スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カンクン ~ ブリュッセル

2011/6/19 日
7:00過ぎに目覚めると、外が薄暗い。昨晩は雨も降ったようだ。
で、7:30頃から大雨・・・。強く降っていたのは2時間ほどだが、午後になっても降り続いていた。
13:00過ぎに同宿の人たちに見送られて宿を出る。
ADOターミナルからバスに乗り(45N$)、30分で空港着。既にカウンターに人が並び始めていたので早速並ぶ。

14:00過ぎにチェックインが始まる。さすがヨーロッパの航空会社(ジェットエアフライはベルギーのLCC)、手際のいいこと風の如し。ラテン系のところとは違う。
てっきりチェックイン後にメキシコの出国税を払うものと思っていたのだが、カウンターにて入国カードを回収されてしまった。「もうこれでいいわよ」って言われて・・・。
航空券代に含まれているのか(そんなことないと思うけど・・・)、それとも元から払う必要などないのか、カウンターの人の手違いで払わずに済んでしまったのか。相変らずメキシコの出国税についてはよくわからん。
入国時にイミグレで言われたとおり事前に銀行で払っていたらバカを見るところだったじゃないか。
前にキューバに飛ぶときエア・クバーナでは徴収されたけど、あれはエア・クバーナが着服しているのではないかと疑っている。

それからもう一つ。チェックイン時に出国チケットのことを聞かれた。
基本的に日本人なら片道チケットだけで入国できるはずだが、万一揉めても嫌だなと思い、使用済みの一周券を提示した(マドリッド-キトのフライト)。去年のだから曜日が一日ずれているけど年は表示されてないから・・・。
カウンターの女性が隣のおっちゃんに何やら相談しているし、そのチケットを見ながら端末をカチャカチャやっていたのでちょっとドキドキ。
結果的には何の問題もなかった。他のエアラインの予約状況など確認できるはずがないからねぇ。単に発券のシステム上、それらのことを端末に入力する必要があったのだろう。

出国税分のペソをとっておいたのに余ってしまったので、レートの悪い空港のカンビオでユーロに両替え。
他の都市のことはわからないが、キューバに飛んだとき同様カンクンでは出国時にイミグレを通らない。両替えした後で出国税を払えとか言われないだろうな、とちょっと心配したが何事もなく、1時間ほどの遅れで無事搭乗。
機体はB767。LCCだから席にモニターなどはない。モニターがないから、緊急時の救命胴衣の使用法は、機内放送に合わせ客室乗務員がその場で実演していた。
否が応でも注目してしまうから、モニターで流すよりむしろこの方が効果的なのではあるまいか。

フライトは10時間ほど。食事は2回も出た。
意外にも食事は二食ともとても美味しかった。メニューを選んだりはできないが、これもその方がむしろ効率的。メジャーなエアラインの半分ほどの時間で全員分を配り終えていたような気がする。
必要最低限のことだけきびきびとやってくれて実に気持ちいい。

今回のパイロットは非常に優秀で、離陸から着陸まで実にスムーズだった。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 065_Belgium 1 / ベルギー 1] | 2011.06.23(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ナミュール

2011/6/20 月
メキシコとベルギーの時差は、今の時季だと7時間。ブリュッセルに降り立ったのは10:45。
あいにくと天気は芳しくなく、霧雨が舞っている。気温が14、15℃ほどしかなく寒い。
滞在期間など簡単なことだけ聞かれてイミグレを通ると、税関はなくスルーだった。ユルユルではないか・・・。
到着ロビーに出たのはいいが、予定は未定。ガイドブックはないし、情報も何もないからとりあえず途方に暮れる。久々の先進文明国で、どう対応していいのかよくわからんのだ。こうなるであろうことはカンクンにいるときから薄々予感していた。
空港のインフォメーションでブリュッセルの地図をもらい、ひとまず鉄道で市街地に出てみる。ブリュッセルの中央駅まで空港から僅か20分ほど。運賃の5.2E(ユーロ)でヨーロッパの洗礼を受ける。

電車は急な加減速がなくスムーズで、実に快適。文明って素晴らしいな~。
うとうとする間もなく中央駅に到着。
中南米から西欧に飛んできて即座に感じたこと・・・人が少ない。人々のゆとりはまずは人口の少ないところから生まれていると思う。
街がキレイ。同じ石の文化でありながら建物の出来が違う。鉄骨が剥き出しになっている家など一軒もない。
車もとてもキレイ。そして街がとても静か。車のクラクションの音など聞こえないし、排気音も静か。もちろん排ガスをモクモクさせながら走っている車など一台もいない。
そして喫煙者が桁違いに多い。中南米諸国では現地の人はほとんどタバコを吸わなかった。特に先住民系の人たちはほとんど吸わない。要するにタバコなんて贅沢品だからねぇ。
ヨーロッパでも昨今はさすがに車内や室内は禁煙であるが、屋外ならどこでも吸える(実際に皆さん吸っている)。路上でも駅のホームでも。
アメリカやその影響の強い日本のように、過度に禁煙、禁煙とはしていない。
・・・そんなことを感じた。

道行く人は皆オシャレだし、食べものは何を食べても旨い。
食べ物に関してはイギリスのような例外もあるから、これはヨーロッパと言うよりフランスを褒めるべきだろう。フランスの息のかかったところは世界中どこでも食べものが美味しい。こればかりはホントにすごいと思う。
アメリカのような車社会とも違う。主役はあくまで歩行者だ。道路を渡ろうとしていると、誰も彼もこちらが恐縮するくらい止まってくれる。
ここは静かで落ち着きのある大人の社会。歴史があるからできる業で、新興国が一朝一夕に真似のできるものではない。

ベルギーの正式国名はベルギー王国。王室を持つ立憲君主国である。
ゲルマン系のフラマン人とラテン系のワロン人が多く、フラマン人はオランダ語を、ワロン人はフランス語を話す。フラマン人は北半分のフランドル、ワロン人は南半分のワロニーに住んでいて、おおよそ北半分がオランダ語圏、南半分がフランス語圏になるようである。
公用語はオランダ語とフランス語とドイツ語。第一言語にする人の割合はオランダ語が60%、フランス語が40%で、ドイツ語は1%以下。

首都のブリュッセルは地理的にはオランダ語圏に位置するがフランス語が優勢なようで、フランス語を話す人が多かった。
ただし、フランス人の話すフランス語とちょっと響きが違い、最初何語を話しているのかわからなかった。フランス人ほど鼻から抜く発音をしないように思われる。

さて、中央駅に着いて雨のパラつく中、宿を求めて街中を歩き回ってみたが、安宿のありそうな臭いなど微塵もなく、早々に諦めて南部のナミュールという町に移動することにした。
どうしてナミュールなのかと言うと、明日以降先にルクセンブルクに行こうと思ったから。ルクセンブルクに近い南部の一番大きな街がナミュールだ。
中央駅から電車で50分(8.2E)。雨に煙る美しい森や村々を抜けるとナミュールに着く。
ナミュールは小ぢんまりとした美しい町だった。小高い山の上に町を見下ろせる巨大な城砦が残っていて、そこから見晴らすと、森と運河と古い町並みが実に調和している。
まだこれから行くのだけれど、勝手に想像する東欧のハンガリーあたりの風景を連想させる美しいところだ。
ベルギーと言えば石畳。ブリュッセルでもナミュールでも石畳はそこかしこに残っている。
運河にはヨーロッパっぽい石造りのアーチ橋が架かっていて、白鳥やガンがたくさんいる。時々町の人から餌をもらっていて、程よく人に馴れている。ガンの方はおそらく「ニルスのふしぎな旅」に出てくるのと同じ種類のヨーロッパ・ガンで、アッカ隊長のように黒い顔で頬のあたりが白い。
運河には大きなクルーザーが何隻も停泊してあった。どのクルーザーにも自転車が積んであって、キャビンで老夫婦が本を読んでいたりする。オーナーのほとんどは老夫婦といった感じだった。どうやらリタイア後に運河や川を伝ってヨーロッパ中をのんびり旅しているらしい。優雅だね~憧れるね~こんなライフ・スタイル。

宿であるが、ことベルギーに関しては、何の情報もなく自力で安宿(もしあればだが)を探すのはほぼ不可能。思うにホテルの絶対数が少なすぎるし、一箇所にかたまっているわけでないからとにかく探しにくい。
ナミュールには駅を出てすぐのところにインフォメーションがあり、そこで一番安い宿を教えてもらった。教えてくれたのはYHで、運河に近いところに位置しているのであるが、そこまで歩く3kmの道すがら一軒のホテルも目にしなかった。
YHの名はフェリシエン・ロップス。静かで広い敷地の中に平屋建ての部屋が点在している。部屋をはじめ至るところにオートロックのドアがあり、清潔だし、朝食付きだし、設備的にも環境的にも申し分ない。
申し分ないのだがここはヨーロッパ、2段ベッドの4人ドミが一人一泊19.5E。はぁ・・・覚悟していたとは言えズシンとくる。
実はこんなことだろうとヨーロッパでは自転車を買ってキャンプしようと思っていた。が、宿代がこんなに高くては落ち着いて自転車も探していられない。
特に物価の高いベネルクス3国だけは自転車を諦めてササッと周っちゃおう。そういうことにした。ドイツ以東に行けばだいぶ物価も安くなるだろう。

当初ルクセンブルクはナミュールから日帰りしようと思っていた。が、今日はそこそこ部屋が空いているように見えるのだが、明日は団体でも来るのか部屋が空いていないと言う。致し方なし。一泊して明日はルクセンブルクに移動することにしよう。宿があるのかどうかが心配・・・。

今の時季、ヨーロッパは22:00頃まで明るい。
町中をブラブラしてYHに帰ると、同じ部屋に二人来ていた。自転車で旅しているオランダ人の60年配の夫婦。
とても感じのいい物静かな夫婦だった。年の所為もあると思うけど、荷物はキチンと整理整頓してあるし、こちらのことを気遣って大声で話をしたり大きな物音を立てたりすることはなかった。
こちらが電気を消して先に寝ているところに帰ってきたとき、部屋の明かりを点けずにヘッドランプで寝る準備をしていたときは、逆にこちらが恐縮してしまった。
ラテン系の人たちとは違う・・・。

20jun2011 町並みが運河と森の緑に調和したナミュール
運河と森の緑に調和したナミュールの町並み・・・毎日天気がパッとしない

20jun2011 運河にいたガン・・・たぶんアッカ隊長と同じ種類 20jun2011 運河に停泊していたクルーザー
運河にいたガン・・・おそらくアッカ隊長と同じ種類  運河に停泊中のクルーザー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 065_Belgium 1 / ベルギー 1] | 2011.06.23(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

アントワープ

2011/6/23 木
「フランダースの犬」の里、アントワープにやって来た。
トンゲレンから電車で1時間半ほど、運賃は13.7E。

アントワープはブリュッセルに次ぐベルギー第2の都市でリエージュよりずっと大きいが、不思議と弾き返される感じがない。おそらくベルギー最大の観光地であるためだろう。近代的な町並みってのも一役買っているかもしれない。
宿はYH・ブーメランに駆け込んだ。ドミ部屋一人一泊12E。シーツ代として別に2.5Eずつかかるが、使わずともよいということで使わなかった。同室の宿泊者も皆使っていなかった。ま、安さを求めて来るのだから当然か・・・。
何人泊まれるのだろう、部屋数がけっこうあるが、おそらくここより安いところはないと思われいつも混み合っている。できれば2、3泊したかったが、明日はベッドが空いてないという話。仕方なくアントワープも一泊で発つことに・・・。あーそろそろどこかでのんびりしたい。

宿の周りにはユダヤ人が多く住んでいて、ユダヤ教の正装をした人たちをよく見かける。全身黒ずくめの服に黒い帽子、顎鬚ともみあげのあたりの髪の毛を伸ばした独特の格好をしているからすぐにわかる。女の人は帽子の代わりにスカーフを巻いている。もみあげを伸ばした色白の子供たちがとても可愛い。
ベルギーではムスリムの人たちもよく見かける。イタリアやフランス、スペイン、ポルトガルといった南欧の国々ではほとんど見かけなかったから、新鮮な思いだ。

アントワープと言えば、世界的には「フランダースの犬」ではなくてダイヤモンド。世界のダイヤモンド取引の中心地で、世界中のダイヤモンド原石のうちの70%がここで加工・研磨されている。デビアスも確かベルギーの会社のはず。
アントワープに4軒あるダイヤモンド取引所のうちの3軒が中央駅近くにあり、この界隈にはダイヤモンドを扱う宝石店がたくさんある。
ちなみに、ダイヤモンド業界を牛耳っているのはユダヤ人である。そんな関係もあって、アントワープの中央駅から市立公園にかけてヨーロッパ最大のユダヤ人社会が形成されている。

天気は相変らずだが、時折り青空も望める。青空が見えていたと思ったら雨が降ったり、また青空がのぞいたり、そんな感じの安定しない空。
早速町の中にあるノートルダム大聖堂に出かけた。
ここには、ネロが一目見たいと恋焦がれたルーベンスの絵が4枚ある。
教会としては珍しく、中に入るのに5E(学割3E)かかる。大きな教会で、中は教会というより博物館といった様相を呈しており、観光客もたくさんいる。出口のところにグッズを売るショップもあったし・・・。
ルーベンスの絵以外にも巨大な宗教画がいくつも飾られていて見事だ。おそらく「フランダースの犬」効果により日本人観光客も多いようで、パンフレットには日本語版もあった。ショップにも日本人向けのグッズがけっこうある。
数ある絵の中でもやはり白眉なのはルーベンスの絵だろう。
記憶がおぼろげであるが、ネロが最後に「パトラッシュ、僕もう疲れたよ・・・」と言って昇天するのは、一番奥にある祭壇の上に架かる絵「聖母被昇天」の下だったと思う。
なんか感慨深かったなぁ、この絵を目にしたときは。

日本人なら誰でも知っている「フランダースの犬」であるが、ちょっと前まで舞台となったアントワープではほとんど知られていなかった。
マリ・ルイーズ・ド・ラ・ラメーというイギリス人女性がアントワープに住んだ経験を基に書いたこの物語は、イギリスでは出版されていたが、アントワープではほとんど知られていなかったのだ。
アントワープにやって来る日本人が揃って「フランダースの犬」「フランダースの犬」と言うもんだから、物語のことをまったく知らなかった観光案内所の市職員コルテールさんが調査に乗り出し、ネロが住んでいたところがアントワープの南西にある町オーボーケンであることを突き止めた。
現在、このオーボーケンにはネロとパトラッシュの銅像が立ってる。

で、そのオーボーケンに行ってみた。
行き方はノートルダム大聖堂の近くにある観光案内所で教えてくれる。トラムの2番に乗り、終点まで行く。
このトラムのシステムはすごかった。人を信用していないと絶対にできないシステム。改札なんてものは当然ないし、車内での検札も一切ない。つまり、やろうと思えばいくらでもキセルできてしまうという太っ腹なシステムだ。
一応ホームに券売機があって、そこで切符を買える。その切符をどうするのかと言うと、車内に設置してある箱に通す。そうすると切符にチャージされた金額が減って印刷されるというシステム。
が、実際に車内の箱に切符を通している人はほとんどいない、と言うと語弊があるが、実際多くの人が何もせず普通にトラムに乗っている。
切符の買い方がよくわからず券売機の前でオロオロしていたら、近くの人が親切に教えてくれた。が、さすがにキセルできるとは教えてくれなかった・・・。ちなみに運賃は一回1.2E。

オーボーケンは意外と遠かった。アントワープからトラムで35分ほど。
パトラッシュは毎日この距離を、荷車を引いてアントワープまでミルクを運んでいたのか・・・。
現在のオーボーケンは、当時(1870年代)の面影など微塵もない普通の町である。
終点の駅で降りたはいいが、銅像がどこにあるのかわからない。
「フランダースの犬」の銅像はどこですか?と自転車に乗っていたおっちゃんに聞いてみたら、「銅像?それならほれ、あそこに・・・」と大通りにある別の銅像を教えてくれた。
「いや、それじゃなくて犬の銅像がないですかねぇ?」と聞き返すと、「おぉぉ!パトラッシュのことかい。それならほれ、そこを左に曲がって・・・」と親切に教えてくれた。
おっちゃんはパトラッシュを知っていた。
教えられた角を曲がると・・・あった、あった!あったけど妙に小さい。知らなきゃ見落としてしまうところだ。
銅像の下にはちゃんと"NELLO EN PATRASCHE"と書かれていた。
でも、銅像のネロとパトラッシュは、日本のアニメのイメージとはまったく違っていた。どうせならアニメに似せてくれた方が訪れる日本人は喜んだろうに・・・。
ちなみにフランダースの犬の実像、当時ミルクを運んでこのあたりを走っていた犬の姿というのは、アニメのパトラッシュとは違うらしい。ブービエ・デ・フランダースという犬種で、現在も家庭で飼われている毛足の長い、耳の垂れた犬だそうだ。

当時の面影があるわけでなし、銅像を見てしまうとオーボーケンには何もない。
トラムでアントワープにとんぼ返り。
一緒に乗る人たちを真似て?(と言うか田舎のホームにはそもそも券売機がなかったりする)トラムに乗ると、案の定タダでアントワープまで帰れてしまった・・・。
つくづく日本では絶対にありえないシステムだ。

23jun2011 ノートルダム大聖堂 23jun2011 中は教会と言うより博物館の様相を呈している
ノートルダム大聖堂            中は教会というより博物館

23jun2011 ネロが一目見たいと恋焦がれたルーベンスの絵「キリストの昇架」 23jun2011 同じくルーベンス作「キリストの降架」
ネロが一目見たいと恋焦がれたルーベンスの絵・・・左「キリストの昇架」 右「キリストの降架」

23jun2011 ネロが昇天したのはおそらくこの祭壇の前 23jun2011 その祭壇の上に架かるルーベンスの絵「聖母被昇天」
ネロが昇天したのはおそらくこの祭壇の前     その祭壇の上にあるルーベンスの絵「聖母被昇天」

23jun2011 教会内のショップにあったネロとパトラッシュの絵葉書 23jun2011 オーボーケンにあるネロとパトラッシュの銅像・・・ちっちゃい
教会のショップにあったネロとパトラッシュの絵葉書  オーボーケンにあるネロとパトラッシュの銅像・・・ちっちゃい

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 065_Belgium 1 / ベルギー 1] | 2011.06.27(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 065_Belgium 1 / ベルギー 1
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。