スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 23日目 中浜の万次郎

2016/2/17 水
晴れ、朝4℃
始:7:05 ~ 終:16:10 歩行:23km
(足摺岬)0705 ~ (38番金剛福寺)0740 ~ (松尾) ~ (中浜) ~ (土佐清水) ~ (養老) ~ (山伏峠) ~ 1610(益野小学校)

コーヒーとパンを食べてテントを撤収したら、まずはザックをベンチにデポし、目の前にある38番金剛福寺(こんごうふくじ)に参拝する。
地理的に半分まで来たであろうということで、白衣に朱印をもらうことにした。
せっかくだから各県ひとつずつ朱印をもらおうか、という話がここへきて浮上して、高知は足摺岬にある金剛福寺でもらうことにした次第。

徳島は、自分の場合は1番霊山寺で白衣を買ったときに、既に朱印が押してあった。特に意図して朱印の押された白衣を買ったわけではなく、知らずに買ったらたまたま押されていたという具合(もちろん朱印代はしっかりとられました)。
森さんからいただいたマユミの白衣には朱印がないから、最後に1番へ戻ったときにもらうということに。
香川は結願の証として88番大窪寺でもらうとして、愛媛は位置的に今治にある54番延命寺あたりになるだろうか。延命寺という名前も気に入ったし。

ちなみに、朱印は何にでも押してくれるというわけではなくて、基本的に納経帖、白衣、納経軸の3種類にしか押してもらえない。
お代はそれぞれ、納経帖に墨書+朱印をもらうと300円、白衣の場合は朱印のみで200円、納経軸の場合は、納経帖と同じことを墨書してもらうのだと思うのだが、お代は高くて500円。
朱印をポンと押すだけで200円、なんてぼろい商売・・・などと言ってはいけない。
納経帖は「極楽浄土へのパスポート」と考えている人が多いのだ。自分が死んだとき、一緒に棺に入れてもらう人が多いらしい。
白衣も一緒。冥土へ旅立つ際の晴れ着として、やはり棺に入れる人が多いらしい。
一方で、納経軸だけは性格が異なり、朱印がすべて集まった後にきちんと表装し家宝にするものであるらしい。

P1220550_サイズ変更 IMGP1522_サイズ変更
38番金剛福寺の(左)山門と、(右)境内の様子。

P1220552_サイズ変更
朝の光を浴びる万次郎

ザックをピックアップして出発。
しつこいようだが、室戸と違って足摺岬は岬を回り込んだ西側も相変らず変化に富んでいて、歩いていておもしろい。
IMGP1524_サイズ変更 IMGP1526_サイズ変更
車道をあまり歩かないで済むし、何より車道を離れて集落の中を歩けるのが楽しい。

特に、中浜は楽しいところだった。
ここはジョン万次郎こと中浜万次郎の生まれ故郷。
万次郎の生家跡に石碑があり、その近くには生家が復元されていて、見学することができる。万次郎も使っていたであろう井戸も残っている。
集落の中の狭い路地を歩いていると、タイムスリップしたような気分になる。
路地は舗装され、家はもちろん皆新しくなっているけれど、区割りをはじめ家の建っている場所は当時とほとんど変わっていないのではないか・・・と思われる。

P1220554_サイズ変更
復元された万次郎の生家

中浜は万次郎一色といったふうで、食堂など「万次郎」という名の店がたくさんある(笑)。
ジョン万次郎をNHKの大河に!という活動もしているようであった。
個人的には非常に興味があるが、一般的には厳しいかもしれない・・・。

運命のいたずらというか、彼ほど意図せず人生がガラリと変わってしまった人もそうはいないと思う。
14歳のとき、仲間と漁に出て嵐に遭い遭難。五日半の漂流後、奇跡的に仲間四人とともに伊豆諸島の鳥島に漂着。無人島で143日間生活し、たまたま近くを通りかかった船に救助されるのだが、救助された船というのがたまたまアメリカの捕鯨船であったために・・・(以下略)。
何もなければ中浜村の漁師として生きたであろう少年が、アメリカ本土に渡って英語、数学、測量、航海術などを学び、捕鯨船に乗り・・・その後の人生がガラリと変わってしまった。

後年、万次郎は日本に帰国してから、(自分を助けてくれた)ウィリアム・ホイットフィールド船長へ手紙を宛てている。
その手紙の内容が中浜に掲示されていたのだが、これは非常におもしろかった。
自分がいかにして故郷にたどり着いたかをしたためたものなのだが、万次郎たちは支那の上海行きの商船に乗って、最後は船に積み込んでいた捕鯨用ボートで琉球に上陸。そのとき、言葉がぜんぜん通じなかったらしい。万次郎はすっかり日本語を忘れてしまっていたらしいのだ・・・。

P1220553_サイズ変更 P1220556_サイズ変更
海岸に、万次郎の生涯がパネルで掲示されている。

楽しくて、中浜で予定外の大休止となった。
商店でパンを買うことができて助かった。

中浜から山道をしばらく歩くと土佐清水の町。
町中にあったスーパー、サニーマートはどうにも冴えなかったが、ここで二日分の夕食と行動食を買い出し。
土佐清水の先は、海岸沿いを歩くのはいい加減飽きたので、益野から山越えをして三原へ抜けるつもりでいる。

郵便局で現金を少々下ろし、町中に二店舗あったGSはパスして、(地図ではその先にある)清水高校を過ぎたところのGSでガソリンを買うべく歩いていったのだが、行ってみたらつぶれてた・・・。
人に訊いたら、その先は三崎(山越えの分岐よりずっと先))までGSがないというので、ホームセンターの駐車場にザックを置いて町中のGSまで戻る。
往復20分ほどであったが、こういうのは精神的なダメージが大きい・・・。

何はともあれ、これで山越えの準備は整った。
仕切り直して先へ。
晴れているが今日も風が冷たい。時どき曇って雨がパラついていた。

IMGP1539_サイズ変更 P1220563_サイズ変更
落窪海岸の化石漣痕(れんこん)。確か宮崎の日南海岸にもこんなのがある。

R321をしばらく歩いて山伏峠を越え、益野で国道を離れる。山越えの分岐だ。
分岐に入ってすぐ、航空自衛隊の土佐清水駐屯地のすぐ近くに益野小学校がある。
IMGP1540_サイズ変更 P1220565_サイズ変更

もしやと思ってのぞいてみたら、廃校になっていた。地区の物置のようになっていて、確認したら水は出た。
風を避けられそうなので、今宵のテン場に決定させていただこう。
P1220566_サイズ変更

慎重に場所選びをしてテントを張り、さてさて水を汲みにと行ってみたら・・・先ほどまで問題なく出ていた水が出ない。
他の水道も試してみたが、どこも一緒。水が出ない・・・orz。

正門のほうへ回ってみると、軽トラが走り去るところだった。
しまった・・・どうやら夜は元栓を締めてしまうらしい。

時計を見ると16:50過ぎ。せめて水を止めるのを17:00まで待ってくれたらよかったのに・・・。
そんなことを思ってみてもどうにもならない。
既にテントは張ってしまったし、水さえあれば万全の状態。が、肝心の水がない。
幸い近くのビニールハウスに人がいたので、その人に頼んで近くの人家で汲ませていただいた。ありがとうございます!

中浜以降はあちこちで踏んだり蹴ったりの一日だった。

関連記事
スポンサーサイト
Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 002_Tosa / 土佐 16札所 385km] | 2016.04.27(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 22日目 はるばるきたぜ足摺へ

2016/2/16 火
晴れ、朝-2℃
始:7:30 ~ 終:15:50 歩行:28km
(市野瀬)0730 ~ (久百々) ~ (大岐海岸) ~ 1145(以布利港) ~ (窪津) ~ (津呂) ~ 1550(足摺岬天狗の鼻) ~ (万次郎足湯)1715 ~ (幕営)

昨晩は久しぶりに寒かった。もう使わないだろうと思っていたダウンジャケット、タイツ、ニット帽を着て寝た。
6:00に起きると、テントに薄っすら雪が積もっていた。

コーヒーとパンを食べて7:30発。
一時間ほど歩いてローソンでカップ麺の朝食。
昨日ほどではないが時どき冷たい風の吹く寒い一日で、朝はしばらくイヤーウォーマーをして歩いた。グローブはほぼ一日着けたまま。
IMGP1496_サイズ変更
まだ遠くに見える足摺岬

一路足摺岬へ。
足摺岬と室戸岬・・・土佐の西と東の端にある、ともに太平洋に突き出た岬であるが、その様子はいろいろと違っている。
単に緯度でいえば足摺岬のほうが南にある。形は、室戸はインド、足摺のほうは伊豆といったふう(スケールがてんでばらばらだけど・・・)。
地図を見て見映えがするのは室戸岬だと思うが、実際に訪れてみておもしろいのは足摺岬のほうだと思う。少なくとも遍路道を歩いた限りではそう思えた。

久百々から先、足摺岬へは車道を離れて歩くことができる。
浜を歩いたり、山だったり集落の中だったり、これらの道が変化に富んでいて飽きない。
室戸岬のときのような救いのなさを感じることはまったくない。

IMGP1502_サイズ変更 IMGP1503_サイズ変更
山だったり、浜だったり・・・

IMGP1504_サイズ変更 P1220536_サイズ変更
こんなところも歩く

IMGP1517_サイズ変更 P1220537_サイズ変更
右の写真、室戸岬が霞んで見えているのがわかるかな?(写真が小さすぎか・・・?)

大岐海岸はすばらしいテン場だった。広い浜なのだが防風林があり、トイレもある。
以布利港のじんべい広場もすばらしいテン場であったが、ここは曜日によって朝市が開かれているのかもしれない。
いずれも今回はタイミングが合わず。

窪津の先を歩いているとき、自転車遍路のワタナベさんと三度目の再会。歩いていると、前方から見覚えのある自転車が現れた。
足摺岬をぐるりと回るのではなく、来た道をいったん市野瀬のあたりまで戻り、山を迂回して三原へ抜けるルートをとるらしい。
足摺岬はいくつかルートの選択肢があり、おもしろいかどうかは別にして、ワタナベさんのとろうとしているルートがおそらく一番早い。このルートをとる人も少なくなさそうだ。

今回はお互い立ち止まって、暫し立ち話。ワタナベさんの名前はこのとき初めて聞いた。
昨晩は田子作(うどん屋)の近くのヘンロ小屋に幕営、先日の大雨のときは大坂ヘンロ小屋に泊まったらしいから、昨日まで自分らより後ろにいたことになるわけだが、どうやら行動時間が極端に短いことがなかなか進まない原因らしい。

P1220538_サイズ変更
それにしても知人に似ている・・・。

15:50、足摺岬に到着。
北に位置する天狗の鼻から順にテン場をチェック。
その結果、ジョン万次郎の銅像のあるところ付近がベスト。トイレの陰にテントを張れそう。

P1220540_サイズ変更 P1220543_サイズ変更
(左)天狗の鼻にて。後ろに見えているのが岬の先端。灯台があり、一番高いところには岬の観望所がある。
(右)その観望所にて。目の前には太平洋が広がるのみ。

テン場に目星をつけたら、さっそく万次郎足湯へ。
前回の道の駅日和佐の足湯の件があったので、何時まで開いているのか不安だったのだが、なんと!営業時間は9:00~19:00だった。
ありがたく17:00過ぎまで一時間ほど浸からせてもらった。
毎週水曜定休となっていたから、一日遅かったらアウトだった・・・危ない危ない。

IMGP1519_サイズ変更
海を見ながらのんびり足湯に浸かれる万次郎足湯。これが無料というのだから実にありがたい。

P1220548_サイズ変更  P1220545_サイズ変更
足湯から戻って幕営。
室戸岬は中岡慎太郎だったが、足摺岬にはジョン万次郎こと中浜万次郎の銅像がある。

トイレでカメラのバッテリーを充電させてもらい、靴下も洗濯させてもらった。
明日は買い出しができるので、夕飯には二人で4個のラーメン(二日分)を食す。
夜は意外に寒くて、20:00の気温が1℃しかなかった。

関連記事
Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 002_Tosa / 土佐 16札所 385km] | 2016.04.26(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 21日目 四万十川を渡る

2016/2/15 月
曇り時どき霙、雪、雨、朝5℃
始:7:05 ~ 終:16:30 歩行:32km
(さがこうえん)0705 ~ 0800(灘休憩所) ~ 0935(道の駅ビオスおおがた) ~ (Sサンシャイン) ~ (下田ノ口) ~ 1355(四万十大橋) ~ (津蔵渕) ~ (伊豆田トンネル) ~ 1630(市野瀬)

冬型で、風が強く寒い一日。丸一日グローブをして行動していた。

5:30起床、コーヒーとパンを食べて7:05発。
昨晩のテン場は暗くて静かで、おかげでよく眠れた。やはりテン場はこうでなきゃいかん、つくづくそう思う。

P1220524_サイズ変更
朝の土佐湾。風が強く寒い。

四万十川を目指して西へ西へ、土佐湾沿いをゆく。
8:00に灘休憩所着。昨日予定していたテン場であるが、写真で見ていた以上に素晴らしい場所だった。ここでも快適に幕営することが可能であったろう。

井の岬トンネルを抜けると、足摺岬が見える。まだ遥か彼方だ。
岬のあたりは晴れているが、北の山のほうへ目を転じると雪雲がかかっていて、時どき霙だか雨が飛んでくる。
寒くてトイレが近い。

P1220527_サイズ変更
インパクトのある駅名に視線を奪われた・・・

大方の道の駅で休憩。
このあたりは土佐西南大規模公園の中心部で、海沿いに広大な(広大すぎる)公園が広がっている。道の駅もその一角にある。
観光案内所を兼ねた建物の中で、風を避けてぬくぬくと休憩させてもらった。
土佐湾は春以降ホエールウォッチングで賑わうらしく、ここにもクジラに関する簡単な展示などがあってなかなかおもしろい。

大きなテーブルの反対側にはお爺さんとお婆さんが三人ほどいて、お爺さんの一人が耳が遠いとみえ、三人で大声を張り上げて会話していた。
お婆さんに声をかけられて暫しお喋り。
お婆さんはここからすぐのところで生まれ育ったということだ。「ここは海がきれいに見えていいところだよ」と話してくれた。
これだけクジラ、クジラと売りにしているところなので、
「クジラはよく見られるんですか?」
と訊いてみたら、お婆さんの返事が
「それはよく知らない」
・・・思わずコケてしまった。これだけ騒いでいるのに、その一番肝心なことは知らないんかい!

本当に広大な公園で、公園内に球場があり、キャンプ場もあった。
公園内を走る道路は、地元の人が生活道路として普通に車で往来している。
IMGP1479_サイズ変更
場所を選べばどこでも幕営可能。キャンプ禁止のエリアにはそう標示されている。

公園内の道を歩き、買い出しのためいったんR56に抜けて、サンシャインという名の小さなスーパーで三日分の夕食を買った。
三日分といってもラーメン6個と、フィッシュソーセージ(ここのところ定番になっている)3個だけれど・・・。

買い出しを終えてから四万十川までの道が長かった。
IMGP1484_サイズ変更
こんなような感じで、途中にはほとんど何もない。

女性がわざわざ車を停めて待っていてくれて、「せとか」というみかんを接待してくれた。(あまりに唐突なことだったので、納札をお返しするのを忘れてしまった・・・。)
この「せとか」というのはたぶん初めて食べたが、めちゃくちゃ旨かった。
四万十大橋手前のローソンでも、別の女性からキンカンの塩漬けを接待していただいた。(こちらは納札をお返しした。)
IMGP1490_サイズ変更
接待いただいた「せとか」とキンカンの塩漬け

さて、四万十川。
相変らずの緑色をしている。日本最後の清流などともいわれるけれど、水はそんなにきれいじゃないよね・・・確か25年前もそんなふうに思った。
例えば仁淀川とか吉野川とか、四国には他にもっときれいな川がいくらでもあるように思える。

その四万十川は四万十大橋で渡った。
下田の渡しはおそらく冬は出ていないだろう。出ているにしても、今日のような風の強い日には出ないだろう。
運行が不確定なので、歩きでも四万十大橋のほうが正規ルートとなっている様子である。
IMGP1487_サイズ変更 P1220531_サイズ変更
(左)小雪の舞う四万十大橋。橋は河口から3~4kmのところに架かっている。
(右)橋から下流方向を見る。下田の渡しはさらに下流の河口を渡している。

ちなみに、四万十川の河口部は旧中村であるが、今は四万十市となっている。
隣接した窪川のあたりは今は四万十町。
四万十町と四万十市、どちらが先か後かは知らないが、どうしてそんな紛らわしいことにしてしまったのか・・・。

しばらく四万十川の右岸に沿って歩き、間崎で内陸に入る。
本日最後の難関は、その先にある伊豆田トンネル(1,620m)。
手前に旧道の入口もあったが、16:00近くになっていたのでトンネルでワープすることにした。

伊豆田トンネルは、歩道が広かったのでそれほど不快さはなかった。時間帯がよかったのか、交通量もそれほどでなかった。
トンネルの通過に20分ほど要する。

トンネルの先にある市野瀬の休憩所(水車のあるドライブイン)に幕営した。
P1220533_サイズ変更
風が強く寒い。きれいなトイレのあるなかなか素晴らしいテン場なのだが、風を避けられる場所がない。
18:00の気温1℃。

関連記事
Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 002_Tosa / 土佐 16札所 385km] | 2016.04.25(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 20日目 幕営せずにいられない・・・土佐西南大規模公園

2016/2/14 日
晴れ、朝13℃!
始:7:20 ~ 終:15:50 歩行:27km
(道の駅あぐり窪川)0720 ~ 0800(37番岩本寺) ~ (市野瀬) ~ (佐賀温泉)1150 ~ (伊与喜)1440 ~ (佐賀) ~ 1550(さがこうえん)

昨日調べた天気予報で、今日の高知の最低気温が18℃となっていた。
いくらなんでもそんなわけないだろと思っていたが、どうやら本当だったらしい。気持ち悪いくらい空気が生ぬるい。

昨晩は時折り雨が激しく降り、屋根のおかげで雨がテントに直撃することはないものの、強風で吹き込むのと地面が海になるのとでなかなか不快。おまけにシュラフに入っていられないほど蒸し暑い。
2:00頃、トイレに起きたついでに一度フライを張り直した。石で固定した二箇所がテントに貼り付いていた。
それより前、0:00頃だったか、酔っぱらいが数人、テント近くのベンチで大声で喋っていて眠りを妨げられもした。これでも前日の教訓を活かしてベンチをテントから離しておいたのだが・・・。

朝はおそらく4:00頃まで雨が降っていた。
ほとんど眠れず朝を迎える。
5:30起床、空は晴れて星が出ていた。
コーヒーとパンを食べ、びしょ濡れのままテント撤収して7:20発。

IMGP1454_サイズ変更
雨上がりのR56

8:00に37番岩本寺(いわもとじ)に着く。
宿坊にたくさんの人が泊まっていたようだ。昨日見かけたツアーの人たちもいた。
P1220514_サイズ変更 IMGP1456_サイズ変更
37番岩本寺の(左)山門と、(右)境内の様子。

P1220515_サイズ変更 IMGP1457_サイズ変更
(左)窪川の町中で車に轢かれていたイタチ。まだ轢かれて間もない感じだった。
(右)すっかり晴れたR56。

窪川の町外れのローソンでカップ麺の朝食とし(本当によく食べてるな・・・)、行動食の買い出しも済ませる。そしてしばらくR56を辿る。
峰の上でR56をショートカットできるはずだったのだが、上部は崖崩れのため通行止、下部は入口がわからず分岐を通り過ぎてしまった。
結局ヘアピンカーブの国道をずっと辿らされることとなり、無駄な距離を歩くことに。
でもその結果、思わぬ出会いがあった。出会いというか、このときは一瞬のすれ違いだったけれど・・・。

「お疲れ様でーーーす!」
と、市野瀬のトンネルの直前で後ろから大声をかけられた。
振り返ると自転車遍路のワタナベさんだった(この時もまだお互い名前を知らない)。
えっ?なんでまだこんなところにいるんだ?しかも後ろに???
前に会ったのは1/27だから、自転車だったらもう結願していてもおかしくない。
いったいどこで何をしていたのだろう???
このときはそれっきりだったから、知る術もない。

佐賀温泉に11:50着。もちろん温泉には入れるが、付近にテントを張れそうな場所はない。
佐賀温泉の先はしばらくR56を歩かずに済む。

IMGP1464_サイズ変更 IMGP1466_サイズ変更
ニホンカワウソが最後に目撃されたのは、もしかしてこのあたりだったのか?

熊井のあたりはなかなか感じがよかった。
P1220516_サイズ変更 P1220519_サイズ変更
熊井隧道・・・明治三十八年に完成した長さ90mのトンネル。レンガは佐賀港から一個一銭の運び賃で、小学生などが一、二個ずつ運んだらしい。

熊井の先で声をかけてくれたおっちゃんは、
「この先は浜やき、どこでもテント張れるわ」
と、うれしいことを教えてくれた。

買い出しのためいったんR56に出て、ローソンで夕飯のうどんを買ったのだが、そこから1kmちょっとの佐賀の町中には地図にはない小さなスーパーがあった。
昔からあるだろうに、どうして地図に出てないのだろう。残念!
もしやとは思ったけど、それはまぁ賭けになってしまうわけだから、あそこでコンビニに寄らない手は考えられなかった・・・つくづくも残念!

さて、テン場。
今日は灘の休憩所に目星をつけていたのだが(写真入りの案内地図がところどころにあり、それで見る限りよさそうだった)、その3~4km手前にある土佐西南大規模公園(佐賀地区)というのが、前を通りかかったらスルーするにはあまりに惜しいテン場だった。
昨日濡れたテントを乾かしたい衝動もある。
まだ少し早かったのだが、偵察をしてみたら幕営せずにはいられなくなった。
IMGP1472_サイズ変更 P1220522_サイズ変更

さっそくテントを張って乾かし、その間にテントマットやシュラフ、シュラフカバーなど一連のものも広げて風にさらす。
使いやすいトイレの水道で顔と頭まで洗わせてもらう。
これまでのところ今回の旅では最高のテン場。やっぱテン場はこうでなきゃいかん。
二泊した最悪の道の駅が嘘のようである(雨を凌がせてもらえたのはありがたかったです)。

関連記事
Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 002_Tosa / 土佐 16札所 385km] | 2016.04.22(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 19日目 丸一日道の駅で過ごすと・・・

2016/2/13 土
雨、朝10℃
道の駅あぐり窪川にて停滞

丸一日道の駅で、しかも雨の日にすごしたことのある人などそうはいないと思う。
もちろん自分らにとっても初めての体験であったが、考えなくてもわかる通り非常~に暇である。時間を持て余しまくる・・・。
IMGP1453_サイズ変更

朝になっても当然のごとく雨が降り続いていた。
もちろん停滞。

道の駅で辛いのは、テントを張りっぱなしにはできないこと。
7:00前には職員の人たちが出勤してくる。

いつもの通り5:30に起き、コーヒーとパンを食べていったんテントを撤収。
テントさえ撤収してしまえば・・・何事もなかった顔で道の駅に居座ることができる。

今日は土曜日。
昨日は何もなかったが、土日はテントを張っていた場所のすぐ近くに店が出るらしい。
7:00を過ぎるとおばちゃんが軽バンでやってきて、てきぱきと店の準備をしていた。早めにテント撤収しといてよかったわ・・・。

何の店かと思ったら、豚肉の串焼きだった。
炭火をおこして焼き始めたら、さあたいへん。煙と臭いですごいことに。
もしテントを張りっぱなしにできる場所であったとしても、これではとても張りっぱなしにはできなかった。

朝のうち雨はまだそれほどでもなかったが、そのうち風が吹き始めたと思ったら見る間に吹き荒れ、雨も激しくなって嵐のようになった。
雨が吹き込む以上に湿気がものすごく、あらゆるものがびしょ濡れの状態。石やコンクリート作りのトイレなど、床も壁も便器もすべてがびしょびしょ。ベンチも拭いてるそばからびしょ濡れで、安心してザックを置いとける場所すらない。
見渡す限りで濡れてないのは木材だけ。木はすげぇ・・・やっぱ日本の気候では木の家じゃないとだめだわ。
とにかく極めて不快である。

当初は窪川の町(道の駅から2kmくらい)まで出てコインランドリーにでも・・・と考えていたのだが、雨が弱まった隙に近くのローソンに行くだけで精一杯。それだけでもびしょ濡れになる。
動くのはやめて道の駅でじっとしていることに。

建物に入って情報を取ったり、外のベンチで寛いだり。他に居場所はないのだけれど・・・。
トイレのコンセントをこっそり借りて、ヘッドランプの充電ができたのはよかった。
朝はローソンまで行ってカップ麺を食べ、昼は手持ちの行動食で済ませた。

観光案内のための端末を使うことができ、自由にネットが見られるわけではないのだけれど、幸い詳しい天気予報を見ることができた。
それによると、明日の朝には雨が上がり、その後はしばらく天気の崩れはない見込み。

横殴りの雨が降り続く。屋根の下にいても雨が吹き込んでくる。
こんな日に歩いている人は・・・いた!
お遍路のツアーだ。何もこんな日に歩かんでも・・・と思うのだが、日程が決まっているのだからしようがない。
IMGP1452_サイズ変更
皆さん道の駅に着くと、一目散に建物の中へ避難。
まぁしかし、あと2kmも歩けば熱い風呂にも入れるのだろうから、歩く気にもなるか。

何が楽しいのか、道の駅にはひっきりなしに人がやってくる。
これだけ人が集まるのだから、道の駅としては大成功であろう。
18:00にアイス屋が閉まり、昨日と同じく18:30頃、昨日と微妙に場所を変えて幕営。
P1220513_サイズ変更
やはり翌朝撮影

関連記事
Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 002_Tosa / 土佐 16札所 385km] | 2016.04.21(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2016年04月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。