スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

冬の野宿遍路 42日目 はなやのタコ天と、うどん三昧と、接待という文化

2016/3/7 月
霧のち晴れ、朝10℃
始:6:50 ~ 終:17:40 歩行:28km
(柳の水P)0650 ~ (曼荼羅寺)0720 ~ 0750(74番甲山寺) ~ 0830(75番善通寺) ~ 0940(76番金倉寺) ~ (うどん「はなや」) ~ 1120(77番道隆寺) ~ 1240(丸亀城) ~ (うどん「讃州製麺」) ~ 1415(78番郷照寺) ~ 1635(79番高照院) ~ 1740(西庄公園)

昨晩はイノシシの鳴き声がすごかった・・・。

4:00過ぎ、おそらく出釈迦寺の住職が上にある奥ノ院(捨身ヶ嶽禅定)を往復していた。毎朝のお勤めだろうか。
朝はガスっていたが、山中に幕営したのでテントは乾いていた。

P1220838_サイズ変更
テン場から下る。
出釈迦寺を通り過ぎ、曼荼羅寺でトイレを借りた。

7:50に74番甲山寺(こうやまじ)に着くと、すでに大型バスでやって来たお遍路ツアーの団体でいっぱい。
三月になり、ツアーは土日も平日も関係なくなった。
特に、71番~77番の札所には七ヶ所参りというのがあるから(古くから七ヶ寺を一日で巡拝する七ヶ所参りという参り方があり、福運が授かるといわれている)、たぶんいつでも混んでいる。

P1220840_サイズ変更 IMGP1916_サイズ変更
74番甲山寺

75番善通寺(ぜんつうじ)のある善通寺は空海生誕の地である。
高野山の金剛峰寺、京の東寺と並ぶ弘法大師の三大霊場の一つとされ、寺はさすがに立派である。
たまたまタイミングがよく、団体のいない間に参拝することができた。

P1220841_サイズ変更 P1220848_サイズ変更
75番善通寺 (左)山門と、(右)大師堂である御影堂(みえどう)

P1220844_サイズ変更 P1220842_サイズ変更
(左)本堂と、(右)五重塔

9:00を過ぎるとガスが晴れ、急激に暑くなってきた。
香川には今も麦畑がたくさんあり、関東あたりではあまり見かけなくなってしまったので、なんだか妙に懐かしい。

P1220851_サイズ変更
麦畑のある風景

讃岐には水がない → 米が作れない → 代わりに小麦を作る → うどん文化が花開く
という流れで、いつからかこれほどうどんが食べられるようになったのではないかと想像する。

P1220849_サイズ変更 IMGP1918_サイズ変更
76番金倉寺(こんぞうじ)

金倉寺の門前に、「はなや」という小さなうどん屋があった。いかにも旨そうなオーラが出ている。
ちょうど空腹で、しばらく前からうどん屋を探していたのだが見当たらず、コンビニに寄ろうとしていたまさにその時だったので、タイミングもよかった。
迷うことなく吸い込まれ、ぶっかけの大盛りとタコの天ぷらというのをいただく。天ぷらは、調理場とは別の道路に面した場所で、おっちゃんが黙々と揚げていた。
うどんもタコ天も絶品。
うどんは透き通るような色をしていた。
タコは足長蛸といっていただろうか、小さなものを丸々一匹、そのまま天ぷらにしたもので、タコのみそというのは初めて食べたが、めちゃくちゃ旨かった。まさに絶品。これはぜひとももう一度食べてみたい。

P1220850_サイズ変更
はなや・・・絶品のタコ天をもう一度食べたい

77番道隆寺(どうりゅうじ)の手前まで来たとき、道路脇の家から大声をかけられた。
待っていると人が出てきて、「接待をしたいのですが」と仰られる。
あとから息子さんも出てこられて、その障害のあるらしい息子さんの作られたという小さなお地蔵さんをいただいた。
ありがとうございます!御守にさせていただきます。

IMGP1922_サイズ変更
巨木のある風景

P1220853_サイズ変更 IMGP1924_サイズ変更
77番道隆寺

道隆寺からしばらくで丸亀市街。
この頃になると熱中症になりそうなくらい暑かった。

丸亀城の手前で、今度は後ろから自転車の女性に声をかけられた。
「もしかしてお遍路さん?大きい荷物背負ってるからトレッキング?の人かと思ったわ・・・」
女性は、やはり歩き遍路をやっておられる方で、仕事の都合で土日だけ歩き、四年半かけて今度ようやく香川に入ると言っていた。
「接待するけん」
と言って二千円を差し出された。
さすがに「いいです」と断るも、
「接待やけん、気にせんといて」
と言われるので、ありがたくいただくことにした。
ありがとうございます!「美味しいものでも食べて」と言われた通り、ありがたくそうさせていただきます。

日本で、見知らぬ人からお金をいただいたのはおそらく生まれて初めてだ。
この、特に香川に入ってからの接待という文化は、完全に日本離れしている。どこかムスリムの国にでもいるかのように錯覚する。

あまりに暑いので丸亀城に寄って休憩し、その先で再びうどんを食べる。
本日二食目。今回はセルフの店だった。
うどんは腹持ちがいいので、このように一日二回食べられるとほとんど行動食がいらない。理想的。

うどんばかりで飽きないかって?まったく飽きません。
インドのカレーのように、これなら毎日うどんでまったくOK。
香川の人だって、一日一、二回はうどんを食べているのでは???

P1220857_サイズ変更 P1220860_サイズ変更
(左)石垣がすごい丸亀城の遠景  (右)讃岐といえば、昔話に出てきそうなこんなおにぎり型の山

78番郷照寺(ごうしょうじ)に着いた時は、ちょうど団体が次々やって来るタイミングで、ものすごくざわついた状態だった。
P1220862_サイズ変更 IMGP1931_サイズ変更

郷照寺のある宇多津から坂出に入り、遍路道からちょっと外れた県道沿いにドラッグストアのレディを見つけた。
立ち寄って明日の行動食を少し買う。アイスを食べて休憩。
暑さにやられたせいもあり、妙に疲れた。足が棒のようだ・・・。

時間的にぼちぼちテン場を当たりながら歩くが、今日も見当たらない。
八十場の水を過ぎ、79番高照院(こうしょういん)に着く。天皇寺ともいう。
隣接する白峰宮の鳥居には、「嵩徳天皇」とある。

P1220863_サイズ変更 IMGP1936_サイズ変更
(左)79番高照院(天皇寺)と、(右)白峰宮の鳥居

「天皇寺」と名前だけはすごいが、たぶんこれまででもっともなんだかなぁという寺だった。
山門はなく、本堂と大師堂はあるものの、なぜだか木戸が閉まっていて中がまったく見えない。納経所も本堂と大師堂のあるところにはないといった具合だ。
本堂や大師堂では、毎回ご本尊や弘法大師をチラッと確認してから合掌しているので、これができないとなんだか変な気分である。何に向って手を合わせればいいのかわからない。

香川は寺がどこも町中にあるので、歩いていて非常に退屈である。どこを歩いていても景色が変わらない。
心惹かれるような寺もないように思う。
なのにどの寺も人ばかり多く、少々嫌気が差してくる。
うどんだけが唯一の楽しみだ。(愚痴ばかりでスミマセン・・・)

テン場を探すのに毎日苦労している。
天皇寺のあとテン場を探しながら歩くが、地図を見てもいかにも絶望的な感じである。

R11をくぐったところに、小さな公園に隣接した神社があった。ひとまず行ってみて、テン場に目星をつける。
近くで水がとれそうにないので、隣の人家にもらいに行くことに。
水を汲ませていただいたついでに、(薮蛇になるとも思ったのだが、神社だし、黙って幕営するのもばつが悪いと思い)そこに幕営してもいいものかどうか訊いてみた。
よくわからないけどいいのではないか、たぶんそんな返事を期待していたのだと思う。

「なんともいえないなぁ・・・」
そんな返事だった。
ある意味当然の反応だ。自分の土地でもなければなんともいえない、当たり前だ。

そう言われて強行するわけにもいかない。
もう少し先へ行くことに。
今度は水はあるので、どこかテントが張れそうな場所さえあれば幕営可能である。

しばらく歩くと、道路の下に公園のようなものが見えた。
行ってみたら正真正銘の公園で、西庄公園とある。
近くに公営住宅と思しき集合住宅や借家があるのだが、現在住んでいる人はほとんどいなさそうな、どことなくそんな場末感の漂う場所であった。
公園も最近は使う人があまりいなさそうに見え、中にあるトイレは幸いにも水道の水は出たが、個室のほうは詰まってしまっているらしく、しばらく前から使用禁止となっていた。

あまり快適なテン場とはいえないのだが、贅沢を言ってる場合ではない。
目立たない隅のほうにテントを張らせてもらった。
P1220865_サイズ変更

関連記事
スポンサーサイト

Theme [四国遍路] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 004_Sanuki / 讃岐 23札所 153km] | 2016.06.20(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2016年06月 20日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 004_Sanuki / 讃岐 23札所 153km
  └ 冬の野宿遍路 42日目 はなやのタコ天と、うどん三昧と、接待という文化
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。