スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

熊野古道から 2017冬 11日目 熊野速玉大社から伊勢路へ

2017/2/11 土
始:7:25 ~ 終:15:30 晴れ
0540起/0725発(道の駅なち) ~ (補陀洛山寺) ~ 0805(大狗子峠) ~ 0835(小狗子峠) ~ (宇久井) ~ (三輪崎) ~ (王子ヶ浜) ~ 1215(熊野速玉大社)1245 ~ 1530(道の駅ウミガメ公園) ~ 1630(河川公園幕営)

快晴の朝。相変らず冬型で風が強いが、今日は雪雲が内陸の山でとまっている。山は明らかに雪になっているが、海沿いは快晴だ。
MSRでお湯を沸かし、昨日Aコープで買ったおにぎりをスープで流し込む。

7:25発、道の駅から少し戻って昨日スルーした補陀洛山寺に寄る。王子神社と並んで建っている。
両者とも補陀洛渡海(渡海上人)と深い関わりがある。
補陀洛渡海というのは、海上の彼方に観音の浄土とされる補陀洛山があるとしてそこへ往生を遂げようという宗教儀礼。昔、何かの小説で読んだような気がするのだが、どこで読んだのか思い出せない。
平安時代から江戸時代にかけ、補陀洛山寺の僧侶が浜の宮王子の浜から、生きながら船で海上に漂い出た。「熊野年代記」には都合二十人の渡海上人が記録され、裏の山には墓もある。
が、補陀洛山寺には渡海上人のことについては説明書も何もなかった。軽い肩透かしを食った気分だがまぁいいか。

IMGP4816_サイズ変更
補陀洛山寺

今日は基本的に舗装路歩きとなって辛い。しかも幹線のR42を歩かねばならないというのが甚だ不快だ。
昨晩洗濯したものをザックにぶら下げながら歩く。

トンネルの手前でいったんR42を離れ、静かな古道をひと登りすると大狗子峠。峠といっても海に突き出た小山をひとつ越えるだけのもので、標高は50mほど。峠は切り通しとなっている。
峠から下ったらまたR42を横に見ながら歩き、しばらく行ったところで再び離れて小狗子峠。標高はやはり50mほど。

こんなふうに、ところどころに残る古道を拾いながら速玉大社へと向うのであるが、古道の大部分は海沿いを走るR42やそれと並走する鉄道によって消されており、気をつけていないと、ボーっと歩いているとそのままずっとR42を辿ってしまいそう。
ま、それならそれで別にかまわないけど・・・そんなふうに思えてしまうくらい消化試合感が否めない。
実質的に中辺路は那智駅に着いたところで終わっていて、その先は標示もほとんどなくなる。

小狗子峠の先はしばらくR42を歩かねばならない。なんだかお遍路のようになってきた。
宇久井を過ぎ、佐野を過ぎて新宮港となる。国道の横に広がる黒潮公園は広大な公園で、横を歩いただけで詳細はわからないけどいいテン場に見えた。
三輪崎でR42を離れるが、古道が残っているわけでもなく、案内標示もほとんどないため住宅地の中を適当に歩く。

IMGP4831_サイズ変更
気分は完全にお遍路

速玉大社への道は古くは高野坂の先で王子ヶ浜に出て、浜を歩いて浜王子、阿須賀神社と参詣して速玉大社へと向った(記録に残る熊野御幸の道中記などでは本宮から新宮まで舟で下り、そのあと那智へ向っているので歩いている方向は逆)。
が、三輪崎の先にあるはずの高野坂は入口がわからず、気付いたときにはとうに通り過ぎていた。
なんかもうどうでもいいや・・・ホントもうそんなふうに思えてくる区間だここは。仕方なくしばらくR42を歩く。

熊野古道への思い入れの強さは自治体ごとにかなり大きな差があり、わかりやすいところでは標示の有無など古道を保存しようとする姿勢にその差が明確に現れている。
ぜひとも新宮市にはもう少しがんばってもらいたい。

このままR42を行くとショートカットして速玉大社に着いてしまう。それではあんまりなので適当にR42を離れ、海のほうへ向う。
どうやら県道あけぼの広角線というのに入ったらしい。

IMGP4836_サイズ変更 IMGP4835_サイズ変更
海が見えた。うおぉぉ・・・なんてきれいなんだ。浜も広くて歩けそうではないか。
が、高架になっていてしばらく浜へは下りられない。海を横目に見つつしばらくあけぼの広角線を歩く。

IMGP4837_サイズ変更
あるところで強引に浜へ下り、こっそり線路を渡って堤防の上に出た。
海を眺めながら王子ヶ浜の堤防の上を歩くのは実に気持ちよかった。もっと早くにこの道へ誘導してくれたらよいのに・・・。

しばらく堤防の上を歩いてから北に逸れ、第一王子橋で古道に合流。
阿須賀神社経由で速玉大社へと向ったのだが、ここまで来てもなお標示が不十分で、歩いていたお婆さんに道を教えてもらってようやくたどり着いた始末。ホント、新宮市にはもう少しがんばってもらいたい。

P1230715_サイズ変更 P1230716_サイズ変更
熊野速玉大社に参拝。
本宮大社と同じように本殿は四殿から成り、第二殿に主神の熊野速玉神が鎮座し、脇に本宮や那智の神々を祭っている。広い境内には中四社と下四社の神々も祭られている。

これにて熊野三山のお参りが無事終わった。
これより伊勢路に入って神宮へ向う。

IMGP4843_サイズ変更
なかなか見栄えのする小山の上の新宮城跡を後ろに見つつ熊野川を渡ると三重県に入る。
ここに至ってはもはや案内標示は皆無で、地図を見ながら海沿いを適当に歩く。古道がどこを通っていたかはわからないが、どのみちしばらく先で海沿いに出て七里御浜を歩いていたことは間違いない。

鵜殿のラーメン屋で腹を満たし、その後も変わらず舗装路歩きが続く。けっこう足にきている。
しばらく歩くとR42に合流。国道も鉄道も海岸線をまっすぐ北上していて、東には防風林を隔てて海が広がっている。
その国道横の楠の防風林の中に適当に入ると堤防に出た。しばらく堤防の上を歩く。

IMGP4845_サイズ変更
ちょっと国道から離れるだけで気持ちのいいところを歩ける。前方に見える山影は大泊のあたり。

道の駅の直前でR42に戻り、道の駅ウミガメ公園着15:30。
ウミガメなどがいて楽しい場所であるが、道の駅自体は幕営にはかなり厳しいシチュエーション。ちょうどトイレも改装中で使えない(仮設トイレがいくつかあった)。
とりあえず施設が開いている間にウミガメを見て、その後道の駅の周辺を散策してみる。
幸運にも道の駅のすぐ下に河川公園というのがあり、そこが快適なテン場だった。水を汲んで16:30に幕営。

IMGP4848_サイズ変更 P1230721_サイズ変更
(左)ウミガメハウスにはウミガメがたくさんいる。写真ではわからないが見事なサイズの個体。これなら浦島太郎が乗って龍宮城へ行けるかも。
(右)道の駅のすぐ下にある河川公園の隅に幕営させてもらった。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 003_Nakahechi / 中辺路] | 2017.04.01(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年04月 01日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 003_Nakahechi / 中辺路
  └ 熊野古道から 2017冬 11日目 熊野速玉大社から伊勢路へ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。