スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

峠は越せるのだろうか???

2012/4/22 日
始:9:30(トルコ時間) ~ 終:17:50(グルジア時間) 走行:56km
Batumi ~ Keda

6:00頃雨が降って様子を見たが、7:00頃には上がってその後は晴れた。
朝も牛や羊が勝手に出勤してきた。朝からほのぼのとした気分になる。
昨晩から風が強く、テントの撤収と荷物の積み込みに一苦労。
9:30出発。グルジアのお金も地図もないので、ひとまずバトゥミの町中へ。日曜であることを心配していたのであるが、基本的に日曜でも関係ないようである。店はどこも開いていた。
バトゥミの町中は道がガタガタ、車も多くてけっこう走りにくい。こういう無秩序な感じもなんだか久しぶり。

グルジアの通貨はラリ(GEL)で、レートは1E=2.19GELといったところ。両替所がいたるところにあって米ドルかユーロならどこでも両替できるが、先のことを考えるとこんなところで使いたくはなく、ATMで下ろした。ATMもそこそこある。
物価はトルコに比べてググッと下がる。タバコも安くて、一箱1.2GELほどである。
国家語であるグルジア語は独特のグルジア文字を使っているのだが、ハッキリ言ってこれはまったく読めない。見た目はタイとかミャンマーあたりの文字にむしろ似ている。
公的な標識や看板の多くは、ラテン文字が併記されていてとても助かる。

さて地図であるが、久々に言葉の壁に阻まれて探すのに苦労した。
ようやく売っている本屋を教えてもらって辿り着いたのだけれど、そこにも小学生が書いたようなツーリストマップしか置いてなかった。ないよりマシかと、とりあえず買っておく。

町中で腹ごしらえして仕切りなおし。少し戻ってM1に入り、アルメニア国境を目指す。
M1はアルメニアに続く幹線であるが、小さな峠を一つ越えると山岳路になり、バトゥミからちょっと離れただけでいい感じの田舎道になる。車は少なく、意外にも路面はキレイである。
大味なトルコの景色をしばらく見慣れていたので、こういう素朴な景色は久しぶり。新緑が眩しく、青空によく映える。水の溜まったところではカエルの大合唱・・・心にしみる景色だ。
牛がいたるところにいるのだが、番をする人や犬はどこにもいない。勝手に道路を歩いて草を食べに行き、夕方になると勝手に家に帰るのだと思う。一見インドの野良牛っぽい。

しばらくはChorokhi川に沿って谷を遡る。川沿いの道だから勾配は緩い。雪解け水で川は濁流となっている。
グルジアは水にはまったく困らない。そこかしこに水場があるし、水場がなくとも道路脇のいたるとこから水が流れ出ている。グルジアもけっこうな山国である。

Kedaの手前で雲につかまり、商店の軒下を借りて暫し雨宿り。山間部に入ってからいっそう天気が不安定になった。
そのうち周りに人が集まってくる。その中の一人、船員であるというザザは英語が話せた。
おっちゃんらにどこに行くのか聞かれて答えると、なにやらしきりに言ってくれている。ザザが通訳してくれたところによると、どうやら雪で峠が通れないらしい。
やはり今年は雪が多かったようである。まだ路上に2mも雪が残っていると説明してくれた。
うぅぅむ、バトゥミでわかっていれば別の迂回路をとったのに・・・。
詳細な情報をとるために、おっちゃんらが道路を走ってきたミニバスをとめて運ちゃんに聞いてくれた。それによると・・・やはり雪で通れないらしい。不通の区間は3kmほどという話。
危ないけど歩いてなら越えられる、とザザは言う。本当だろうか・・・。
雨がやんだ頃、ザザたちが近くにある滝や石橋を案内してくれた。このあたりの見どころであるらしい。

さて困った。どうしたものか・・・。バトゥミに戻って迂回するとなると、アルメニアに行くのにかなり遠回りになる。
雪の状態が不明だけれど、ここは「歩いてなら越えられる」というザザの言葉を信じてみるか・・・。
どうやら峠の手前にはスキー場があり、ホテルなんかもあるらしい。もう少し詰めて様子を見ることにした。

Kedaで商店に寄って食料の買い出し。
すると親切なおっちゃんがやって来てあれこれ教えてくれた。やはりものすごい雪で峠は越えられないらしい・・・おっちゃんは遥か頭上を指しながら声を大にして説明してくれた。
40km先にポリスがいるから詳細はそこで聞いてみろ、とも教えてくれた。
ダメだったら戻ってくりゃいいとおっちゃんは言ってくれたのだけれど・・・さらに40kmも詰めて峠を越えられなかったらショックだな。

とりあえず、今日のところはもう少し詰めたところで幕営することにした。
谷がだいぶ狭まってテン場に乏しくなったが、どうにか川岸に平坦地を見つけて幕営。19:30頃雨になった。
トルコとの間には一時間の時差があり、行動途中で時計を一時間進めた。

さて、グルジアについてちょっと触れておく。
ご存知の通り、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャンの三国は旧ソ連邦領である。グルジアとロシアの国境付近にはカフカス山脈が横たわっていて、カフカス最高峰のエルブルース(5,642m)もここにある。
この三国のある所謂南カフカス(南コーカサス)の地は、ロシア領の北カフカス同様、民族的に非常に複雑である。
知らない共和国がたくさんあり、グルジア内だけでもアチャラ自治共和国、自称アブハジア共和国、自称南オセチア共和国、と三つある。ちなみに、自分らの今いるところもアチャラ自治共和国の領内である。
このうちアブハジアと南オセチアはグルジアの実効支配が及んでおらず、実質的にはロシアの一部のような状態となっている。双方とも領内で通用しているのはグルジア・ラリではなくロシア・ルーブルであるし、アブハジアにいたっては独自にビザまで発給しているらしい。ちなみに、アブハジアのビザがパスポートにあると、グルジア入国に支障をきたす模様。
アチャラ自治共和国はアチャラ人の自治共和国である。アチャラ人というのは、この地がオスマン帝国領であった時代にイスラム教に改宗したグルジア人のことをいう。
事実上中央から独立していた時期もあったが、平和裏にグルジアに回収されて現在にいたっている。
そのアチャラ自治共和国の首都がバトゥミである。

IMGP0511_サイズ変更 IMGP0514_サイズ変更
標識はラテン文字併記で助かる              景色がトルコからガラッと変わる

IMGP0517_サイズ変更 IMGP0519_サイズ変更
牛がたくさんいる                        心にしみる山村の景色

P1140521_サイズ変更 P1140523_サイズ変更
ザザたちが近くの滝を案内してくれた            それと石橋・・・

P1140524_サイズ変更 IMGP0526_サイズ変更
マガジンに集まった人たち                   もう少し谷を詰めてみる

P1140525_サイズ変更 P1140527_サイズ変更
「ダメだったら戻ってくりゃいいんじゃねーか」          川岸の平坦地に幕営

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 096_Georgia 1 / グルジア 1] | 2013.08.31(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ありがとうトルコ!そしてグルジア入国

2012/4/21 土
始:8:30 ~ 終:17:50 走行:102km
~ Pazar ~ Ardeşen ~ Yeniköy ~ Fındıklı ~ Arhavi ~ Hopa ~ Liman ~ Kemalpaşa ~ Sarp ~ 国境 ~ Batumi

快晴!D010に戻って再び黒海沿いを北東へ。
トイレに寄ったArdeşenのGSでチャイをご馳走になり、その先で昨日会った二人組のバイカーに再会。今日はスピードを落として暫し並走。
ポーレス&イローナの二人。オランダのライデンから来たというオランダ人夫婦だった。
五十歳の記念に四ヶ月の休暇をとってトルコとヨーロッパを周遊しているということである。日本ではまずありえないシチュエーションで羨ましい限り。
本当はもっと南部を走るつもりでいったんどこかから山間に入ったのだが、雪が多すぎて敗退してきたらしい。北の黒海沿いから山を迂回している途上ということだった。路上に雪はないものの、道路脇は2mの雪の壁であったらしい。この冬はやはり雪が多かったのだと思う。
前方右手に見えている山々は確かに真っ白だ。海抜0mから眺めていることを考えると、見えている山々の標高は2,000~3,000mというところだろう。雪を纏った真っ白な山々の上にところどころ黒々とした針峰群がニョキニョキ顔をのぞかせていて、どことなくアルプスっぽい。

二人のバイクはロング・ツーリング用に作られたダッチブランドのスペシャル品。オランダにはこの手のバイクを作っている三大メーカがあるとかで、話を聞いていて興味深かった。
そのうちの一社は自分らがユトレヒトでお世話になったスネル。自分のキャノンデールにはスネルのステッカーが貼られていて、それを見て何故?と思っていたらしいが、スネルで買ったバイクだと知って驚いていた。
残りの二社が今二人がそれぞれ乗っているビットリオとサントス。三社の中ではたぶんサントスが最大手で、時どき乗っている人を見かける。先日会ったキムもサントスのバイクに乗っていた。
どのバイクも見るからに強そうで食指をそそられる。
ちなみに、ドイツ人のドロシーやフランス人のウィリアム&ティエリーなんかも、それぞれ自国ブランドのいかにも強そうなスペシャルバイクに乗っていた。
日本のこの手のメーカは壊滅状態にあるから、なんだか羨ましい。日本じゃこの手の市場があまりに小さすぎて商売にならないだろうから無理もないんだけど・・・。
それ以前に、そもそもニ、三ヶ月の国内ツーリングではなく、年単位で世界の僻地を走るようなユーザ向けに作られた日本製のバイクなんてなかったと思う。
ロードレーサーを町中で普通に見かけるようになったのだって日本じゃせいぜいここ五年といったところだろう。スポーツバイクというものがようやく一般に認知され始めたわけだけれど、ツーリングバイクという分野ではまだまだヨーロッパとの間に大きな開きがある。

今回自分の使っている機材の中にも驚きのものがいくつかある。
その筆頭はチューブスのキャリアとシュワルベのタイヤ。共に耐久性抜群!たまたまどちらもドイツメーカであるが、日本のメーカでこのレベルのものはまだないと思う。
特にシュワルベのタイヤは耐パンク性もさることながら、その耐摩耗性には目を見張るものがある。減らない減らない・・・どんな秘密があるのか知らないが、これまでのタイヤとは一線を画する代物である。

ところで、ポーレス&イローナの二人はトンネルのことを極度に恐れていて、「トンネルはどうしているの?」といの一番に聞かれた。
確かにD010はトンネルが多く、今日も500m以上のものだけで八本もあった。(記録のために一応書いておくと、1,392m、1,238m、661m、1,221m、1,052m、638m、1,162m、546mの八本)
トンネルは危険だし、もちろん自分らも嫌なのだけれど、二人の心配のしようは明らかに自分らとは別次元である。
おそらくこれはトンネルに対する慣れから来ているのだと思う。
オランダはもとよりヨーロッパにはトンネルというものがほとんどない。1kmを超えるようなトンネルなんて皆無ではないかと思う。そこへきてこれだけトンネルが連続するんだから、こんなに怖がるのも無理はない。
一方日本はといえば、トルコなんて足元にも及ばない世界一のトンネル大国。いやが応にもトンネルには慣れている。それでも嫌なものは嫌だけど・・・。

D010のトンネルは対面通行じゃないし、車線も片側二車線あるから、構造的にはそれほど怖くない。ただ、車がものすごく飛ばしているのと、ほとんどの車が無灯火であるのが難点。無灯火だから、自転車にふんだんについている反射材が何の意味も成さない。
二人はわざわざ狭い歩道に自転車を担ぎ上げて走行しているのだけれど、かえって危険なのではないかと自分らには思える。歩道はすごく狭い上に路面も凸凹。万一壁に接触したり路面にタイヤを取られて転倒でもしようものなら、後ろから来た車に轢かれかねない。
むしろ右車線の中央寄りを走って後続車にアピールしたほうが安全なのではないかと思う。

とあるトンネルを抜けた先で二人を待ってアドレス交換。暫しおしゃべりしてから二人と別れた。
その先のArhaviで町中に入り、ロカンタスで昼食。隣で床屋をやっているおっちゃんがチャイを出前してご馳走してくれた。
このあたりで話されているトルコ語は、通常のトルコ語とちょっと違うらしい。ラズーリという言葉だそうで、Pazarから東の地域で話されているものだと教えてくれた。

今日のうちに余裕で国境を越えられそうなので、越境することにした。
HopaのBIMで食料の買い出しをして国境を目指す。
山が海岸線の近くまで迫り出しているこのあたりは水が豊富で、いたるところで水が湧いていたり、沢が流れ落ちたりしている。
お茶の産地で、山の斜面にあるお茶畑が緑に萌えて美しい。午前中にGSでご馳走になったチャイもRize産だと言っていた。

あっさり着いてしまった国境は混雑していて、特にグルジアからトルコ方向にはトラックの長蛇の列ができていた。
イミグレの手前にカフェがあったので、コーラを飲んだりアイスを食べたりして余ったトルコリラを使い切る。
奥にポツンとトイレがあり、一寸有料かなとも思ったのだが先に入った人もいたし、番の人もいなさそうだったので中に入って頭を洗った。
サッパリしてトイレから出ると婆ちゃんがいた。罠かよ・・・。
いくらか聞くと1TLと言う。高い!高い!と言ってみたものの頑として聞いてもらえず。仕方なしになけなしの最後の1TLを払う。
GSはあるしロカンタスでも借りられるから、自転車に乗っていて有料トイレを使うシチュエーションなんてまずないのだけれど、実はトルコの有料トイレはめっぽう高い。二年前、バスで旅していた当時身をもって体験したのだけれど、0.5~1TLくらいする。1TLといえば40~50円に当たる。ヨーロッパにもないわ、そんな高いトイレ・・・。

P1140506_サイズ変更 IMGP0487_サイズ変更
GSでチャイをご馳走になるのも今日が最後      昨日の二人と再会して暫し並走

P1140507_サイズ変更 IMGP0488_サイズ変更
オランダ人夫婦のポーレス&イローナ           国境は近い

P1140510_サイズ変更 P1140512_サイズ変更
ロカンタスの隣が市場になっていた           国境に並ぶトラックの列

トルコ側のイミグレは、車の列を横目に自転車は優先的に通してくれた。ありがとう、トルコ!
グルジア側のイミグレはなんだかすごくて空港みたいである。
車の列に並ぼうとしたら自転車はそっちだと言われ、バスの乗客に交じって自転車ごと大きな建物の中に入る。カートまで置かれていて本当に空港みたいである。
しかも、グルジア人の荷物がどの人も半端ない。荷物の量まで空港みたいだ。どうやらトルコに行って大量に買い物をしてくるらしい。
そしてイミグレは混んでいた。さらには平然と割り込んでくるグルジア人・・・何度注意してやったことか。どうも並ぶということに慣れていないらしい。
並んでた窓口がいきなり閉まっちゃったりするし、イミグレを抜けるのに久々に30分以上かかった。ま、待ち時間が長いだけで手続き自体はいたってスムーズなんだけど。行き先すら聞かれなかったし・・・。

晴れてグルジアに入国し、黒海沿いの道を走ってBatumiを目指す。
久々に道路が対面通行になった。距離は出ないけどやっぱこっちのほうが落ち着く。
国境から少し離れると牛が増え、なんとものどかな雰囲気になってくる。
そして人が寡黙になった。やはりトルコ人てのは明るかったんだなぁと改めて実感。

Batumiに入るとChorokhi川沿いに出る。大きな川で、川岸には広大な牧草地が広がっている。
橋の手前は、広い草地の中に遺跡?が点在していた。なんだかすごいなココ・・・テント張り放題である。
橋を渡った先はテン場が怪しいので、遺跡?の点在する草地に自転車を乗り入れて幕営した。後ほど犬の散歩に来た人と話した感じでは、幕営していても特に問題はなさそうである。
身を隠せるものがなくて周囲から見えてしまうのが難点といえば難点なのであるが、道路からはかなり距離があるのであまり気にならない。
日暮れどき、さらに奥のほうで草を食んでいた牛たちが、誰に追われるでもなく勝手に隊列を組んで家に帰っていった。日が暮れると勝手に家に帰るらしい・・・その姿になんか萌えた。

IMGP0498_サイズ変更 IMGP0500_サイズ変更
空港みたいなイミグレ                    グルジア入国!

IMGP0502_サイズ変更 P1140513_サイズ変更
ここらのトラックが越境できるのは明日だろう        遺跡?の点在する草地に幕営

P1140515_サイズ変更
日暮れどき、隊列を組んで家に帰る牛たち・・・

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 095_Turkey 2 / トルコ 2] | 2013.08.31(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

人の一生なんて・・・

2012/4/20 金
始:11:00 ~ 終:17:50 走行:96km
~ Yomra ~ Arsin ~ Araklı ~ Sürmene ~ Of ~ Yaylacılar ~ İyidere ~ Derepazarı ~ Ciftekavak ~ Rize ~ Gündoğdu ~ Balıkçlar ~ Çayeli

朝はくもっていたがその後快晴となった。
出発の準備をしている最中、最後にメールのチェックをしてあまりに悲しすぎる知らせを知り放心状態になった。
知人の知人である自転車乗りが亡くなった。
ショックだった。悔しかった。力が抜けた。
そして思った。人の一生なんて一寸先は何があるかわからないと。一寸先は闇であると。人間の存在なんてあまりにちっぽけで、人の一生なんてあまりにはかなくてある日突然あっけなく終わってしまうのだなぁと。
宿命というのは時にあまりにも残酷である。だから今を精一杯生きるしかないのだなぁと、そんなことも思った。

準備を整えて11:00に出発した。
D010に出て、そのまま黒海沿いを東に向かう。相変らず面白味に欠ける道であるが、それでも青空の下でペダルを回しているだけで自分が今生きていると実感できる。自転車に乗って旅することができるだけで幸せだ。
走りながらいろいろなことを考えた。考えながら走っていたらあっという間に距離が出た。

このルートは相変らずトンネルが多い。
今日も記憶が正しければ、1,900m、573m、949m、855mと長いトンネルが四つあった。
トンネルは自転車にとって大敵である。後ろから轟音を響かせて大型トラックが迫ってくるたび寿命が縮む。
乗用車もトラックもトンネル内を無灯火で走っていることがざらである。もし運ちゃんがちょっとよそ見でもしていて自転車の存在に気付くのが遅れただけで、自分らの一生は終わってしまうかもしれない。たったそれだけのことで終わってしまいかねないのだ、人の一生なんて。

Ofの手前の小さな町のロカンタスで昼食を食べたとき、店のおっちゃんがライス・プリンをご馳走してくれた。さらに、食後には近所のチャイ屋からチャイまでとってご馳走してくれた。
人の温かさに救われる。

ロカンタスをあとにしてしばらくしたところで、ヨーロッパのどこかの国の年配の夫婦と思われる二人組のバイカーを追い越した。
巡航速度があまりに違っていたのでその日は一声挨拶したっきり、その後は会えなかった。

Rizeにて5Lの水と食料の買い出し。その先のGSで水を汲ませてもらった。
安いのでボトルに入れる飲み水だけは買っている。調理やトイレなんかに使う使う水はGSでもらったり、途中の水場で汲んだりといった具合。

D010沿いは町がまったく途切れない。海沿いの狭いエリアに途切れることなく人家が並んでいて、ルート沿いにテン場を得るのは無理である。
Çayeliで川沿いの枝道を4kmほど入り、川岸の疎林の中に幕営した。

IMGP0465_サイズ変更 IMGP0471_サイズ変更
トラブゾンの宿を発つ             黒海沿いを東へ

IMGP0472_サイズ変更 P1140503_サイズ変更
ご馳走になったライス・プリンと・・・            ご馳走してくれた店の人

IMGP0475_サイズ変更 IMGP0476_サイズ変更
二人組のバイカーと出会う                  この日は挨拶だけ交わして別れた

P1140504_サイズ変更
川岸の疎林の中に幕営

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 095_Turkey 2 / トルコ 2] | 2013.08.30(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

雨で出発が一日延期・・・

2012/4/18 水
晴れ。
トラブゾンでの任務は昨日終了した。でも、今日一日休養して明日発つことに。
ネットで調べものをして一日まったり。
面倒くさいなぁ、ビザってやつが・・・。
考えれば考えるほど憂鬱になる。ビザの取得自体もそうだけど、ビザを取るってことは要するに期限を切られるってことで、自転車にとってはむしろこっちの方が問題。急かされているようでどうも好かん。
ま、そんなこと考えてたって仕方ないんだけど・・・。
それでもまだ取得に関しては西から東に移動する場合の方が楽であると思う。

2012/4/19 木
昨日天気予報を見て薄々予想はしていたのだが、朝起きるとどんより曇っていて、その後雨が降ってきた。
雨と言ってもパラパラ降っている程度、キャンプだったら何の迷いもなく行動するところであるが、毎度宿に泊まっていると事情が変わってくる。
せっかくシャワーも浴びてきれいなところでいきなり濡れるのが嫌なのだ・・・。
チェックアウトは12:00までなので暫し様子を見る。が、早々に回復する兆しはなし。
明日も雨なら停滞も意味がないので天気予報をチェックすると、明日は晴れそう。
うぅぅむ・・・結局もう一泊することにした。
晴耕雨読が基本ですから・・・。

腰を据えて調べものをしていると、13:00過ぎに晴れてきた。
うぅぅむ、なんて中途半端な天気。腰を据えて停滞と決めたからにはいっそ雨でも降ってくれた方が気が休まるのに・・・。
晴耕雨読と言ったって読んでいるのはネットの他人の記録だったりするのだけれど、なんか気分が盛り上がってきて、早く走りたくてうずうずしてくる。
とある服屋でマユミがイラン用に丈の長い服を調達。店のおっちゃんがチャイをご馳走してくれた。

夜になってまた雨が降った。
おいおい、明日大丈夫なんだろうな・・・。

IMGP0462_サイズ変更
マユミがイラン用に丈の長い服を調達

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 095_Turkey 2 / トルコ 2] | 2013.08.27(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

トラブゾンのとある一日 その2

2012/4/17 火
朝まで降っていた雨が上がり、昼近くになると晴れた。
イラン領事館にパスポートを受け取りに行き、無事ビザを取得。取得日から3ヶ月有効の15日ビザ。

同じ宿にいたフランス人バイカーのウィリアムとティエリーが今日出発。
彼らの最終目的地は北京。ウズベキあたりまで似たようなルートを取りそうだから、またどこかで会えるかもしれない。

町中でドイツ人バイカーのドロシーともばったり再会。
数日前に追い越した彼女は昨日トラブゾンに着いたらしい。その時はお互い走っている途中で、タイミングが悪く満足に話ができなかった。今日になってアドレスの交換。
彼女の方は地球二周目くらいの猛者。
今回イランは通らずカスピ海を船で渡る彼女だが、やはりバクーまでの間で再会できるかもしれない。

フランス人の二人もドロシーもGPSを使っていて、走ったルートをウェブで公開しているハイテク・バイカーだ。自分の走ったルートをデータで残せるってのは面白いな。

P1140499_サイズ変更
町中でドロシーとばったり再会

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 095_Turkey 2 / トルコ 2] | 2013.08.27(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2013年08月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。