カンパラ

2010/4/13 火
5:00過ぎに宿を出てバス乗り場まで移動。カンパラ・コーチのバスはなんと朝食付き、パンとチャイをいただいてからバスに乗り込む。予定通り6:00前に出発。
驚いたことに、バスで1時間も走るともう国境だった・・・ルワンダは小さな国である。標高が1,800mある朝の国境は、霧が立ち込めていて肌寒かった。ルワンダの出国スタンプをもらってからお金をウガンダ・シリングに両替え。国境の小さな橋を歩いて渡ると、ウガンダのイミグレがある。ウガンダの入国手続きもスムーズであるが、列に割り込みしてくるウガンダ人が少なからずいるので要注意。当然自分の前には割り込みなどさせないが、地元の人は割り込みされても特に何とも思わないらしく、文句を言ったりすることもない。ビザ代は一人$50。
1時間のストップでバスは再び走り出す。国境に着いたところで一人のおばちゃんが床にゲーゲー吐いてしまったため、バスの中がちょっとゲロ臭い。
国境を一歩越えてウガンダに入るとゴミが目立つ。多くはポリ袋など石油製品のゴミである。人も多くなり、道路も急にガタガタになった。国境を越えただけでこんなに違うもんかと驚かされる。再び車が左側通行に戻った。
国境から暫くは山の中の眺めのよい道を行く。丘のようになだらかな山がやはり続いているのだが、ルワンダと違って山に木が生えていない。最初から生えてないのか伐ってしまったのか経緯は不明だが、山は一面草に覆われていて牛の放牧などが行われている。この辺りの牛はやたらと角が長い。
雲行きが怪しくなり、雨が降ったり晴れたり目まぐるしく天気が変わる。途中どこかで赤道を越えているはずなのだが、特に目立った表記もなくどこがそうだったのかわからなかった。
15:00にカンパラの市内に入った。カンパラは大都会で、市内は激しく渋滞している。アフリカに来てこんな渋滞に遭うのは初めてだ。渋滞にはまりながら30分ほど走り、辺鄙な路上でバスは止まった。止まる直前に雨が降り出す、それも豪雨だ。久々にツイテナイなぁ・・・。近くに雨を凌げそうなとこもないので暫く降りるのをためらっていたが、意を決してバスを降りる・・・こりゃダメだ。荷物をピックアップして、そのまま料金交渉する間もなくタクシーに飛び乗る。同じバスに乗っていたノルウェー人の女の子二人組みとタクシーをシェアすることにした。
町の中は渋滞に加え大雨でもう訳がわからない状態。ノルウェーのコンビはタクシーの運ちゃんの勧めるちょっと郊外のバックパッカーズに行くらしいので、自分らだけ目当てのNew ABC HOTELの近くで降りる。まだ豪雨が続いているので、目の前の薬局で雨宿り。店の人がイスを勧めてくれ、新聞まで回してくれた。ありがたいことです。
しばらくすると小降りになったのでその人にホテルの場所を聞くと、案内してくれると言う・・・ありがたいことです。案内してもらって無事、目当てのホテルにチェックイン。シャワー、トイレ共同の部屋が一泊20,000Ush。
うぅぅむ、カンパラはちょっと大き過ぎてのんびり過ごせそうな町じゃないかも。どことなくせわしいように思える。宿の部屋も、窓は二つもあるのだが外に面していないため暗くて気が滅入りそう。一泊か二泊してジンジャに移動するつもりだ。
ウガンダの時間はケニアやタンザニアと同じで、ルワンダとは1時間の時差がある。時計を再び1時間進める。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 020_Uganda / ウガンダ] | 2010.04.15(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ジンジャ その1

2010/4/14 水
朝起きて外に出ると雨が上がっていたので、急遽ジンジャに移動することにした。
8:30にチェックアウトしてオールド・タクシーパークでジンジャ行きの足を探す。一人の青年に声を掛けると、またまたジンジャ行きのバスの発着するところまで案内してくれると言う・・・ありがたいことです。ウガンダの人は皆陽気で親切だ。青年の後について近くの別のタクシーパークへ。それにしても朝から物凄い渋滞だ。途中ハイエースのダラダラがズラリと並んでいたので乗り場かと思ったら、単に渋滞しているだけだった・・・。車の溢れる道路を渡った先に乗り場があった。無数にあるダラダラの中からジンジャ行きのすぐに出そうな車を青年が見つけてくれ、礼を言ってそのまま乗り込む。ジンジャまで一人5,000Ush。ザックの所為で足元が狭い。
ダラダラはすぐに出発。ジンジャはカンパラから80kmほど東に位置するビクトリア湖畔の町で、その昔イギリスの探検家がヨーロッパ人として初めてビクトリア湖がホワイト・ナイルの源流であることを発見した場所としてその名を馳せている。
ウガンダの道路はアスファルトの剥がれているところが随所にあり、車は対向車のある中を縫うようにして走る。自分が避けるか相手が避けるかは阿吽の呼吸で、後ろで見ているとまるでTVゲームのようだ。場所によってはアスファルトが剥がれすぎて道幅が半分になっていたりするから気が抜けない。このダラダラの運ちゃんは達人並みで、ほとんどタイヤを穴に落すことがなかった。
カンパラを離れるとのどかな田園風景が広がり、2時間弱でジンジャに到着。カンパラの曇り空が嘘のようにスッキリと晴れている。カラッとしていてとても気持ちのいいところだ。
バス・スタンドから歩いて目当ての宿に行ってみると、なんと休みだった・・・。今週は宿の人が出掛けている、と近所の人が教えてくれた。気を取り直して別の宿を探す。
しばらく歩いて道端のおばちゃんの屋台で休憩がてらジュースを飲んでいると、たまたま道路の向こうにゲストハウスの看板が見えた。小奇麗で高そうに見えるが一応聞いてみるか、と行ってみたら大正解!シャワー、トイレ共同の部屋が一泊30,000Ush、しかも朝食付き。部屋は広くて明るく、何より清潔だ。共同のバス・ルームには浴槽まで付いている。宿の人の感じも実によく、思わず何泊もしたくなるような快適そうな宿だ。宿の名前は、ROSENA GUEST HOUSE LIMITED。
部屋に落ち着いて、今日は町をぶらぶらしてのんびり過ごした。ジンジャはカンパラとは違い、滞在するのに程よい大きさの落ち着きのある町だ。もっとツーリスティックな町かと思っていたのだがそんなこともなく、のんびりと静かに過ごせそうで安心した。
ここのダラダラは全てカンパラ行きなのか?と思うほど町中には一日中「カンパラ~カンパラ~カンパラ~」と客引きの声が響いていて面白い。町を歩いているとしきりに「カンパラ?カンパラ?」と声を掛けられる。カンパラから着いて早々、ダラダラから降りた途端に「カンパラ?カンパラ?」と声を掛けられるほどだから。
夕食時、宿のすぐ隣に美味しいローカル食堂を見つけた。ビクトリア湖の畔だけに久々に魚を食べられて大満足!明日から毎日お世話になることだろう。ちなみに昼食時はこの食堂に気付かず、メイン・ストリートのちょっと小奇麗な店に入ったらインド料理の店だった。客は外国人ツーリストばかり。本場のインドで散々旨いターリーを食べてきた自分らにしてみれば決して美味しいと言えるほどのものではなかったのだが、ここでもインド人パワーをまじまじと感じた次第である。インド人とインド料理は世界中どこに行ってもある!中華料理以上ではなかろうか?特に東アフリカの地ではかなり幅を利かせている。

余談19 コカ・コーラはすごい!
旅に出て以来ずっと思っているのだが、コカ・コーラはすごい!おそらく世界中どこに行ってもコーラとファンタとスプライトはある。少なくともこれまで回った国にコーラのない国はなかった。場所によってはこれにペプシ系の飲み物(ペプシ、ミリンダ、7 UP、マウンテンデュー)が加わるのだが、存在する飲み物のレパートリーはこれだけだから、そのシェアと言ったら日本車以上だ。(逆に、そのコーラの存在感がかなり薄まるほど多種多様な飲み物があり、新製品が日夜投入されている日本という国はすごいと思う。世界的に見てかなりレアな国ではなかろうか。)
で、コーラやファンタはビン入りが普通なのだが、そのビンの形が国によって多種多様で実に面白い。妙に細長いビンであったりとか・・・。稀に缶入りのものもあるが、缶入りというだけでバンッと値段が跳ね上がる。ビンの内容量は300~350mlくらいだ。
よってその国の物価はコーラで比較すると把握しやすい。例えば今いるウガンダでは、300mlのビン入りコーラが700~1,000Ushくらいだから、今のレートで32~45円くらいだ。物価の安かったインドでは確か8~10Rくらいだったから、16~20円くらいということになる。

14apr2010 ジンジャの街並 道路の向こうにビクトリア湖が見える

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 020_Uganda / ウガンダ] | 2010.04.15(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ジンジャ その2

2010/4/15 木
今日はナイル川の源流を見に行ってきた。ナイル川には幾つかの支流があり、最長のものがビクトリア湖に源を発するホワイトナイルだ。
ホワイトナイルの源流とされるところまでは、宿のある町の中心から1kmほど。一歩町の中心から外れると、とても静かで歩いていて気持ちがいい。ナイル川源流と書かれた看板の通り歩いていくとゲートがあり、ここで入園料を払う。一人10,000Ush。ゲートを越えてそのまま川の方へ下りていくと、そこがナイル川の源流。
ある程度予想はしていたのだが、はっきり言って拍子抜け・・・。川の中ほどに小さな島があり、単にこの島をナイル川の基点と定めているだけの話である。島のあるところからナイル川が始まり、島より上流はビクトリア湖というわけだ。そう定めた何らかの理由はあるのだろうが、あくまで便宜的に定めたものに過ぎず、湖から滝となって流れ落ちているといったような劇的な地形的特徴があるわけではない。すぐ下流には発電用のダムもある。ふ~ん、そうですか、といったところが正直な感想。
そうは言っても、ビクトリア湖のあるここからナイル川がはじまるのは紛れもない事実。ここから、スーダン、エジプトを縦断し、地中海に注ぐ6,400kmの旅がはじまるわけだ。
水量はすごい!(単に下流にダムがあるからかもしれないが・・・)源流とされる地点で既に川幅は利根川の下流域より大きい。濃い緑色の川が悠々と流れている。
川岸からは観光用のボートも出ているが、もちろん却下!源流とされる島を一周して帰ってくるだけだからだ。他の人が乗っているのを眺めていたが、ぜんぜん面白そうに見えなかった。オフ・シーズンのためか、ボートはどれも客がおらず暇そうだった。
ナイル川の源流に何故かガンジーの胸像がある。碑文によると、ナイル川の源流からガンジーの遺灰を流したらしい。
帰りに、せっかくだからビクトリア湖の水際まで行ってみようと思ったのだが、思いのほか遠く歩けども歩けども着かないので途中で引き返してきた。

15apr2010 ナイル川源流 15apr2010 ナイル源流のガンジー像

2010/4/16 金
朝から雨模様。やっぱ今は雨季なのね~。晴れ間に明日のナイロビ行きのバス・チケットを取ってきた。
ナイロビ行きのバスは2社あるようだが、またまた実績のあるカンパラ・コーチのバスにした。カンパラ・コーチの路線図を見ると、ナイロビ-アディスアベバ間が点線で示されている。聞いてみたら、なんとこの6月に開通するらしい。おぉぉ、6月・・・惜しい!
ケニア-エチオピア間のモヤレ国境はつい2、3年ほど前まで武装強盗団が出没するなどケニア側の治安が非常に悪く、まともな交通手段もなかった。陸路で越境する旅人は皆ローリー(トラックの荷台の荷物の上)に揺られ、苦労して越境していた。
最近になってかなり治安が回復したということなのだろう、もしカンパラ・コーチのような国際バスがナイロビ-アディスアベバ間を走るようになれば、何の苦労もなしに越境できるようになるに違いない。
というわけで、6月以降に越境する人にとっては朗報である。それともまた一つ旅の楽しみが減ってしまうということになるのであろうか。いずれにしても自分らはこれまで通りローリーで越境することになりそうである。ナイロビ以降は移動そのものが旅のメインテーマになりそうで、今からちょっと気が重い。
午後からは晴れたので、ブジャガリ滝に行ってきた。町から8km、バイク・タクシーに3ケツで5,000Ush。途中からダートになるのだが、雨上がりの赤土のダートはチュルチュルだったりヌタヌタだったり・・・もちろんバイクはオフ車でもなんでもなく、オンロード用のタイヤでこんな道を走れるわけもなくとってもスリリングだった。
ブジャガリ滝はホワイト・ナイルの源流から一番最初に現れる大きな滝だ。まぁ滝といっても落差はないから、要するに単なる激流ということなのだが、水量が半端じゃないから迫力がある。これこそナイルの源流と呼ぶに相応しい。滝を見るのに一人3,000Ushとられる。
ホワイト・ナイルというのは水の色からきているらしいが、なるほど水がどことなく白っぽく見えないこともない。
しばらくすると観光客がパラパラと集まり出し、頃合を見計らって一艇のカヤックが出撃していった。激流を下るパフォーマンスで観光客から金を集めるのが目的の地元のスペシャリストなのだが、迫力があってなかなかよかった。
帰りは道もだいぶ乾いていたが、行きのことがトラウマとなり、また途中の村の子供たちの写真も撮りたかったのでしばらく歩くことにした。とにかく子供がかわいいのだ。東アフリカは子供が多いのだが、特にウガンダは多いような気がする(ウガンダは子供の死亡率も高く、田舎では20%が5歳以前に亡くなると言われる)。
鼻水を垂らし、裸足で走り回る姿がとてもかわいい。笑顔がなんとも言えずかわいいのだが、カメラを向けると緊張してしまうのか顔がこわばってしまったりする。写真を撮られることに慣れていない所為か年上の子の陰に隠れてしまったり、中には泣き出してしまう子もいる。望遠レンズでもないと子供たちの自然な笑顔を写真に収めるのはなかなか難しい。
ウガンダも美しい国である。特に田舎はいい。水と青空と緑と赤土のコントラストがなんとも言えず美しい。水が豊富でとても恵まれた国に見える。
そろそろダートも終わろうかというところで一台のバイクが止まってくれ、町まで3,000Ushで乗せてってくれた。明日でウガンダともお別れだ。

16apr2010 ブジャガリ滝 16apr2010 ブジャガリ滝の近く

16apr2010 ブジャガリ滝からジンジャへの道 16apr2010 村の子供

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 020_Uganda / ウガンダ] | 2010.04.17(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ジンジャ その3

2010/4/17 土
朝、宿をチェックアウトして町をぶらぶら。JICAの職員で、この月曜にジンジャに赴任してきたという人とネット屋で会って一緒に昼食を食べた。ウガンダでも貧富の差は激しく、貧しい人は這い上がろうにも這い上がれない、生活を切り詰めようにもこれ以上切り詰められないギリギリの生活をしていると話してくれた。
バイク・タクシーの運ちゃんなんかは貧しい人の部類で、例えば1,500Ushと言っている運賃を1,000Ushに値切ったりすることはそういう人たちの首をますます絞めることになる、というその人の言葉は胸に響いた。たまたまウガンダでは特にボラれている気もしなかったのでバイク・タクシーにも言い値で乗っていたのだが、単に値切ればいいという話ではないのだ。とかく強引に値切ろうとしがちになるが、そういう人の生活を考えれば正当な対価は払わねばならない。別に無理にボラれろという話ではなしに。
16:00過ぎにバス・スタンドに向かう。朝から雲行きが怪しかったのだが、バス・スタンドに着く直前からとうとう降り始めた。
バスは40分ほど遅れて到着。他にも待っている人はいたのだが、ジンジャからナイロビ行きのバスに乗るのは自分らだけだった。ジンジャから先は道路もキレイでバスは快走、2時間弱で国境に到着。ここの国境はけっこう人がいて、雨の中順番を待つのが辛い。スタンプをもらって歩いてケニア側のイミグレへ。やはりけっこうごった返している。「初めてケニアに入る場合は空路じゃないとダメだ」「法律で決まっている」と係官が言うのだが、そんなことってあるの?今まで聞いたことないけど・・・単なる嫌がらせか?まぁ暫くしたら何事もなくビザはくれたから特に問題はなかったのだけれど。
ケニアに入ったら所々道がガタガタになったけど、大きなトラブルはなく順調に進む。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 020_Uganda / ウガンダ] | 2010.04.22(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 020_Uganda / ウガンダ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム