スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

エンカルナシオン ~ ポサーダス ~ プエルト・イグアス

2010/10/27 水
エンカルナシオンからプエルト・イグアスへ移動。
当初、シウダ・デル・エステまでパラグアイ国内を北上し、そこからプエルト・イグアスへ抜けようと思っていた。このルートだと一瞬だけブラジルを通ることになる。
で、真偽の程は定かでないが、ブラジルのイミグレでせっかく取った90日のビザが30日とか45日に短縮されてしまうという噂を聞いていた。
せっかくエンカルナシオンまで来て取った90日のビザが短縮されてしまっては元も子もない。
やむを得ない、エンカルナシオンから直接アルゼンチンのポサーダスへ抜け、パラナ川の対岸をプエルト・イグアスまで北上することにした。パラグアイ国内を抜けた方がバスは安いし、プエルト・イグアスからの復路も同じ道を通らねばならないのが癪なのだが、無用なリスクを犯すのはやめにした。
エンカルナシオンのバス・ターミナルからポサーダス行きのローカルバスに乗る(5,000G)。パラナ川に架かる長い橋を渡るとアルゼンチンだ。
パラグアイ人だかアルゼンチン人だかはわからないが、地元の人はパラグアイの出国スタンプは不要らしい。自分らだけイミグレで降ろしてもらってスタンプをもらう。
イミグレといってもキチンとした建物に入るわけではなく、高速道路の料金所のようなところでポンッとスタンプだけ押してくれる。
またバスに乗って少し移動するとアルゼンチンのイミグレ。ここでは全員下車してイミグレへ。
特に何事もなく、パスポートを差し出すと即座に入国印を押してくれる。一応、X線による荷物検査あり。
この間、バスは降ろした人を待たずに行ってしまう。手持ちのチケットで次に来たバスに乗れるシステムになっている。
アルゼンチン側に来ると、(ポサーダスは大きな町ではないが)急に整然として都会的になる。イミグレでの手続きも含め、エンカルナシオンからポサーダスまで1時間ほど。
バス・ターミナルに着いてすぐプエルト・イグアス行きのバスを当たると、バスはある。が、困ったことにこの日はアルゼンチンの休日であるらしい。どこもかしこも徹底して閉まっている。当然カンビオも開いてない。どうりで来る途中町中が閑散としてたわけだ・・・。
アルゼンチン・ペソがない・・・。国境の町とは言え、バスのチケットの支払いもペソ以外は受け付けてくれない。誰に聞いてもカンビオも銀行も休みだと言う。困った・・・。
ターミナルの外をウロウロしていてATMを発見。試してみると国際キャッシュカードも使える。が、愕然としたのはその手数料・・・なんと15.9$A(アルゼンチン・ペソ、$1=4$Aくらい)も取られる。アルゼンチンよ、お前もか!
通常なら即却下するところだが、背に腹は変えられん・・・泣く泣く現金を引き出す。
プエルト・イグアスまでは4~5時間、運賃は50$A。バスは有無も言わさずセミ・カマだ。
高いだけあって、さすがにアルゼンチンに入ってバスのグレードは格段に上がった。
ターミナルのカフェで何気にコーヒーを飲んだら、一杯10$Aもしてこれまたビックリ!物価が高いというのはホントに恐ろしい。それだけで意気消沈してしまう。
乗客はほとんどいなかったが、バスは時間通り出発。車内では軽い昼食やジュースも配られいたって快適。
赤土と緑の森の中の一本道をプエルト・イグアスへ向けひた走る。道はアップ・ダウンの連続で、自転車だとちょっとキツイかなぁという感じ。途中で頻繁に乗客の乗り降りがある。
16:00前にプエルト・イグアスのバス・ターミナルに到着。プエルト・イグアスはイグアスの滝の観光で成り立っているような町で、いかにもツーリスティック。
さっそく宿探しに歩き回るが、ここでまたやられた・・・一見町の中は閑散としているように見えるのだが、当たった宿はことごとく満室。しかも宿代が高いのなんのって・・・ドミが一泊45$Aもする。まったく有り得ない状況だ。
1時間ほど歩き回ってようやく見つけたのが、一泊35$Aのオステル・ニュー・サン・ディエゴ。やたらと明るいおばちゃんのやっている宿で部屋はドミなのだが、空いているため完全にWとして使える。
周囲にこれだけ満室の宿がある中で何故空いているのかというと、それなりの理由がある。欧米人の好みそうなものが何もないからだ。
どこの国でも、こういうリゾートチックな町で欧米人客を集めるのは簡単だ。プールとバーさえあればいい。キッチンがあればベターで、WiFiまで使えれば完璧だ。
アルゼンチンはやたらとWiFiが普及していて、ネット環境には事欠かない。カフェはもちろん会社によってはバス・ターミナルの待合室でも使えるし、車内で使えるバスさえある。当然どこの宿でも大抵は使えるのだが、奇跡的にこの宿にはない・・・。
宿が決まった後でターミナル内にあるインフォメーションへ行ってみた。イグアスの滝の公園内のことについてあれこれ親切に教えてくれ、アトラクションのチケットもこの場で買えると言うので購入。
滝の上流をのんびりゴムボートで下るのと、スピードボートで滝壺に突っ込む人気のアトラクションがセットになって145$A也。
この後、明日の公園の入場料が手持ちのペソでは足りないことが判明し、また泣く泣くATMへ。やはり手数料は15.9$A・・・あろうことか今日一日で$8ものお金が手数料に消えたことになる。
食事も高いので、夕飯は宿でヨーロッパ以来の自炊となった。

27oct2010 プエルト・イグアスへ向かうバスの車窓から
プエルト・イグアスへ向かうバスの車窓から

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 044_Argentina / アルゼンチン] | 2010.10.31(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

イグアスの滝

2010/10/28 木
昨日に続き雲ひとつない快晴!気合を入れて7:30過ぎに宿を出る。
プエルト・イグアスからイグアスの滝まではバスで30分ほどかかる。バスはターミナルから頻発していて、運賃は往復15$A。
朝のターミナルは閑散としていて、滝行きのバスに乗る人もそれほどいない。意外と滝に行く人は少ないんだなぁなどと思っていたら、公園に着いてビックリ!なんだこの人はぁぁぁ・・・!
人、人、人、人・・・既に入園ゲートには人がいっぱいで、しかも次から次からやって来る。どうやらツアーバスで来る団体客が圧倒的に多いようである。
滝はともかく人の多さにウンザリだ、イグアスの滝は。
入園料は85$Aで、公園内を走る列車の運賃も含まれている。
まずは「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる最大の滝を見に行く。グリーン・トレイルを歩いて列車の駅まで行くと、既に鬼のような行列・・・ホント嫌になるなぁ。
暫し列車でトコトコ移動し、着いた駅から遊歩道をしばらく歩く。この遊歩道は鉄骨でできており、イグアスの滝のアルゼンチン側にはこれでもかというくらい鉄骨の遊歩道が張り巡らされている。いったい総延長はどのくらいになるのやら・・・。
遊歩道から滝の上流の川面を眺めていると、あちこちの石の上で亀が甲羅干しをしている。下流に滝があるとは思えないのどかな光景である。
さらに進むと薄っすらと前方に水煙が見えてきて、やがて「悪魔ののどぶえ」が目の前に現れる。おぉぉ・・・と言いたいところだが、自分らの正直な感想は「こんなものか」という感じ。
如何せん落差がないので緊張感に欠ける。迫力ではジンバブエのビクトリア・フォールズに百歩ほど譲る。だいたい立ち昇る水煙の量からして全然違う。
イグアスの滝というのは大小300ほどの滝の総称で、個々の滝にはそれぞれ別の名が付いている。最大の滝である「悪魔ののどぶえ」にしてこの有様だから、他の滝については推して知るべし。確かにキレイではあるが迫力には欠ける。そもそもキレイとか思ってしまう時点で迫力はないということなのだ。
おぉぉ・・・と言いたいのはむしろ夥しい人の数だ。ここまで人が押し寄せる場所というのもこれまでそうそうなかったのではあるまいか・・・。
遊歩道を戻ったところから帰りはゴムボートに乗って川を下る。のんびり川を下りながら動植物を観察するというツアーなのだが、残念ながら動物はあまり見られなかった。カイマンというワニ2匹(しかも1匹は子ワニ)と数匹の小型のサルだけ。ボートの頭上で木の枝を揺すって威嚇している(つもりの)サルの姿がとても可愛らしかった。
続いて「悪魔ののどぶえ」の下流に連なる滝群を、滝の上と下に張り巡らされた遊歩道から眺めてみる。どこへ行っても人、人、人、だ。
横一線に滝の連なる光景はキレイではあるが、落差がないのでまったくと言っていいほど迫力はない・・・。というわけで、もしこれから世界三大瀑布を見たいと思ってる人がいたら、イグアスの滝⇒ビクトリア・フォールズという順に見ることをオススメする。先にビクトリア・フォールズを見てしまうと、イグアスの滝を見たときの感動が相当薄れてしまうことになるだろうから・・・。
公園内にはアナグマがたくさんいる。けっこう人に馴れていて、人が何かを食べていると鼻をヒクヒクさせながらどこからともなく現れて近くに寄ってきたりする。愛嬌のある顔をしていて仕草も可愛らしい。サルやバブーンと違って人の食べものを強引に奪おうとはしないので、あまり身構える必要はない。もちろん食べものを与えるのは禁止である。
15:00からスピードボートに乗った。人気のアトラクションのためいつも人でいっぱいだ。僅か15分ほどで終わってしまうのだが、これは予想外に面白かった。
予想外に、と言うのは考えていたものと違ったからだ。「悪魔ののどぶえ」の本体にグッと近づいて、あくまで滝を下から間近に眺めるのが目的なのかと思っていたのだが、さにあらず。ボートで滝の下に突っ込んでずぶ濡れになるのを楽しむアトラクションだったのだ。
水しぶきで真っ白のため、「悪魔ののどぶえ」の本体にはそれほど近づけるはずもなく、手前の滝の下にボートは突っ込む。ホントに滝の真下まで突っ込む。水圧で目も開けていられない。
ここまでずぶ濡れになるとは全く予想してなかった。水しぶきでびしょ濡れになるのかなぁくらいに思っていたのだが、まさか滝自体に打たれようとは・・・。パンツから何から水浸しである。
これは単純に面白い!安くはないけど、せっかくここまで来たからには試してみて損はないと思う。
それにしても朝から夕方までホントにものすごい人だ。
濡れた服を日向で乾かしてから帰路に着く。行きと同じバスに乗り17:00頃プエルト・イグアスへ帰ってきた。
宿に荷物を置いてさっそく明日のバス・チケットを取りに行く。昨日もちょこっと探りを入れて愕然としてたんだけど、とにかくバス代が高いんだよなぁ・・・。
プエルト・イグアスからコルドバまで23時間くらいなんだけど、昨日聞いたところだとカマで397$A、約$100!もうちょっと安いはずだと思って聞きまわったが、それほど変わらず・・・。ようやく見つけたセミ・カマのバスが345$Aだった。
うぅぅむ・・・一気にメンドーサまで行っちまうかとも考えたのだが(35時間くらい)、これだとセミ・カマで590$Aもする。590$Aといったら$150近い。距離もそれなりにあるんだけど、感覚的にはスペインあたりのバスより高いのでは・・・という感じだ。
とりあえず一度コルドバで刻むことにした。

28oct2010 悪魔ののどぶえ 28oct2010 悪魔ののどぐち 落口のアップ
イグアスの滝最大の「悪魔ののどぶえ」

28oct2010 滝に群がる人たち 人垣の向こうが悪魔ののどぶえ
滝に群がる人たち・・・人垣の向こうが「悪魔ののどぶえ」

28oct2010 愛らしいアナグマ 28oct2010 人の近くまで餌をねだりにやって来る
愛らしいアナグマ・・・人の近くまで餌をねだりにやって来る

28oct2010 悪魔ののどぐち下流の滝群 28oct2010 悪魔ののどぐち下流の滝
「悪魔ののどぶえ」下流の滝群

28oct2010 滝壺に向かうスピードボート 28oct2010 ツアー終了時は皆びしょ濡れ
滝壺へ向かうスピードボート              ツアー終了後はびしょ濡れ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 044_Argentina / アルゼンチン] | 2010.10.31(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プエルト・イグアス ~ コルドバ

2010/10/29 金
昨晩は0:00過ぎから雨となった。しかも時折り雷まで鳴ってけっこう激しい雨である。宿の部屋は二段ベッドが邪魔で窓が閉まらないので(外に鉄格子があるので防犯上の問題はないが)、けっこう雨が吹き込んだ。
夜が明けると雨はやんでいたが、昨日までが嘘のようにどんよりと曇った天気。そして10:00を過ぎるとまた雨・・・イグアスの滝を見に行ったのが昨日でよかった!一日ずれていたらとても観光どころの話じゃなかった。実にラッキーだった。
大粒の雨が降り始めた中、小走りでターミナルへ向かう。ターミナルも近くてよかった!
ターミナルに着いた途端に半端ない土砂降りとなったから、実に危ないところだった。
10:30のバスでコルドバへ向かう。バスは15分ほど遅れてやって来て、相変らず「ホントに全員乗ったのかよ?」というほどのタイミングで出発。
プエルト・イグアスから南下しても変わらずどんよりと曇った空。雨は降り続く・・・時に激しく、時にパラパラと。
バスは空いている上、コーヒーも自由に飲めるのでいたって快適だ。時々あるポリスのパスポートチェックだけがちょっとうざったい。
さて、アルゼンチンはウルグアイと並び南米では珍しい白人の国である。元々南米大陸に白人はいなかったわけだから、よくよく考えるとこれは凄い話である。先住民の人たちはいったいどこへ???
アルゼンチンやウルグアイにだけ先住民がいなかったとは考えにくい。他に追いやられたり滅亡させられてしまったということであろう。
アメリカやオーストラリアといった国もそうだけど、所謂移民の国というのは先住民の側から見ると複雑な心境になる。それも歴史と言えばそうなんだけど、もし白人が来ていなかったら彼ら先住民は全く別の歴史を辿っていたのだろうから・・・。
東南アジア諸国は独立するのが遅れたものの幸いにして白人の国になってしまったようなところはない。それは単に気候が白人たちに合わなかったというだけの話なのかも・・・。
バスはパラグアイとの国境に沿ってひたすら西進する。夕暮れ時になってようやく雨が上がり、車窓から見える地平線に沈む夕日がとてもキレイであった。

29oct2010 バスの車窓から見る夕焼け パラグアイとの国境付近にて

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 044_Argentina / アルゼンチン] | 2010.11.01(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

コルドバ

2010/10/30 土
ほぼ予定通り9:00前にコルドバに到着。
今日一日コルドバを観光して夜行バスでメンドーサへ移動する。
バスターミナルにザックを預け(一日3$A)、さっそくコルドバの市街へ繰り出す。ターミナルから市街までは1kmほど。
コルドバは「母をたずねて三千里」でマルコも訪れた町である。ブエノス・アイレスから約700km、標高は450mほどで雨が少なく年間を通して快適な気候である。カラッと晴れた雲ひとつない青空を見ていると昨日の雨が嘘のように思える。
コルドバの近郊100km以内には森や湖に囲まれた昔からの保養地が集まっていて、毎年夏になると多くの人たちが避暑にやって来るらしい。言わば日本の軽井沢のようなところだ。
街の中心はサン・マルティン広場。広場から数ブロックの範囲にカテドラルやコルドバ大学などがある。
カテドラルや他の教会は入場無料なので、久々に足を運んでみた。ラ・コンパーニャ・ヘスス教会ではちょうどミサが行われていた。
コルドバはアルゼンチン第2の都市で、コロニアルな町並みはユネスコの世界遺産にも登録されている。で、コロニアルな町並みと言うが、歩き回ってみても実際そんなコロニアルな建物というのはほとんどなかったりする。キレイではあるけれど、思っていた以上に近代的な町並みであった。
人は多いけれど大都市にあるような喧騒はなく、どことなくのんびりしていて落ち着きがある。自分らにとってはなかなか好感の持てる街だ。
気候は最高で、カラッとしていて気持ちいい。日差しは強いが、日陰に入ると肌寒いくらいだ。
観光客は極端に少ない。そのためか街の雰囲気はツーリスティックとは全く無縁で、その点も気に入った。
先にも書いた通りアルゼンチンは移民の国である。成り立ちとしてはアメリカと同じであるが、やって来たのがイギリス人ではなくスペイン人やイタリア人であったというだけでこうも違う国になるもんか・・・。
アルゼンチンという国はもう完全にヨーロッパである。おそらく目隠しをしてコルドバあたりに連れて来られたら、自分が今どこにいるのかわからないことだろう。
先進国であり、物価もヨーロッパ並みに高い。ペルーやボリビアといった周辺国とのあまりの違いに驚いてしまう。
完全にヨーロッパ、というのは走っている車にも見て取れる。周辺国であれだけ走っていた日本車をほとんど見かけない。走っているのは欧州車ばかりである。
アルゼンチンで笑ってしまうのは、全てがデカイことである。アイスクリームもホットドッグも、とにかく食べるものは何でもデカイ。
物価は全てが高いのだけれど、アイスクリームなど、量を考えると安いと思えてくるものもある。またまたアイスの話なのだけれど、コルドバのアイスはとにかくデカイ!そもそもコーンの大きさから違っていて、コーンの中にもアイスがギッシリ詰まっている。3玉で5$A、一つ食べたらお腹もいっぱいだ。
それにしてものんびりしてていい街だなぁ・・・広場のベンチに座って本を読んでいるだけで実に気分がいい。
21:00の夜行バスでメンドーサへ移動する。チケットはコルドバに着いてすぐに買っておいたのだが、セミ・カマで174$A。プエルト・イグアスから直で行くよりは安い。
このバスは非常に優秀で、相変らず見切り発車的ではあったが時間ジャストに出発した。

30oct2010 カテドラル 30oct2010 カテドラルの中
コルドバのカテドラル

30oct2010 カビルドの先に続く通り 30oct2010 ドクトル・ヘナロ・ペレス美術館
カビルドの先に続く通り                 ドクトル・ヘナロ・ペレス美術館

30oct2010 コルドバの巨大アイス
コルドバの巨大アイスクリーム

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 044_Argentina / アルゼンチン] | 2010.11.01(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

メンドーサ その1

2010/10/31 日
朝目覚めると、バスはメンドーサまで30分ほどのところを走っていた。窓の外にはブドウ畑が広がっている。メンドーサはワインで有名なのだ。
前方にはアンデスの峰々、左手(南)の方にアコンカグアも見える。ずいぶん真っ白なんだなぁと思っていたのだが・・・。
出発が時間通りなら到着も時間通り。予定の7:15ジャストにメンドーサのターミナルに到着した。スゲーな、このバス・・・。
時間も早いのでターミナルで1時間ほどのんびりしてから動き始める。メンドーサもターミナルから市街までは1kmほど。歩ける距離にあるのはとてもありがたい。
ターミナルを出たところで客引きのおっちゃんに声をかけられた。メンドーサも安い宿がないようなので、そのままおっちゃんについて行く。
おっちゃんの名はラウル、流暢に英語を話す。
オステル・カサ・デル・ソルという名の宿で、ラウルの自宅の二階を客室にしたアットホームな宿である。Wの部屋を使えて一人一泊25$A。WiFiはフリーだし、キッチンも洗濯機も使える。朝食もついてこれで25$Aならハッキリ言って安いと思う。何よりパラグライダーのガイドをしているというラウルがとても親切だ。
さて、メンドーサに来たのは登れそうならアコンカグアに登ろうと思っていたから。が、ラウルの話だとおそらくダメだろうということだ。なんと山は昨日雪だったらしい・・・どうりで山が真っ白だったわけだ。チリのサンティアゴへ抜ける道路も除雪が済むまで閉鎖されているようである。
そもそも所謂山開きのようなものが毎年11/15であるらしく、それ以降でないとベース・キャンプとなるプラザ・デ・ムーラスには誰もいないらしい。シーズンは11/15~3/15。シーズン中はプラザ・デ・ムーラスにレンジャーのほか医者や警察官も常駐していて入山する登山者の管理をしている。入山料はかかるけど、何かあったときにレスキューの態勢をとってくれるということだ。
シーズン中でなくとも入山することはできるのだが、当然全て自己責任で、ということになる。何があっても知らないよ、ということだ。
ベースで何も情報をもらえないのは正直キツイなぁ・・・やむを得ない、今回はトレッキングだけにしておくか。11/15まで待ってもおれんし・・・。
ラウルはとにかく親切で、アコンカグアやバジェシートスの地図をネットで検索してプリントアウトしてくれたり(しかもカラーで)、行き方の詳しい情報をくれたりした。
正直、アコンカグアに登れなくなってしまいちょっと無気力感に襲われている。今後の予定を考えるのも面倒になってしまった。しばらくはメンドーサにいると思う。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 044_Argentina / アルゼンチン] | 2010.11.01(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 044_Argentina / アルゼンチン
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。