スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ビジャ・モンテス ~ アスンシオン

2010/10/21 木
ビジャ・モンテスを出て1時間半ほど、5:30前にボリビアのイミグレに着く。出国の手続きはいたってスムーズ。
出国印をもらい、イミグレの外に机を並べるおばちゃんのところで余ったボリビアーノをグアラニーに両替え。レートはよくないが、この先ボリビアーノを両替えできるところもそうそうなさそうなので仕方ない。
30分ほどで全員の手続きが済み、6:00に再びバスは走り始めた。道も良くないし、ボリビアからパラグアイに抜ける旅行者は少なく、同じバスに乗り合わせたのはイギリス人カップルの二人だけである。
ここの国境が珍しいのは、とにかく国境とイミグレが離れていること。ボリビアのイミグレから国境まで1時間強あり、さらにパラグアイのイミグレまでは国境から4時間ほどもかかる。こんな国境はこれまではじめてである。
7:30前に国境に着く。パラグアイ側ですぐに荷物の検査。何をターゲットにしているのかわからないが、パラグアイはとにかく荷物検査が頻繁で、折に触れてバスを止めて荷物検査が入る。アスンシオンまで都合5~6回はあっただろうか。たいてい外国人ツーリストはフリーパスで、ボリビア人やパラグアイ人が抜き打ちで荷物を開けられている。
パラグアイに入った途端に道が舗装路になった。ただし所々舗装が剥げていて状態はよくない。
国境を越えても車窓の風景は全く変わらない。低木の原野が延々と続く。
パラグアイの国土面積は日本のおよそ1.1倍。ほぼ日本と同じ面積なのだが、山がないためずっと広く感じる。国のほぼ中央を流れるパラグアイ川によって東西に分けられ、地勢的にも気候的にも川の東西で大きく様相を異にする。
人口は日本のおよそ1/300で、そのほとんどがパラグアイ川以東に暮している。国土の60%を占める西部のチャコ地域にはほとんど人が住んでおらず、手付かずの原野が延々と広がる。
ほとんど人が住んでおらず、というのはホントに人が住んでいない。通常世界中どこでも、どんなに人が少ないと言ってもバスで幹線道路を走っていれば所々に集落が現れるもんだ。パラグアイのすごいところは、国境からアスンシオンまで、アスンシオンのごく近くまで集落らしきものが一切ない点である。
つまりバスが休憩に寄れるようなところは皆無で、食堂や商店もなければ物売りもいない。よってバスはノンストップで走り続ける。水は適時バスの中で配ってくれるし、昼食のランチ・ボックスも配られて感激した。
パラグアイ人のゴミに対する意識はおそらくインド人並みだ。ペットボトルだろうがプラ・ゴミだろうが車窓から原野へガンガン投げ捨てる。
昼食の後、ランチ・ボックスのゴミを乗務員のおっちゃんが回収に来た。さすがにこれだけ大量のゴミは回収するのか、と感心したのも束の間、回収を終えてバスの前部へ戻ったおちゃんの取った行動は衝撃的だった。なんと、バスのドアを開けてゴミを原野へぶちまけたのだ、袋は手元に残して中のゴミだけバラバラと・・・。そのほとんどはプラ・ゴミである。ゴミを回収した意味が全くないじゃん!あービックリした。
現在の日本人のゴミに対する意識は、世界的に見て抜群に洗練されている。世界中の人たちとの意識のギャップに驚かされるばかりだ。今時日本ではタバコの吸殻すらポイ捨てする人は稀であろう。
一度世界中の人たちに日本の現状を見せてあげたい。きっと自分が衝撃を受けるのと全く逆の意味で衝撃を受けるに違いない・・・。
11:45にようやくパラグアイのイミグレに到着。ここでもバスを降りてすぐに荷物検査。しかもここでの荷物検査は抜き打ちではなく全員が対象だ。
全ての荷物を一列に並べ、その横に全員が一列に並ぶ。まるで囚人のようである。係官がバスの乗客リストと本人のIDを逐一照合する。
まずは犬による検査。係官が犬を連れて荷物に沿って一往復。犬はキョロキョロしていて真面目に仕事をしているように見えないが、彼の嗅覚だとそんなんでも十分なんだろうな、きっと。犬を使っているところからすると、やはりターゲットはコカインであろうか?
犬のチェックが終わると一人ずつ係官に呼ばれる。荷物を開けるかどうかは係官次第で、マユミの当たった係官は話だけして終わりだったが、自分の当たった係官には荷物を開けるように言われ、半ば荷物を出す破目に・・・あぁ面倒クセー。
荷物チェックに比して入国審査は妙に緩い。日本人はビザ不要で、何も聞かれず即入国スタンプを押してくれる。
ボリビア人やパラグアイ人に対する荷物チェックはかなり執拗で、結局全員の手続きが済むのに1時間ほど要した。
原野の中の一本道をまたひたすら激走、途中何度か荷物チェックを受けながら・・・。これだけ何度も何度も荷物チェックをすることに何か意味があるのか???
途中、大きな破裂音とともにタイヤがバースト。が、後輪だったためバスはスピードを落としてそのまま走り続け、ガソリン・スタンドが現れたところでようやくタイヤ交換。
日が沈み、アスンシオンに近づいたところでようやく家々が現れ始めた。夕立があったのか辺りには所々水溜りがあり、心なしかちょっと涼しくなった気がする。
20:45にようやくアスンシオンに到着。バス・ターミナルに程近いバス会社の前に着くと、着くなりいきなり嵐となった。雷が鳴り、風とともに雨が吹きつける。
屋根の下でしばらく待機。が、一向にやみそうにないので諦めてタクシーを拾う。時間は遅いし雨は降っているしでバスに乗るのが億劫になったのだ。ちなみに、現在パラグアイはサマータイムを採用していてボリビアとは1時間の時差がある。時計を1時間進める。
タクシーで旧市街まで、深夜割り増しもあって54,000G也。パラグアイの通貨は前記の通りグアラニー(G)で、今のレートは$1がおよそ5,000Gくらいである。
宿はガイドブックに出ている一番安い宿、エンバハドールへ。Wが一泊70,000Gのところ、二泊以上で60,000Gにまけてくれる(全室コン・バーニョ)。
久々にボロい宿だが、天井が高くて妙に落ち着いたりする。南米にもこういうボロい宿があったのかぁ・・・。
外は雨が降り続いていて移動中が嘘のように涼しい。こうなると水シャワーのみだとちとキツイ。まぁ普段は問題ないんだろうけど・・・。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 043_Paraguay / パラグアイ] | 2010.10.24(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

アスンシオン その1

2010/10/22 金
久々にゆっくり寝た。起きたら11:00でちょっとビックリ。
相変らず天気は悪く、昨日宿のおっちゃんが言ってた通り昼頃から雨になった。今日は何もせず一日のんびりだ。
パラグアイでは困ったことが二つある。
一つはATM。なんと、金額によらず一律25,000Gもの手数料がかかるのだ。こんなに手数料の高い国はこれまでなかった。仕方ない、パラグアイではATMを使うのを諦め米ドルを両替えすることにしよう。ドル売りのレートは1$=4,930G程度である。
もう一つ困ったのは食事。エクアドル、コロンビア、ペルー、ボリビアとずっと食べることのできたスープ付きの定食はもはや食べられない。パラグアイの食事はもうほとんどアルゼンチンに近い。アメリカンと言うか、アフリカンと言うか・・・要するに工夫がない。肉は旨いのだけれど、焼くだけ!煮るだけ!といったように料理に何の工夫もない。ただし量だけはこれまでの国と比べてやたらと増えた。
こういうのを目の当たりにすると、アジアの、特に日本の料理は素晴らしいと実感せずにおれない。
唯一面白いと思ったのは、意外にも米は食べるようなのだが、お粥状にして食べる点だ。
それでもまだ昼間は食堂や軽食のスタンドが開いているのだが、夜は軒並み閉まってしまいバーガーやピザしか食べるものがない。ピザと言っても、所謂食べる気の失せるアメリカン・ピザだ。
結局、昨日も今日も夕食はバーガーだった。昨日は時間も遅かったから仕方ないと思っていたのだが、まさか今日もバーガーを食う破目になろうとは・・・。美味しいのだけれど、毎日食べるのはちょっとなぁ・・・。
スーパーに並んでいる品々もだいぶアメリカ的になってしまい面白味がなくなった。とにかく全てが大雑把でデカイ・・・今日買ったシャンプーも1Lサイズだ。
アスンシオンにはこれまでの南米の都市にあったような活気がまるでない。リマやラ・パスのような露店の建ち並ぶエネルギッシュな活気もないし、かといってブエノスアイレスのような大都会のわけでもない。
首都でありながらどこか小さな地方都市、とでもいったような様相だ。道行く人も車も桁違いに少ない。全ては人口が少ないから、ということであろうか。
どこかひっそりとしていて、夜など信じられないくらい静かだし、まぁこれはこれで居心地がいいのかもしれない。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 043_Paraguay / パラグアイ] | 2010.10.24(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

アスンシオン その2

2010/10/23 土
アスンシオンに来て3日目にしてようやく晴れた。晴れるとそれなりに暑いのだけれど、川に近いためか常に心地いい風が吹きぬけていて過ごしやすい。
朝から町中をブラブラ歩き回ってみた。
今日は土曜のため路上にいくつか露店も出ていたりする。
最初に無料の国立美術館へ行ってみたのだが、休館日でもないのに何故か閉まっていた。
そのまま歩いてメルカド・クアトロへ。ここは要するにどこの都市にもあるようなメルカドであるが、特に目を引くようなものが売っているわけでもない。それなりに人出はあるのだが、どことなくひっそりとしているように感じられる・・・何故だろう。たいていどこのメルカドにもあるようなエネルギッシュな空気がないとでも言おうか・・・。
売られているもので唯一面白いと思ったのは、多くのパラグアイ人が愛用している巨大なティーポット。大きさはよく日本の労働者が使っている保温の弁当箱(ジャー・ポットと言うのだろうか?)くらい。革巻きになっていて表面に様々な絵が描かれている。やはり革巻きのカップとセットになっていて、パラグアイ人はこれにマテ茶を入れて持ち歩いている。
これがなかなかよくできていて、使い込むほどに味が出てきそうで、このティーポットを持って山仕事に出掛けたりするといだろうなぁ・・・などと想像だけしてみる。
帰りがけにパラグアイ川の岸辺にも行ってみたが、どうもパッとしない。別段キレイなわけでもないし、かと言って汚いわけでもない。なにか中途半端な感じだ。
ちなみに川岸にはスラムが広がっている。
うぅぅむ、それにしてもアスンシオンはある意味スゴイなぁ・・・興味を引かれるものが何もない。町に特に好感を持つわけでもなければ嫌なイメージを抱くわけでもない。町に対して自分が「無」の状態とでも言えようか・・・。自分にとってこんな町は珍しい。
言葉を裏返してポジティブな言い方をすれば、とてものんびりしていて平和な町である。外国人、パラグアイ人を問わず観光客(っぽい人)がこれだけ少ない町というのも実に珍しい。
実に平和だ。案外住んでみると、いい町でありいい国であるのかもしれない。
見たところ観光客はとても少なく、かつハッキリ言って観光資源には乏しい国であるが、観光にはかなり力を入れている一面がある。
アスンシオンにあるツーリスト・インフォメーションは、いつもガラガラで他に客がいたためしがないのだが、とにかくめっぽう親切で、行くと地図や冊子などを次々に出してくれる。
日本人移民が多い国柄もあってか、驚いたことに日本語の冊子やパンフレットも多数あり、中でも「パラグアイ旅行ガイド」なる100ページ弱のオール・カラーの冊子は売っていてもおかしくないくらいのクオリティであるのだが、これも無料でもらえる。
これらの日本語の冊子やパンフレット、他の国によくあるような間違いだらけの変てこな日本語が書かれているわけではない。書かれている日本語は完璧で、そのクオリティの高さにはホントに驚かされる。捨ててしまうにはあまりに惜しいので、ぜひ日本に送り返そうかと思う。
アスンシオンへ来られる人がいたら、ぜひインフォメーションをのぞいてみてください。きっと強い味方になってくれるはず。

23oct2010 ダンス教室のパレード?

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 043_Paraguay / パラグアイ] | 2010.10.25(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

アスンシオン ~ エンカルナシオン

2010/10/24 日
日曜日のアスンシオンはさらに輪をかけてひっそりしている。店は全て閉まっているし、旧市街は道行く人もほとんどなくさながらゴースト・タウンといった様相だ。
9:00過ぎに宿を出、昨日インフォメーションで聞いたとおり路上で31番の路線バスを拾って郊外のターミナルへ。運賃は2,100G。日曜はバスもガラガラだ。
旧市街から新市街へ出ると、人通りも現われだいぶ賑やかになる。車のディーラーや郊外型の大型店舗が道路沿いに建ち並ぶ。
アスンシオンの町は大きくその姿を変えつつある。旧市街の外側に新市街が形成され、郊外型へ移行するとともに徐々に旧市街は寂れてきている。
アメリカにあるような郊外型の町・・・日本の多くの地方都市がそうであるように、こうなってくるとその町本来の魅力は加速度的に失せてゆく。時代の流れとは言え、ちょっと寂しい気がする。アスンシオンの場合は人口が少ないことがまだ救いだ。
30分ほどでバス・ターミナルに到着。中に入るとやはりバス会社がたくさんあり、エンカルナシオン行きも嫌というほど出ている。あー面倒クセー・・・バス会社がありすぎるというのも毎回面倒なことだ。
一応、一通りのバス会社に運賃と出発時間を確認してみる。運賃は50,000~65,000Gほど。運賃の差はバスのグレードと直通かどうかといったところ。
ほとんどのバスが12:00発という中、一社だけ10:15発のところがあった。5分後の出発であるがまだ乗れるらしいので、このバスに決定!運賃は50,000G、当然セミ・カマでもなんでもない通常のバスであるが、5~6時間の移動ならどんなバスでも問題ない。
ちなみに、ターミナルの使用料は特に取られなかった。パラグアイでは無料らしい。
乗客がほとんどいなかったのでしばらく出ないだろうと高を括っていたら、自分らが乗り込むと即出発したので驚いた。途中で客を拾っていくらしい。
後でわかったのだが、結果的にエンカルナシオンへ着く時間は10:15のバスでも12:00のバスでも変わらなかった。12:00のセミ・カマのバスは運賃が高いだけあって直通で、その分エンカルナシオンに早く着くということである。
アスンシオンからエンカルナシオンまでは1号線をひた走る。さすがに道路もキレイで快適だ。
車窓の外は緑の原野一色。ただボリビア国境からアスンシオンまでと違うのは、道路沿いにパラパラと民家があることだ。乗客の乗り降りのためバスが止まるたびに物売りもバスに乗り込んでくるので助かる。
売っているのは主にチパと呼ばれるパンで、これが抜群に旨い!アルミドンという、マンジョーカ(ユカ芋)のでんぷんをこねて焼いたものであるらしい。
5時間半でエンカルナシオンに到着。小ぢんまりとしていて緑の多い、一見して居心地のよさそうな町である。
旅行者が少ないためだろう、宿の数も少なく所謂安宿の類は存在しない。1時間ほど探し歩いて一番リーズナブルだったホテルにチェックイン。Wが一泊80,000Gと言うところを二泊するからということで75,000Gにディスカウントしてもらった。コン・バーニョでWiFiはフリー。
荷物を置いて町の中をブラブラしてみる。日曜のためやはり店はほとんど閉まっているが、エンカルナシオンはいい感じだ。ひっそりとした小さな町で、どことなくゆったりした、のんびりとした空気が流れている。せかせかした忙しない空気とは無縁ののどかな世界だ。
エンカルナシオンに限らず、パラグアイ全体にこの桃源郷のようなゆったりとしたのどかな匂いが満ちている。気候や地勢の影響もさることながら、何より人口が少ないことが幸いしているのだと思う。ひとえに人口が少ないということはスバラシイ。
アスンシオンのところであれこれ書いたのも、言ってみればこののどかさの裏返しだ。ネガティブな言い方をすれば、何もやることがなくて暇、ということになる。受け取り方によって印象の大きく異なる国であると思う。

24oct2010 アスンシオンのターミナルへ向かうバスの中 24oct2010 エンカルナシオンのアルマス広場
ターミナルへ向かうバスもガラガラ・・・        エンカルナシオンのアルマス広場

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 043_Paraguay / パラグアイ] | 2010.10.25(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

エンカルナシオン その1

2010/10/25 月
居心地がいい・・・なんにもないけど実に居心地がいいぞ、エンカルナシオンは。
このまったりとした空気がたまらない。何もせずボーっとしてるのが最高!
晴れると日中は34、35℃ほどになるが、カラッとしている上常に川から心地いい風が吹いているためそれほど暑さを感じない。町中を歩いていてもほとんど汗をかかない。
パラグアイは日系人が多く、ここエンカルナシオンにも日系人の営む店が何軒かある。
昨日は閉まっていたけど、まず気になったのが「スーパーマーケット清美」。入ってみるとやはり日系人のおっちゃんとおばちゃんがやっていて、店の中で二人で会話するときは普通に日本語で話していた。
店には日本の食材も多く売っている。しょうゆはもちろん、カレーのルーやふりかけ、桃屋の「ごはんですよ!」まで売っていた。今どきインスタント・ラーメンは世界中どこでも売っているが、みそ味やしょうゆ味が売っているのは珍しい。同じく世界の「味の素」はどこででも買えるが、「ほんだし」が売っているのは珍しい。
もう一軒、たまたまタバコを買いに入った店も日系人のおっちゃんとおばちゃんがやっていて、アルゼンチン入国前にまとめ買いしておこうと思っていたタバコを安く譲ってくれた。パラグアイ産の一番安いやつをカートンで買うと一箱1,300G、およそ21円くらい。ボリビアでも一番安いやつが4Bsくらいしたから、その半分以下ということになる。
エンカルナシオンはアルゼンチン国境にある町で、食に関してはもうほとんどアルゼンチン。アスンシオンと比べても明らかにアルゼンチン色が濃い。アサードにしろステーキにしろ肉の量が半端ない・・・。
ここのところ完全に肉食と化している。赤身主体で脂身のほとんどない南米の牛肉はとても旨いのだが、中でもアルゼンチンは格別だ。前にパタゴニアへ行ったときにも思ったのだが、これなら毎日食べても飽きない。
アイスクリームもだいぶ豪快になった。通常のようにコーンに盛ってくれるだけでなく、発泡スチロールの容器に入れて500gとか1kg単位で売ってくれる店がある。こういうパターンは初めてだ。
パラグアイはまた(自分の独断と偏見によると)美人の産地でもある。スタイルがよく、整った顔立ちの人が多い。今朝方行ったカンビオの受付にいた女の子など、まるでスーパーモデルのようであった。やはり混血は美人を産む要素なのだろうか???
エンカルナシオンのインフォメーションはアスンシオンに輪をかけて親切だった。行くと次から次へと資料を出してくれるし、PCで国の紹介映像(しかも日本語版!)も見せてくれた。
さて、今日は朝一でブラジル領事館へビザの申請に行ってきた。ブラジル領事館はバス・ターミナルの目の前、宿から歩いて5分足らずのところにある。
訪れる人が少ないことが大きいのだろうが、とてもアットホームな領事館である。職員は皆明るく親切だし、こういうところでコーヒーを勧められたのも初めてだった。
申請に必要なのはパスポートと写真一枚、それと申請費用だけ。申請フォームに記入するのではなく、PCに必要事項を入力するだけで90日のマルチプル・ビザが即日発行される。
申請費用は事前情報では300,000G(およそ$60)で、今日も最初そう言われたのだけれど、カンビオでドルを両替えしてから費用を払いに行くと二人で300,000Gということであった。ビザ代値下げしたの???詳細は不明である。いずれにしても安くビザが取れたのはラッキーだった。
それにしてもエンカルナシオン・・・金儲けとか、損得勘定とか、人間関係のトラブルとか、そういった世の中の喧騒とは無縁の世界のように思えてくる。

25oct2010 昼のアサード 25oct2010 独立200周年?か何かのカウントダウン
昼のアサード・・・この潔さ、肉だけ!         独立200周年のカウントダウン?

25oct2010 スーパーマーケット清美 25oct2010 500gのアイスクリーム
スーパーマーケット清美                 これが500gのアイスクリーム

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 043_Paraguay / パラグアイ] | 2010.10.26(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 043_Paraguay / パラグアイ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。