レオン ~ サン・ミゲル

2011/3/17 木
今日も移動の一日。
ニカラグアのレオンから一度ホンジュラスを抜けてエルサルバドルのサン・ミゲルまで。
おぼろげながら、次はホンジュラスのコパン遺跡を目指している。
コパン遺跡はエルサルバドル寄りのグアテマラ国境近くにあり、ニカラグアから行くにはホンジュラス国内を移動するよりエルサルバドルを抜けて行った方が近い(少なくとも距離的には)。
そんなわけで、いったんホンジュラスをスルーしてエルサルバドルを見てから向かうことにする。
ローカルバスで小刻みに移動しているからなかなか先に進まない・・・。

レオン ~ チナンデガ : ローカルバス1時間15分、13Cr
チナンデガ ~ グアサウレ(国境) : ローカルバス2時間、25Cr
9:00過ぎに宿を出る。ターミナルまでは乗り合いトラックで行けることを昨日発見したので、これを利用。カテドラルの脇から頻発していて、運賃は3Cr。
ターミナルで朝飯を食べてからバスを当たると、チナンデガ行きが間もなく出るところだった。ジャスト・イン・タイム!残念ながら国境まで一気に行くことはできない。
チナンデガに着くと、またちょうどグアサウレ行きのバスが出るところ。意外にバスがちゃんと連絡している。が、バスに乗り込もうとしたときには既に満席・・・。次のバスは1時間後という話なので、暫らく立っていくことに。
立っていた横の席に座ってたおっちゃんが話しかけてきて、自分らが日本人とわかるとゴソゴソやって何やら取り出そうとしている。見せてくれたのはヌンチャク。何でそんなもの持ってるのよ、おっちゃん!しかもそりゃ空手じゃなくてカンフーね、ブルース・リー。
とても親切なおっちゃんで、何故か途中で自分らに水を買ってくれた。

チナンデガにバスが着くと、バスが止まる前から外で自転車タクシーの人たちが客引きしている。
国境までたいした距離じゃないから歩くつもりだったんだけど、一人のおっちゃんが頑張って食いついてくるので乗ることにした。そんなわけで今回は自転車タクシーに乗って越境。
まずはニカラグアのイミグレに寄ってもらう。
ツーリスト・カードと入国税で$12も取った上、出国税まで取りやがる・・・なんちゅーせこい国だ!出国税も$2、コルドバで払うと50Crってことだからちょっとだけ割高。
しかも、出国税まで取るんだからスタンプくらい押せよ!入国スタンプだけあって出国スタンプがないのはなんか気持ち悪いじゃねぇか。
ちなみに、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラスの4ヵ国は、合わせて90日までビザなしで滞在可能ということになっていて、4ヵ国間を陸路移動する場合出入国スタンプが省略されることがある。一応係官に確認したけど、スタンプなしでよしという話。
それにしても・・・こんな風に歩いて越境してるのって金がなくて物好きな長期旅行者のごく一部だけじゃなかろうか。皆さん国際バスに乗って華麗に越境していくではありませんか。
ニカラグアとホンジュラスの国境に架かる橋は、日本の援助で架けられたものだ。橋の両端にあるゲート風の標示板にデカデカと日の丸が描かれているのを誇りに思う。おっちゃんももちろんそのことを知っていて、橋の上り坂をしゃかりきに漕ぎながらうれしそうに説明してくれた。
ちなみに、中南米の国々に日本はかなりの援助をしていて、JICAや協力隊の人たちもけっこういる。パナマの宿で会った彼は、エルサルバドルで環境教育をしていると言っていた。
橋を渡るとホンジュラスのイミグレがある。入国税$3。ホンジュラスは入国スタンプを押すらしい。

グアサウレ(ニカラグア国境) ~ エル・アマティージョ(エルサルバドル国境) : ミニバス2時間、$5.5
自転車タクシーのおっちゃんは、エルサルバドルの国境まで直行するミニバスに案内してくれた。乗るときは二人で20Crでいいよってことだったが、いろいろ親切にしてくれたのでチップをはずんでおいた。これでコルドバはきれいに使い切った。
小額のコインはイミグレにいた物乞いの人に。国境にいるってのはなかなかいい考えだな。コインは両替えもできないから、特に小額のコインは処理に困るのが常なんだけれど、国境に物乞いの人がいればその人たちにあげられる。
ホンジュラスの通貨はレンピーラ(当然持ってない)なんだけれど、エルサルバドルの現通貨が米ドルのためバスの運賃は米ドル払いでOKだった。
ここは国境を越えても何一つ変わらない。おそらく言われなきゃ越境したことに気付かないだろう。
それにしても暑い!北上するにつれて何故かますます暑くなってきた。窓から入ってくるのは完全に熱風だ。

バスはエル・アマティージョのイミグレ前に到着。ひとまずホンジュラスは2時間でスルー。出国税はなし。先ほど払った入国税の領収書を取られちゃったから再入国の際また入国税を取られそうだけど、まぁ仕方ないか。$3だし。出国スタンプはちゃんと押してくれた。
国境に架かる橋を歩いて渡ると、すぐにエルサルバドルのイミグレがある。入国税なし。入国スタンプも省略。一応聞いてみたら、やはり空路以外はスタンプ省略ということである。
越境早々いきなり感じがいいぞ、エルサルは。人がとても親切でフレンドリーだ。

エル・アマティージョ ~ サンタ・ロサ : ローカルバス30分弱、$0.9
サンタ・ロサ ~ サン・ミゲル : ローカルバス1時間強、$1
道端の屋台のおばちゃんに聞いたら、ちょっと先のところからサン・ミゲル方面行きのバスが出ると教えてくれた。途中のサンタ・ロサというところで乗り換えになるらしい。
歩いてすぐのところに一台のバスが止まっていた。誰も乗っておらず、しばらく出そうにないなぁなどと思っていたら、5分もしないうちに唐突に出発した。
30分もしないでサンタ・ロサに到着。思ったより賑やかな町だった。サン・ミゲル行きのバスの真後ろにバスをつけてくれて、そのまま前のバスに乗り込む。すぐに出発。
途中で人を乗り降りさせながら1時間ちょっとでサン・ミゲルに到着。何故かガソリン・スタンドがターミナルになっていた。
宿はパラパラとあるが、外国人観光客など一人もいない。
ターミナル近くのセンティネーラという宿に決め打ち。トイレ、シャワー付きで一泊$7、安い!シングルの部屋を二人に貸してくれたのかな?
WiFiなんてものはないけど、ニカラグアの宿よりずっとキレイ。ますますニカラグアの株が下がる。
小さな町だけど、安食堂がいくつかあって食事をする場所には事欠かない。しかもけっこう旨い。
人気の店なのか、何故かポリスがやたらと食事をしている店に入ったのだが、久々に飯が旨いと感じた。たくさん並べられた鍋の中から好きな料理を選んで皿に盛ってもらうシステム。
なかなかいいんじゃないの、エルサル!

17mar2011 自転車タクシーで国境を越える 17mar2011 ホンジュラス-ニカラグア国境の橋には日の丸が
自転車タクシーで国境を越える            ホンジュラス-ニカラグア国境の橋には日の丸が

17mar2011 エルサルバドル-ホンジュラス国境の橋 17mar2011 エルサルバドル入国
エルサルバドル-ホンジュラス国境の橋      エルサルバドル入国!

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 057_El Salvador / エルサルバドル] | 2011.03.21(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

サン・サルバドル その1

2011/3/18 金
10:00のバスでサン・サルバドルへ移動。
サン・サルバドル行きのバスには、エアコン付きで直通に近いちょっと高いバスと普通の路線バスとがある。高いといっても$3だけど・・・。
急いでるわけじゃないし安い方のバスでいいや、ってことで待っていると、あっちからサン・サルバドル行きが出るぞと客引きされた。
見ると、ちょっと離れたところに高い方と思しきバスが止まっている。
エルサルの素晴らしいところは、ここで他の人がいろいろ教えてくれるところ。「ここから出るバスの方が安いわよ」と一緒に待ってたおばちゃんが教えてくれる。
「こっちのバスの方が安いけどあっちの方が快適だよ」とまた別のおっちゃんが教えてくれる。
そのバスに乗ろうとしてる人たちが通りがかりに「サン・サルバドルだったらあのバスだぞ、急いで、急いで」と声を掛けてくれる。
運賃を聞いたら$3だったので、結局そのバスに乗ることにした。バスは既にほぼ満席。地元の人も普通に利用しているバスのようである。

エアコンが効いていて久々に快適なバスだった。だからかもしれないが、車窓から見える景色が美しく思えた。
2時間15分でサン・サルバドルに到着。着いたのはテルミナル・デ・オリエンテ。サン・サルバドルもあちこちにターミナルが散らばっている。
セントロまでは距離があって、歩きではちょっと行けそうにない。
タクシーの運ちゃんが声を掛けてくる。まったく商売っ気がない。むしろ困ってる旅行者を助けてくれてるって感じだ。
料金を$4にまけてくれたのだけれど、ここは路線バスで行くことに。すると、「バス乗り場はあっちだよ。通りに出てすぐ右側」と親切に教えてくれる。
バスはないとか嘘ばかり言うどこぞの国とは大違いだ。隣の国なのにどうしてこうも違うのか。
いろいろな行き先のバスがあってどれに乗ればいいのかわからない。すると、通りすがりの人がバスを止めて運ちゃんに確認してくれる。
なんていい国なんだ、エルサル。ニカラグアと並んで中米で最も貧しい国だけれど、このホスピタリティーには脱帽だ。やっぱ何より国って人なんだよね~。
バスは混んでいた。席が空くと、「後ろの席が空いてるよ」とわざわざ教えてくれる。
もちろんどこで降りればいいのかわからない。すると、「ここ、ここ。プエルト・テルミナルならここだよ」と周りの人全員が教えてくれる。
ブラジルやシリアを髣髴とさせる人の良さ。エルサルは間違いなくいい国だ。
食堂のおばちゃんやそこに来る客、とにかく会う人会う人みんな感じがいい。何を持ってこういう国民性が形成されるのか、謎である。

宿はプエルト・テルミナルにほど近いパサデナⅡに決定。
この宿がまた実にスバラシイ。管理が行き届いていて静かでキレイ。期待してなかったWiFiも使えるし、コーヒーもフリー。中庭風のスペースにあるテーブルでのんびり日記を書いたりもできる。町も宿も居心地がいいので2、3日のんびりすることにしよう。
Wが一泊$12。おそらくまたシングルの部屋を二人に貸してくれたのだと思う。昨日もそうだったけど、こちらの身なりを見て察してくれるのか、真っ先に一番安い部屋に案内してくれるところがまたスバラシイ。
ちなみに、中央市場の方に行けばもっと安い宿がいくつかあると思う。

荷物を置いて町に出てみる。
ハッキリ言って見どころと呼べるようなものは何もない。何もないけど面白い、そんな町だサン・サルバドルは。
少し標高が上がった(海抜およそ700m)ためか、ニカラグアや昨日通過したホンジュラス、一泊したサン・ミゲルと比べてだいぶ過ごしやすい。
町の中心はバリオス広場の付近で、広場の北側にカテドラル、西側に国立宮殿がある。
広場の周囲一帯に中央市場が延々と広がっている。この雑然とした雰囲気は久々にアジアを髣髴とさせる。これがたまらなく心地よく、そして面白い。
ガラクタから衣類、電化製品まで何でも売っている。
サン・サルバドルも治安があまりよろしくない、と言われている。が、昼間に関して言えばそんな空気は微塵もない。老若男女、買い物客でごった返していて実に賑やかだ。
町中にはマシンガンやショットガンを持ったガードやポリスがやたらといるから安心だ(裏を返すとそれだけ危険ということかもしれないけれど・・・)。
いずれにしても、自分らの感覚では安心して歩ける町だ。

市場で野菜や果物を売ってる人たちがやたらと「コーラ、コーラ」と叫んでいる。
コーラを売ってるわけでもないみたいだし、何のことやらさっぱりわからなかったのだけれど、コーヒー売りのおばちゃんからコーヒーを買ったときに謎が判明した。
おばちゃんに値段を聞くと、「ウナ・コーラ」と言う。???。聞き直しても「ウナ・コーラ」。???。
コーラ?何か知らない通貨単位があるのか???
おばちゃんとやり取りしていると、近くにいた人が「25セントだよ」と教えてくれた。
あぁぁそういうことか・・・「コーラ」ってのは「クォーター」のことなのね。スペイン語でクォーターのことをコーラとは言わないみたいだから、どうやらエルサル独自の言い方みたい。
市場で「コーラ、コーラ」と連呼しているから、25セントで買えるものがけっこうあるのだろうな。

18mar2011 サン・サルバドルのカテドラルはモダンな感じ 18mar2011 中は広くて明るい
サン・サルバドルのカテドラルはモダンな感じ    中は広くて明るい

18mar2011 中央市場の外れの方
中央市場の外れのほう

2011/3/19 土
エルサルは、中米諸国の中でも最も内戦の長く続いた国である。
この国はつい最近まで一握りの富豪が政治、経済、軍事を牛耳っていた。一握りの富豪というのは、スペイン侵略時代から続く征服者の地主家系の人たちである。
'80年代は内戦に明け暮れ、終結したのは'92年の話だ。
昔、オリバー・ストーンの映画に「サルバドール」(だったかな?)というのがあったけど、確かその映画はこのときの内戦のことを描いたものだった。「プラトーン」の次に撮った映画だったかなぁ。高校生のときリアル・タイムで見ていながら、当時売り出し中だったシンシア・ギブが出ていたことくらいしか今となっては覚えていないのだけれど・・・。
いずれにしても内戦の頃の暗い影は今の町中には感じられない。
一度映像なりで見た印象というのは強烈で、エルサルに来てみるまでは頭の片隅にその頃の暗い印象が影を落としていた。時の流れというものを感じるな。カンボジア然り、ルワンダ然り、レバノン然り・・・である。

サン・サルバドルは今日も快晴。
またメルカド周辺をブラブラしてみた。なかなか面白いところである。
アルミテープ?を切り売りしてるおっちゃん。誰が何のために買っていくのか、とてもそんなに需要があるとは思えない。
その横でゴムボールを売るおっちゃん。たぶん一日一個売れないと思う・・・。
はたまた歯ブラシだけを売り歩いている人(しかも何人も)や、ロール・ペーパーを3個だけ持って売り歩いている人(今その辺で買ってきたんじゃなかろうか)、などなど。一品勝負の人もかなりいる。
掘っ立て小屋の店を構えている人たちに歩いて行商している人たちが入り混じってたいそうな賑わいだ。

メルカドの中に唐突に建っていた教会では、何かの催しが行われていた。最初結婚式かな、と思ったのだが、ちょっと様子が違いそう。
ピンクのドレスを着た主役の女の子はかなりの美人だった。何かのお祝いらしいのだが、何のお祝いなのか結局わからず仕舞いだった。

カテドラルの近くには、元反政府武装組織FMLNのグッズを売ってる店もあった。
店の看板には社会主義革命の指導者をはじめ大物革命家たちの写真がズラリ。マルクス、レーニンにはじまってサパタ、カストロ、ゲバラなど。よく見りゃチャベスまでいた。
売ってるグッズはやはりゲバラ関係が多いな。

19mar2011 市場の賑わい 19mar2011 唐突に教会が現れた
市場の賑わい                       その中に唐突に教会が現れる

19mar2011 教会の中では何かの催しがあった 19mar2011 ピンクのドレスの子が主役
中では何か催しが行われていた            ピンクのドレスが主役の子・・・かなりの美人

19mar2011 アルミテープを切り売りするおっちゃん 19mar2011 ゴムボールを売るおっちゃん
テープを切り売りするおっちゃん(誰か買うのか?)  その横でゴムボールを売るおっちゃん(一日一個売れないと思う)

19mar2011 FMLNのグッズを売る店の看板 19mar2011 ゲバラのグッズが多い
FMLNのグッズを売る店 看板には大物革命家がズラリ  やはりゲバラのグッズが多いな・・・

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 057_El Salvador / エルサルバドル] | 2011.03.21(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

サン・サルバドル その2

2011/3/20 日
日曜の今日は閉まってる店も多かったけど、全部が全部閉まってるわけじゃなく、これまでの国と比べると町の中には活気があった。
午後からバスを使って国立動物公園に行ってきた。バスはカテドラルの先から出ていて、運賃は$0.2。カテドラルから2kmほどだから歩いていくことも可能だ。
動物園は日曜のためか家族連れで賑わっていた。入園料は$0.75と安い。
ここの動物園、意外と動物がいて面白い。
園内に人工の池があって、そこである種のサルが飼育というか半野性的に生活している。逃げようと思えば逃げられるんだろうけど、安全だし餌もあるしということで逃げることはないみたい。
このサル、二足歩行の達人!バナナを手に持って完全に二本足で歩いたり走ったりしている。
いやホント、一瞬我が目を疑うほどの見事なまでの二足歩行。
驚愕すべき行動なんだけど、何故かサルの二足歩行はコミカルに映る。思わず笑みがこぼれてしまう。
ずっと見ていても飽きなかったなぁ、このサルは。

20mar2011 サン・サルバドルの国立動物公園 20mar2011 ライオンなども普通にいる
サン・サルバドルの国立動物公園           ライオンなども普通にいるが・・・

20mar2011 驚愕なのはこれ、二足歩行するサル 20mar2011 見よ、この見事なフォーム!
驚愕なのはこれ、二足歩行するサル         見事なフォームに釘付け

20mar2011 木の上ではこの通り 尻尾を手のように使えるって便利だな
木の上ではこの通り・・・尻尾を手のように使えるって便利だな

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 057_El Salvador / エルサルバドル] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 057_El Salvador / エルサルバドル
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム