サン・サルバドル ~ コパン・ルイナス

2011/3/21 月
エルサルは最後の最後まで気持ちのいい国だった。
サン・サルバドルを後にしてホンジュラスのコパン遺跡へ向かう。
コパン遺跡は辺鄙なところにあり、サン・サルバドルからさらにグアテマラを経由して行った方が距離的には近かったりする。が、そのためだけに越境するのも面倒だし、出入国税も余分にかかることになるから、直接ホンジュラスに再入国することにした。

サン・サルバドル ~ エル・ポイ : ローカルバス3時間、$1.7(安い!)
ホンジュラス国境のエル・ポイ行きのバスは、来たとき着いたオリエンテ・ターミナルから出ている。宿から歩いてすぐのプエルト・ターミナルは国際バスのみ発着している。
オリエンテ・ターミナルまでは路線バスで$0.25。
ターミナルにはバスがいっぱい!エルサルはおそらくマイカー率が低くどこへ行くにも基本はバスだから、とにかくバスが溢れている。
で、乗るべきバスは、「エル・ポイ行きならあれだよ、あの119番のバス」という具合に、相変らずこちらが恐縮するくらい親切に教えてくれる。
バスに乗る前に食べたエルサル版の朝食が旨かったなぁ。トルティーヤの中にチーズとフリホーレス(煮豆をすり潰したやつ)を入れて焼いたもので、日本で言えばおやきかお好み焼きといったところ。一枚ウナ・コーラ($0.25)。コーヒーも一杯ウナ・コーラ。
ウナ・コーラが基本で、ローカルなものならウナ・コーラでいろいろ飲み食いできる。
バスは一路北へ向かってのどかな緑の中を走る。

エル・ポイのターミナル、というかただの空き地から、歩いて国境を越える。ここの国境は人も疎らで、やたらとのんびりした感じだった。
エルサルのイミグレ官はとてもフレンドリーで、余程暇なのか知ってる日本語を総動員して話しかけてきた。フジヤマ、ナカタ、アシュラ(阿修羅?)、サヤカ(誰?)、等々・・・。
出国スタンプはやはり省略。残念・・・一つくらいエルサルのスタンプが欲しかったなぁ。
ホンジュラスのイミグレは掘っ立て小屋同然だった。道端で声を掛けてきた女性がイミグレ官で、パスポートを提示すると小屋に戻って手続きしてくれた。再び入国税$3、そして何故だかホンジュラスは毎回しっかりと出入国スタンプを押す。

エル・ポイ ~ オコテペケ : 乗り合いタクシー10分、12L(レンピーラ、$1=18.8Lくらい)
エル・ポイからラ・エントラーダに向かうのだが、国境からはバスが出ておらず、隣町のオコテペケまで乗り合いタクシーで移動。
国境からブラブラ歩いてたら、客引きの兄ちゃんが声を掛けてくれた。

オコテペケ ~ ラ・エントラーダ : ローカルバス3時間強、90L
オコテペケに着くと、兄ちゃんがザックを持って乗り継ぐバスまで案内してくれた。親切な兄ちゃんだったなぁ。
町のATMを試してみたが、どこも使えず・・・。久々だなぁ、ATMが使えないなんて。
国境の町らしく両替屋があちこちにいるので米ドルを両替え。レートは$1=18.8L。
ちなみにこのあたりではまだ普通に米ドルも使え、$1=18Lで換算している。
標高1,000mほどの山の中を走るので涼しい。場所によってちょっと肌寒いくらい。

ラ・エントラーダ ~ コパン・ルイナス : ローカルバス1時間半、60L
17:00過ぎにラ・エントラーダに到着。今日はここまでかと思っていたのだが、人に聞くとまだバスがあるらしいので、コパン・ルイナスまで移動することにした。
バスは到着したターミナルではなく、ちょっと歩いた道路沿いのバス停から乗れる。
日本の山間部のような景色の中を走り、思ったより早くコパン・ルイナスに到着。ごく小さな町なのだが、暗くてどうなっているのかよくわからん。
一応観光地らしくバスから降りると宿の客引きがいたが、Wが一声$15から。適当に歩いて見つけた一泊180Lの宿に落ち着いた。
宿の名はポサーダ・ホンジュラス。シャワー、トイレ付き。中庭があってなかなか感じはよろしい。気温的に水シャワーはちょっと厳しいが、パナマのボケテやコスタリカのサン・ヘラルドよりはまだマシだ。
この町でもATMは使えず。どうもホンジュラスとは相性がよくないなぁ。
宿代払って夕飯食べたら手持ちのレンピーラがすっからかんになってしまった。明日両替えできるかな?

21mar2011 テルミナル・オリエンテにて
エルサルの陽気なおばちゃんと@テルミナル・オリエンテ

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 058_Honduras / ホンジュラス] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

コパン遺跡

2011/3/22 火
半日かけてコパン遺跡をじっくり見てきた。
これまで中南米ではほとんど遺跡を見てなくて、遺跡見物をするのはパラグアイのミッション遺跡以来、古代遺跡としてはマチュピチュ以来になろうか。
初めて目にするマヤ遺跡であったが、なかなかよかった。
遺跡のインパクトというのは、そのスケールや歴史的背景もさることながら、遺跡の置かれているシチュエーションによるのだと強く思う。
大自然の中に静かに佇む遺跡には問答無用で惹き付けられる。
それも砂漠の中で風化しつつある遺跡よりは、森に飲み込まれつつあるような遺跡にグッとくる。これはきっと日本人的な感覚だな。
カンボジアのアンコール遺跡のように、森に還りつつある遺跡には途轍もないパワーを感じる。壮大な建造物もさることながら、自然の復元力に魅せられているのだと思う。
土もない石組みの墓地や神殿に力強く根を下ろし、文字通り遺跡を飲み込んでそそり立っている巨木。コパンにもそんな巨木がいくつもあった。ラピュタを思わせるそんな光景に思わずグッとくる。
遺跡は、そのスケールや歴史的背景がどうであれ、あまりにもキレイに修復されていたりすると案外げんなりするもんだ。
それから人。遺跡に限った話じゃないけど、あまりにも人が多いと浸れないんだよなぁ、これがまた。
アンコールやエジプトのピラミッド、ペトラやマチュピチュ、等々・・・それを補って余りあるものはあるんだけど、あそこまで人が多いとそれだけでげんなり。遺跡に浸るどころの騒ぎじゃなくなくなってしまう。
そういった意味で、コパンはなかなかよかった。
行き過ぎた修復はしておらず上手く自然と調和しているし、何より人が少ないところがスバラシイ。
ちなみに、コパンの修復作業にはJICAが大きく噛んでいる。遺跡の入口にはそのことを示す記念碑があり、スペイン語、日本語、英語で併記されている。

コパン王朝は、西暦800年前後に忽然とマヤ史から姿を消す。他の王朝やスペイン人に滅ぼされたわけではなく、最後の王が自ら退位し王朝史を閉じたのではないかと言われている。
人が周囲の木を伐りすぎてしまったため土地が乾き、この地に住めなくなったのだろうとも言われている。遺跡の入口近くに、エル・ボスケと呼ばれる遺跡区に通ずるトレールがあり、そのトレール沿いに立つ案内板にそのようなことが書かれていた。
王朝がなくなってコパンの地が遺棄されてから1,200年ちょっと。森は遺跡を完全に飲み込むまでに蘇った。自然の力に感服する。

コパン遺跡にはグッときたが、やはりというかホンジュラスという国にはあまりなじまないなぁ。何がどうということはないのだけれど・・・。
ちなみに、遺跡の入場料は285L。
あまり米ドルを使いたくなかったのでATMで下ろしたのだけれど、唯一カードの使えたBACでは$3も手数料を取られた。ニカラグアのグラナダでも$3取られたあの銀行だ。
あぁ腹立たしい。

22mar2011 コパン遺跡へ続く遊歩道 22mar2011 入り口にあるJICAの記念碑
コパン遺跡へ続く遊歩道                遺跡入り口にあるJICAの記念碑

22mar2011 この朽ち加減がたまらない 22mar2011 気に侵食される遺跡
この朽ち加減がたまらない               自然は偉大だ

22mar2011 マヤ・アーチ 22mar2011 ユニークなレリーフ
見事なマヤ・アーチ                    神聖文字や彫刻の造形はかなりユニーク

22mar2011 東広場の彫像 22mar2011 彫像やレリーフはユニークだ
東広場にあったユニークなレリーフ          これも東広場にあったレリーフ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 058_Honduras / ホンジュラス] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 058_Honduras / ホンジュラス
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム