スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

リスボア ~ マドリッド

2010/7/23 金
リスボンからマドリッドへの移動。
7:30に宿をチェック・アウト。宿のばあちゃんが熱い抱擁で見送ってくれた。
地下鉄でバス・ターミナルのあるハルディン・スーロジコ駅へ行き、9:30のバスでリスボンへ向け出発。リスボンに来るとき乗ったのと同じ座席が1列+2列の広々としたバスで、フカフカの革張りシートがとても快適。おまけにガラガラで乗客は10人くらいしかおらず、尚快適。バスが毎日あるのは有難いが、これだと元はまったく取れないに違いない。
リスボンから一路西へ、内陸に向かう。ちょっと内陸に入っただけで空は真っ青じゃなくなるし、車窓には何の変哲もない枯れ草と疎らに木の生えた景色が広がるのだが、なんとも言えずいい感じだ。時々小さな家と、コウノトリの巣が現れる。
デジャヴ・・・そんなはずはないのだが、前に一度来たことがあるような既視感を覚え、どことなく郷愁を誘われる。おそらくどこかの景色に似ているのだろうが、どこなのかはわからない。
そんな心地いい景色を眺めながらとりとめもないことを考えていたら、今日は眠くならなかった。
エヴォラ経由でスペイン国境を越える。スペイン側のバダホスは大きな町で、国境を越えた途端に人と車が増え、現代的なビルが建ち並ぶ。イタリアからフランスに入ったときもそうだったけど、国境を越えただけでガラッと雰囲気が変わるのが面白い。
マドリッドのエスタシオン・デ・スールに着いたのは18:00過ぎ、ポルトガルとは1時間の時差があるためすぐに時計を1時間進める。
宿探しが面倒そうだったので、宿はこの旅に出て初めて昨日リスボンから予約しておいた。
宿のあるクアトロ・カミーノスまで地下鉄で移動。マドリッドの地下鉄は一回1E。
予約した宿、ヤガミ・ホステルは駅から徒歩3分らしいので、駅の近くで人に聞けばすぐにわかると思っていたのだが、甘かった・・・。地元の人に、聞いても、聞いても誰も知らない・・・それもそのはずで、結局電話して駅まで迎えに来てもらったのだが、行ってみたら宿には看板も何もない。おまけに宿の入っているビルがちょうど工事中で、建物自体がネットで覆われていた・・・。
この宿は日本人旅行者だけを泊めているという風変わりな宿で、要するに正規に看板を掲げている宿ではなくて、アパートの一室をドミとして開放しているだけだ。自力で見つかるわけがない・・・。
どうしてわざわざこんな宿にしたのかと言うと、南米のガイドブックが手に入らないかなぁ~という淡い期待を込めてである。が、結局必要なガイドブックはなかった上に、この宿では、おそらく旅行者が置いていったであろう中古のガイドブックを4Eで売っていた(笑)。
おまけに泊まっている人も他に一人しかおらず、同じく次に南米に飛ぶ人だった・・・残念!
宿はキレイ過ぎて(物理的にも)ちょっと窮屈で、細々とした決まりごとも多く、正直自分たちにはあまりピンと来なかった。これだけキレイで決まりごとも多いと、おそらく断らずとも日本人以外は来ないであろう。
言い忘れるところであったが、宿を管理しているヤガミさんという日本語ペラペラのスペイン人はとてもいい人です。

23jul2010 宿のばあちゃん

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 037_Spain 2 / スペイン 2] | 2010.07.25(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

マドリッド・・・での無為な一日

2010/7/24 土
朝になって他に二組ほど宿泊者がやって来た。
なんだかんだ慌しく荷物をまとめ11:00にチェックアウト。荷物を預けておくにも金が掛かるので、夜中のフライトなので時間が死ぬほどあるが、そのまま荷物を背負って空港へ向かうことにした。空港までは地下鉄一本で、2Eである。
マドリッドでは、些細なことだが公衆電話や券売機にコインを飲み込まれたり、どうもしっくり来なかった。些細なことなのだけれど、旅行者にとって第一印象というのはけっこう大切で、そんなことでその町の印象が左右されたりするものである。そんなわけでマドリッドはピンと来なかった・・・一泊しただけではあるけれども。
空港でひたすら無為に時間を過ごす・・・。
LAN航空のカウンターはちょっとユニークで、2、3時間前から便ごとにチェックインさせるのではなく、一度に色々な便のチェックインができてしまう。自分らのフライトは00:35だったのだけれど、リコンファームしてなかったので念のため昼頃カウンターに行ってみたら15:00過ぎにはチェックインできるという話。
それにしても妙に人気の少ない空港だ。で、LAN航空のカウンターも空いているわけだけれども、チェックインするだけなのに何故かどのカウンターも揉めていたりで時間がかかっている。
早く荷物を預けてしまいたいので、15:00過ぎにカウンターへ行くと、妙に時間はかかったがとりあえずチケットを発券してくれた。が、フライト・スケジュールは未確定のようで1時間後にもう一度来てみてとのこと。結局荷物もまだ預けられず・・・。
腹が減ったのでマックでハンバーガーを食べ、1時間後にカウンターへ行くと、なんと、なんと飛行機が大幅に送れ、出発は明日の13:30という話・・・。力が抜けてなんもやる気がなくなった。
せっかく夜中に出発してキトに朝着く予定だったのに、これだとキトに着くのは20:30過ぎになってしまう。はぁぁ・・・。皆さんがカウンターで揉めてたのも納得。マドリッドにいながらにして既に完全に南米モードだ。
南米の航空会社でこんなことはおそらく日常茶飯事で、そう言えば以前パタゴニアに行ったときもこんな感じだったのを思い出した。あの時LANはスムーズだったけど、アルゼンチン航空は飛行機が遅れまくってどのカウンターも怒鳴りあいになっていたっけ。
結局、この日は思いもかけず航空会社の準備した空港近くのホテルに宿泊することになった・・・のはいいのだけれど、話はこれで終わりじゃなかった。
カウンターのおばちゃんにその旨の話を聞かされ、すっかり意気消沈し、「5分か10分で外に迎えのバスが来るから」ということでプリントアウトをもらって外に出た。
プリントアウトの紙には色々書いてあったのだが、なんもやる気がなくなってしまいろくに読まずにバスを待っていた。
10分くらい待っただろうか、ターミナルの連絡バスに紛れて1台のミニバスが現れた。「おーあれか、あれか」ということで運ちゃんにプリントアウトを見せ、運ちゃんも乗れと言うので乗り込んだ。
15分くらい走ってこじんまりとしたホステルに到着。「けっこうしけたとこだったなぁ」と思いつつ、導かれるまま中に入ってプリントアウトを見せつつチェックインの手続き。
「朝食つきにしますか?」と聞かれ、「変なことを聞く奴だなぁ・・・朝食も夕食もついてるとプリントアウトに書いてあるだろ」などと思いつつ「Yes」と答える。
「朝食は○○時からです」と説明されたので、「で、ディナーは何時から?」とついでに聞いたら、ディナーはホテルで食べられないという話。ん???
「でもここにディナー付きとちゃんと書いてあるけど」、とプリントアウトを見せつつ反論したら衝撃の一言が・・・「これはうちのホテルではありません」。
えぇぇっ・・・!そうなのぉぉ???
「どうなさいますか?」と聞いてくるが、どうするもこうするも・・・「だったら空港に戻りたい」と言ってみたが、それは有料になるという話。まぁそりゃそうだよなぁ。はぁぁ・・・もう完全になんもやる気なくなった。このやり場のない怒りをどうしたらいんだぁぁ・・・。
そりゃプリントアウトをちゃんと確認しなかった自分らが悪いんだけど、あのテンション、あのシチュエーションで迎えのバスが来たらきっと誰でも乗っちゃうよ。しかも乗るときにちゃんとプリントアウトを見せたのに(自分らは読んでないけど)・・・。
結局、タクシーを呼んでもらって本来行くはずだったホテルへ向かった。タクシーの運賃が20E!あぁなんて無駄な出費。
こちらのホテルは☆☆☆☆の立派なホテルであった。自分で払うなら絶対に泊まることはないだろう。
自分らが着いた時はまだそれほどでもなかったけれど、19:30頃になったら団体客がどっと押し寄せた。
ホテルのディナーはビュッフェ形式で、せっかくタダでご馳走にありつけるところなのに、あろうことか夕方にハンバーガーを食べてしまったためそれほど食べられず・・・。隣でマユミがめげずにモリモリ食べていたから(マユミは夕方ハンバーガーを食べなかった)、きっと自分の分まで元を取ってくれただろう。
はぁぁ・・・ホントに溜息しか出ない。本来は単に一泊するだけだったのに、妙に全てが噛み合わず踏んだり蹴ったりだったマドリッド。もう二度と来ねーぞ、マドリッド!そんなところが今の正直な気持ちです。
まぁ長旅を続けていれば一日くらいこんな日もある、ってことで気を取り直そう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 037_Spain 2 / スペイン 2] | 2010.07.25(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ■ 037_Spain 2 / スペイン 2
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。