プエブラ ~ トゥラスカラ ~ アピサコ

2011/4/27 水
5:00ちょっと前、気付くとバスがどこかのサービス・エリアのようなところに止まっていた。
「ひょっとしてプエブラ?」と一瞬思ったものの、「まさかね・・・さすがにどこか町中に止まるだろう」と思い直してウトウトしていた。
バスはすぐにまた走り始め、ウトウトしているとマユミに起こされた。トイレに起きたついでに乗務員に聞いてみたら、どうやらさっきのところがプエブラだったらしい・・・。
はぁ・・・またやっちまったか。
夜行バスを途中下車するというのは非常に難しい。他に降りる人がいなかったりするとなおさらだ。
今走っているのはハイウェイ。Uターンなどもちろんできないので、次のところで降ろしてくれるという話になった。そこからタクシーか何かで戻れと言うのだが・・・。

ずいぶん走ったなぁ・・・。
降ろしてくれたところはハイウェイの料金所の手前。外に出ると寒い、寒い。これまでのうだるような暑さが嘘のようだ。
それもそのはずで、プエブラは標高が2,160mもある。
「道路を渡って反対側でタクシーかバスを拾える」と言われ、寝ぼけていた所為もあってその通りにしたが、よくよく考えたらそんなの無理じゃねぇ???
料金所の手前とは言えハイウェイを横断するのって危なくねぇか?などと思いつつとりあえず渡ってみるが、もちろん渡った先にバス停などありゃしない。
料金所を通過した車やトラックが脇目もくれず加速してゆく。明るくなるのは7:00前だから、もちろんまだ真っ暗。
はぁ・・・こんなとこじゃヒッチもままならん・・・。
路肩にパトカーが5、6台並んでいたので、どうやってプエブラまで戻ればいいかとりあえずポリスに相談してみる。ポリスの答えは「あと2時間すればバスが来るから・・・」
はぁ・・・こんなとこであと2時間も???しかも2時間待ったところでここでバスに乗れるとは到底思えんけど・・・。
とか何とかするうちに、薄情にもポリスたちは行ってしまった。お~い、そっち行くんなら乗せてってくれよ~!
寒いのでとりあえず上着を着て一服。
見るとマユミが路上に出てヒッチをしていたが、ダメだ・・・暗くてとても車からは見えん。下手すると不審者と思われ兼ねん・・・。
そう告げてひとまず撤収し、路肩に座って明るくなるまで待つ作戦に移行。

そのまま20分ほど待ってみるが、とにかく寒い。
ダメ元でマユミがもう一度ヒッチに立って少しすると、奇跡的に一台のトラックが止まってくれた。
(その前に止まったトラックはヒッチと無関係に路肩で休むだけだったから)今回も半信半疑に駆け寄って話をすると神の言葉が・・・乗せてくれると言う。おぉぉありがたや~。
すぐにトラックに飛び乗って、プエブラのサービスエリアのようなところまで乗せてもらった。

トラックが止まると、スカーフのようなものを振りながら何人か集まってくる。給油の手伝いか何かをして金を稼いでいるのか???
給油じゃないとわかるとすぐ別のところへ散っていったが、その中の一人が自分らに声を掛けてくれた。トラックを降りたはいいが、どうやってセントロまで行ったらいいか右も左もわからない状態だったのでとてもありがたかった。
先住民顔をしたアミーゴのおっちゃんは信じられないほど親切だった。仕事を投げ出して近くのバス停まで案内してくれた上、セントロ行きのコレクティーボまで止めてくれた、しかも何の見返りも求めずに。
世の中にはこんな人もいる。
アミーゴのおっちゃんは、コレクティーボの運ちゃんに自分らの行き先まで告げてくれ、そのまま手を振って暗闇に消え去った。

セントロまではけっこう距離があった。
「その道を左にまっすぐ行けばカテドラルだから・・・」と言ってとある広場の前で降ろしてくれた。運賃は5.5N$。
公園のベンチに暫らく座っているとようやく明るくなってきた。ひとまず歩いてカテドラルに向かう。

プエブラはプエブラ州の州都で、その旧市街は世界遺産になっている。
まだ人も疎らな早朝の石畳の道を歩いていたときは、重厚な感じがしてなかなかいいように思えた。が、日が高くなって町に人が溢れ出すと、何てことはない、いかにも欧米人の好きそうな単なるコロニアルな町だった。
いかにも観光地といった感じの、それっぽいレストランやカフェの建ち並ぶツーリスティックな町並み。何の魅力も感じられない。
おまけにホテルはどこも高かった。しかも、あろうことかどこもかしこも満室・・・。
疲れてもいたし、場合によってはプエブラに一泊しようと思っていたのだが、予定変更。インフォメーションで地図をもらってあれこれ教えてもらう。
プエブラからほど近いところに、ラ・マリンチェという4,461mの山がある。オリサバに登る人がたまに高所順化のため登る山で、おそらく今の時季は雪もない。
ひとまずマリンチェにターゲットを絞る。
もう一度インフォメーションで行き方を聞くと、バスでトゥラスカラまで行ってそこからアプローチできるという話。インフォメーションの兄ちゃんはとても親切で、事細かにあれこれ教えてくれた。

プエブラからのバスはCAPUと呼ばれている郊外のターミナルに発着するので、まずは路線バスでそこまで。セントロから15分ほど、運賃は6N$。
ターミナル内にはバス会社の窓口がズラリと並んでいる。インフォメーションで教えてくれたバス会社でチケットを買う。トゥラスカラまで17N$。
乗り場に行くと既にバスがいて、乗り込むとすぐに出発した。

1時間ほどでトゥラスカラに到着。標高は2,250mほど。
観光客など稀な小さな町。バックパック姿が目立ったのか、バスから降りてターミナルの中に入るとすぐにポリスに声を掛けられた。
パスポートと入国カードを提示してからあれこれ教えてもらう。近くにいたおっちゃんも交えて教えてくれたところによると、さらに北のアピサコという町まで行き、そこからコレクティーボで登山口に行けるという話。
聞いたらアピサコにもたくさん宿があるようなので、今日のうちにそこまで移動することにした。

昼食を食べてからまたバスに乗る。アピサコまでは20分ほど、運賃は12N$。標高は2,400mほどまで上がった。
とにかく疲れた・・・道行く人に安宿を聞いて、ホテル・ルイス・アルベルトにチェックイン。Wが一泊240N$。ちょっと高いし、部屋ももったいないくらい広くてキレイだが、とりあえず一泊だけ。もう動きたくねぇ・・・。

暫らく部屋で休んでから外に出てみる。
アピサコは小ぢんまりとしていてなかなか居心地のよさそうな町である。安食堂とアイスクリーム屋がやたらとある。アイスクリーム屋はおそらくチェーン店で、パレンケにもあったのだが、ここのフルーツたっぷりのアイスは滅茶苦茶旨い。
工具類を扱っている店でガス・ボンベも見つけた。スプレー缶を細長くしたようなやつで、ストーブに使うにはやたらと勝手が悪そうであるがないよりマシだ。
ターミナルの近くにもっと安い宿も見つけたので、明日は引っ越すことにする。

27apr2011 早朝のプエブラ市庁舎
早朝のプエブラ市庁舎

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 062_Mexico 2 / メキシコ 2] | 2011.04.29(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ビジャエルモッサ ~ プエブラ

2011/4/26 火
ちょうど明るくなった6:50にビジャエルモッサに到着。ビジャエルモッサはタバスコ州の州都である。
着いたのは町中のガソリンスタンド・・・で、ここはどこ?3等バスはターミナルに着かないからちょっとわかりにくい。
まずはビジャエルモッサから先の足を当たる。
これからピコ・デ・オリサバに向かう予定。果たして雪山のギアを借りられるようなところがあるのか?かなり期待薄ではあるのだが、ひとまず向かってみることにする。
「ベラクルスまで行ってそこからアプローチした方がいいよ~」と昨日オクヤさん(←前に住んでいたプエブラが大嫌いっぽい)がアドバイスしてくれたのだけれど、あちこち聞きまわった結果、どうやらベラクルスへは1等バスでしかダイレクトに行けないらしい。
そんなわけで、プエブラに目的地変更。

ビジャエルモッサの3等バスのオフィスは、あちこちに散らばっていて非常にわかりにくい。かつ、ここは風がまったくなくて死ぬほど暑い。
日陰に入っても暑いから不快指数が高く、気力をすべて吸い取られる・・・。
さんざん苦労してようやく3等バスのチケットをゲット。トイレ、エアコン付きで300N$。距離を考えるとちょっと割高な気もするが、それでもこれが最安。
後で気付いたのであるが、メキシコ・シティに近いエリアではハイウェイを走るため運賃が割高になるようである。

バスは21:00発なので、オフィスにザックを預けてラベンタ遺跡公園へ。
距離は1kmちょっとなのであるが、あまりに暑くて途中のウォルマートで暫らく涼んでしまった。
ウォルマートもあるし、道路も広くて車がバンバン走っている。相変らず道路は車優先にできているので渡りにくいったらありゃしない。ここも完全にアメリカだ。アメリカのちょっとした郊外の町って感じ。よって道路を歩いていても何の面白味もない。

対照的にラベンタ遺跡公園はとても面白かった。丸一日遊べる。
オルメカ文明の中心地だったラベンタ遺跡から出土した巨石人頭像などが、広い敷地内のトレールに沿って配置されている。そして動物園もある。
あまりの暑さに動物たちもちょっと気の毒なほどグタ~っとしているが、それでも十分楽しめる。
ハナグマはここでも自由で、柵の中にいるのではなく敷地内の森の中を勝手気ままに歩き回っている。
ちなみに入場料の40N$は、ダメ元で学生証を出してみたら一気に10N$になった・・・学生証効き過ぎ。
公園は17:00に閉まる。隣接した池の畔で暫し涼んでからのんびり歩いて帰った。

バスは時間通りと言うか予定の5分前に出発した。シートも壊れてないし昨日のバスよりリクライニングするし、エアコンも付いているのでいたって快適。
バスはメキシコ・シティ行きでプエブラには5:00の到着予定。ソッコー寝に入るが、夜中に二度ほどポリスのパスポート・チェックで起こされた。

26apr2011 ラベンタ遺跡公園のサル 26apr2011 あまりの暑さにこの通り
ラベンタ遺跡公園のサル                あまりの暑さにこの通り・・・

26apr2011 ここのサルも普通に二足歩行していた・・・メキシコ人もビックリ 26apr2011 ハナグマは勝手気ままにやっている
普通に二足歩行する・・・メキシコ人もビックリ    ハナグマは勝手気ままにやっている

26apr2011 かなりマイペースなやつらだ 26apr2011 公園内のトレールに沿ってたくさんの石像がある
かなりマイペースなやつら                公園内のトレールに沿ってたくさんの石像がある

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 062_Mexico 2 / メキシコ 2] | 2011.04.29(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カンクン ~ ビジャエルモッサ

2011/4/25 月
オカダ夫妻やジュンさんたちに見送られて16:00頃ロサス7を後にする。
3等バス乗り場まで行くと、既にバスがスタンバっていた。
トランクに荷物を積み込んで意気揚々とバスに乗り込むと、久々に当たりのシートだった・・・時々あるんだけど、シートの背もたれが固定しない。何故だか知らないが、自分はけっこうこの手のシートに当たる。
寄りかかると背もたれが勝手に倒れてフル・リクライニングの位置で止まり、荷重を抜くと最起立位置までバンッと戻る。最起立位置で固定されるわけではないから、寄りかかるとまたフル・リクライニングに・・・。
まぁいいや、これから寝るだけだから。
16:40に出発。メキシコのバスは3等でも時間通りに出る。
空いてたら席を移っちゃおうと思っていたのだが、途中からバスは超満員になった。席がなくて夜通し立ってるおっちゃんもいてちょっと気の毒。
微妙にシートが高くて膝の関節が痛くなった。

25apr2011 ビジャエルモッサ行きのバス 3等と言ってもこのレベルだから何の問題もない
3等と言ってもこのレベルだから何の問題もない

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 062_Mexico 2 / メキシコ 2] | 2011.04.29(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カンクン停滞 その3

2011/4/22 金
カンクンにはウォルマートもあるし大きなモールもある。スーパーやコンビニはそれこそ掃いて捨てるほどある。
何から何までたいていのものは簡単に手に入り便利と言えば便利なのであるが、やはりちょっと尋常じゃないよなぁ、この状況は。ホントにこんなに物が必要なのか???
別にカンクンに限った話ではなく、物質文明、大量消費社会の行き着く先はだいたいどこもこんな感じだ。個人的には便利さをありがたがるより先に、その異常さにちょっとした不安感を覚える。
絶対にこんな状態がいつまでも続くはずないよなぁ・・・と言うか続けるべきではないのではなかろうか・・・。
まぁそのうちここにも疑問に思う人が出てくるであろう。出てこないかな???

カンクンはもう完全にアメリカだ。町中の道路も車優先にできているから渡りにくいし・・・。
アメリカ人好みのアメリカ人のためのリゾート地、そんな印象が強い。
もっともオクヤさんの話だと、ここ最近アメリカ人観光客は激減しているらしいけど。アメリカ人のメキシコに対するイメージ(治安など)は相当悪いようである。

そんなカンクンのセントロを、ガス・カートリッジを求めてぶらぶらした。
およそ何でも売ってるカンクンだけれど、どこに行ってもガス・カートリッジは売ってない。ようやく見つけても口の形が違っていたりする。
これまでガス・カートリッジは世界中どの地域に行ってもだいたい手に入った。これが中米以降パタと手に入らなくなった。不思議だ。どうやらこの地域ではまったく需要がないらしい。炭火のバーベキュー台ならどこにでも売ってるんだけどねぇ・・・。

2011/4/23 土
世界屈指のリゾート地、カンクン。
せっかくだから今日は海に行ってきた。
セントロから白砂のビーチの広がるホテル・ゾーンまではバスで40分ほど。運賃は8.5N$。

スゲェーなここは。セントロとはまた別の世界が広がっている。このゾーンだけで完全に一つの町だな、こりゃ。
ビーチ沿いにズラリと並ぶホテルの数と大きさに圧倒される。自分の感覚で言えば尋常じゃない、完全にイッてしまっている異次元の世界が広がっている。
よくわからずボーっと終点までバスに乗っていたらKm25地点まで来てしまった。海沿いをちょっと歩いてみたものの、所謂ビーチが遥か彼方であることに気付いて逆方向のバスでヒルトンの近くまで戻ってきた・・・。

海はさすがにキレイだ。砂粒も比較的粗いから水も澄んでいる。ただし(一年中そうであるかは知らないが)風が強くて波が高い。波が高いというより白く波立っている、ビーチからけっこう離れたところで波が崩壊している、そんな感じ。
確かにキレイだけれど絶叫するほどってことはないのかなぁ・・・これはたぶん海の絶対的なキレイさがどうこういうことではなく、ズラリと並ぶリゾート・ホテルとかそんなことが関係しているのだと思う。もしかしたら単なる貧乏人のやっかみなのかもしれない。
でもまぁやっぱダメなんだなぁ、自分らの感覚では。海に限った話ではなく例えば遺跡なんかもそうなんだけれど、あまりに人工的に整備されていたり人でごった返していたりすると、それだけでげんなりしてしまう。
物事の良し悪しというのは、それを見て受け取る人の感覚次第だから難しい。
これまでも、人にすごく良かったと言われて行ってみたら「???」だったり、逆にあまりよく言われていないところが自分らにはグッときたりすることが多々あった。
当たり前だけど、ガイドブックや人の噂を鵜呑みにするだけじゃグッとくるモノには出会えないということだね。自分の感性を大切にするのがいいのだと思う、もちろん誰しもそうやって旅をしているわけだけれど。
人の価値観なんてものは十人十色。近い価値観の人もいれば、真逆の価値観を持った人だっている。
だから世の中は面白いのかも。

23apr2011 カンクンのビーチ 23apr2011 宣伝の垂れ幕を引いて飛ぶプロペラ機
カンクンのビーチ                     宣伝の垂れ幕を引いて飛ぶプロペラ機

2011/4/24 日
昨日、日焼け止めやサン・オイルを塗らずに長時間ビーチにいたため顔と首の後ろが真っ赤チン。
でも、以前にベトナムのニャチャンで懲りて胸と背中は焼かなかったから一大事にはなっていない。

いよいよ明日は重い腰を上げてカンクンを発つ。
とりあえずの行き先はプエブラ。3等バスだと基本的にビジャエルモッサでバスを乗り継ぐことになる。
念のため今日のうちにビジャエルモッサまでのチケットを買っておいた。3等のエアコンなしで200N$也。

結局キューバから帰って何もせずカンクンに11連泊。こりゃ自分らの中では記録だ。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 062_Mexico 2 / メキシコ 2] | 2011.04.25(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カンクン停滞 その2

2011/4/17 日
依然カンクン停滞中。移動する気力がどーも湧いてこない。
どちらかと言えば停滞することの方が不得手だった自分らにとっては珍しいことだ。旅に出てから初めてのことかもしれん。
特にカンクンの居心地がいいわけではない。
そもそもキューバに行く前、帰った後にもカンクンでは何もしていない。よって写真もない。ここのところは毎日、夕飯の買出しに近所のスーパーを行き来しているだけだし・・・。
カンクンにいてビーチにも行ってなければ、これから行く予定もない。リゾート地の海に特に興味もないからなぁ・・・。
にもかかわらず何故カンクンに、というよりロサス7にいるのかというと、停滞以外の何物でもない。要するに軽い沈没状態かな・・・。
宿も人が少なくて居心地がいいし・・・(客が来ないとライトに嘆いているオクヤさんやジュンさんには悪いけど)。
セマナサンタもちょっとブレーキになっている。期間中に移動するのが億劫なのだ。
そんなわけで、もう暫らく停滞・・・。

今日はもう一人、コスメルあたりにダイビングに行っていたフミさんが帰ってきた。
引き出しの多い面白い人だったなぁ・・・久々に同年代の人といろいろ話ができて楽しかった。

2011/4/18 月
フミさんが朝発ち、リョータ君とモモちゃんも午後にそれぞれ発ってしまった。
また宿が貸し切り状態に・・・ちなみに、カサ吉田の方は毎日ほぼ満室であるらしい。極端だな・・・何故そうなるのか理由は不明。居心地いいと思うんだけど、ロサス7(カサ吉田の方は泊まったことないから何とも言えんけど)。
人の旅立つ姿を見てちょっとだけ刺激をもらうが、まだまだ気分が盛り上がってこない。
また今日も、やったことと言えばスーパーに買出しに行ったことくらい。
はぁ~どうしてしまったんだ、この無気力感は。

2011/4/19 火
まだまだカンクンに停滞中。
3等バス乗り場に様子を見に行ったりしたのだが・・・やめた!やめた!セマナサンタが終わるまで動くのやめた!
というわけで、今週いっぱいカンクンに停滞の予定。

無気力感の原因はメキシコ以降の予定が未定なことにもあった。
おぼろげにルート検討しながら見えてきたのは、カンクンからヨーロッパに渡るかってこと。エア代が高くて太平洋を渡れんのだ、LCCが飛んでないから。
これから行きたいのは、西アジア、中央アジア、東欧、カシミール、チベットってとこだから、もともとヨーロッパに飛んだほうがいいってのは自明の理だった。
が、いくつか野暮用もある故、一度日本に帰るかぁ・・・などと迷ってもいたのだが、ヨーロッパに飛ぶ線で心は決まった!

2011/4/20 水
それにしても・・・安っすいなぁ、ヨーロッパへのフライト。カンクンからはジェットエアフライというベルギーのLCCでブリュッセルに飛べる。
朝から航空券の検索に没頭。
ヨーロッパへ飛ぶと決まったら急に忙しくなった。まだメキシコもグアテマラもろくすっぽ見てないからすぐには飛びたくないし、かと言って7月になるとバカンス・シーズンで急にチケット代が高騰する。タイミングが難しい・・・うかうかしておれんじゃないか!
「これだ!」と目をつけたフライトだけどうしたものか購入できず・・・何故なんだ???
とりあえず今日のところはまだ様子を窺うことにした。

2011/4/21 木
買っちまった・・・カンクン-ブリュッセルの航空券。6/19のフライト、278ユーロ・・・しっかし安っすい。
昨日狙ってたフライトは相変らず購入不可であったが、もう一度洗い直したらさらに安いのが見つかった。
LCC恐るべし!早く太平洋航路にも参入しないかなぁ・・・。

身の振り方が定まると気力もわいてくるから不思議だ。
人間なんて単純なものなのね・・・。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 062_Mexico 2 / メキシコ 2] | 2011.04.22(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年04月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム