スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

部奈にかける橋

ひじょ~にローカルな話題です。

部奈(べな)という集落がある。
山というか尾根というか丘というか(いわゆる段丘のひとつということになろうか)、そんなものの上にある集落。

Photo by BehBeh (2008/8/13)
伊那谷と小渋湖tr_サイズ変更
山上の平坦部の標高が650mくらいあるから、天竜川沿いを走る国道や県道などからはまったく見えない。
高い所へ上ってはじめて姿を拝める、というマチュピチュのような場所である。(ここらはそんな場所だらけですけど・・・)

行政区分の上では松川町ということになるのだが、自宅から1kmほどのところにある南向発電所の上(標高は自宅とほぼ同じ)まで行けば、小渋川を挟んですぐそこに見える。ほんとにもう直線距離だけでいえば、毎朝散歩できそうなくらいすぐそこに見える。
が、実は行くのはなかなかたいへん。伊那谷のこのあたりの地形は非常に立体的なのである。

P1210113_サイズ変更 P1210115_サイズ変更
(左)部奈から見る天竜川と中央アルプス  (右)同じく部奈から見る伊那山地と、その向こうに南アルプス  (ともに2015/1/25撮影)

伊那谷というところは中央アルプスと、南アルプスの手前に連なる伊那山地に挟まれているのだが、それらの山脈からいくつもの尾根が天竜川に向って複雑に下りていて、実に立体的な地形を形成している。
その(巨視的に見れば尾根上の)高台に民家が散らばっているわけだけれど、高台と高台の間というのはたいてい沢である。
よって、高台間が高架橋で結ばれていない限り、簡単に行き来することはできない。
実際に、幹線となる国道や県道には多くの高架橋が架かっていて、下手をするとそうとは気付かないうちに高台間を移動できる。が、自宅のある高台と部奈の間には高架橋などないから(幹線が走っていないから)、そうはいかない。どころか、部奈との間は小渋川で隔てられているのだが、小渋湖より下流には橋すらないと思っていたから、ダイレクトに行き来することすらできないと思っていた。
これまで、部奈へ行くには、いったん小渋川を遡って大鹿村に入り、橋を渡って高台へ上るか、もしくは、天竜川沿いにしばらく下ったところから上るか、そのどちらかしかないと思っていた。
ところが・・・あったんです、橋が。自宅のある高台から小渋川に下りてすぐのところに、ビックリするような橋が。

10月16日(日)、サドルを交換したマユミのジャイアントの調整のため、近場へ走りに出かけた。
コースは、小渋川を遡って大鹿村に入り、峠を越えて松川へ抜けるというたまに走っているコース。
小渋川沿いの県道(松川インター大鹿線=県59)は、いつもはダンプがたくさん走っているのだが、日曜だけは走ってないので快適。
ちなみに、おそらくここはリニア新幹線のトンネル工事が始まると、桁違いの数のダンプが通行することになる。10年前に比べるとだいぶ直線的になったとはいえ、まだまだ狭くてクネクネした道なので、まずはこの県道に新たなトンネルを掘削する工事が現在始まっている。

松除橋を渡って県22=松川大鹿線に入る。
しばらく上りをこなすと名無しの峠で、峠の向こうは松川町。そのまま道なりに下ると竜東線(天竜川沿い)に出る。
生田で分岐を右に入れば、道は部奈へと続く。
部奈のメインロードをそのまま行くと、やはり竜東線に下りることができる(新道と旧道が存在する)。

メインロードから、行き先が「小渋」と標示されている枝道に入り、小渋へと下る。
間違いなく小渋のほうへ向っているが、果たして小渋川を渡ることができるのか・・・ドキドキしながら下る。
もし渡れなかったら・・・この坂を上り返すのか。そりゃ嫌だな・・・。

坂の途中からの眺め。
IMGP3901_サイズ変更
自宅のある高台までサクッと水平移動できそうに見えるが、実は間に小渋川が立ちはだかっている。
ちなみに、りんご畑(ふじ)では葉摘みのシーズンですよ。(りんごの下部まで色付けするために、写真のように銀シートを敷くところもある。)

そして・・・下った先に現れたのがこの橋。
IMGP3902_サイズ変更
部奈にかける橋!
一応車も渡れる(車幅制限1.9m)。

P1230136_サイズ変更
川の対岸の中川村側から見た橋。
沈下橋にしか見えないが、すぐ上流に小渋ダムがあるので、たぶん沈下することはない。

P1230137_サイズ変更
松川インター大鹿線=県59から橋への分岐。標示はなにもない(笑)。

身近なところにもまだまだ未知の場所があるものだ。
こういうのを発見すると、なんだか妙にうれしくなりますね。

関連記事
スポンサーサイト

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2016.10.28(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2016年10月 28日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ トレラン、ショートトリップ
  └ 部奈にかける橋
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。