我が村の御柱=御射山(みさやま)神社二之御柱

前回、来年は我が村でも御柱祭がある、と書いた。
来年の御柱には果たしてどこのモミが使われるのだろう、とも書いたが、これが自宅から500mほどのところにあった・・・。

11月23日の勤労感謝の日は、収穫祭の手伝いをしていた(サラリーマン時代も、「勤労感謝の日」は「勤労に感謝して働く日」だったなぁ・・・)。
収穫祭が終わって、借りたテントを地区の集会所へ返しに行くと、テントを置いている棚に何本かの丸太が立てかけてあった。御柱の梃子棒?にするものらしい。
御柱はいつ伐り出すのか訊いてみると、11月28日という話。今週の土曜ではないか。

「今回はどこからモミを伐り出すんですか?」
と尋ねてみると、
「あれ、知らなかったっけ?じゃあすぐそこだから、帰りに寄ってみるか」
ということで行ってみると・・・そこはほぼ自宅の裏山といっていい、自宅から500mほどのところだった。

そこにはいつの間にか、「御神木」と表示されたものが立てられていた。
P1220091_サイズ変更 P1220075_サイズ変更
御神木を伐倒するのに邪魔になる木や枝も、既に伐採されている。
おそらく集会所にあった梃子棒?は、ここで伐採された木であろう。

すぐ近くに大きなモミジの木があり、その紅葉があまりに見事だったので、近くまで行って眺めたのはまだ十日ほど前のこと。
そのときには別段なにも変わった様子はなかったわけだが、そのモミジの太い枝もバッサリ切られていた。
いつの間に・・・。
IMGP0433_サイズ変更
きれいに紅葉していた、御神木のすぐ近くのモミジ

IMGP0497_サイズ変更
自宅からほんの500mほど。果樹園で仕事をするときには通勤路であり、朝、時どき散歩しているコースでもあるわけだが・・・まったく気づかなんだ。
ホント、いつの間に・・・。

P1220081_サイズ変更
これが御神木(2015/11/24撮影)。見事なモミの木。

P1220080_サイズ変更
建設現場のような足場が単管で組まれ、伐倒方向へワイヤもかけられている。

P1220087_サイズ変更
足場へと下りる道もこの通り、きれいに整備されている。

「御神木」とあるから、もしかして伊勢神宮の式年遷宮の御神木のように、斧で倒すのかと思って訊いてみると、(おそらく斧入れの)神事は行うらしいが、伐倒自体はチェーンソーでやるということだった。
ま、チェーンソーで伐るといったって、こんな巨木だから特殊伐採の範疇。普通の山仕事で使うような、バーの長さが40~50cmのチェーンソーではまず伐れないわけで、バーの長さが1m以上あるような、チェーンソーのお化けのようなやつで伐るんだろうけど・・・。

伊勢神宮の式年遷宮の御神木(御樋代木(みひしろぎ)=御神体を納めるための器となる材)は、「三ツ紐伐り」という三方向から斧を入れる古くからの作法で伐り出される(幹の三方向から斧を入れ、三箇所のツルを残して伐倒することで、伐倒方向が決めやすく、木材も痛めない)。
御神木は、内宮と外宮とで二本必要で、伐倒の際には二本の先端を交差させて倒すならわしのため、お互いが届く距離に生えていなくてはならない。他にも、樹齢二百年以上であるのはもちろん、無節の上質な材であることなど、数多くの要件を満たさなければならない。

遷宮に用いるヒノキ(一万本以上必要!)を伐り出す山のことを御杣山(みそまやま)という。
御杣山は、第三十四回式年遷宮(1323年、1325年)までは、基本的にすべて内宮と外宮の背後の山であったが、原木の枯渇による伐り出しの困難さから、第四十七回式年遷宮(1709年)から、尾張藩領(尾張徳川家)の木曽谷に移され、以後、三百年以上にわたり木曽谷を御杣山としている。
木曽谷の上松町(力士の御嶽海の出身地!)にある赤沢自然休養林へ行けば、「三ツ紐伐り」によって伐り出された御神木の切り株を見ることができます(三方向から斧を入れて伐り倒されたことがよくわかる)。

ちなみに、神宮では内宮・外宮周辺の山を再び御杣山とすべく、1925年頃から、これらの山へヒノキを植林し続けている。
が、遷宮の用材として使用できるまでには二百年以上かかるから、内宮・外宮周辺の山から伐り出した材が本格的に使用されるようになるのは2120年頃からとなる。壮大な計画だ!
先に行われた第六十二回式年遷宮(2013年)では、約七百年ぶりに、内宮・外宮周辺の山から出た間伐材が一部に使用された(全用材のおよそ25%ほどが賄われたらしい)。

話が飛びました。
11月28日は、裏山で行われる御柱の伐倒を見学しに行こうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2015.11.26(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

諏訪大社と御柱祭

松本城からの帰りに、諏訪大社の下社にも行ってきた。
時間短縮のため、今回は松本から岡谷まで高速を使ったのだが、高速を走ったのなんて実に六年ぶり!(笑)
ETCがきちんと作動するのかどうか、少々不安なところがあったのだけれど、無事に使えてホッ・・・とした。

諏訪大社は、信濃国一宮であり、全国におよそ二万五千社ある諏訪神社の総本社。日本最古の神社のひとつともいわれる。
諏訪湖の周辺に四箇所の境内地(二社四宮)がある。
二社四宮というのは、上社(かみしゃ)である本宮(ほんみや)と前宮(まえみや)、下社(しもしゃ)である秋宮(あきみや)と春宮(はるみや)のこと。

上社は諏訪湖の南東(茅野)、下社は諏訪湖の北(下諏訪)に位置しており、単に寄りやすいという理由から、今回は下社の秋宮と春宮に参拝してきた。
実はこれまでも、下社には参拝したことがあるのだけれど、上社のほうへは行ったことがない。すぐ目の前まで行ったことは何度もありながら、まだ一度も参拝できずじまい。
近いからいつでも行けるという頭があるのがよくない。なにかもやもやしたものがあるので、上社へは日を改めて自転車で行ってみようと思います・・・。
ちなみに、上社、下社となっているのは単に呼称上でのこと(と思う)であり、社格に序列があったりするわけではない。

遅い昼食にそばを食べてから、秋宮→春宮の順に参拝(伊勢神宮のように参拝に順序があるわけではない、と思う)。
たいていの神社がそうであるように、巨木の茂る境内というのは非常~に落ち着く。

ひとつ特徴的であるのは、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がない。
代わりに、秋宮はイチイの木を、春宮はスギの木を御神木として拝している。
古代の神社には社殿がなかったとも言われているから、諏訪大社はその古くからの姿を残している、といえるのかもしれない。
ちなみに、上社の本宮にも本殿がなく、御山を御神体として拝しているが、前宮は本殿を有している。前宮が、古くは上社摂社であったためであるらしい。

IMGP0411_サイズ変更 IMGP0413_サイズ変更
(左)秋宮の神楽殿、(右)春宮の境内・・・非常~に落ち着く

秋宮と春宮の間は1.2kmほど離れている。
せっかくだからと、ヤンと一緒に歩いたのだが、特にこれといって目を惹かれるものもなく、車で移動しちゃってもよかったかな、という感じだった。
下諏訪がけっこうな坂の町で、すごいところに住んでるな・・・ということだけよくわかる。

秋宮と春宮では様子がずいぶん違っていて、秋宮のほうはひっきりなしに参拝者がやって来るのと対照的に、春宮のほうは貸切状態だった。
両宮では参拝者の数がずいぶん違いそうだ。
春宮は駐車場も狭い。

IMGP0412_サイズ変更 P1220055_サイズ変更
(左)春宮の神楽殿、(右)下馬橋
下馬橋は室町時代の造営で、下社で最古の建造物。遷座祭において神輿のみが渡る。

さて、諏訪大社といえば、なんといっても御柱祭。
山の上からモミの巨木を落とし、それに乗って最後まで振り落とされなかった氏子が英雄になる、というアレです。年によって死者も出る。

正式には、「諏訪大社式年造営御柱大祭」という。
寅年と申年の六年ごと(七年目ごとといったほうがわかりやすいのかも?)に行われる式年祭である。
山中からモミの巨木を伐り出し(各宮四本ずつ、二社四宮あるので計十六本)、諏訪地方の各地区氏子の分担で四つの各宮まで曳行し(山出し→里曳き、その過程に「木落し」がある)、各宮の四方に御柱を建てる(建御柱)。
諏訪大社の社殿の周りには、一之御柱~四之御柱と呼ぶ四本の御柱が常に立てられている。これを寅年と申年に建て替えるのが御柱祭。

P1220053_サイズ変更
秋宮一之御柱

来年、2016年(申年)は御柱祭の年である。
御柱祭というのは、実は全国の諏訪神社や関連社でも行われる(小宮祭という)。
我が村でも、来年は小宮祭がある(御柱の年はなにかとたいへんなようである・・・)。
自宅の裏山(というほどのものでもないが)には、見事なモミが自生している。過去には、ここから御柱が伐り出されたこともあると聞いた。
来年の御柱には、果たしてどこのモミが使われるのだろう???

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2015.11.18(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

松本城

はるばるポーランドから、友人のヤンが我が家に遊びに来た。
その折に、久しぶりに松本城へ行ってきた。二十数年ぶりの再訪になる・・・。

P1220043_サイズ変更
伊那谷から松本へ行くには、権兵衛トンネルを抜けていったん木曽へ出、中仙道を北上するのが早い。
(写真は中仙道の奈良井宿)

現在、なんらかの形で天守閣が現存している城は全国に十二ある(十二しかない)。
もちろん、現存といっても創建当時の建物がそのまま残っているわけではないけれど・・・。

松本城はそんな現存十二天守のひとつで、かつ国宝に指定されている。
(国宝に指定されているのは、かつては国宝四城と呼ばれる四つの城であったが、今年の七月に松江城も指定されて五城となった。)

P1220045_サイズ変更
松本城の天守が築造されたのは豊臣末期。激しい戦乱の世が去って平和な時代に築かれた、絵に描いたような平城である。
平城であるがゆえに規模は大きいが、実戦のことを第一に考えて築かれた山城とは明らかに違っていて、緊張感のようなものは微塵も感じられない。

ちなみに、築城したのは石川数正、康長父子。
石川氏というのは、徳川軍団の中でも譜代中の譜代。酒井、本多、大久保などと並ぶ三河系であり、遠州系である井伊などよりずっと古い。
その中で石川数正といえば、酒井忠次、本多平八郎忠勝とともに、家康の右腕といってもいい徳川家の将であったわけであるが、そんな数正がなぜ秀吉の元へ奔り、豊臣家の武将となったのか・・・。
このあたりの話は紆余曲折があっておもしろい。様々な説があるようである。
歴史小説でも時どき取り上げられ、司馬遼太郎でいえば「覇王の家」の中で触れられている。

さて、以前にも「備中松山城」のところで書いたけれど、現存する天守がなぜ十二しかないのかというと、もちろん壊してしまったから。

平和な江戸時代になると、幕府の一国一城令によって城の数は減ったが、それでも二百近くの城があったはずである。
江戸期を通じて災害により焼失、倒壊したもの、さらには幕末の動乱で焼失、倒壊した城もあるけれど、その多くは明治期になって打ち捨てられたもの。
先の戦争で焼失した城も中にはあるけれど、記録によるとその数は七城だけ(1940年代初頭までは二十城の天守が現存していたとされる)。
つまり、ほとんどの城というのは、明治期になってからの旧物破壊思想のもとで、自ずから壊してしまったということである。
国宝だ、世界遺産だ、と大騒ぎしている今の時代の感覚からするとちょっと考えにくいのだが、とにかくそういうことがあった。
明治期の近代化の陰にはそういう歴史もある。

松本城も例外ではなく、薪にされる寸前だった・・・。
今でこそ国宝になっている松本城であるが、明治期になって無人になると荒れ放題、荒れるにまかせて天守の屋根も傾いてしまったという。
その城を、薪にするため業者が落札したが、よくよく調べてみると、解体して得られる利益より解体費用のほうが高くつくことが判明、単なる偶然で解体を免れ現在に至った、という笑えない話がある。

経緯はどうであれ、松本城が現在までこうして残っているのは誠に幸いなことだが、現存十二天守だ、国宝だと、あまり威張れたものではないですね・・・。
市川量造や小林有也らの努力によってどうにか天守が保存された、ということを最後に挙げておきます。

P1220049_サイズ変更
意図するところはわからないでもないが・・・城が築造された年代からして、このような具足姿ではなく、ちょんまげに裃姿で大小を帯びた侍のほうがこの場に似つかわしいのではないか、と思う。
ちなみに、ヤンは抜刀道をやっていて、太刀も脇差も実際に所有している。

関連記事
Theme [城巡り] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2015.11.14(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

(続)ミミズコンポストの収穫・2015秋

9月に続いて今年二度目、ミミズコンポストの収穫をしました。
前回収穫したのは、四階構造の二階部分、液肥トレイの直上のケースに溜まったミミズコンポスト。
そのとき三階部分になっていたケース(前回の収穫のあと、二階に移動させて使っていた)の収穫を今回行いました。

P1220031_サイズ変更
その階に餌を与えなくなってから一月半ほど。まだちょっと早かったかな・・・という感じ。
玉子の殻以外はすべて分解されていたが、前回と比べるとずいぶんミミズが残っていた。
ま、それでもその上の階(現在餌を与えているところ)にはミミズがウヨウヨいてすごいことになっているから、大多数のミミズは引っ越してくれていたということなのだけれど・・・。

ミミズとコンポストを分離し、回収したミミズは新たな住みかである二号棟へ。(後ろに見えているのが、詰め物と生ゴミを入れた状態の二号棟。)
前回と同様にミミズの卵もたくさんあり、気付いたものはやはり回収。
生まれて間もない、細かい糸くずのような白いやつが前回以上にいるのだけれど、これを回収しているときりがないので、諦め。収穫したコンポストを寝かせている間に生長すれば、一部は後日回収が可能。

それから、前回は見当たらなかったのだけれど、今回はコウカアブの幼虫がずいぶん紛れていた。が、全部死んでいた・・・。
死因は不明だが、ケース内は最終的に詰め物と生ゴミとコンポストで満たされてしまうので、成虫になるのに必要な空間がなかったのだと思う。幼虫の死骸の数からすると(本来はもっといるはず)、もしかすると一部は成虫になって脱出できたのかもしれない。
ケースの四隅のすき間から成虫が侵入して卵を産み、孵った幼虫はミミズと一緒に生ゴミを分解してくれていた・・・という寸法。
コウカアブは人を刺すわけでもないし、別にいてもらって何も困ることはない存在。むしろ益虫の部類ですね、少なくとも我が家では。

ちなみにコウカアブの幼虫は(もちろん大きさは違うが)、ナウシカに出てきた地を這う蟲に似ている。
あれはコウカアブの幼虫をモデルにしたんじゃないかなぁ・・・と勝手に思っている。

P1220033_サイズ変更
収穫したコンポストとオシッコ。
スーパー液肥となるミミズのオシッコ(コンポスト中の余分な水分)は、今回は2Lほど収穫できた。

冬場はまた玄関内に移動するつもりでいたミミズコンポストですが、二棟に増えてしまったので、もはや不可能。
物置を片付けて、そこに移動させるつもりでいる。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ミミズコンポスト] | 2015.11.08(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ミミちゃんハウス(ミミズコンポスト容器)の増設

ミミズの数が増えすぎたので、ミミちゃんハウスを増設することにした。
ミミズたちは本来、自分たちの周りが糞だらけにならないように個体数を調製するので、ミミズ箱のキャパ以上に数が増えるということはないのだが、せっかくだからガンガン増えてもらって、もっとガンガン分解してもらおう・・・ということで、二号棟を増設することに。

ミミズは世代交代が速く、環境さえ整っていれば一ヶ月ほどで倍の数になると言われますが、これはまさしくその通りですね。
ミミズコンポストが順調に稼働し始めると、ある程度まで気温の上がる環境下では、驚くくらいミミズが増える・・・。
我が家のミミちゃんハウス一号棟の、今餌を与えている階には、それこそ気持ち悪いくらい、こんな密度でいいのか・・・と問いたくなるくらい、ミミズがいる。
糞が増えすぎない限り、個体数の密度はどうでもいいみたいですね、あれを見ると。

増設するミミちゃんハウスは、一号棟の完全コピー。
同じ樹脂ケースを求めて、前回と同じホームセンターに買いに行ったのだが、一回り小さいサイズのものはあるのに、同じサイズのものが置いてない。売り場自体が消えていた。
少なくともここらでは、このサイズの需要がなかったということか・・・。

このケースは日本製で、なかなかに出来がよく、持ち手のところの窪みにはきちんと水抜き穴が開けられていたりする、そんなところが個人的には気に入っている。
蓋も別売されているから、まさにミミズコンポストのために設計されたのではないかと思えるような箱である。

メーカで製造中止になったわけではなく、単に店舗に置いてないだけだったのだが、メーカからの取り寄せの場合は10個からという話。さすがにそんなにいらねぇ・・・。
が、後日確認してもらったら、他県の店舗にあったということで、一件落着。
ま、なきゃないでネットで買うだけの話なんだけど・・・。

P1210968_サイズ変更
ということで、入手した樹脂ケース。
必要な材料はこれと、ウレタンフォームのすき間テープだけ。蓋は、前回買ったものがひとつ余っていたので、これを使う。

作業といえば、樹脂ケースの底に穴を開けまくるだけ。
穴径はφ6.5。特に理由はなく、持っているドリルの刃で一番大きいのがこのサイズだったから。
P1220006_サイズ変更
左のひとつに穴がたくさん開いているのは、単に間違えただけです・・・。
右の二つは、強度を考えて中央部を十字に残すようにしたものですが、一号棟のケースはこの仕様でミミズが自由に行き来しているので、機能上はこの仕様でOKです。
バリはカッターできれいに取り除く。

P1220025_サイズ変更
虫の侵入防止とミミズの脱走防止のため、ケースの底の側壁にすき間テープをぐるりと貼る。
それでも四隅のR部分には隙間ができ、そこから虫が少々侵入したり、たまにミミズが脱走したりしますが、実用上は特に問題ありません。

P1220026_サイズ変更
ミミズの落下防止のため、二階部分のケース(液肥トレイの直上)の底には、網戸の網を切り出して敷く。
これでミミズの落下はかなり防止できますが、ゼロにはならない。
網目より細いミミズが落下するのならわかるのだが、網目より明らかに太いやつまで落下しているから驚きだ。(あとで網を取り出すと、網の目に挟まっているやつが必ずいる。)
骨がないから、体を伸縮させて通れてしまうんですね。そのくせミミズの体内は体節ごとに隔壁で仕切られているから、体腔液の水圧により頑丈なものとなり、土を掘ることができる。
ミミズの生態には驚かされるばかりだ。
体表には毛が生えていて、これを使って垂直以上の壁も難なく登れてしまうし・・・。

P1220039_サイズ変更
ミミちゃん団地。一号棟の手前に二号棟を設置。
ミミズコンポストを収穫したときに回収したミミズを二号棟へ移住させたのですが、その話はまた次回。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ミミズコンポスト] | 2015.11.04(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2015年11月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム