スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

コモドーロ・リヴァダヴィア ~ コジャイケ

2010/11/10 水
今日もけっこう朝が早い。8:00のバスでコジャイケへ向かう。ようやくアルゼンチンから脱出できる。
バスは久々に一階建て。週二本しかないのでさすがに混んでいる。けっこう早くにターミナルに入っていたのに、荷物の積み込みにやたらと時間がかかり出発したのは結局8:30。
2時間ほどでサルミエントに着き、そのちょっと先から道はグラベルになる。
徐々に小高い丘が現れてきて、心なしか緑も濃くなり、車窓の景色に変化が現れる。特に国境付近の景色はスバラシイの一言。のどかで美しい国境だ。
遠くに見える山はおそらく2,000m前後の山だが、上の方は白い雪を被っている。
15:30にアルゼンチン側の国境に着く。いるのは自分らのバスだけ。乗客も自分ら二人以外は全員チレーノかアルヘンティーノだ。緊張感のかけらもない実にのどかな国境だ。
全員スタンプをもらうだけなのに係官のPC入力にやたらと時間がかかり、全員の手続きが済むのに1時間ちょっと要した。
バスでしばらく走るとチリ側の国境。途中、丘の合間にいくつか池塘が点在していてそこにフラミンゴが飛来している。実に平和な光景だ。
チリへの入国は荷物検査が厳しい。生鮮食品や乳製品などの持込みが禁止されているためだ。ここの国境はユルユルだが、それでも犬を使ったりしてそれなりに検査していた。ここの犬は所謂麻薬犬ではなく、食料品の探知が主な目的であるわけだ。
自分らの前に並んでいたおっちゃんがバスで配られたサンドイッチを食べずに持っていて、その中の一つにチーズがサンドされていた。
「これダメだからこの場で食べちゃって」・・・そんなことを係官に言われておっちゃんはその場でサンドイッチを食べはじめた。それを見ていた後ろのおばちゃんはツボにはまったのか大爆笑!・・・そんなのどかな国境だ。
国境からコジャイケの町はすぐで、18:30に到着。だいぶ南に来た所為でまだまだ日は高い。
コジャイケは小ぢんまりとしていてとても美しい町だ。緑が豊かで、岩山や雪を被った山に周りを囲まれている。どこかヨーロッパのピレネーあたりにでも似た、そんな感じの美しい町である。
・・・でも、物価が高くて死にそうだ。感覚的にはアルゼンチンよりなお高い。アルゼンチンの場合は物価が高くてもそれなりに質が伴っていたが、チリの場合そうではないからやたらと高く感じる。
この町も地図もなけりゃ何の事前情報もなかったので、人に聞きまくって宿探し。ターミナルの窓口のおばちゃんが親切にいろいろ教えてくれた。プエルト・チャカブコからのフェリーの時間は残念ながらわからなかったので、明日インフォメーションか旅行会社で確認しよう。
宿は歩き回ってようやく見つけたオスペダッヘが一人一泊6,000$C。もちろんシン・バーニョ、久々のボロ宿だ。6,000$Cと言ったら$12以上!質が全く伴わないという意味でアルゼンチンよりはるかに高く感じる。
ちなみに、南米の宿は部屋がいくらということではなく一人いくらとなっているところがほとんど。よって二人で旅をしていても全く利点なし。
4、5年前にパタゴニアを旅したときはここまで物価が高かった記憶はないから、チリやアルゼンチンではここ数年で物価がうなぎ上りになっているような気がする。
物価は高いけどチリも人はいい。皆とても明るくて親切だ。
コモドーロ・リヴァダヴィアでも道着を来た子を見かけたけど、コジャイケでも何故か空手が人気。スポーツ店の店頭には道着やプロテクターが飾ってあるし、道場も見かける。
インフォメーションの外で地図を眺めていたら、片言の日本語で話しかけられた。見ると小柄な可愛い女の子で、空手を習っているという。こんな可愛い子まで空手をやっているのか、コジャイケでは。
「日本に行ってみたいんです」とも言っていたが、日本からこんなに遠く離れた地でそんなことを言われると思わず嬉しくなってしまうもんだ。
はぁ・・・それにしても物価高いなぁ・・・。ペルーやボリビアはよかったなぁと思わず考え込んでしまう。こうやって世界は徐々に平滑化していくのだろうか???旅の魅力が徐々に失われていくように思われる、別に物価だけをどうこう言うのではなく。

10nov2010 アルゼンチン側国境 10nov2010 チリ側国境 タンポポが満開
アルゼンチン側国境・・・美しい            チリ側国境・・・タンポポが満開

10nov2010 美しい国境 10nov2010 チリ側国境の荷物検査
のどかな国境で・・・                   働く犬・・・チリ側の荷物検査

10nov2010 空手を習っているという女の子とにやける四十男
空手をやっているという女の子とにやける四十男・・・

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 045_Chile / チリ] | 2010.11.12(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

コジャイケ ~ プエルト・アイセン ~ プエルト・チャカブコ

2010/11/11 木
今いる宿にはチレーノの労働者が多数泊まっている。皆さんどこか遠くから長期の仕事にでも来てるのかしら。
朝アルマス広場の方へ行ってみるとロードレーサーが何台も走っている。どうやらこれからレースがあるらしい。
人に聞くとあと15分ほどでスタートするというのでスタートを待つことに。ちゃんとチームになっていてサポート・カーもついている。距離は100kmと短いからチリ国内のアマチュアのレースであるらしい。
お揃いのチーム・ジャージにヘルメットとサングラス。ピナレロとかルックとかかなり高級なマシンに乗っていて、ほとんどの人がカーボン・ディープリムのホイールを履いている。日本と変わらんなぁ・・・どこか懐かしいぞ、この雰囲気は。見てると無性に走りたくなってくる。
スタートを見届けた後カンビオへ。昨日ザッと見たところ町にあるカンビオは2軒だけ。
アルゼンチン・ペソを両替えしたいのだが、とにかくレートが悪い、悪すぎる・・・コモドーロ・リヴァダヴィアでは1$A=122$Cだったレートがここでは1$A=110$C。これだと手持ちを全額両替えすると$25ほども損をすることになる。
(後から思うと何を考えてたのか)この先しばらくATMがないかもしれん、あっても手数料が高かろう、そう思ってプエルト・マドリンでアルゼンチン・ペソを多めに下ろしておいたのが裏目に出た。
町の銀行は全部試したがやはり2,500$C、所によっては3,300$C(アホか!)もの手数料がかかる。
うぬぬ・・・いずれにしても手持ちのチリ・ペソがないから、どうにかしてチリ・ペソを作らねばならん。
アルゼンチンで高額なATM手数料を取られた上にこんなレートで両替えすることは考えられん・・・泣く泣くATMでチリ・ペソを下ろす。
はぁ・・・それにしてもどうするかな、このアルゼンチン・ペソ。これからアルゼンチンへ向かう日本人旅行者にでも都合よく会わねぇかなぁ・・・。
さて、プエルト・チャカブコからのフェリーだが、自分らはタイミングよく週一のプエルト・モン行きに乗ることができ、これがとてもよかったのでまずはその情報を。
運行しているフェリー会社は二社。NAVIMAGとNaviera Australで、共にコジャイケにオフィスがある。
二社は運行している路線が異なり、NAVIMAGの方は週一でプエルト・チャカブコ~プエルト・モンの直行便を運行している。
プエルト・チャカブコ⇒プエルト・モンは毎週金曜、6:00の出航、所要24時間。船室によって3クラスあり、運賃はそれぞれ①33,000$C、②40,000$C、③49,000$C。
どのクラスも4人部屋で、①は窓なしのシン・バーニョ、②と③は窓付きのコン・バーニョ。②と③の違いは船室の位置と、部屋にバーニョがあるかどうか。コン・バーニョで部屋にバーニョがないのはどういうことかと言うと、部屋の外にその部屋専用のバーニョがある。
Naviera Australの方はプエルト・モンより手前(だいたい半分くらいの位置)にあるチロエ島のケジョンまでの便を週3で運行している。船が二隻あり、曜日(船)によって運賃が異なる。月曜と金曜の船が24,350$C、木曜の船は3クラスあり、それぞれ37,350$C、42,750$C、45,000$C。途中の港にやたらと寄港し、ケジョンまで行くのに月曜だと36時間、金曜だと30時間、木曜の船でも26時間もかかる。
迷わずNAVIMAGのプエルト・モン直行便をチョイス。コジャイケ行きのバスといい今回のフェリーといい実にナイス・タイミング!
シン・バーニョで何の問題もないのだが、窓なしということに引っかかって②のクラスを奮発。
このフェリーのスバラシイところは、出航は朝の6:00だが前の晩の23:00から乗船できるというところ。宿代が一泊分浮く。
パタゴニアのチリ側はプエルト・モンまでズドンと南北に走っている道路がないから、バスで移動しようと思ったらアルゼンチン側を通ることになる。コジャイケからもプエルト・モン行きのバスが出ていたが、おそらく一度アルゼンチン側に出て北上するのだと思う(間違ってたらゴメンナサイ)。
途中見られる景色のことを考えても金銭的な面でもこの船旅はけっこうオススメだと思う。さらに南のプエルト・ナタレスとプエルト・モンを結ぶ便もあるから、パタゴニアを移動する人は選択肢に入れてみてはいかがでしょう?
ところで、スペイン語でプエルトは港、プンタは先端の意味。パタゴニアにはプンタ○○、プエルト○○という地名がやたらとあって紛らわしい・・・。
コジャイケからプエルト・チャカブコまではバスで移動。
プエルト・アイセン行きのバスはコジャイケのターミナルから遅い時間まで出ている。運賃は1,200$C、所要1時間ほど。
このバスからの眺めはスバラシイ。緑の濃い里山のような風景と、その先にある雪をいただいた峰々・・・どこか信州の山の中でも走っているかのようなホッとした気分になる。
一見強面だが気の優しいバスの運ちゃんがしきりにペットボトルの水(おそらく)を飲んでいるのだが、どう見ても焼酎を煽っているようにしか見えない・・・。
プエルト・アイセンからプエルト・チャカブコ行きのバスには道路脇で乗れる。色々な行き先のバスがあり、通りかかる全てのバスに声をかけていた自分らを見かねたのか、親切なおっちゃんがプエルト・チャカブコ行きのバスを止めてくれた。プエルト・チャカブコまで20分ほど、運賃は600$C。
20:00過ぎに港に着くと既に自分らの乗るフェリーがいて、積荷を降ろしていた。
山に近いため雲が湧き、この時間になって雨がパラつき出す。海からの冷たい風とも相まって非常に寒い。
フェリーの待合室はいたって快適!バスだか船だかのリクライニングするシートが並べられていて、キレイなトイレもある。船会社の人がストーブまで点けてくれた。ここに泊まることになっても全く問題のない快適さだ。
そしてスバラシイことに23:00きっかりに乗船。なんと!こんなデカイ船に乗客はたったの17人、あとはトラックの運ちゃんが数人いるだけ。
さらにスバラシイことに、朝食までついているらしい。昼食と夕食は、食べたい人は有料で食べられる。
乗務員に先導されてぞろぞろと船に乗り込む。階段で上のデッキに上がるのが普通だと思うが、このフェリーは違う。積荷を上のデッキに上げるリフトで乗客も乗り込む。
巨大なリフトに全員が乗ると、ウィ~ンと床がリフトアップする。まるでホワイトベースにでも乗り込むかのような気分になる。
さらにさらにスバラシイことに、乗客が少ないためか、なんと!船室をアップグレードしてくれた。粋な計らいに感謝感激雨アラレ。
自慢じゃないが国内、海外を問わず、個別の船室なんてものに乗るのは初めてである。しかもトイレ、シャワー付き。素敵すぎる!
昨日の小汚い宿よりずっと快適だ。乗務員も皆フレンドリーだし、いい船だな、こいつわ。
船室に荷物を置いて階下のラウンジにいたら、しばらくしてスクリーンで映画が上映された。貧乏根性を出して最後まで見てしまったが、途中でパラパラと帰り出し結局最後まで見ていたのは自分ともう一人のおっちゃんだけだった。

11nov2010 朝コジャイケではロードレースが 11nov2010 スタート!
朝コジャイケではロードレースが・・・         アルマス広場前からスタート!


11nov2010 プエルト・モン行きのプエルト・エデン号 11nov2010 快適な待合室
プエルト・モン行きのフェリー:プエルト・エデン号  快適な待合室

11nov2010 リフトで上のデッキへ
ウィ~ンとリフトで上のデッキへ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 045_Chile / チリ] | 2010.11.15(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プエルト・チャカブコ ~ プエルト・モン

2010/11/12 金
昨晩船に乗ったときからマユミは自分以上に浮かれていて落ち着きがない。完全に舞い上がっている。
今朝も船が動き出す前から外に出て写真を撮りまくっていた。
自分は昨晩の夜更かしがたたって起きられず、残念ながら出航のシーンは見逃してしまった。
船はほぼ6:00ピッタリに動き出したようである。回頭するのにけっこうな時間がかかったとマユミが言っていた。
8:00から朝食を食べ、その後はずっと外にいた。おかげで日焼けして顔は真っ赤ちん。
パタゴニアのチリ側の海岸線は実に複雑で、小さな島が無数にある。海を航行しているのに常に自分の左右、場合によって前後にも陸が見えるのは何かおかしな気分だ。変化に富んでいて見ていて飽きない。
天気が良く風もないので海は凪いでいる。左右の山には雲がかかっているが、航路上は晴れている。
向かって右側に連なるのはアンデスの峰々だ。主脈の峰々でも標高は2,500mに満たないが、上部は雪をいただいている。しかも海からいきなりそそり立っているので山は巨大だ。
海から山が生えている、しかも南北に延々と。このあたりの地形はそんな感じ。海岸線に平坦地はほぼ皆無である。
延々と連なってそそり立つ白い峰々を海の上から眺められるなんて場所は、世界中でこのパタゴニアの海岸線だけなのではなかろうか・・・。
ペリカンが水面すれすれを飛行し、昼と夕にはイルカが船首付近に現れてジャンプ・ショー・・・ス・バ・ラ・シ・イ!
船旅ではけっこう暇を持て余し気味になりがちだが、ここではそんなことは一切なかった。ブリッジの上でボーっと景色を眺めたり本を読んだり・・・気付くとあっと言う間に時間が過ぎていた感じ。
夕飯前、ピラミダルで美しい顕著な雪山が右手に見え、近くにいたアルヘンティーノがチャイテンという名の火山だと教えてくれた。
十分な食料を持ち込んでいたのだが、せっかくなので夕飯は食堂のメニューをいただいた。昼も夜も一食3,000$C。
船の上で初めてシャワーも浴びた。お湯も熱々だし言うことなし。部屋にはヒーターもあるし、ホントに快適だ。
いや~船旅ってのもいいもんですねぇ。

12nov2010 翌朝プエルト・チャカブコを出港 12nov2010 複雑な海岸線
早朝プエルト・チャカブコを出港            複雑な海岸線

12nov2010 海はベタ凪ぎ 12nov2010 ブリッジの上は気持ちいい
海はベタ凪ぎ                       ブリッジの上は爽快

12nov2010 夕方のイルカ・ショー 12nov2010 チロエ島に沈む夕日
船に寄ってきてジャンプするイルカ          チロエ島に沈む夕日

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 045_Chile / チリ] | 2010.11.15(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プエルト・モン その1

2010/11/13 土
朝目覚めると船は停止していた。予定の6:00より早く船はプエルト・モンに着いたらしい。
すぐに叩き起こされることもなかったので暫くウトウト。
8:00近くになって隣の部屋の人の気配がなくなったので荷物をまとめて出る準備をしていると、あと15分で下船、みたいな船内放送があった。
荷物を持ってラウンジに下りると、他の人たちが食事をしていたり食べ終えていたり・・・あっ!今日の朝食もあったのね。急いで朝食を済ませる。
暫し待っていると下船の準備が整い、乗船の時と同じように全員揃って巨大リフトで下のデッキに下りる。
プエルト・モンに上陸。厚い雲が垂れ込めていて今にも雨が降り出しそうな感じ。
歩いて市街へ向かう。市街までは15分ほど。
アルゼンチン側のバリローチェがかなりツーリスティックだろうと思っていたのでプエルト・モンも似たような感じだろうとあまり期待していなかったのだが、どうしてどうして。庶民的な漁港の町といった感じで活気もあるし、自分らにとってなかなか居心地のよさそうな町だった。
先日のコモドーロ・リヴァダヴィアと真逆で、来訪者に必要なものが何でも揃っている。特に異常なのがスーパーで、ほんの狭い範囲に10軒くらいがひしめいている。
安宿の類もやたらとある。と言ってもやはり決して安くはないのだが・・・。相場は一人6,000~7,500$Cといったところ。夏のトップシーズンにはそれなりに観光客が来るのかもしれないが、今はまだガラガラの状態。よくもまぁこれだけたくさんの宿がやってけるもんだ。
何軒か当たってみて、唯一5,000$Cだったカサ・グラディスに宿は決定。
荷物を置いて町の中をブラブラ散策。昼前からすっかりいい天気になった。
今日は嬉しいことが一つ。
チリとアルゼンチンではこれまでATM手数料にやられていたわけだが、なんと!手数料がタダの銀行があるという情報を最近人からもらった。
インフォメーションで聞いたらプエルト・モンにもその銀行があり、行って試してみたらホントにタダだった!
ショーコさん、ユキミさん、情報ありがとう!
その銀行は「スコティア・バンク」。アルゼンチンにもあるらしいのだが、これまで滞在した町では見かけなかったなぁ、たぶん。
あぁぁもう少し早く気付いていれば・・・これまで手数料で$21ほども失ったのがまったくアホらしい。
スコティア・バンク、エライ!他の銀行はいったい何をやっとるんじゃ・・・。
たったこれだけのことでチリの滞在が俄然快適になった。
今日は一日町の中をブラブラ。久々に滞在するのにいい場所かもね~。
海に近いので風が冷たく意外と寒い。何かのイベントなのか、町中を若い子たちの鼓笛隊がパレードしていく。
夜遅くになって日本人の女の子が一人部屋を訪ねてきた。チロエ島から帰ってきたところらしい。
昼間町中で外国人っぽい人をとんと見かけなかったから、こんなとこで日本人に会えてちょっとビックリ。

13nov2010 プエルト・モンに到着 リフトに乗り込む 13nov2010 町中をパレードする鼓笛隊
プエルト・モン上陸のためリフトに乗り込む     町中をパレードする鼓笛隊

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 045_Chile / チリ] | 2010.11.15(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プエルト・モン その2

2010/11/14 日
日曜の今日は昨日が嘘みたいに町の中がひっそり静まり返っている。
南京虫の被害もここへきてようやく沈静化した・・・。
日曜にチロエ島へ行ってもなぁ・・・ということでチロエ島行きを一日延ばしたので今日はプエルト・モンでのんびり。
特に一日何もしてないので今日はチリのことについてちょっと。
ご存知の通り、チリはアルゼンチンの隣にある細長い国。南北の長さ4329kmに対し東西の幅は平均175kmほどしかない。
長大な海岸線を持つ海軍国で、いたるところで海軍の施設を目にする。
アンデス山脈を挟んで広がるアルゼンチンと比べると、(特にパタゴニア地方は)悲しくなるくらい平坦な土地がない。それでも面積だけは日本の2倍ほどあるから、決して小さな国ではない。
アルゼンチンよりグッとインディヘナの血が濃くなり、アルヘンティーノにインディヘナのエキスを何滴か加えるとチレーノになるといった感じだろうか。
アルゼンチンからは車事情も一変、チリに入ると途端に日本車が増えるから面白い。
南米大陸の南部はドイツ人移民の多かった土地で、彼らが連れてきたのか人間よりも犬にその傾向を感じる。明らかにシェパードの血が入っている。特にパタゴニアの犬はシェパード・ライクで、体躯もデカイ。
もちろん犬はつながれたりしてないから、犬嫌いの人はちょっと怖い思いをするかもしれない。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 045_Chile / チリ] | 2010.11.18(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 045_Chile / チリ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。