スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

カメハウス始動!

我が家には昨年(2016年)の11月に実家からもらってきたクサガメが一匹いる(写真の小さいほう)。
もともとは親父が川で捕まえてきたものだ。
IMGP4125_サイズ変更 IMGP4127_サイズ変更
クサガメは目がおもしろい(もう少し大きな写真がこちらにあります → 羽田沼の白鳥@小さな菜園のある暮らし)。
ちなみに、クサガメは漢字で「草亀」と書くと思いきや、実は「臭亀」。
驚くと悪臭を出すので臭亀というらしいが、そんな臭いをかいだことはないけど本当だろうか?ずっと昔のガキの頃、川口に住んでたときにも親父が飼っていたけど、そんな臭いはかいだことないけどなぁ・・・。

もらってきたとき既にカメは冬眠に入っており餌は食べない状態だったので、そのまま家の中で冬越し。
ケースごともらってきたのでそのまま比較的暖かい二階に置き、周囲をダンボールで囲っておいた。
IMGP4197_サイズ変更
カメは樹脂製のトンネルの下(水の中)でじっとしている。変温動物なので気温(水温)が下がると動けなくなる。
肺呼吸なわけだけど、冬眠中はほとんど呼吸をしないで大丈夫らしい。

トンネルから出てくることがまったくないので、正直なところ冬の間は生きているのか死んでいるのかもよくわからない状態。
カメってのは基本的に暖かいところに生息しているので、果たして伊那谷の寒い冬を無事越せるのか、ちょっと心配だった。

生きていることを信じて、カメが冬眠している間にカメの生活場所を準備。
ガレージの後ろに金魚を飼っているプラ桶があり、これをリフォームしてカメハウスにする。
IMGP4221_サイズ変更
このプラ桶はもともと雨水をためて利用するために設置したのだが、夏場にボウフラがわくのでこれを食べてもらうつもりで金魚を放し、そのまま金魚池になっていたもの。

水深があるため全部が凍ることはないが、冬の間は厚い氷が張り、ほとんど冬の間中融けることなく張りっぱなしになる。
金魚はこの環境にも負けず凍ってないところでじっとして冬を越すが(これも冬眠状態)、果たしてカメがこの環境で冬を越せるのかどうかはわからない。
冬眠するので気温(水温)は問題ないと思うが、果たして氷の下で大丈夫なのかどうか???
うまいこと水から上がって冬眠してくれるのか?それとも冬はやはりケースに入れて屋内に避難させる必要があるのか?このあたりのことは今後様子を見てみないとわからない。

いずれにせよカメハウスの制作ですよ。
まずはプラ桶の周りに石垣を作り、プラ桶との間に土を入れる。不要な石も片付いて一石二鳥!
IMGP4266_サイズ変更 IMGP4298_サイズ変更
カメの上陸場所であり、プラ桶の保温の意味もある。

IMGP4307_サイズ変更
カメが身を隠せる場所も多数作った。

P1230333_サイズ変更 P1230330_サイズ変更
そして全体をブロックで囲う。ブロック内がカメハウスの敷地。
(右)は排水口の写真。あふれた水はここから樋を流れて下の沢へ。

IMGP4362_サイズ変更
トンネルをどけてカメの生存を確認(2016/12/14)。まだそれほど寒くはないし、ひとまず無事だった。

P1230363_サイズ変更 P1230359_サイズ変更
後ほど使用する木材を切り出して皮を剥く。
(右)のような感じに柱を立てる計画。
ちなみに、使用する木材は庭で伐採したクルミとヌルデ。

ここまで出来たところで熊野古道へと旅立った・・・。
(その間も含め木材はもうしばらく乾燥させる。)

・・・熊野古道から帰っても、相変らずカメが生存しているかどうかは不明。
ケースの蓋を開けても何の臭いもしないので、たぶん生きてはいるのだろう。
生存を信じてカメハウスの続きを作る。

P1240014_サイズ変更
ブロックの穴に小石を敷き詰め、ブロックの穴より少し小さい有孔ボードを底に組み付けた柱を挿入。柱の周りに小石を詰めて固定。柱が立ったら梁を通す。

P1240019_サイズ変更 P1240018_サイズ変更
(左)側面にナイロンの防鳥ネットを張り、左右の柱の間にナイロン紐を渡す。
(右)そこに上から防鳥ネットをかぶせてひとまずカメハウス完成!

IMGP5128_サイズ変更 IMGP6460_サイズ変更
(左)プラ桶の周りに川石を敷き詰めた。
(右)カメの上陸場所も設ける。

ここまで出来たところで、気温が上がってカメの引越しできる日を待つ・・・。

関連記事
スポンサーサイト
Theme [爬虫類] Genre [ペット]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ カメハウス] | 2017.05.28(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

こんなものいいなのバーテープグリップ

今回はバーハンドルのグリップのお話。

バーハンドルの自転車に乗っている方、グリップの選択に迷いませんか?
五百円以下で買える安いものから一万円近くする高価なものまでピンキリ。形状も断面が円形のオーソドックスなものから扁平したエルゴ形状のものなど千差万別。バーエンドと一体になっているものもある。

形状はさておき材質はゴム系のものが多いのですが、問題はココ。
経験上、ゴム系のグリップだと劣化してベトベトしてきたり、ボロボロ剥がれてきたりする。また、吸水性はゼロなので、夏場手に汗をかくと異様に滑ったりもする。
グリップがベトベトしたりボロボロ剥がれたりするとものすご~く不快で、触るのも嫌になってきますよね。

ま、グリップなんて所詮消耗品だからそうなったら(そうなる前に)交換すればいいだけの話なんですけど、これがまた思った以上に寿命が短い。
結局、凝ったものを使っても一緒で、というよりむしろ凝ったもののほうがそんなふうになりやすいように思えて、近頃はなるべくシンプルで安い、何のひねりもないゴム製のグリップを割り切って使ってます(ました)。
このグリップ問題は自分にとって長らくの課題で、いろいろ試した挙句にそのような結論に至ったわけです。

昔、まだサラリーマンをしていた頃に一度、夏場にあまりにも滑るアルミのバーエンド(今では手に入らない長いもの)にコルクのバーテープを巻いて使っていたことがある。
遥か昔に折れて使えなくなってしまったのだけれど、こいつは実に調子がよかった。ロードのハンドルと同じで最高の握り心地だった。
その時の記憶が鮮明で、バーテープのグリップってないのかなと、そんなのがあったらいいのにと、長いことおぼろに思っていました。

・・・が、ありました。そんなあったらいいながありました。
それがこれ。
P1240051_サイズ変更
ギザVLG-852AD2。千五百円ちょっと。
芯材にバーテープを巻いたもので、ロックオンタイプなので脱着が楽チン。オープンエンドでエンドプラグ付き(ただしエンドプラグは大きすぎ、たぶんバーエンドを着けると使えない)。
もしバーテープがダメになっても、これなら自分で簡単に巻き直せる。まさに理想的な一品。

ちなみに、調べた範囲だと他にプロロゴからも似たような製品(ロゴ入りでカッコイイ)が出てます。値段でギザにしましたけど。
ギザ=GP(ギザ・プロダクツ)というのは自分のお気に入りのメーカ。
前にも話題にしたことがありますが、サドルやグリップや工具などなど、広範なものを製造販売しているメーカです。
高価なロードバイクなどとは無縁なのでネームバリューはまったくないですが、質の高い部品を安価に製造販売しているという印象。(何せ安いだけに)これまでに買って後悔したものはありませんね。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 自転車いじり、自転車ネタ] | 2017.05.26(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ヘッドライト・テールライト

久しぶりに自転車のネタです。
ひと月ほど前の話になりますが、普段の足として使っているスペシャとジャイアントのヘッドライトとテールライトを新調しました。

まずはヘッドライトがこちら。キャットアイHL-EL140。
P1240040_サイズ変更

ま、ぶっちゃけライト自体はどうでもよくて、手頃なものを買っただけです。
重要なのはライトの台座、取り付けステー。ようやく見つけた品がこちら。
P1240039_サイズ変更 P1240038_サイズ変更
キャットアイCFB-100センターフォークブラケット。(左)スペシャ、(右)ジャイアントに取り付けた状態。

旅の自転車を考えた場合、ヘッドライトの取り付け場所はフォークの股部(という表現でいいのだろうか?)以外にないと思うのだが、この部分に取り付けるためのステーというのが日本ではなかなかレアな部品だったりする。
旅の自転車(年単位で走るような長旅を想定した自転車)というのが日本ではほとんど需要がないのだから無理もない。
ロングライドのイベント等が徐々に流行りつつある昨今ですが、それはあくまでロードバイクで荷物をほとんど持たずに走るものであり、旅とはまた異質。その先のこととなるとこの先もなかなか需要はないでしょうね。
(おそらく日本が島国であることと関係している。家から自転車で出発してちょっとその辺の国を旅してくるというような、なかなかそんなヨーロッパのようにはいかないですから・・・。)

ライトの取り付け場所がフォークの股部以外にないのはなぜかというと、パニアと干渉しない場所がそこしかないから。
ハンドルにはフロントバッグがつくからつけられない(つけるにはかなり嵩上げしないといけない)。フロントフォークにはラックがつき、そこにパニアを装着するからつけられない。
よって、フォークの股部一択。
P1240054_サイズ変更
このようにフロントバッグとも干渉しない。もちろんVブレーキとも干渉しないし、カンチブレーキであってもたぶん大丈夫。
ステーの形状が絶妙で、なかなかよい品です。
ちょっと加工して台座さえ換えれば、キャットアイ以外のライトも装着可能となる。

次にテールライト。
これも同じように荷物を満載しても見える場所となるとリアラックの後端以外にないと思うのだが、この部分に取り付けるテールライトというのも日本ではなかなかレア。どこででも売っているというものではなかったりする。

見つけた品がこちら。キャットアイTL-LD570-R。
P1240055_サイズ変更
基本的にはバンドによってシートポストやシートステーへ取り付けることを想定しているが、リアラック取り付け用のブラケットも付属している。

P1190581_サイズ変更
もともとはこのようにリフレクターがついていたのだが、身近にトンネルが多いので発光するものに交換。
(車がきちんとライトをつけてくれればリフレクターで事足りるのだけれど、無灯火の車も少なくないので・・・)

P1240058_サイズ変更
現状の全体像はこんな感じに。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 自転車いじり、自転車ネタ] | 2017.05.13(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2017年05月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。