スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ラ・スペツィア ~ トゥーロン

2010/7/10 土
9:00過ぎのトリノ行きの列車に乗ろうと思い8:00過ぎに宿を出たのだが、結局この列車は運行しておらず、10:00発のジェノバ・ブリノーレ行きに乗る。
ラ・スペツィアにて、終点のヴェンティミリアまでチケットを購入。運賃は12.9E。
ジェノバ行きの列車は最初鬼込みで、ジェノバに行く人がこんなにいるのかと驚いたが、レヴァントの手前でほとんどの人が降りてしまった。このあたりのビーチに行く人がほとんどだったようで、そこから先の列車は空いていた。
ラ・スペツィアから先は岩山が海岸線まで迫り出した地形となっていて、トンネルをいくつも越えてジェノバに入る。ジェノバは(面積が)大きいのか、ジェノバ○○という駅がやたらとある。
ジェノバは「母を訪ねて三千里」のマルコの故郷で、マルコはジェノバから船でアルゼンチンへ旅立った。今のジェノバには新しいビルもポコポコ建っていて、昔、アニメで見たような風景は一部に残るのみである。
ジェノバ○○の一つ、ジェノバ・ブリノーレには2時間ほどで到着、ここでヴェンティミリア行きの列車に乗り換える。列車はガラガラで実に快適であった。やはりトンネルが多い。
こうして見ると、イタリアは地形的にも日本と似たところがある。島国ではないが、三方を海に囲まれていて長い海岸線を持ち、やはり日本ほどではないが山がちな国土で、人の住むところは限られている。一戸建ての家は稀で集合住宅が普通、狭い場所に多くの人がひしめき合うように住んでいる印象を受ける。
コート・ダ・ジュールに近づくにつれ、ますますトンネルだらけになってくる。もう岩山を強引にくり貫いて列車を通している感じだ。ラリーの行われるサンレモの駅などトンネルの中にあった。
ジェノバから3時間半弱でヴェンティミリアに着く。時間は16:30前で太陽はまだ高く、もう少し前進しておきたい心境である。とりあえずニースを目指すことにした。イタリア国鉄の管轄はここまでだが、インフォメーションで聞いたらモンテカルロで乗り換えてニースまで列車で行くことができ、切符も窓口で買えるという話。
早速切符を買って17:00の列車に乗る。運賃は6.6E。フランス国鉄の列車?に変わるのだが、車輌にモナコの紋章が描かれていてエレガントだ。
ニース行きの列車に乗った途端、雰囲気がガラッと変わる。列車に乗っているとどこで国境を越えたのかも定かではないが、雰囲気はもうすっかりフランスである。
まず、列車内が静かになった。フランス人はイタリア人ほど底抜けに明るくはなく、落ち着きがあって洗練された感じだ。服装も如実に変わる。やはり開放的ではあるが、イタリア人ほどぶっ飛んだ格好はしていない。
当然ながら言葉が変わる。今まで「シィーシィーシィー」と言っていたのが「ウィーウィーウィー」に。
もっとフランス側に来るイタリア人がいてもよさそうなものだが、ピタッといなくなる。イタリア人はあれだけ猫も杓子もバカンスへ、という感じなのだが、行き先は自国の中だけで完結している感じ。思うにイタリア人は自分の国が大好きなのだ。国境を越えた途端、これだけガラッと雰囲気が変わるのも珍しい。
オブラートにでも包まれたかのような、どこかフワフワしたような響きを持つフランス語は、俗に言われているとおりとてもキレイな言葉であると思う。が、あの独特な、鼻から息を抜く曖昧な発音は(少なくとも自分には)非常に聞き取りにくい。
イタリア語はハッキリとした発音で、テンポもそれほど速くないから実に聞き取りやすかった。フランスに入った途端、行き先や数字すら聞き取れなくなった。
ヴェンティミリアからモンテカルロはちょうど30分。列車はトンネルの中を走りっぱなしで、モンテカルロ駅もやはりトンネル内だった。
モナコの海岸線は険しい岩山が迫り出していて、地形的に見たら決して恵まれたものではない。どうしてこんなところに金持ちがこぞって豪邸を建てるのか、正直言って意味がよくわからない。(単に税金が安いから?)上の岩が崩れたら完全にアウト、っていうような斜面にまで家がたくさん建っているが、何を好き好んでこんなところに建てるんだか、と端から見ていると思えてくる。
モンテカルロでは乗換え時間5分で、すぐ隣のホームから列車が出るもんだから地上に出ることすらできなかった。ちょっとだけ残念。
モンテカルロからまたすぐフランスに入り、30分足らずでニースに着く。ニースのあたりまで来るとようやく地形が開けてくる。
コート・ダ・ジュールに入る。時間は18:00。太陽はまだ高いが、そろそろ宿探しでもしたい心境になる。でも、コート・ダ・ジュールに泊まるのは無謀だろうなぁ・・・安い宿がありそうにないし・・・ということでさらに先に進むことに決定。行き先は時間的にトゥーロンあたりが限界。
窓口にはけっこうな人が並んでいる。18:35分の列車に間に合うかどうか・・・ギリギリ間に合った!列車に飛び乗ってトゥーロンへ向かう。列車はガラガラだ。
フランスは電車賃が高い!ニースからトゥーロンまで23.5E、ざっとイタリアの3倍くらいの感覚だ。
夕日に輝くコート・ダ・ジュールはとてもキレイだった、と書きたいところだが、これもまた何でこんなところが世界的に有名な高級リゾート地なのか理解に苦しむ。こんな海岸線なら日本にごまんとあるし、日本ならずともこの辺にだってもっとキレイな海岸線はいくらでもありそうに思うのだが・・・。何てったってビーチ(砂浜じゃないところも多い)の奥行きは僅か数メートルしかなく、すぐ脇を道路や線路が走っているのだから。
海は極めて穏やかで、波はほとんどない。この時間になってもビーチで海水浴だか日光浴をしている人がかなりいる。
ビーチにいる人は庶民的だが、こんなところでヨットやクルーザーに乗っている人は間違いなく金持ちだ。世の中に金持ちってのはウヨウヨいるんだねぇ~。ヨットやクルーザーの数は半端じゃない。係留されている艇はもちろん、この時間に沖合いに浮いている艇もかなりの数だ。それも今まで見たこともないような巨大なクルーザーたちである。
コート・ダ・ジュールは決して海水浴をする場所ではなく、ヨットやクルーザーに揺られて沖から海岸線を眺めるところなのだと思う。
2時間強でトゥーロンに到着。早速宿探し。駅のインフォメーションで教えてもらった安宿は☆☆だったので、自力でさらに安い宿を探す。
道端にいたおっちゃんに聞いて感じのいい宿を引き当てた。☆で一泊45E。37Eという部屋もあったのだが、屋根裏部屋で天井が低く部屋の中で立つことができず、何より暑くてかなわないので却下した。
トゥーロンはいかにもフランスっぽい、落ち着きと気品のある感じのいい町である。マユミがえらく気に入ったようなので、トゥーロンの印象はマユミにバトンタッチ。

(宿に入ると部屋にテレビがあって、ちょうどW杯の3位決定戦ドイツ対ウルグアイの後半が始まった。夫がテレビ釘付けで動きそうもないので、一人で買出しに出かける。と言ってもどこに店があるのか全くわからない。土曜の夜だしほとんどの店は閉まっている。外に出ると街はなんとなく薄暗い感じ。一人で出歩くことにちょっと不安を感じたけれど、よく見るとたくさんの人が歩いている。宿から少し行ったところには広場があり、レストランのテーブルが並べられ、古い建物はライトアップされている。その先にも大きな広場があり、若者がおしゃべりしたり、小さな子連れの家族が散歩したりしている。この広場の明かりといい、街灯といい、建物のライトアップといい、明るすぎず暗すぎず、落ち着いていてちょうどいい。レストランやパーに人はたくさんいるのに騒がしくなく、静かに楽しんでいる様子。ようやく見つけた小さなマーケットのお兄さんは、お釣りの20セントを2セントコインをわしづかみにしてごっそりと私に渡すといたずらっぽく笑った。近くにいたお客さんも笑顔で何か話しかけてくる。街や人は洗練された感じだけど冷たい感じはなくて、なんだかとても居心地の良い街。たまたま来ただけの街が気持ちいいと嬉しくなる。もう一泊してのんびりしたいところ。でも明日はまた移動だ。残念だなぁ。 マユミ)

10jul2010 モンテカルロ行きの列車

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 033_France / フランス] | 2010.07.12(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

トゥーロン ~ ペルピニャン

2010/7/11 日
この日もトゥールーズ行きの9:00過ぎの列車に乗ろうと思って早くに宿を出たが、駅に行ってみたらやはり列車が運行されてなかった・・・。
フランスは電車賃が高いが、代わりに運用はしっかりしている。スタンピングの機械が調子悪いということもないし、窓口に行くと乗り継ぎなども迅速詳細に調べてくれる。
一気にバルセロナまで行けるだろ、と思って窓口で相談してみたが、残念ながら乗り継ぎの列車が満席で席が取れず。イタリアと違って席が指定の列車が多いようで・・・。窓口で対応してくれた女性に「普通は一日前までに予約するものよ」と笑われてしまった・・・ごもっともです。
今日中にスペインに抜けることは諦めて、国境の町ペルピニャンまで行くことにした。電車賃はやはり高い!トゥーロンからモンペリエまで34.8E、モンペリエからペルピニャンまで26.9E。
タイミングが悪く、列車の時間まで2時間半ほど間が開いてしまったので、一度宿に戻ってWiFiを使わせてもらった。うぅぅん、ホントに感じのいい宿だ。トゥーロン自体とても感じのいい町なので、また今度のんびり訪れてみたい。
11:50の列車でまずモンペリエまで。途中から海岸線を離れ、一面緑の畑の中を進む。
ヨーロッパで有数の農業国フランス。国土は平坦で気候も温暖。イタリアから入ると国土の広さを実感する。
フランスの食料自給率は100%をゆうに越える。食料以外でも燃料から工業製品まで自給自足が可能な世界でも稀有な国家である。鎖国をしても十分やっていける国なのだ、フランスは。
これまでフランスには二度ほど来たことがあるが、やはり独特の雰囲気がある。一言で言うと余裕がある・・・人も街も落ち着きがあり、洗練されていて実に品がある。要するにフランスは大人なのだと思う。
3時間でモンペリエに到着。また乗り継ぎの時間が2時間ほどあったので外に出てみた。「乗り継ぎの時間があるけど、モンペリエはキレイな町だからぜひ見てみて」とトゥーロンで切符を買うとき窓口で助言してくれたけど、モンペリエはトゥーロンなどと違い町が大き過ぎて歩いて行けるような距離には何もない。おまけに今日は日曜で店が閉まっていて食事をするところすらまともにない。結局、得意のマックを見つけて寛いでしまった。
モンペリエからペルピニャンまでは久々にTGVに乗った。切符を買うときの話では、TGVでも他の列車でも料金は変わらないそうだ。
僅か1時間半ほどでペルピニャンに到着。インフォメーションがないので勘で宿を探す。フランスの宿は入口に料金表が貼ってあることが多いので助かる。いちいち中に入って聞く手間が省ける。
ペルピニャンは国境の町で、比較的新しい町のように思われる。この町にはフランス独特の雰囲気がない。言い方が悪いが気取ったところがなく、庶民的な匂いがして個人的には好感が持てる。スペインにはこれまで行ったことがないが、雰囲気はこんな感じなのだろうか。
駅から少し離れたところになかなかいい匂いのする宿があって、行ってみたら大正解だった。あいにく20Eくらいの安い部屋は塞がっていたが、通りを挟んでホテルの向かいにあるアパートの一室を貸してくれた。一泊35Eだが、二部屋の他に冷蔵庫つきのキッチンまであり、シャワーとトイレも別になっている。35Eと聞くと安いと思えるようになってしまったから、基準が変わると人の感覚も変わるものである。
今日はW杯の決勝戦が20:30からあり、宿の人たちと一緒に大画面TVで楽しく観戦した。スペインに近いこともあってもちろん全員スペインを応援している。
従業員の一人は自分らが宿に着いたとき既にスペインのユニフォームを着ていた。でも、今年のユニフォームではなく、背中には「RAUL」と入っている。
何と読むのか知らないが、フランス語でオランダのことは「PAYS-8AS」と書くらしく、略して「P-8」。TV画面の隅に表示されているのは「ESP」対「P-8」、最初何のことかと思った。
一緒に見ていた宿のマネージャーと思しきおっちゃんも、試合が白熱してくると奥に行ってスペインのユニフォームに着替えてきた。でも、やはり今年のものではなく、背中には「RAUL」の文字が・・・。
互角のつばぜり合いの続く白熱したいい試合だった。延長後半にスペインのゴールが決まったときは皆大騒ぎ。そのままスペインが勝ったときは、マネージャーのおっちゃん自ら奥から爆竹を持ってきて宿の外で鳴らし始めた。今頃すぐ隣のスペインは大騒ぎに違いない。

11jul2010 トゥーロンの街並 11jul2010 トゥーロンの朝市

Trackback [0] | Comment [2] | Category [■ 033_France / フランス] | 2010.07.12(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

まさかのラトゥール・デ・キャロル

2010/7/12 月
アンドラという国をご存知だろうか?
フランスとスペインの国境にはピレネー山脈が走っている。その国境線上、まるで虫食いの穴のようにポツンと存在しているのがアンドラというミニ国家である。
どのような経緯で存続するに至ったのか、実は不勉強で知らないのだが、地図を見るたび興味をそそられ、いつか訪れてみたいと思っていた。
当初はバルセロナからアプローチしようと考えていたのだが、昨日ペルピニャンまでしか行けなかったのも何かの縁、ペルピニャンからもアプローチできそうなのでアンドラ経由でスペインに抜けることにした。したのはいいのだが、フランス側からのアプローチはかなり大変だった・・・。
昨晩はW杯の余韻もあって夜更かししてしまったので、今日は最初から昼の列車に乗る腹で宿を出た。行き方と列車の時間は昨日駅で確認してあった。
ペルピニャンからラトゥール・デ・キャロルまで通しの切符を買い(一人25E)、予定通り12:26の列車に乗る。1時間弱で最初の乗換駅であるVillefranche-Vernet-les-Bainsというちょっと長い駅名の駅に着く。ここまでは順調。
ヴィレフランシェから登山鉄道に乗り換えるのだが、ここで第一の不運。トロッコ列車を大きくしたような黄色の可愛い登山列車が既にホームに入っていたのだが、どうも列車の調子が悪いらしくいつまでたっても乗り込めない。他の乗客と一緒に待つこと1時間半、1時間遅れでようやく出発と相成った。1時間遅れくらいなんでもないだろうと軽く考えていたのだが・・・後になって考えるとこの遅れが仇となった感が強い。
登山列車での移動は実に爽快。景色はキレイだし、何より景色を見るのに速度がちょうど良い。時速は20~30km/hくらいだと思う。自転車で軽く流すような速さで景色が流れていく。
自分にとって旅の移動の道具として一番心地いいのは自転車ではないか、とかねがね思っている。景色の流れる速度がちょうどいいのだ。車やオートバイでは速過ぎるし、かといって歩きでは遅過ぎる。
登山列車での移動は景色の流れ方が自転車に通ずる。というわけで、別に登山列車や例えばボートなどでもかまわないのだが、自転車の良いところは自分の力で(時に重力も借りて)進むことである。川のあるところではカヌーでもいいのかもしれない。
美しい景色を見ながらふとそんなことを考えていると、無性に自転車に乗りたくなってくる。おまけに今はちょうどツール・ド・フランスの期間中で、時々TVでツールの模様などを見たりするとなおさらだ。
登山列車はのんびりと歩を進め、1時間半ほどでMont-Louis-la-Cabanasseというこれまた長い駅名の駅に着く。ここで同じ鉄道会社の運行するバスに乗り換える。
列車を降りて駅の外に出ると、うまいタイミングでバスが来たので他の乗客と一緒に乗り込む。が、実はこのバスは単に二つ先のFont-Romeu-Odeillo-Via駅(ホント駅名が長いなぁ・・・)まで連絡しているバスに過ぎなかった・・・。
後で推測してみると、どうやら元々乗るはずだったラトゥール・デ・キャロル行きのバスは登山列車が遅れたため出てしまったらしいのだ。登山列車に乗るとき車掌に聞いたら、列車が遅れてもバスは待ってるから大丈夫、と言ってたのに・・・。
実はラトゥール・デ・キャロル行きのバスには、Mont-駅でも二つ先のFont-駅でも乗り換えることができた。始発のバスに乗った方がよかろうと考えてMont-駅で乗り換えたのだ。Mont-駅で乗り換えた他の乗客も皆同じ考えだろう。
で、(後でわかった)連絡バスがFont-駅に着く直前、何とFont-駅を出たラトゥール・デ・キャロル行きのバスとすれ違ったのだ。てっきりこのバスに乗り換えられると思い、Font-駅で連絡バスを降りてすぐにラトゥール・デ・キャロル行きのバスが止まっていたところまで行ってみたが、既にバスはいなかった・・・。自分らより先にバスを飛び降りて走っていったおっちゃんもやはり乗れなかった様子。
連絡バスに乗るとき、ラトゥール・デ・キャロルに行きたいと運ちゃんに伝えておいたのに・・・しかも言葉の通じない自分らと違い他の乗客は皆フランス人だったのに・・・何でこんなことになるんだ???
連絡バスを降りるとき運ちゃんに確認したら、次の列車に乗れということだった。で、次の列車というのが18:53・・・駅に着いたのは16:40頃で、ラトゥール・デ・キャロル行きのバスが出ちゃったのはその5分前だ。あぁ~何たる不運、結局Font-駅で2時間以上待つ破目に・・・。
Font-駅のある辺りは標高1,500mくらい。降り立つことになったのは不運からだが、実に美しいところであった。映画の1シーンにでも出てきそうなところである。
18:53の登山列車は(驚いたことに)時間通り現われ、無事に出発。列車はガラガラで、自分たちの乗った客車は貸し切り状態だった。
ラトゥール・デ・キャロルまでの景色はちょっとあり得ないくらい美しかった。途中の集落には可愛らしい家が疎らに建っていて、おばちゃんが窓から列車に手を振ってくれたりする。ちょっと不便なこともあると思うけど、こんなところに住んでる人たちはきっと幸せに違いない。
ラトゥール・デ・キャロルに着いたのは20:00過ぎ。20:00過ぎと言ってもようやく夕方になったくらいの明るさである。登山列車はここまでで、駅で線路が唐突に終わっている。
駅の近くにあるインフォメーションはもちろん閉まっている。念のため駅の窓口でアンドラに行く足がないか聞いてみたが、案の定今日は終了してしまったとのこと。明朝7:20の列車で国境近くまで行き、そこからはバスに乗れるという話。
あぁぁ・・・予定通りラトゥール・デ・キャロルに来られていれば今日中にアンドラに入れたのに・・・田舎ではバスや列車を一本逃すと取り返しがつかない。日本でも同じだ。
そんなわけで、またしてもまさかのラトゥール・デ・キャロルに足止めとなった。なったのだけれど、見渡す限り駅周辺に宿の類はない。ついでに駅の窓口で聞いたら、歩いて10分のところにキャンプ場があると教えてくれた。日本に送り返さずに持ち歩いていたテントがこんなところで役立つこととなった。
キャンプ場の使用料は、テント持込で一人8.7E。
自分の経験から言ってフランスのキャンプ場は静かで快適。ここも例に漏れず静かで快適なキャンプ場であった。
フランスのキャンプ場が日本のキャンプ場と決定的に違うのは何と言っても静かなことだ。皆自然の中で静かな時間を楽しんでいる。間違っても花火やバーベキューが始まったりすることはない。要するに大人のキャンプなのだ(子供もいるけど)。この点は実に好感が持てる。
通常、設備もすごく整っている。ここのキャンプ場はすごくて、なんとプールまでついている。シャワーやトイレ、洗面台などいったいいくつあるんだ?という感じだ。シャワーやトイレのある棟の中で迷いそうな勢いである。
困ったのはテントを固定する石がまったく見当たらなかったことだが、右往左往してたら隣のテントのオランダ人夫婦がペグを貸してくれた。ありがたいことです。
さらに困ったことに、買出しをしてないので食料はおろか水もほとんどなかったのだが、水は管理人に聞いたら水道水が飲めるということだった。食料は残りのパスタを塩だけ振って食べたのと、リミニの中国人の経営する商店で買ったラーメンの残り1ヶで済ませた。
横着をしてシュラフを出さずシュラフカバーだけで寝たのだが、夜は意外と冷えた。シリア辺りでウレタンマットを捨ててしまったのも悔やまれた。

12jul2010 Mont-Louis-la-Cabanasse行きの登山列車 12jul2010 Mont-Louis-la-Cabanasse付近の風景

12jul2010 Font-Romeu-Odeillo-Viaの風景 12jul2010 ラトゥール・デ・キャロル行きの登山列車

12jul2010 ラトゥール・デ・キャロルのキャンプ場

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 033_France / フランス] | 2010.07.16(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 033_France / フランス
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。