スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

キト その1

2010/7/26 月
今日はほぼ一日情報収集。宿の情報ノートを見て、それから街をぶらぶら。古いけど、ガイドブックも一冊手に入った。
エクアドルの人は日本人に似ている。顔はちょっと黒いけど日本人にそっくりで、体つきは日本人より小柄。なんか妙に親近感が湧く。
言葉はスペイン語を話しているわけだけれど、ゆったりとしたテンポで話すので聞き取りやすく、ソフトな印象を受ける。とてもスペイン人と同じ言語を話しているとは思えない。スペイン語を勉強したいなら、スペインに行くより南米に行った方が上達が早いような気がする。
食事は$1ちょっと出せば飲み物付きの定食が食べられるから、自炊するよりむしろ安食堂で外食した方が安く上がる。
キトの街並は美しく、旧市街は世界遺産にも登録されている。市街を取り囲む山、と言うか緑の美しい丘の斜面にも家々が建ち並び、夜景もキレイである。
標高が高い所為か、真っ青な空もさることながら真っ白な雲がとにかく美しい。雲はホントに真っ白だ。雲ひとつないポルトガルの真っ青な空とはまた別の美しさである。
インフォメーションでLAN航空のオフィスの場所を聞き、バスで新市街に出た。南米の滞在日数を増やすべく、次回以降のフライトの日程を後ろにずらすためだ。これで南米には4ヶ月いられることになる。
LANのオフィスではアメリカンとメヒカーナの日程変更ができなかったので、近くにあるアメリカン航空のオフィスの場所を聞いてハシゴした。アメリカンのオフィス、と言うかショッピング・モールの中にあるカウンターでは、後で要確認ということだが一応メヒカーナの日程変更もできた。
帰りは旧市街までトロリーバスで帰ってきた。バスもトロリーバスも運賃は$0.25。
キトにはアイスクリームの屋台や店も多い。キトの人もけっこう甘いものを食べるようである。一玉$0.25~0.5くらいで、けっこう旨い!
言い忘れていたが、エクアドルの通過はUSドルである(残念ながら・・・)。

26jul2010 サンフランシスコ広場

2010/7/27 火
キトの平均気温は一年を通じほぼ一定で15℃に満たない。「永遠の春」と形容される所以だ。
日差しは強いので日中太陽の下では少々暑く感じることもあるが、ちょっと日が陰ったり日陰に入ったりすると半袖では肌寒い。特に朝晩はけっこう冷えるので、地元の人は日本で言えば春先から秋口くらいの温かそうな格好をしている。半袖、短パンで歩いているのは外国人旅行者だけだ。
乾季の今は雨は降らず、朝と夕方は曇っていることが多いものの日中はカラッと晴れ渡る。
今日は朝からトロリーバスと連結バス、それから普通の路線バスを乗り継いで赤道記念館に行ってきた。
キト近郊の安価な交通手段には3種類ある。今述べたトロリーバスと連結バス、それと普通のバスだ。トロリーバスと普通のバスについては説明するまでもないが、連結バスは他の都市ではちょっとお目にかかったことがないので説明しておきたいと思う。
連結バスと言っても、ジャバラで連結されたバスが普通に道路を走っているだけなら珍しくもなんともない。ヨーロッパあたりでも普通に走っている。
キトの連結バスは専用レーンを走る。バス停も単に道端にあるのではなく、トロリーバスやトラムのようにプラットフォームになっていて、バス停というよりはむしろ駅といった感じだ。
トロリーバスと連結バスの差は動力が電気であるかディーゼルであるかだけ。車両の外見もパンタグラフがあるかないかの差しかないし、プラットフォームの形も同じ、料金システムも一緒だ。
トロリーバスも連結バスもプラットフォームには入口と出口があり、入り口に人のいる料金所があってここでお金を払ってプラットフォームに入る。出口からは入れないようになっているから切符もない。どちらも料金は一律$0.25。
乗りながら思ったのは、「これは画期的な交通手段ではないか」ということだ。専用レーンを走るから渋滞とは無縁、つまり鉄道と同じ感覚で使うことができ、インフラの整備は鉄道より遥かに安い。専用レーンとプラットフォームを造るだけでいいのだから・・・。
朝と夕方のトロリーバスのダイヤはすごい。1分もしないうちに次々とバスがやって来て人を乗せては走り去っていく。それでもどのバスも満員だから、キトの交通システムは上手く回っているのだと思う。料金が安いのもミソだ。一律$0.25(路線バスなら$0.15!)というのはキトの他の物価と比較しても安いと思う。
さて、旧市街から赤道記念館までは3本のバスを乗り継いで1.5時間ほど。
赤道記念館には本物と偽物(と言うと語弊があるかもしれないが・・・)がある。30mの立派な記念碑が建つ有名な方の記念館は偽物(という表現は正しくないかもしれないが)で、ここに引かれているラインは実は赤道からずれている。ということがGPSによる計測の結果明らかとなり、わずか12年前に建てられたのが本物の赤道記念館の方である。
最初に本物の赤道記念館の方に行ってみた。ここは非常に面白い!$3の入場料を払って中に入ると、ガイドがグループごとに色々と説明してくれる。(赤道とはあまり関係ないけど)古代の人の墓からアマゾンに生息する生き物の話まで盛りだくさん。
特に面白いのは赤道上で行われる様々な実験だ。日時計の話からコリオリ力の話まで。
コリオリ力の実験というのは、水槽の渦の向きや生卵を立てるといったもので、台風(サイクロン)の渦の向きが北半球と南半球では逆になるといったことに結びつく話なんだけれど、この実験にはトリックがあるはず。
もちろんコリオリ力というのは紛れもない事実として存在するわけだけれど、おそらく水槽の水程度の質量ではこれほど明確な効果は現れない。つまり、渦の向きが北半球では反時計回り、南半球では時計回り、そして赤道上では渦を巻かないというのは微妙な栓の抜き方によるものだ。同じく、赤道上でなくとも生卵を立てることはできる。
それはさておき、コリオリ力の効果を説明するこれら実験の試み自体はとても面白く、有意義なことだと思う。特に子どもに見せることに意義があるように思える。
こちらの赤道記念館ではパスポートにスタンプを押してくれ、また生卵を立てられると証明書をくれる。
もう一つの方の赤道記念館は、ちょっと古い情報では隣のレストランの駐車場からタダで入れるということだったのだが、あいにくこちらにも警備員がいてダメだった。
$2の入場料を払って正規の入口から入る。本当の赤道からずれていると知ってはいても、こちらの記念碑の方が見栄えがするのは事実。
敷地の中は小さな町を模したようになっていて、緑も多く気持ちのいいところだ。こちらも$2払っても見ておく価値は十分あると思う。

27jul2010 キトの連結バス 27jul2010 本当の赤道

27jul2010 赤道上で生卵を立てる 27jul2010 偽の赤道と見栄えのする記念碑

27jul2010 夕方のサン・フランシスコ広場

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 038_Ecuador 1 / エクアドル 1] | 2010.07.29(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

マドリッド ~ キト

2010/7/25 日
さすが☆☆☆☆ホテル、寝心地は抜群によかった。
朝食のビュッフェも種類が豊富で、今度こそ腹いっぱい食べることができた。
部屋でのんびりして11:30のバスで空港に行くかと思ってたら、部屋の電話で告げられたところによると10:00がチェックアウト。急いでパッキングして部屋を出る。
ロビーでネットをやってから外に出ると黒山の人だかり・・・バスにこんなに乗れるのか?と思ってたら、例によって超大型のバスが2台現れて問題解決。
相変らずLAN航空のカウンターでは一度に全ての便の手続きを行っているためなにかと効率が悪い。一人一人の手続きにやたらと時間がかかるのだが、チェックインの何にそんなに時間がかかるのか首を傾げたくなる。
自分らは昨日チケットを発券してもらっていたので荷物を預けるだけかと思っていたら、どうやら席が変更になるらしい。なんと、ビジネスクラスにグレード・アップ!欠航か何かで席が足りなくなったか?
しかも席は最前列!感激である。さすが正規チケットはこういうときに強い。世界一周航空券は所謂格安航空券ではなく、航空会社が直に発券している正規チケットなのである。
受付の人の話によると、「同じ便名でグアヤキル行きとキト行きがあるからモニターを確認して間違わないように」とのことだったが、そんなことってあるの?と半信半疑でいたら、しばらくしてモニターに搭乗ゲートが掲示された。確かに同時刻、同じ便名だけど行き先と搭乗ゲートが異なっている・・・経験からして、南米の航空会社はちゃらんぽらんなようでいてこういうウルトラCを平然とやってのけるから、と納得。
チェックインの手続きは遅いくせに、搭乗ゲートをアナウンスするのも遅いくせに、最後になって人を急かさせるのもいつも同じ・・・搭乗ゲートは今いるターミナルではなくサテライトのターミナルにあるらしい。表示板には23分と書かれている・・・おいおい、移動にそんなに時間がかかるのかよ!
別の搭乗ゲートを目指している人も皆小走り・・・エスカレーターを上り下りし、列車でサテライト・ターミナルに移動。「そう言えばイミグレを通ってねーぞ」と思ってたら、小走りしている先に現れた。ほぼ小走りのままイミグレを通過、何の確認もなくスタンプを押すだけなのであっという間だ。こんなことでいいのだろうか???23分の内訳のうちイミグレの通過はたった5分と見積もっているようである。
ようやく搭乗ゲートに着いたら実は飛行機が遅れている、というオチも毎度のことである。
自分らのゲート以外にも、周りのゲートのほぼ全てが混乱状態で、どのゲートもカウンターの周りに人だかりができている。
で、どういう経緯かは知らないが、結局グアヤキル行きとキト行きは同じ飛行機になったようである。一度途中の空港に降りてから最終目的地に向かう、というのは南米の路線ではよくある話だ。
1時間半遅れの15:30に無事離陸。機体はB767である。
自慢じゃないが生まれて初めてのビジネスクラス、しかも最前列・・・感激した。シートが完全に水平になるとは知らなかった(マユミの席はシートが壊れていて完全に水平にはならなかったが・・・)。
離陸前にシャンパンは出てくるし、機内食も(元々LANの機内食は評判がいいが)とても旨かった。
「同じ目的地に行くのに何でわざわざ高い金払ってビジネスなんかに乗るんだ?」と今日まで思ってきたが、考えを改めねばならんかもしれん。と言っても、自分で差額を払ってまで乗るかと言われたら乗らないけどねぇ~。
金が唸るほどあるのなら、ビジネスに乗るのは頷ける。目的地に着いたときの疲労感がまるで違う。
マドリッドを発ったのは15:30であるが、地球の自転と逆方向にひたすら飛び続けるので、およそ10時間後にキトに着くまで日は沈まない。
キトに着いたのはヨーロッパ時間の1:30。キトとの時差は7時間なので、キトはまだ前日の18:30である。日本との時差は14時間になった。
赤道直下のため日も短い。キトに着陸したときちょうど日没時でまだ薄ら明るかったが、19:00過ぎに空港の外に出たときは既に真っ暗だった。
赤道直下であるが、キトは標高が2,800mもあるのでけっこう寒い。小さな空港であるが、外には大勢の出迎えの人がいて活気があった。
空港から旧市街へはプリペイド・タクシーで$12。普通の黄色いタクシーなら$8~9で行けると教えてくれたが、「こっちの方が安全、確実」という言葉に流された。
向かった宿はスクレ。タクシーの運ちゃんはとても人の良いおっちゃんで、車をとめた後歩いて宿まで案内してくれた。
そのまま宿代も聞かずにチェックイン(おそらく一人$3)。
久々の所謂安宿、やっぱこれだよ、これ。自分らにはヨーロッパより性に合っている。人といい、街や宿の雰囲気といい、久々に「帰ってきたー」という気になった。もちろんキトに来るのは初めてだけれど、この匂いはインドやアフリカに通ずるものがある。

25jul2010 大西洋に出る ポルトガルの大西洋岸 25jul2010 宿の屋上から 満月

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 038_Ecuador 1 / エクアドル 1] | 2010.07.29(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

マドリッド・・・での無為な一日

2010/7/24 土
朝になって他に二組ほど宿泊者がやって来た。
なんだかんだ慌しく荷物をまとめ11:00にチェックアウト。荷物を預けておくにも金が掛かるので、夜中のフライトなので時間が死ぬほどあるが、そのまま荷物を背負って空港へ向かうことにした。空港までは地下鉄一本で、2Eである。
マドリッドでは、些細なことだが公衆電話や券売機にコインを飲み込まれたり、どうもしっくり来なかった。些細なことなのだけれど、旅行者にとって第一印象というのはけっこう大切で、そんなことでその町の印象が左右されたりするものである。そんなわけでマドリッドはピンと来なかった・・・一泊しただけではあるけれども。
空港でひたすら無為に時間を過ごす・・・。
LAN航空のカウンターはちょっとユニークで、2、3時間前から便ごとにチェックインさせるのではなく、一度に色々な便のチェックインができてしまう。自分らのフライトは00:35だったのだけれど、リコンファームしてなかったので念のため昼頃カウンターに行ってみたら15:00過ぎにはチェックインできるという話。
それにしても妙に人気の少ない空港だ。で、LAN航空のカウンターも空いているわけだけれども、チェックインするだけなのに何故かどのカウンターも揉めていたりで時間がかかっている。
早く荷物を預けてしまいたいので、15:00過ぎにカウンターへ行くと、妙に時間はかかったがとりあえずチケットを発券してくれた。が、フライト・スケジュールは未確定のようで1時間後にもう一度来てみてとのこと。結局荷物もまだ預けられず・・・。
腹が減ったのでマックでハンバーガーを食べ、1時間後にカウンターへ行くと、なんと、なんと飛行機が大幅に送れ、出発は明日の13:30という話・・・。力が抜けてなんもやる気がなくなった。
せっかく夜中に出発してキトに朝着く予定だったのに、これだとキトに着くのは20:30過ぎになってしまう。はぁぁ・・・。皆さんがカウンターで揉めてたのも納得。マドリッドにいながらにして既に完全に南米モードだ。
南米の航空会社でこんなことはおそらく日常茶飯事で、そう言えば以前パタゴニアに行ったときもこんな感じだったのを思い出した。あの時LANはスムーズだったけど、アルゼンチン航空は飛行機が遅れまくってどのカウンターも怒鳴りあいになっていたっけ。
結局、この日は思いもかけず航空会社の準備した空港近くのホテルに宿泊することになった・・・のはいいのだけれど、話はこれで終わりじゃなかった。
カウンターのおばちゃんにその旨の話を聞かされ、すっかり意気消沈し、「5分か10分で外に迎えのバスが来るから」ということでプリントアウトをもらって外に出た。
プリントアウトの紙には色々書いてあったのだが、なんもやる気がなくなってしまいろくに読まずにバスを待っていた。
10分くらい待っただろうか、ターミナルの連絡バスに紛れて1台のミニバスが現れた。「おーあれか、あれか」ということで運ちゃんにプリントアウトを見せ、運ちゃんも乗れと言うので乗り込んだ。
15分くらい走ってこじんまりとしたホステルに到着。「けっこうしけたとこだったなぁ」と思いつつ、導かれるまま中に入ってプリントアウトを見せつつチェックインの手続き。
「朝食つきにしますか?」と聞かれ、「変なことを聞く奴だなぁ・・・朝食も夕食もついてるとプリントアウトに書いてあるだろ」などと思いつつ「Yes」と答える。
「朝食は○○時からです」と説明されたので、「で、ディナーは何時から?」とついでに聞いたら、ディナーはホテルで食べられないという話。ん???
「でもここにディナー付きとちゃんと書いてあるけど」、とプリントアウトを見せつつ反論したら衝撃の一言が・・・「これはうちのホテルではありません」。
えぇぇっ・・・!そうなのぉぉ???
「どうなさいますか?」と聞いてくるが、どうするもこうするも・・・「だったら空港に戻りたい」と言ってみたが、それは有料になるという話。まぁそりゃそうだよなぁ。はぁぁ・・・もう完全になんもやる気なくなった。このやり場のない怒りをどうしたらいんだぁぁ・・・。
そりゃプリントアウトをちゃんと確認しなかった自分らが悪いんだけど、あのテンション、あのシチュエーションで迎えのバスが来たらきっと誰でも乗っちゃうよ。しかも乗るときにちゃんとプリントアウトを見せたのに(自分らは読んでないけど)・・・。
結局、タクシーを呼んでもらって本来行くはずだったホテルへ向かった。タクシーの運賃が20E!あぁなんて無駄な出費。
こちらのホテルは☆☆☆☆の立派なホテルであった。自分で払うなら絶対に泊まることはないだろう。
自分らが着いた時はまだそれほどでもなかったけれど、19:30頃になったら団体客がどっと押し寄せた。
ホテルのディナーはビュッフェ形式で、せっかくタダでご馳走にありつけるところなのに、あろうことか夕方にハンバーガーを食べてしまったためそれほど食べられず・・・。隣でマユミがめげずにモリモリ食べていたから(マユミは夕方ハンバーガーを食べなかった)、きっと自分の分まで元を取ってくれただろう。
はぁぁ・・・ホントに溜息しか出ない。本来は単に一泊するだけだったのに、妙に全てが噛み合わず踏んだり蹴ったりだったマドリッド。もう二度と来ねーぞ、マドリッド!そんなところが今の正直な気持ちです。
まぁ長旅を続けていれば一日くらいこんな日もある、ってことで気を取り直そう。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 037_Spain 2 / スペイン 2] | 2010.07.25(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

リスボア ~ マドリッド

2010/7/23 金
リスボンからマドリッドへの移動。
7:30に宿をチェック・アウト。宿のばあちゃんが熱い抱擁で見送ってくれた。
地下鉄でバス・ターミナルのあるハルディン・スーロジコ駅へ行き、9:30のバスでリスボンへ向け出発。リスボンに来るとき乗ったのと同じ座席が1列+2列の広々としたバスで、フカフカの革張りシートがとても快適。おまけにガラガラで乗客は10人くらいしかおらず、尚快適。バスが毎日あるのは有難いが、これだと元はまったく取れないに違いない。
リスボンから一路西へ、内陸に向かう。ちょっと内陸に入っただけで空は真っ青じゃなくなるし、車窓には何の変哲もない枯れ草と疎らに木の生えた景色が広がるのだが、なんとも言えずいい感じだ。時々小さな家と、コウノトリの巣が現れる。
デジャヴ・・・そんなはずはないのだが、前に一度来たことがあるような既視感を覚え、どことなく郷愁を誘われる。おそらくどこかの景色に似ているのだろうが、どこなのかはわからない。
そんな心地いい景色を眺めながらとりとめもないことを考えていたら、今日は眠くならなかった。
エヴォラ経由でスペイン国境を越える。スペイン側のバダホスは大きな町で、国境を越えた途端に人と車が増え、現代的なビルが建ち並ぶ。イタリアからフランスに入ったときもそうだったけど、国境を越えただけでガラッと雰囲気が変わるのが面白い。
マドリッドのエスタシオン・デ・スールに着いたのは18:00過ぎ、ポルトガルとは1時間の時差があるためすぐに時計を1時間進める。
宿探しが面倒そうだったので、宿はこの旅に出て初めて昨日リスボンから予約しておいた。
宿のあるクアトロ・カミーノスまで地下鉄で移動。マドリッドの地下鉄は一回1E。
予約した宿、ヤガミ・ホステルは駅から徒歩3分らしいので、駅の近くで人に聞けばすぐにわかると思っていたのだが、甘かった・・・。地元の人に、聞いても、聞いても誰も知らない・・・それもそのはずで、結局電話して駅まで迎えに来てもらったのだが、行ってみたら宿には看板も何もない。おまけに宿の入っているビルがちょうど工事中で、建物自体がネットで覆われていた・・・。
この宿は日本人旅行者だけを泊めているという風変わりな宿で、要するに正規に看板を掲げている宿ではなくて、アパートの一室をドミとして開放しているだけだ。自力で見つかるわけがない・・・。
どうしてわざわざこんな宿にしたのかと言うと、南米のガイドブックが手に入らないかなぁ~という淡い期待を込めてである。が、結局必要なガイドブックはなかった上に、この宿では、おそらく旅行者が置いていったであろう中古のガイドブックを4Eで売っていた(笑)。
おまけに泊まっている人も他に一人しかおらず、同じく次に南米に飛ぶ人だった・・・残念!
宿はキレイ過ぎて(物理的にも)ちょっと窮屈で、細々とした決まりごとも多く、正直自分たちにはあまりピンと来なかった。これだけキレイで決まりごとも多いと、おそらく断らずとも日本人以外は来ないであろう。
言い忘れるところであったが、宿を管理しているヤガミさんという日本語ペラペラのスペイン人はとてもいい人です。

23jul2010 宿のばあちゃん

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 037_Spain 2 / スペイン 2] | 2010.07.25(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

リスボア、再び

2010/7/22 木
今日のリスボンは既に秋の様相だ。昼間の日差しは相変らず強いが、風が冷たく実に爽快。思うにこの辺りは季節の移ろいが早く、最も暑いのは6月から7月にかけての頃なのかもしれない。
今いる宿は安宿だが一等地にある。部屋の窓から、宿の前にある広場を見下ろすと実に気分がいい。広場に出されたテーブルとイスに座ってじいちゃん、ばあちゃんたちが談笑している。リスボンのこんなほのぼのとした光景が好きだ。
今日はリスボンの街で一日のんびりした。
ツーリスト向けの割高なレスタウランテが建ち並ぶ中、ようやく一軒だけ地元のおっちゃんたちで賑わう食堂を発見!昼時に久々の外食をしてみたら、肉も魚も大変美味だった。ポルトガルは豚肉もよく食べるようである。やっぱ豚肉は旨い!ムスリム圏では豚を食べないから、豚肉にありつけたのは実にケニアのナイロビ以来だ。
木漏れ日のキレイな並木道のベンチに座っているだけですごくリラックスできる。物思いに耽るのもよし、道行く人や車をただボーっと眺めているのもよし。一日中座っていても飽きることはない。
リスボン、いやポルトガルはほのぼのとしていて実に過ごしやすく、ちょっと去り難い気分にさせてくれる。今回ヨーロッパはほんのちょっとしか回れなかったけど、一番のお気に入りだ。次回、またのんびりと回ってみたいものである。
ヨーロッパでは長期旅行者にまったく出会わず、どこかで手に入るだろうと思っていた南米のガイドブックも結局手に入らなかった。マドリッドで誰か交換してくれないかなぁ・・・。

22jul2010 宿の窓から 22jul2010 久々の外食

22jul2010 木漏れ日の気持ちいい並木道

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 036_Portugal / ポルトガル] | 2010.07.24(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年07月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。