FC2ブログ

木曽駒@信州 山の日 その1

いわゆる「山の日」とは別に、「信州 山の日」というのがあります。
七月の第四日曜日がそうみたいですね、よく知らんけど・・・。

だからというわけではまったくなかったんですけど、友人に誘われて7/21、22で木曽駒に行ってきました。
以下、その記録です。

7月21日の5:00過ぎに友人の2号氏が車で我が家に到着。
京都の自宅を昨晩出て、途中のパーキングで仮眠してきたみたいですけど・・・もう自分にはそんなことできませんねぇ。サラリーマンてのはタフだなぁ、すごいなぁと心底思います。
昔は自分らも金曜に仕事を終えたら準備してそのまま山へ・・・なんてことを毎週のようにやっていたわけですけど、とてもじゃないけど今そういうことをやる気にはなりません。
今思えば、昔あれだけ狂ったように山へ通っていたのは、町に住んで忙しく働いていたからなんでしょうね。あれは要するにある種の現実逃避だったのだと、今になって思います。
山の近くに引っ越してのんびり暮らすようになってからは、そんな気はまったく起こらなくなりました。
人出の多い土日や祝日に、人でごった返すメジャーな山や観光地へ出かける・・・今となってはとてもそんな気にはなりません。

2号氏の車に乗せてもらって菅ノ台へ・・・行ったのだけれど、既に駐車場が満車で、さらに先にある黒川平の駐車場へ回されました。
我が家から菅ノ台までは30分ほどの距離。まさかこんな早朝から満車になっていようとは・・・シーズン中の駒ヶ岳ロープウェイ恐るべし。

黒川平の駐車場の前からバスに乗り換えて、北御所登山口まで。
当然ながらバスも臨時便がガンガン出てますが、菅ノ台が始発のバスはそれでも満席で、途中の黒川平から乗れる人数は限られている。しかも乗客のほとんどがロープウェイに乗るため終点のしらび平まで行くので、変なところに乗ってしまうと途中の北御所登山口で降りるのにえらい苦労します。
北御所登山口まで運賃は580円(菅ノ台から乗っても580円)。細かいお金を準備しておいたほうがいいです。

北御所登山口は伊那谷側から木曽駒へ登るメインルートですが、それでも下から登る(といっても登山口まではバスですが)ような人はほとんどいないので、上に上がるまでは静かな山歩きを楽しめます。
ここは登山の人も含め、ほとんどの人がロープウェイで千畳敷までワープします。以前に権現づるねを登ったことがありますが、ここなどいつ登っても貸切状態だと思います。

蛇腹沢登山口までは林道歩き。未舗装路なので不快感はない。
その先の清水平で冷たい沢水がとれます。

P1250557_サイズ変更
清水平。テン場としても快適な場所。

清水平からようやくまともな登りとなり、尾根上に出たところが五合目のうどんや峠。
もうしばらく樹林帯が続き、七合目を過ぎたあたりで森林限界となる。余裕で2,500m以上・・・中央アルプスは森林限界が高い。
P1250558_サイズ変更
日を遮ってくれるものがなくなるので、晴れていたら殺人的な日差しに晒されるところ。
折りよくガスってくれたので、涼しいことこの上ない。下界の猛暑を思うと天国のよう。

P1250559_サイズ変更
伊那前岳を望む(奥のピークが伊那前岳)。
伊那谷から見ると伊那前岳は大きく、よく見える。冬にはいち早く真っ白になるので、より目立つようになる。
地元の人の多くがこれを木曽駒と勘違いしていそうだが、実は木曽駒は伊那前岳の陰となってしまって伊那谷からは見えない。
ちなみに、木曽駒のことを伊那谷では西駒と呼ぶ。甲斐駒が東駒で、それに対し西駒。伊那谷を挟んで東と西に見えるから。

P1250561_サイズ変更
完全にガスの中ですが、晴れていれば谷を挟んで一本北にある権現づるねがよく見える。雲間から西駒山荘も見えた。

P1250564_サイズ変更
八合目から望む伊那前岳

P1250568_サイズ変更 P1250566_サイズ変更
伊那前岳山頂(左)と、山頂から望む宝剣(右)。
伊那前岳まで来ると急に人が増えたりするけど、これは乗越浄土、宝剣山荘からすぐのところに伊那前岳があるから。そっちからピストンする人がけっこういる。

P1250576_サイズ変更
乗越浄土と宝剣山荘。
千畳敷から次々人が上がってくる。

P1250579_サイズ変更
中岳から見る駒ヶ岳頂上山荘とテン場・・・14:00過ぎくらいで既にこの状態。すごいことになっている(涙)

P1250580_サイズ変更
一見しただけで、もはや平らなスペースは期待できそうにない。こんなところにわざわざお金を払って幕営しなければならないのかと思うと、ため息しか出ない。

テン場まで下り、ここで2号氏の友人夫妻と合流。
そういう話を事前に聞いていたわけですが、その友人夫妻というのがまるちゃんだった。なんと20年近くぶり?!
いやーびっくり。山の世界、人の世界というのは案外狭いものなんだなと改めて思いました。

斜めってはいるけれどどうにか快適に眠れそうな場所にテントを張り、既に小屋の前のテーブルで酒盛りを始めていたまるちゃんたちに合流。下から担ぎ上げたビールで乾杯。
今回テントは久しぶりに一人用のゴアライトでしたが、テン場のあまりの不快さもあって写真は撮り損ねました・・・。
テン場代は4年前から100円値上がりして、一人1,000円になっていた。

さて、今回ストーブはイワタニのカセットガス ジュニアコンパクトバーナーを持っていった。
燃料にカセットコンロ用のガスボンベが使えるあれです。3,000mの高所で果たして使えるのか、試してみる目的で持っていきました。
結果・・・夏山なら何の問題もなく使えることが判明!予想をはるかに超え、パワーダウンもほとんど気にならないレベルで快適に使えました。夏山ならもうこれ一本でOKですね。

・・・夜のテン場の不快さは予想通り。メジャーどころのテン場ってのはやはりすごいですね。
そもそもテントの数が異常。自分らが幕営したときからテントの数はさらに増え、もうほとんど足の踏み場もない状態。
夜通し話し声と足音が聞こえ、ヘッテンの明かりに照らされる。どこを見て歩いているんだか、張り綱に足を引っ掛ける人もちらほら。
手拭いをアイマスクにし、耳栓をして眠ってみたものの、とても眠れたもんじゃないですねこれは。

(つづく)

関連記事
スポンサーサイト
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 中央アルプス] | 2018.07.30(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2018年07月
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム