コパン・ルイナス ~ プエルト・バリオス

2011/3/23 水
思っていた通り、入国早々グアテマラいいっすわ。
この雑然とした雰囲気。人はいいし、飯を食うところにも事欠かない。メキシコに近づいたからか、人が底抜けに明るくなったような気もする。
グアテマラは、メスティソが国民の大多数を占めている周辺の国とは違い、マヤ系の先住民が人口の半数以上を占めている。
中米諸国へのスペインの魔の手はメキシコ、グアテマラから伸びていったわけであるが(悪名高いコルテスの一団だ)、大本のグアテマラによくぞこれだけ先住民の人たちが残ったもんだ。
おそらくもう二度と来ることはないであろうホンジュラス国内を敢えて移動し、最もカリブ海沿いの国境からグアテマラに入国した。

コパン・ルイナス ~ サン・ペドロ・スーラ : ローカルバス3時間半、120L
コパン周辺の山沿いの地は、昨日も今日も朝のうちは曇っていて肌寒い。
7:00発のバスに乗ってまずはサン・ペドロ・スーラへ移動。泊まっていた宿の脇からバスが出るのでとっても楽チン。
緑の山の中を延々と走るルートで気持ちいい。

サン・ペドロ・スーラ ~ プエルト・コルテス : ローカルバス1時間半、42L
山道を下りて、首都のテグシガルパ方面からの広い幹線道路とぶつかったところにあるのが、ホンジュラス第二の都市で商工業の中心地であるサン・ペドロ・スーラ。
ショッピング・モールと一体化した巨大なバス・ターミナルに着く。
つまらん町だよなぁと思うわけである、この手の町に対して自分は。
アメリカの郊外的なショッピング・モールってのが諸悪の根源だ。日本の地方都市でもよく見かけるが、町の没個性化に拍車をかける元凶である。世界中、どの国のどの町に行っても同じだもんなぁ・・・。
多くの人にとってはありがたい存在なのかもしれないけれど、自分にとっては町にこんなものができた時点で「お前はもう死んでいる」状態である。
こうして世界中が平滑化していくのは寂しいことなんじゃないかなぁ・・・。
もちろんサン・ペドロ・スーラはバスの乗り継ぎだけ。プエルト・コルテス行きのバスがすぐにあったので即バイバイ。
それにしても・・・プエルト・コルテスのコルテスってのは、あのエルナン・コルテスのコルテスなのか?何でそんなのを町の名に残しているのだろう?実に不快な名だ。

プエルト・コルテス ~ 国境 : ローカルバス2時間、44L
ホンジュラスという国は、経済的には完全にアメリカに隷属している国で、今も根本的にその状況は変わっていない。
その象徴ともいえるのが、カリブ海沿岸地帯に広がる広大なバナナ農園であろうか。運営しているのは全てアメリカのフルーツ会社である。
ドールとかチキータ(バナナ)とか・・・プエルト・コルテスのあたりまで来ると、その手のフルーツ会社の大型トレーラーをやたらと見かける。
ホンジュラスの社会基盤の整備は、これらのアメリカ資本が行ったと言って間違いない。バナナを運搬するための道路や鉄道、電話から電力会社、発電所までこれらの企業数社が造った。
そんな隷属関係もあって、1980年代にはニカラグアのサンディニスタ政権に対する反政府武装組織(コントラ)の侵攻基地をアメリカの要請で提供していたこともあった。
ただ、内戦に明け暮れた周辺諸国と違って、その時期深刻な内戦に陥らなかったのは明るい材料だ。

さて国境であるが、実にオープンな国境だな。
ホンジュラスのイミグレは国境にあり、空いてることもあってちゃちゃっと手続きをしてくれる。出国の日付がパスポートに押される。
で、グアテマラのイミグレは国境にはなく、聞いたら8kmも先にあるそうな。そんなわけで、国境からプエルト・バリオス行きの乗り合いタクシーに乗り、途中イミグレに寄ってもらうことになる。
レンピーラがちょっとだけ余ってたので国境にある食堂で飯を食ったのだが、ここへ来てホンジュラスではじめて旨い飯を食ったような気がする。
国境にいる両替屋は、ホンジュラス側もグアテマラ側も同じく$1=7Q(ケツァール)。今の正確なレートがわからないのだけれど、かなり悪いように思われる。
グアテマラの通貨はケツァール、コスタリカで見損ねたケッつぁんのことだ。国鳥もケツァールだし、国旗の真ん中にもケッつぁんが描かれている。

国境 ~ プエルト・バリオス : 乗り合いタクシー1時間20分、30Q
国境からの乗り合いタクシー(ハイエース)は、途中で野良仕事を終えたおっちゃんたちを拾っていくのですし詰め状態。おっちゃんたちは毎日家から乗り合いタクシーで野良仕事の現場まで通っているらしい。乗り合いタクシーが家の近くまで送ってくれる。
途中でイミグレに寄ってもらった。グアテマラの人たちは自由にホンジュラスへ行き来できるようで、用があるのは自分らだけである。
皆さんを待たせているので悪い気がする。
それなのに、入国管理のシステムが不調なようである。イミグレはおっちゃん一人で切り盛りしていたが、最終的には名前やパスポートNo.を紙にメモって通してくれた。
入国税なし。スタンプは省略かと思ったら、ちゃんと押してくれた。
野良仕事のおっちゃんたちの家々に寄りながらプエルト・バリオスの中心地へ。
宿は乗り合いタクシーの兄ちゃんが安いところを紹介してくれた。オスペダッヘ・ナインス。トイレ、シャワー共同のWが60Q。管理をしているばあちゃんが底抜けに明るくてパワフル。
パナマのダビに続き、「えっ?何ここ、老人ホーム?」の第二段。夜になるとじいちゃんばあちゃんが共用スペースに集まって、仲良くイスに座ってTVを見ている姿は何とも微笑ましい。
年寄りばかりなので夜は早く、22:00には静まり返るなかなか居心地のいい宿である。
飯食うところはよりどりみどり。こういう町はただそれだけで居心地がいい。ATMの手数料も無料だったしね。

23mar2011 のどかな国境
のどかな国境

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 059_Guatemala 1 / グアテマラ 1] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

プエルト・バリオス ~ フローレス

2011/3/24 木
ホンジュラス同様、グアテマラの経済もアメリカ資本に大きく依存している。やはりカリブ海沿岸地帯にはアメリカのフルーツ会社の運営する広大なバナナ農園があり、ドールやチキータの大型トレーラーをよく見かける。
1940年代に、このアメリカのフルーツ会社に大きな規制を加えた政権があった。農地改革も実行し、貧農の生活改善にも努めたのであるが・・・。
社会主義的な政策がアメリカの逆鱗に触れ、1950年代半ばにはホンジュラスから反革命軍を侵入させられ、政権が倒されてしまった。そういう歴史もある。
スペインの征服からようやく独立した後、周辺諸国共々ごたごたした時期があって、そのごたごたが落ち着いたかなと思ったら今度はアメリカからちゃちゃを入れられる、そんな感じの近代史だ。
その後は軍部独裁と内戦の時代が長く続き、内戦終結の調印がなされたのは1996年の話だ。

さて、今日はホンジュラス国境のプエルト・バリオスからティカル遺跡を目指して一気にフローレスまで北上する。
グアテマラには太平洋側にいくつか火山があるのだが、ひとまずそれは置いといて、先にキューバへ行くべくティカルの後は一路メキシコのカンクンを目指す。
ベリーズはビザと出国税が高いのでパスですな。

プエルト・バリオス ~ ラ・ルイドーサ : ローカルバス1時間強、15Q
宿近くのバス乗り場からバスに乗る。チキムラ方面行きのバスに乗って途中下車する形。
緑の森の中の一本道がなんとも心地いい。
ラ・ルイドーサは道路の分岐地点。道端にあるバス停の近くで降ろしてくれた。

ラ・ルイドーサ ~ フローレス : 4時間強、80Q
軽く食べてからフローレス行きのバスに途中乗車する。30分も待つとバスが来たが、意外と混んでいた・・・。
フローレスのバス乗り場に着くと宿の客引きがいるが、ひとまずパス。
フローレスというのは広義にはこのあたり一帯を指すが、狭義にはペテン・イツァ湖に浮かぶ島を指し、地元の人がフローレスと言えば島のことだ。
島と言っても300mほど離れた本土とは道路で結ばれていて、今となっては半島に近い。
島はツーリスティックなエリアとなっていて、最初は本土側のサンタ・エレーナで宿を探そうと思っていたのだが、どうもパッとした宿がない。久々に宿探しに苦戦して歩き回っているうちに、結局島まで来てしまった。半ば力尽きる形で、橋を渡ってすぐのホテル・ラ・カノアにチェックイン。トイレ、シャワー付きのWが80Q。島ではかなり安い部類だと思う。
島にはパラパラと観光客がいるが、思ったよりずっと少なく静かでなかなかいい感じ。
フローレスからティカルまでは50~60kmあるのだが、ローカルバスは行きが午後、帰りが朝しかないから使えない。旅行会社が運行している観光客用のミニバスで往復することになる。
ミニバスは頻発していて、朝は宿の前まで迎えに来てくれる。帰りはティカルから適当な時間のバスに乗って帰ってくる。運賃は往復60Q。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 059_Guatemala 1 / グアテマラ 1] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ティカル遺跡

2011/3/25 金
ティカル遺跡は気合が入っていて、毎日6:00~18:00まで開いている。ミニバスも始発は5:00である。
7:00のバスで行くことにしていたので、言われたとおり6:45から宿の前で待つが、バスが来ねぇ。30分待っても来ねぇ・・・。
隣の宿の前にもそわそわしてるおっちゃんが一人。やはり7:00のバスを待っているとのことだった。
旅行会社に聞いてみると、他のホテルに寄って来るから遅れてるんだという話。どうやら置いてけぼりを食ったわけではなさそうだが、これじゃ8:00のバスに乗るのと変わらんじゃないか・・・。
7:30頃になってようやくバスが来たら、誰も乗ってねぇ・・・。単に遅れただけかよ!
その後他のホテルに寄って残りの人たちをピックアップ。皆さんやはりそわそわしながら待っていた。そりゃそうだ、気合を入れて遺跡を見に行こうとしてたんだから。
途中で地元の人を拾いつつ、1時間半でティカルに到着。
入場料はグアテマラ人が25Qに対し外国人は150Q。値上がりが激しい。
同じバスに日本人のユミコさんがいて、一緒にのんびり遺跡を回る。

ティカルはコパンより規模が大きく、ジャングルの中に50~70mくらいの階段ピラミッドの神殿がポコポコ林立している。見どころはこの神殿群で、彫刻を施したのは主に石灰岩だったらしく、コパンのような美しい彫像やレリーフはあまり残っていない。
神殿の幾つかには上ることができ、そこから見ると背の高い樹木の上に神殿がポコポコと顔を出している。緑の樹林の上に顔を出す神殿の様が、巨神兵の残骸みたいだ。絶えず咆哮しているホエザルの鳴き声が巨神兵の雄叫びのように聞こえる。
敷地内にはけっこう動物もいて、あまり人を恐れないらしく(慣れているのとは違って餌をねだりに来たりするわけではない)、ホエザルやハナグマの群れも人を意に介さずに姿を見せてくれる。
贅沢を言えば、ちょっとキレイに復元されすぎなのかなぁ・・・。思ったほど人も多くないし(特に朝と夕方はほぼ貸切状態になる)、なかなか見応えはあるのだけれど、インパクトという意味ではコパンの方が上だったかなぁ。もっとも最初に見たのがコパンだったからかもしれないけれど・・・。
神殿の階段はけっこう急で、素晴らしいことに上には柵も何もない。特にⅤ号神殿は高さがあって、上り下り用に設置された木造の階段が笑えるほど急だった。年に何人か死んでいるのではあるまいか・・・。
こういう大らかさは日本にはないなぁ。神殿の上にも第一に柵が設置されちゃうだろうし。いや、それ以前にもし日本だったらそもそも神殿に上れないか。
一足先に帰るユミコさんと別れて敷地内をブラブラ。
団体客は引き上げるのが早く、15:00になるとほとんどガラガラの状態。じっくり遺跡を見るには最適の時間かもしれない。どこもほとんど貸切状態だ。

17:00のバスで帰るべく遺跡の入口に戻る。と、来たときには気付かなかったが、入口近くの工事現場に日の丸が翻っている。「おっ!」と思って写真を撮っていると、日本人らしき作業者が二人、現地の作業者と一緒に歩いてきた。
声をかけたらやはり日本の建設会社の人たちだった。JICAの仕事を請け負って遺跡の入口近くに研究センターを建てているとのことだった。来年1月の完成予定らしい。さすが仕事が早い。工事現場の看板の前で一緒に写真を撮らせてもらった。

ティカルは夕日のキレイなところだ。地表近くが塵っぽいのか、空が信じられないほどオレンジ色に染まる。太陽も大きく見えるな。
今日の夕日はひと際キレイだった。

さて、フローレスには「すいか」という日本人女性がやっておられる日本料理屋があるらしい。カレーや親子丼が30Qほどで食べられて値段も手頃。
今もあるのかどうか定かでないが、宿から歩いてすぐなので行ってみることにした。
ちゃんとあった!
一階には座敷もあるが、二階は湖からの夜風が吹き抜けて気持ちいい。
二階のテーブルで料理を待っていると・・・「こんばんは」と女優の原沙知絵さんが連れの女性二人とやって来て隣のテーブルに座った。
自分はすぐに気付いたが、マユミは気付かなかったらしい。とびきりキレイな人が来たなぁとは思ったらしいが・・・。
実に気さくで素敵な人だ。
が、やはり独特なオーラがあってなかなか話しかけられないなぁ・・・。
食べ終わって店を出ようと階下へ行くと、先ほどお会いした建設会社の二人、コーダさんとスズキさんが飲んでいた。そのまま合流。
バイタリティーがあって実に面白い人たちだ。話が尽きん。
ティカルで会ったときは、てっきり年配のコーダさんが上司で若いスズキさんを連れているのかと思ったのだが(ヘルメット姿も板についてたし)、コーダさんの方は現地で採用されたばかりだという話。
激動の紆余曲折を経て今に至っているわけだけど、すごいなこの人。世の中にはすごい人がいるもんだ。
で、話をしているうちに、「NHKの撮影で今日日本の女優さんが来てるらしいんだよねぇ」という話になった。誰かに聞いてきた二人は、「三人組らしい」とかけっこう詳しい情報を持っている。が、コーダさんがメモってきた名前はお付きのスタイリストさんか誰かの名前。肝心の女優さんの名前は知らないらしい。
「上にいる人たちじゃないかなぁ」と話すと、「どれ、どれ」という感じでコーダさんが出撃。
「あれ?どこかでお会いしませんでしたか?」・・・普通言えんよなぁ・・・。やっぱすげーわ、この人。
正真正銘原さん本人で、気軽に写真撮影にも応じてくれた。素敵な人だ。一瞬でファンになってしまった。
いつもは飯を食いに行くのにカメラなど持っていないが、ティカルから帰ったばかりのこの日はたまたま持っていた。こういうのも何かの縁なんだね、きっと。

すごい一日だった。
久々にティカルで日本人に会ったなぁと思ったら、帰り際に建設会社の二人に会い、たまたま行った日本料理屋で二人に再会、そして原沙知絵さんとばったり会う。
ティカルの感動などすっかり飛んでしまった素晴らしい一日だった。

25mar2011 巨神兵のように顔を出す神殿 25mar2011 失われた世界
巨神兵のように神殿が顔を出している        失われた世界

25mar2011 神殿の幾つかには上れる 25mar2011 Ⅴ号神殿
上れる神殿が多い                    Ⅴ号神殿

25mar2011 横に設置された急な木造階段を上る 25mar2011 年に何人か落ちる人がいそう
横に設置された木造階段は笑えるほど急      年に何人か落ちてるだろ、これ?

25mar2011 夕方のⅠ号神殿 25mar2011 工事現場の看板の前で
夕方のⅠ号神殿                     工事現場の看板前で

25mar2011 原沙知絵さんと@すいか
原沙知絵さんと@すいか

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 059_Guatemala 1 / グアテマラ 1] | 2011.03.27(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

フローレス

2011/3/26 土
「すいか」のWiFiを借りて半日情報収集。
やはり去年の5月より、建前上キューバ入国には保険加入が義務付けられているらしいことはわかった。やっぱ先にキューバへ行こう、海外旅行保険が残っているうちに。
これまでの人生でおよそ保険というものの恩恵にあずかったことのない自分ら二人(ま、幸いなことなんだけどね~)。今こそ保険加入のメリットを活かしてやろう(保険の恩恵にあずかるわけじゃないけど)。
現役バリバリの社会主義国家、キューバ。高齢のカストロが亡くなられたらガラッと変わっちゃうかもしれないけれど、今のところ自由主義の世界とはまったく違うワンダーランドだ。
今でもアメリカの経済封鎖を受けていて、敵性国家アメリカ臭のするものは全て使えないというお国事情。旅をするにはかなり不便な国だったりもする。
通貨のこととかいろいろ面倒なことがあるのだけれど、その辺はカンクンで情報収集することにしよう。
まずはメキシコへの越境。
今いるフローレスから近いのはナランホ-パルマかBethel-コロザルの国境。どちらもボートで越境することになるが、ナランホの国境は今スムーズに通れるのかどうか不明。
元々ここはほとんどツーリストしか通らない国境で、Bethel-コロザル間の道路が整備されたため、現在ツーリストバスはBethelの国境を通っている。よってナランホの国境が今機能しているのかどうかは不明だ。
必然的にBethelの国境に絞られる。
できればローカルな交通手段で移動したかったのだが、「すいか」のママさんに聞いたところ場合によって高くつくかもしれん・・・。
問題はボートだ。地元の人が使うことはまずない国境だそうで、もしかしたらボートをチャーターしなければならないかもと・・・。1時間もチャーターしたらそれなりにかかるだろうな。
それと、最近になってイミグレの場所がちょっと変わったらしく、手続きの間ローカルバスが待っててくれるのかどうか・・・(ま、待っててくれんだろうね、普通)。
やむを得まい。今回はツーリストバスを使ってサクッと越境することにしよう。
夕方、隣のエージェントにチケットを買いに行った。朝5:00発のパレンケ行き、運賃は200Q。

話ついでに、自分らは行かないけどベリーズのビザについて。
前は国境で即日発行されていたが、最近は身元照会に時間がかかり一日程度待たされるらしい。
これ、何故かっていうと、日本人の偽造パスポートで不法入国する中国人が最近多いらしく、防止のための措置らしい。これもママさんから聞いた情報。

土曜の今日は湖岸にタコスなんかの屋台が出ている。
夕食時に行ってみたが、ひっそりと地元の人たちで賑わっていてなかなかいい感じだった。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 059_Guatemala 1 / グアテマラ 1] | 2011.03.30(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 059_Guatemala 1 / グアテマラ 1
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム