった。
ルワンダに入ると、一見して緑が濃くなった。バナナの木だらけになり、目隠しをして連れて来られたらおそらくここがアフリカだとは思わないであろう。どこか東南アジアの国のようだ。ゴミも少ないように思える。
車が右側通行になった。右側通行は実に久し振りだ。アフリカのこれまでの国は全て左側通行だったし、アジアを見ても訪れた国で右側通行だったのは、カンボジア、ベトナム、ラオスくらいだ。これまで、何となく世界には右側通行の国の方が多いと思っていたが、実際は逆であろう。日本と同じ左側通行の国の方が圧倒的に多いというのが実感だ。単に自動車メーカーのある国に右側通行の国が多いというに過ぎない。
車が右側通行になっても日本車の(というかほとんどトヨタの)シェアは圧倒的で、ほとんど100%に近い。日本の中古車がそのまま入ってきていることもあり、右ハンドル車と左ハンドル車の比率は半々くらいか。
英語が通じなくなった。ルワンダの第一外国語はフランス語のようである。
17:30にキガリのバス・スタンドに到着。途中、窓から見ていてもゲスト・ハウスやホテルの類は全く目につかなかった。バス・スタンドは大量のハイエースでごった返している。何の情報もないし、自力で宿を見つけるのは困難だろうということでタクシーに乗ることにした。クタクタに疲れてもいたし・・・。5,000Rwfと運ちゃんは言うが、物価がよくわからないけどそりゃ直感で高過ぎる。3,000Rwfに値切って近くのゲスト・ハウスか安いホテルに連れて行ってもらう。
案内されたのはバス・スタンドから程近いURUREMBO GHというところ。雰囲気も人も悪くないので即決!シャワー、トイレ共同で一泊4,000Rwf。
宿がバス・スタンドから思いの外近かったので「2,000Rwfでどう?」と一応言ってみたが、さすがにダメだった。仕方ない、最初に3,000Rwfと言ってしまった手前3,000Rwf払った。
この宿、部屋はちょっと狭いが宿の人は皆親切で雰囲気もよく居心地は悪くない、と思ったのだが、水が自由に使えないのが唯一の難点だった。電源は使えるのに、ちょっとしたレストランも宿に併設されているのに、蛇口からもシャワーからも水がチョロチョロとしか出ない。しかも出ている間はまだよかった・・・夜遅くになったら完全に断水してしまった。
うぅぅむ、残念だが明日別の宿を探すか。

2010/4/9 金
疲れてぐっすり眠ってしまったために、朝のうちに別の宿を探すという芸当ができなくなってしまった。水は、外に大きなタンクがあり、頼んだらたらいに汲んでくれた。
宿の人に案内してもらった隣のおばちゃんの店でパンとチャイの朝食を食べる。パンが美味しい!タンザニアは何故かパンだけはまずかったので、これには感動した。これもフランスの影響だろうか?
朝食の後、外に出てみた。ルワンダでは主要な交通手段が歩きである。どの通りも歩いている人がいっぱいでなんだか嬉しくなってくる。ルワンダにはアフリカらしいアフリカがまだ残っているような気がする。周辺のスワヒリ語圏であるタンザニアやケニア、ウガンダはかなり観光に力を入れていて、主要な町は多かれ少なかれツーリスティックな一面がある。欧米人の好みそうなカフェやレストランがあり、ツアー会社があり、たくさんの土産物屋がある。ある意味旅しやすい反面、ツアーの勧誘や土産物売りが鬱陶しかったりする。
ルワンダには今のところそんなものは何もない。およそツーリストと関係しそうなものは何一つないのだ。カフェもレストランもツアー会社も土産物屋も・・・宿が見当たらないのだけがちょっと不便ではあるが、代わりに客引きや土産物売りと余計なやり取りをせずに済む。要するにまだまだ旅しづらい国であるのだが、それがために魅力的であるような気がする。
旅人など現金なもので、したがってルワンダのような国にはほとんど旅行者がいない。とことんツーリスティックでないというのは、実に心地のいいものである。
通りを歩く大勢の人に交じってまずはバス・スタンドに行ってみる。ルワンダを出る際の足を確認するためだ。これはすぐに解決、バス・スタンドには幾つかのバス会社の窓口があって国際バスも扱っている。その中にウガンダのカンパラ行きのバスがあった。運賃は一人7,000~8,000Rwfくらいだ。何社かあるので、良さそうなバス会社に目星をつけてバス・スタンドを後にする。
さて、「ルワンダ」と聞いて思い浮かべるのは何であろうか?やはりほんの16年ほど前にあったジェノサイドのことだろうか?それともゴリラのことであろうか?
「気は優しくて力持ち」のゴリラは自分の好きな動物で、ぜひとも野生のゴリラを見てみたいという衝動はあるのだが、かなりのお金がかかるという話なので当初から考えてはいなかった。野生のゴリラはコンゴとの国境の山中にいる。題名は忘れてしまったが、昔シガニー・ウェーバーが主演した映画があって、その映画は確かルワンダの山中でゴリラの生態研究に一生を捧げた女性研究者を描いたものだった。
ジェノサイドの方はまだまだつい最近の話で、自分の中に生々しい記憶として残っている。当時自分は既に学生であったから、自分にとっては例えばカンボジアのクメール・ルージュのことなどとはインパクトが違う。「ホテル・ルワンダ」や「ルワンダの涙」などこのときのジェノサイドを扱った映画があるので必見である。と言いながら、実は自分も「ホテル・ルワンダ」の方はまだ見たことがないのだが・・・日本に帰ったら絶対見よう。
道行く人、町の人は皆フレンドリーで、挨拶を交わしながら町の中心と思しき方へ何となく歩いていく。ちなみに、ルワンダでは自分らは完全に中国人と思われている。時々「ニーハオ」と言葉を掛けられる。「中国ではなく日本から来た」と言葉を返すのだが、英語が通じないのでダメである。子供に限れば、おそらく日本という国を知りさえしないだろう。これだけ国中に日本車が溢れているのにも関わらず・・・。そう考えると、中国の知名度というのは凄いものがある。チャイナ・パワー恐るべし、だ。
道で言葉を交わした青年に、ジェノサイド記念館がどこか聞いてみた。彼は拙い英語で(人のことは言えないが・・・)、向こうの丘の上の、あの赤い屋根の建物の辺りだと教えてくれた。このまままっすぐ坂を上って道路とぶつかったら左に行けばいい、と教えられた通りに歩く。しばらく歩くと丘の麓のT字路にぶつかり、左だとは思ったのだが一応近くにいたおばちゃんに聞いてみた。おばちゃんはそっちの方へ行くおっちゃんを呼び止めてくれ、道案内をするよう頼んでくれたようだ。おっちゃんの後をしばらく歩いていくと、あれがそうだと教えてくれた。道路には看板も何もなく、もし地図を持っていてもわからないかもしれない。
敷地への入口の門のところにアーミーがいて、ボディ・チェックを受けて敷地内に入る。レセプションに行くと、簡単にどこに何の展示があるのか教えてくれた。入場料は無料で、寄付だけである。レセプションから展示室に入るときに金属探知機による持ち物検査がある。
展示はパネルと映像によるもので、なかなか興味深い。フランス語で大きく説明が書いてあり、英語による説明は下の方に小さな文字で付記されている。2階の展示はルワンダ以外のジェノサイドに関するもので、第一次大戦中のアルメニア人虐殺、ナチのホロコースト、カンボジア、バルカン半島、と年代順に続く。カンボジアの場合は共産主義者による愚行でエスニック・クレンジング(民族浄化)とは意味合いが違うので、同列で語られることに個人的には違和感があった。大量虐殺ということに違いはないのだけれど・・・。
今のルワンダは治安もよく、のんびりしていて平和そのものだ。そう遠くない過去にここでジェノサイドがあったとはとても想像できない。でも、そんな平和的な隣人があるとき突然豹変しジェノサイドのような愚行を犯してしまうから人間という動物は恐ろしいのだ。何が引き金になるかわからない。
町中の時計塔を見ていて気付いたのだが、ルワンダとタンザニアの間には時差があるようだ。宿に戻って聞いてみたら、やはりルワンダだけタンザニアやウガンダ、ケニアと時間が異なるらしい。違和感を感じつつ腕時計を1時間戻した。

9apr2010 キガリの中心街を望む 9apr2010 バス・スタンドに続く道

9apr2010 ハイエースで溢れかえるバス・スタンド

2010/4/10 土
移動の疲れか風邪気味なのか、どうも一昨日あたりから体調が芳しくない。頭痛はするし、何となくだるくて疲れやすい気がする。よって、しばらく休養することにした。
今日は朝から曇っているので涼しく過ごしやすい。キガリも標高が1,400mくらいある。日中の陽射しは強烈だが、日陰に入ると涼しいし朝晩も涼しくて気候的には過ごしやすい町ではないかと思う。
キガリの物価などについて少々・・・パンとチャイの朝食が二人で400Rwf、昼食や夕食は腹いっぱい食べて二人で2,000Rwf程度。300mlのビンのコーラが300Rwf、これに対し1.5Lのペットボトル入りのミネラルウォーターが600Rwfもするから水は高価である。そう、ルワンダでは水が割合貴重なのだ。宿でも水が景気よく使えるわけではないし、道路わきの水場ではたくさんの人がポリタンクに水を汲んでいる。子供たちも大きなポリタンクを担いで運んでいる。宿で使っている水はおそらく雨水であろう。草木は青々と茂っているし、泥水だけど川もあるから、水源がないわけではなく単にインフラが整っていないだけの話だ。反面、電気は停電することもなく快適に使えるから不思議である。周辺国とはちょっと事情が違う。
食べ物は比較的豊かで美味しい。珍しくどこでも生野菜が食べられるのが嬉しい。米も美味しい。味が単調でどれも同じ味がするので毎日食べていると飽きてしまうが、まぁ食べ物の点では特に問題はなかろう。
今日は宿を移った。昨日下見をしておいた同じ通り沿いにあるZEBRA LODGEという宿で、シャワー、トイレ付きで一泊5,000Rwf。部屋は広く、明るく清潔でなかなか快適な宿だ。3階なので蚊もいないし、何より幾分ましに水を使えることが決定打である。
キガリは小高い丘の上に町の中心があり、今自分たちがいるのは丘の東側の麓、バス・スタンドの近くである。夜になると丘の方角は夜景がキレイである。意外と言ったら怒られるかもしれないが、まさかルワンダでキレイな夜景を見られるとは思ってもいなかったので何か得した気分だ。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [6] | Category [■ 019_Rwanda / ルワンダ] | 2010.04.11(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

キガリ その2

2010/4/11 日
今日も休養を兼ねてまったりする。人はいいし、飯もまぁ旨いし、なかなか居心地のいい町だ、キガリは。
午後からダラダラに乗って町の中心に行ってみた。バス・スタンドから1.5kmくらいだ。そこには何と立派なツーリスト・エリアがありました・・・。キガリ、お前もか!
UNION TRADE CENTREという名のショッピング・モールのような大きな建物があり、その中にあるカフェや24hr営業のスーパーには見事なまでに外国人しかいない・・・かなり異様な空間だ。しかも何故か韓国人がウヨウヨいる。一見して旅行者じゃないから、NGOか何かで来ている人たちだろうか?いずれにしてもここまで群れられると気色悪い。
一歩建物の外に出ると外国人の姿など見えないから、かなり異様な空間である。一体何やってるんだ、この人たちは・・・せっかく遠い国まで来ている意味が果たしてあるのだろうか?相変らずカフェではバーガーなど食べていたりする(笑)。バーガーなど食べようものなら4,000~5,000Rwfもするのにだ。下で300Rwfで飲めるコーラがここでは700Rwfもする。
24hr営業のスーパーなんてのも外国人のためだけにあるようなもんだ。地元の人は誰も買い物などしていない、今日は日曜で閉まっている店が多いにも関わらずだ。
下の方が宿代も物価も安いし、活気があって食べるとこにも事欠かない。というわけでもしこれからキガリに来る人がいたら、町の中心ではなく下のバス・スタンドの近くに宿泊することをお勧めする。
自分たちも、もしロンプラを持っていたら間違って上に宿泊していたかもしれない。そしてローカル食堂がないなどと嘆いていたかもしれない。そう考えるとガイドブックの類を持ち歩くのも良し悪しだ。町の地図がついてるだけで重宝するのも確かだから、要は使い方次第ということなんだろうけど。いずれにしてもガイドブックに頼りすぎると道を誤ると実感した次第である。
ちなみに、行きは200Rwfだったダラダラの運賃が帰りは150Rwfだった。帰りは下りだから安いのかしら。

(今日はシャワーを浴びた後に洗濯をした。洗濯は私の担当なので、なるべく溜まらないうちにこまめに洗っている。アフリカの宿には洗面所にバケツやたらいが置いてあるので、洗濯するときとても便利。インドにも必ずバケツが置いてあった。この旅行に出る前、旅の達人のHPに「携帯バケツがあると便利」と書かれていたのを見て、実は小さな携帯バケツを買って持ってきていた。けれど一向に出番がなかったので、インドから日本へ送り返してしまった。普段の生活で使っていないモノというのは旅先でも使わない。やはり荷物は少ないほうがいい。 マユミ)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 019_Rwanda / ルワンダ] | 2010.04.15(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ニャマガベ(ギコンゴロ)

2010/4/12 月
ルワンダはとても美しい国だ。山がちな国土で日本に似ている。
今日は宿に荷物を置いてニャマガベまで行ってきた。ニャマガベというのはギコンゴロの変更後の名称である。ここにもジェノサイド記念館がある。
7:30過ぎに宿を出て、目の前にあるおっちゃんの店でパンとチャイの朝食をとる。おっちゃんの店は仕事前の人たちで大盛況だ。空いている席がなかったのだが、一人のおっちゃんが「こっちに来て座れ」と席を譲ってくれた。皆とても親切でフレンドリーだ。フランス語ができればもう少しコミュニケーションがとれるんだけどなぁ・・・。おっちゃんの店のチャイはインドで言うところのマサーラー・チャイだ。スパイスが効いていてとても旨い。パンも柔らかくて美味しい。
バス・スタンドまで歩いて、ギコンゴロもしくは途中のブタレ行きのバスを探す。カンパラ・コーチという、自分らがカンパラ行きのバス・チケットを買おうと思っているバス会社の人がギコンゴロ行きのバス乗り場まで親切に案内してくれた。バスは何故かガソリン・スタンドから発着し、チケット売り場もガソリン・スタンドの中にある。こりゃ地元の人でもない限りわからんわ。ギコンゴロという地名は変更されてニャマガベとなったらしい。ニャマガベまで運賃は一人2,300Rwf。
8:30発のバスだったのですぐに来た。バスの時間は驚くほど正確だ。ニャマガベはキガリの南西160kmくらいのところにある。国内の中距離の移動にはすべてトヨタのコースターが使われているのだが、どのバスもまだ新しくてキレイだ。雨季には道路が冠水することもあるのか、どのコースターにもスノーケルがついている。
標高1,700~1,800mくらいの山道を延々と走るのだが、視界が開けているので明るく、道路も広い。舗装もキレイなのでとても快適である。自転車で走ったら気持ちいいかもしれない。カテゴリー2、3級くらいの山岳ステージがずっと続くわけであるが・・・。
ルワンダが美しいというのは、一つにはゴミが少ないからである。国境で徹底的にポリ袋を回収していることが功を奏しているのかもしれない。ちなみにルワンダで買い物をすると、ポリ袋ではなく懐かしの紙袋に入れてくれる。
掃除する人の他に草刈りする人、なんてのもよく見かけるような気がする。同じ山がちな国で、気質も日本人に似ているのであろうか?
山は日本ほど急峻ではなく、なだらかな丘のような山が延々と連なっている。車窓から見る風景は、日本の山里のようで実に美しい。高木の樹木が多く、日本のような山林もある。樹種も豊富で、珍しく針葉樹も生えている。いやー日本人である自分には実に心和む風景だ。
ちょうど2時間でブタレに到着し、バスを乗り換える。やはりガソリン・スタンドである。ずっと補助席だったのでちょっと疲れた。
ブタレから道はちょっと山深くなる。30分でニャマガベのバス・スタンドに到着。同じバスにニャマガベに住んでいるという一人の親切な女性が乗っていて、ジェノサイド記念館への行き方を教えてくれた。バイク・タクシーで10分ほどらしい。運賃は一人500Rwfだ。
2台のバイク・タクシーに分乗してダートをしばらく走ると記念館に着く。やはり看板などはなく、言われなければそうとわからない。記念館は眺めのいい小高い丘の上に静かに佇んでいた。
レセプションに入ると人がいて、どうやら女性の方が施設内を案内してくれるらしい。女性も英語は不得手で、相変らず「フランス語は話せないの?」と言われてしまう・・・フランス語が話せれば、もっとずっとルワンダを楽しめると思う。
女性の説明では、ここはジェノサイド前は建設途中の中学校か何かだったらしい。ジェノサイド後に今の記念館となったわけであるが、元々教室になるはずであったであろう建物に女性の後から近づくと・・・いきなり「それ」が目に飛び込んできた。白くミイラ化した犠牲者の遺体である。腰くらいの高さの台の上に並べられている。部屋に入ると、ムッとした空気と共に異臭が鼻を突く。一番多いのはまだ小さな子供の遺体である。子供は壁に打ち付けられたりして虐殺されたようだから、どの遺体も無残に頭蓋が割れている。まったく有り得ない、息を呑む光景だ。部屋は幾つもあり、どの部屋も遺体でいっぱいだ・・・そのほとんどは小さな子供である。
一歩部屋の外に出ると、美しくのどかな明るい山里の風景が広がっている。そんな中に静かに佇む施設とのギャップが激しく、にわかには目の前の現実を受け入れられない。
敷地内を歩きながら女性の話してくれたところによると、虐殺されて埋められていた人たちの遺体が掘り起こされてここに安置されているのだという。実際に遺体の埋まっていた巨大な穴も残っていた。犠牲者が身につけていた衣服は別の部屋にまとめて置かれている。衣服についている泥が生々しい。
記念館にはパネルや写真といったものは一切ない。犠牲者の遺体と身につけていた衣服だけが静かに迎えてくれる。むしろそれがために、見た者のインパクトが増長されるような気がする。
台帳に記帳し、幾ばくかの寄付をして記念館を後にした。
待ってくれていたバイク・タクシーに乗ってバス・スタンドに戻ると、30分後に出るバスが本日の最終便だという。急いでチケットを買い、軽く腹ごしらえしてバスを待つ。暫くするとバスが来て時間通りに出発した。
行きと同様にブタレでバスを乗り換え、16:00にキガリに帰ってきた。明日ウガンダのカンパラに発つことにし、その足でカンパラ・コーチにてチケットを取る。明日も朝早く、バスは5:45に出発である。
夜寝る前に2回目のメフロキンの服用。

(最初、ルワンダには行かなくてもいいかな、と思っていた。ルワンダで虐殺関係の施設を見ても気分が暗くなるだけだし、と思っていたからだ。ところが来てみたら、ルワンダはとてもいいところだった。とても気に入った。なんといっても人がいい。親切だし控えめだし落ち着いているように感じる。バスの中には静かな音楽がかかり、乗客も大声で話しているような人はいない。みんなフランス語が堪能のようで、私たちが「フランス語はわからない」と言うととてもガッカリした顔をする。こちらもガッカリ。片言でもフランス語がわかったら良かったな。そんな物静かな国民性のルワンダで虐殺があったなんて信じられない。それもほんの少し前の話。キガリの記念館にも行ってパネル展示など見たけれど、残念ながら私の英語力ではなぜそうなってしまったのか?それからどうなったのか?という詳細までは理解できなかった。「ルワンダの涙」という映画も見たけれど、もうずいぶん前だから忘れてしまってるところも多い。これはあとでキチンと勉強しなくては・・・。ルワンダに来て良かった。東アフリカの中でおすすめの国です。 マユミ)

12apr2010 ジェノサイド記念館からの眺め 12apr2010 ジェノサイド記念館を案内してもらう

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 019_Rwanda / ルワンダ] | 2010.04.15(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 019_Rwanda / ルワンダ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム