スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プーノ ~ コパカバーナ ~ 太陽の島

2010/9/30 木
7:00にタクシーにピックアップしてもらってバス・ターミナルまで。ターミナル使用料の1sを払って早速バスに乗り込む。
バスは時間通り7:30に出発。南米に来て以来初、久々のツーリスト・バスで乗客はほぼ全員外国人ツーリスト。
国境の町ユングーヨで両替えして10:00にペルー側の国境着。手続きはいたってスムーズ、そのまま歩いてボリビア側のイミグレへ。ボリビアの入国手続きもいたってスムーズで、ほとんど何も見ていない感じ。
コパカバーナは国境からすぐのところにあり、11:00に到着。バスで入るときに通行料?の1Bsを徴収される。えらいツーリスティックと聞いていたのだが、町自体が小さいためペルー側に比べるとずいぶん静かで落ち着きがある。
ボリビアとペルーの間には1時間の時差があり、ここで時計を1時間進めた。
そのまま午後の舟で太陽の島へ渡ることにする。島まで片道10Bs(ボリビアーノ。1Bsが約12円)。
13:30に舟が出て1.5時間ほど舟に揺られる。ハッキリ言ってティティカカ湖はボリビア側の方が静かでずっといい。名の通っているのはペルー側だが、人が多くて騒がしい。これからティティカカ湖に来られる人はボリビア側へ来られることをオススメする。
太陽の島はインカの初代皇帝MANCO CAPACが降り立ったとされる聖なる島である。が、特にこれといって何もない静かな島である。
コパカバーナの港からは舟で1.5時間ほどかかるわけだが半島のように突き出たところからは目と鼻の先で、湖を跨いで送電線が張られ島には電気がある。
15:00に太陽の島へ上陸。ここでも入島料の5Bsが徴収される。
石段を上って眺めのいい上の宿を目指す。自分らの持っている古いガイドブックには「島には二つの宿がある」などと書かれているが、今では驚くほどたくさんの宿がひしめいている。こんなにたくさんの宿がやっていけるほど人が来るの?とちょっと心配になるくらいだ。ま、ほとんどの宿はガツガツ商売しているわけではなく、農作業の片手間に宿もやっているといった感じではある。
決めた宿はまったく商売気のないインディヘナのおばちゃんの宿で、一泊一人20Bs。「アビタシオン」と書かれているだけで宿名は不明。東向きの部屋の窓からティティカカ湖と月の島を見渡せる抜群のロケーション、ここからだと朝日がキレイに見えるはずだ。
プーノから一緒のジュンコさんも同じ宿。自分らはのんびり島に二泊することにした。
宿から3分ほど、坂を登りきると島の反対側を望むことができ夕日を眺めることができる。ここにも何軒か宿があり、その中の一つがロンプラに載っているらしく一人勝ちの様相である。
久々にキレイな夕日を見た。ペルーは山がちのところが多く夕日を見られるようなところがあまりないから・・・。
さすがに日が沈むとかなり寒い。基本的に日没後は静寂に包まれるのだが、近くの広場あたりで練習?しているらしい太鼓や管楽器の音が夜中までうるさい。

30sep2010 ボリビア国境まで歩く 30sep2010 太陽の島

30sep2010 島の宿から 浮いて見える月の島 30sep2010 日没後のティティカカ湖

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 042_Bolivia / ボリビア] | 2010.10.05(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

太陽の島

2010/10/1 金
残念ながら雲が多くて朝日は望めなかった。
午前中の舟で帰るジュンコさんを見送ってから島の中を歩いてみる。東側の海岸沿いに島の北部へ向かってみるが、道が不明瞭な上アップ・ダウンが激しくて埒が明かない。2時間歩いて1/3も進んでいないことに気付き、西側の山の尾根につけられた遊歩道へ上り返した。
こちらは有料なだけあって実に快適。本来は一人15Bsかかるのだが、昨日道を聞いた旅行者にもらった使用済みのチケット(裏面に地図がある)を見せたらあっさりパスできた。チケットには日付も手書きされているし二人で一枚しかなかったのだが、チラッと見せたらあっさり通してくれた。
標高が高いためか体が本調子でないためか、今日は歩いていてやたらと疲れる。
けっこうな旅行者が遊歩道を歩いているのだが、行った先に何かあるのかというと特に何もない。唯一、地図に「聖なる石」と書かれた石のテーブルのようなものがあった。由来などについては一切わからないのだが、その昔何かの儀式に使われたものなのだろうか???見た目はただの石のテーブルで、ツアー客が周りを取り巻いていなければ見過ごすところだった。
ま、太陽の島は何かをせかせか観光するようなところではなく、日がな一日ボーっと湖面を眺めてのんびりするようなところということだ。むしろ歩き回ったりせずに、宿の近くの眺めのよいところで一日ボーっとしてる方がいいかもしれない。
帰りは最後まで遊歩道を辿って帰ってきた。実に快適で片道1.5時間といったところだ。
昨日のチケット一枚で大丈夫かちょっとドキドキしたが、地図を見てる振りをしながらおっちゃんの脇を通ったら帰りもOKだった。最後のところにゲートがありチケットを売っていそうな小屋もあるのだが、ここは閉まっていたため難なく通過。昨日の夕方も閉まっていたから、開いている時間はほとんどないのかもしれない。
夕方16:00を過ぎると急に風が出てきて寒くなった。残念ながら今日は雲が多くて夕日も見られず・・・。
夜になっても風はやまず、部屋の外に出るとかなり寒い。とてもじゃないが階下のバーニョでぬるま湯がチョロチョロしか出ないシャワーを浴びる気にはならない。けっこう埃まみれになったが今日も浴びないでいーや・・・。
強風の所為か、うるさかった太鼓と管楽器の音も今日は20:00過ぎにはやみ、寒いけど夜は静かで快適だった。

1oct2010 教会の前で集会中 1oct2010 聖なる石

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 042_Bolivia / ボリビア] | 2010.10.05(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

太陽の島 ~ コパカバーナ ~ ラ・パス

2010/10/2 土
今朝はどんよりと曇って朝日どころの騒ぎじゃない。特にボリビア側には黒い雲が低く垂れ込めていて雨でも降っていそうな感じである。相変らず風もあって寒い。寒気でも入り込んだのか、急に季節が変わってしまったかのような感じである。
宿のおばちゃんは昨日の夕方から不在で、部屋のドアに鍵を残し8:30に宿を出る。10:30の舟に乗るべく船着場まで来た道を下る。
行きは10Bsだったのに帰りの舟は20Bsらしい・・・帰りは人が集まらないから、という理由らしい。しばらく様子を伺っていたが壁にもペンキでデカデカと20Bsと書かれているし、他の人もブーブー言いながら払っていたので諦めてチケットを買う。
10:30過ぎに舟は出た。風があって行きより舟は揺れ、最初は本を読んでいたのだがすぐに読むのをやめた。コパカバーナに着く頃には軽く酔ってしまった。1.5時間強でコパカバーナに到着。
早速ラ・パス行きのバスのチケットを買い(25Bs)、何か食べようと町中をブラブラ。後で知ったのだが、丘の上にあるコパカバーナのカテドラルはかなりスゴイらしい・・・自分らは見ずにコパカバーナは素通りしてしまったのでちょっと残念。
ラ・パス行きのバスも100%ツーリスト・バスだった。バスの中でキトとクスコで会っていたサリナちゃんとばったり再会。
途中、ティティカカ湖とウイニャイマルカ湖を結ぶティキーナ湖峡を渡る。バスに乗ったまま船に乗るのかなぁと思っていたのだが、バスとは別の小舟に乗って対岸に渡った(1.5Bs)。波があって揺れる、揺れる・・・。
バスが乗ったのはバス一台がようやく乗る大きさの筏のような舟で、波にもまれて揺ら揺らさまよう姿がどことなく滑稽だった。
沈むことなくバスも無事に湖峡を渡り切り、再びラ・パスに向けて出発。
しばらく行ったところで路肩におもむろにバスを止め、運ちゃんと乗務員が無言でパンクのタイヤ交換。インドやアフリカではよくあったが南米に来てからパンクに見舞われたのは初めてだ。
ちょうど1時間してバスは再び走り始めた。バスの中で拍手が起こる。
結局予定より2時間ほど遅れて19:00にラ・パスのバス・ターミナルに到着。サリナちゃんとタクシーをシェアしてエル・ソラリオまで。
エル・ソラリオはムリリョ通りとサンタ・クルス通りの交差点付近にある安宿で、行ってみたら日本人が20人くらいいた。これまでリマやクスコでもあまり会わなかったけど、ラパスには溜まってるなぁ・・・。部屋数がやたらとあって日本人以外もたくさん泊まっている。
宿泊している日本人の中にケニアのニューケニア・ロッジで会ったエータロウ君がいた。さすがに大陸を跨いで再会するのは初めてのことでビックリ!夜は何人かの人と旅の談義に花が開いた。

2oct2010 波に揺られるバス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 042_Bolivia / ボリビア] | 2010.10.05(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ラ・パス その1

2010/10/3 日
ボリビアは南米の中で特にインディヘナの人口比率が高い国で、インディヘナが人口の半数以上を占めている。
ラ・パスの標高は3,650m、世界最高所にある首都である。ボリビアの憲法上の首都はスクレなのだが、1900年に行政機関が移って以降ラ・パスが実質的な首都となっている。
ラ・パスはすり鉢状の構造をしていて、貧しい人ほど上に住んでいる。通常、世界中どの都市へ行っても山の手の高台には金持ちが住んでいると相場が決まっているものだが、ラ・パスは真逆だ。少しでも空気の濃いところに金持ちが住もうとしているわけでもあるまいが、とにかく上へ行くほど貧しい人たちの家が広がっている。
宿があるのはすり鉢の中心に近いところで、すり鉢の上にはエル・アルトと呼ばれる町がある。エル・アルトの標高は4,150mで、今や世界最高所にある町となっている。
今日はすり鉢の中心付近をブラブラした後、夕方からエル・アルトへ行き、毎週日曜に行われているインディヘナのおばちゃんプロレスを見てきた。エル・アルトまでコレクティーボで1.5Bs。
エル・アルトはとにかく広く、おばちゃんプロレスの会場を探すのも一苦労だ。「ルチャ・リブレはどこでしょうか?」と聞いてみるのだが、知らない人もいたりしてなかなか辿り着くのが大変。
外国人の入場料は50Bsで、これにはスナックやお土産、帰りのバスのチケットなどもついている。ボリビアの人がいくら払っているのか知らないが、老若男女を問わずけっこうな人が入っているからかなり安く見られるのだと思う。
外国人は50Bsも払っている手前、リングサイドの特等席で見物することができる。その後ろの階段状の席にボリビアの人たちが座っている格好になる。
前座も含めプロレス自体は16:30から始まっているらしいのだが、自分らは17:00過ぎから見物した。前座といっても、前座とメインとでほとんど質に違いはないのだが・・・。
おばちゃんプロレスというくらいだから格闘技とは無縁の完全な娯楽である。地元の人にはけっこう盛況で、特に子供たちは大喜びである。
どのマッチも善玉と悪玉がハッキリしているのだが、インディヘナのおばちゃん vs スパイダーマンというように、どっちが善玉でどっちが悪玉なのかはじめて見る者には見分けるのが難しい・・・。たいていの場合レフェリーが悪玉の見方である。
善玉とレフェリーがやり合っている時に背後から悪玉がこっそり近づいたりすると子供たちがキャーキャー声を上げて大盛り上がり・・・まるでドリフのコントを見ているようである。
役者はそれほど多くはなさそうで、さっき前座のマッチに出ていた人が顔のメイクを変えて再び登場したりするのが見ていて微笑ましい。
ちょっとふっくらしたインディヘナのおばちゃんが三つ編みにスカートといった民族衣装の出で立ちで、時にパンツも見せながら何故プロレスなのか、もちろん謎である。
どれがメインのマッチだったのかもわからぬうちに、19:00頃終了。
帰りのバスから見下ろしたラ・パスの夜景はヤバかった・・・もしかしたらこれまでに見た夜景の中で一番キレイかもしれない。遠くの方の光は星のように瞬いていた。

3oct2010 エル・アルトにあるチェ・ゲバラの像 3oct2010 おばちゃんプロレスの会場

3oct2010 おばちゃん vs スパイダーマン 3oct2010 おばちゃんのマイク・パフォーマンス

3oct2010 おばちゃん vs おばちゃん

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 042_Bolivia / ボリビア] | 2010.10.05(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

デス・ロード ダウンヒル

2010/10/4 月
デス・ロードと呼ばれている道がある。
ラ・パスからコロイコへ向かう峡谷沿いの道で、今では山を迂回して新たな道路が走っているため通行する車も少ないが、かつては現在旧道となっている道を抜けるしかなかった。
通行するバスや車が狭い道から谷へ転落し、これまでに多くの人が亡くなっているのがデス・ロードと呼ばれている所以だ。このあたりの谷は驚くほど深く、道から転落したらまず助かりそうにない。
この現在旧道となっているデス・ロードをMTBで下るというのがアトラクションとしてけっこうな人気を集めているわけなのだが、結論を先に言うと、コイツは絶対オススメ!気分爽快で実に面白い。帰って来るなりもう一度行きたいくらいだ。
申し込みは昨日した。料金はMTBのグレードによって4段階あり、自分らは最低グレードの300Bsのプラン。一緒に行く日本人が他に3人いて、日本人は5人とも300Bsの最低グレードをチョイスしたが、他の欧米人は全員最高グレードをチョイス・・・国民性というか旅のスタイルの差が出る。だいたいどこでもこんな感じで、欧米人はこういったことに金を惜しまない。
結果的にはマシンは最低グレードで十分だ。道は狭く谷に転落すると間違いなく死ぬが、ロード・コンディション自体はイージー。傾斜もないし、バンピーでもスリッピーでもない。この感じであれば、まずリア・サスは不要である。
最低グレードといってもフレームはトレックだし、フロント・サスのストロークも十分だから、ま、あとは快適性を金で買うかどうかといったところか・・・。
ラ・パスからスタート地点のラ・クンブレ(4,700m)まで車で1.5時間ほど。ハイエースからマシンを下ろし、準備して説明を聞いて早速スタート。
最初はしばらく舗装路。舗装の状態もよく、これが実に快適。自転車といえば普段上りを中心に乗っていて、下りは上りの後のご褒美のようなものだが単純に気持ちいいよねぇ~。
しばらく下った後、いったん車に乗って移動。途中でエントリー・フィーの25Bsを払う。
新道から右の旧道に入ったところから再スタート。ここからが本番、ダートのデス・ロードとなる。
天気はいいし眺めも良くて最高!所々ホントにヤバイ箇所がある・・・スッパリ切れ落ちている上、谷が異様に深いのだ。万一落ちたら助からんだろう。
今回参加している欧米人は皆分別のある大人で、よくいるような悪乗りして大はしゃぎというメンバーがいないのはありがたい。先頭グループにいる人たちはダウンヒルの経験者なのか、なかなかお上手。
しばらく走っては後続を待ち、しばらく走っては後続を待ちというのを繰り返しながらヨロサ(1,200m)のロッジにゴール。最後はちょっとだけ上り。皆ダウンヒラーなのか上りはめっぽう遅く、その気はなかったのに気付くとトップでゴールしていた。
ロッジで休憩&昼食。ここのビュッフェの昼食はとびきり旨かった。
帰りは下った道を車で上り返す。下っているときは谷側ばかり気にしていて気付かなかったが、山側には至るところに十字架のついた慰霊碑のようなものがあった。
帰りはラ・パスまで3時間。
いやーダウン・ヒルってのも面白い。10年くらい前まではオフロード・バイクに乗っていて、あちこち林道を走りまくっていたわけなんだけど、久々に2輪で思う存分ダートを走り回ったような気がする。ロードもダートも一緒だけど、エンジンブレーキのない自転車のダウンヒルはバイクより刺激的。
ダウンヒル中の写真と動画はガイドが撮ってくれるので自分では一切撮っていない。撮った写真と動画はDVDに焼いて後でくれる。
なかなかしっかりした記念のTシャツまでくれて300Bsだからけっこうお得なツアーなのではないかと思う。
経験の有無を問わずもしラ・パスに来る人がいたら是非!
クスコのヤワタで会ったヒサ君と宿で再会、一緒に夕飯を食べ、夜遅くまで話し込む。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 042_Bolivia / ボリビア] | 2010.10.06(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 042_Bolivia / ボリビア
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。