高遠の奥のほうを巡る旅 二日目

日付: 2017/10/9(月)
行程: 山室川の川原(0800) ~ (0835)芝平峠 1450m ~ (0950)金沢峠 1315m ~ 千代田湖 ~ (1025)杖突峠 1247m ~ 片倉 ~ (1200)松尾峠 1294m ~ (1230)箕輪ダム ~ (1425)猿岩 ~ (1600)自宅
走行: 78km

昨晩は、夕飯を食べて20:00にはシュラフにくるまったのだが、眠りが浅く、どうにも熟睡できた感じがない。
久しぶりの自転車旅で、疲れすぎたのも理由の一つだけど、何より暑かったせいだろう。昨日はとにかく暑く、夜になってもあまり気温が下がらなかった。シュラフに入っていると、ちょっと汗ばんでくるくらい。
今朝はガスっていて涼しいが、日中は晴れて、今日もまた暑くなる見込み。

例によって、昨晩の残りのおにぎりを野菜スープで流し込む。
パッキングしてテント撤収、8:00にテン場をあとにする。

川原から道に戻り、ちょっと走るとダートになった。
どうやら昨日はベストなタイミングで幕営できたようだ。

IMGP7973_サイズ変更 IMGP7974_サイズ変更
芝平峠(1450m)まで、フラットダートが3.4kmほど。
山の朝は気持ちがいい。

P1240126_サイズ変更 P1240130_サイズ変更
芝平峠で舗装された晴ヶ峰林道と出合う。
十字路になっていて、そのまままっすぐダートの道を行けば、金沢林道で青柳へ下りられる。舗装路を右へ行けば入笠山、そして富士見へと下りることができ、左へ行けば、金沢峠を経て杖突峠に抜けられる。
右の写真は、入笠山方面への道。

IMGP7980_サイズ変更 P1240134_サイズ変更
今回は杖突峠に向かう。
ツタウルシが見事に紅葉している。取り付いているのはアカマツが多かった。
このタイミングで真っ赤に紅葉しているのは、ツタウルシかヤマウルシだけだった。赤くなっている木の傍まで行くと、もれなくツタウルシかヤマウルシ。
ついこのあいだヤマウルシにかぶれたばかりなので、見ているだけで痒くなってきそう・・・。

ちなみに、ツタウルシはかぶれ成分がヤマウルシより強く、野生のウルシ属の中では最強。間違っても触れてはいけない。
同じように木を這い登るつる性植物にツタがあるが、ツタとツタウルシとは、成木の葉を見ればまず間違えることはない。が、両者の幼木の葉同士は非常に似ていて、見分けがつかないから要注意。

P1240135_サイズ変更
しばらく下ると、町道高嶺線と出合う。
この道は、今回走った芝平高遠線と平行に走っていて、道場の南あたりへ抜けられる。
1997年版のツーリングマップルでは、尾根を走る17kmのロング・ラフとある。今もたいして変わってないであろう。

キノコのシーズンであるこの時季(今年は種類を問わず不作らしい)、高嶺線に入っていく車が何台かあった。
そのほか、入笠山に行くのであろう車が杖突峠のほうから何台も上がってくる。バスまで上がってくるから、さすがに興ざめ。
人の多い観光地ってのは嫌だなぁとつくづく思う。
このあたりは地理的にも、蓼科や八ヶ岳の周辺と同じにおいが漂っている。

さらに下っていくと、正面に槍穂の稜線が見えてくる。
北アルプスも南のほうはまだ雪が降ってないようだ。

P1240139_サイズ変更
やがて、金沢峠に着く。珍しく説明板があった。
曰く、中世以来、諏訪と上・下伊那を結ぶ重要な交通路であり、江戸期の元禄の頃からは、この峠を通る道が飯田藩、高遠藩の参勤交代の公道に指定され、庶民も甲州、江戸方面へ行くのにこの峠を通った、とのことである。

IMGP7982_サイズ変更
金沢峠から下るとすぐ、千代田湖という小さな湖がある。
民宿か何かと思しき建屋が一軒あり、駐車場に車が何台もとまっていて、湖畔にテントがいくつも張られていた。
こんな辺鄙なところでいったい・・・何かのオフ会?
実は自分らが知らないだけで、一部の人たちの間では有名なスポットなのかも?
もしかして無料なのか?・・・とも思った。たとえ無料でも、こんな人のごちゃごちゃいるところでキャンプするのはご免だけど・・・。

千代田湖からしばらく行くとゴルフ場(中央道春ヶ峰CC)があり、道はそのすぐ脇を通っている。
休日ということもあり、ゴルフ場の駐車場にも車がいっぱい。
千代田湖もそれほど辺鄙な場所にあったわけじゃないようだ。

ゴルフ場から杖突峠まで上り返し。
唐突にR152に出る。
P1240144_サイズ変更
うぉぉなんじゃこりゃ・・・久しぶりに杖突峠に来てみたら、一面にソーラーパネルが敷設されていた。
まさにECOという名の環境破壊、やっていることが本末転倒だ。二十年後、ここがどんなことになっていることやら・・・。

杖突峠自体は展望もまったくないのだが、峠から茅野方面にしばらく下ったところに休憩所があり、そこから大パノラマ(というほどのものでもないが)を満喫できる。
視界が180度くらい開け、東から、八ヶ岳、蓼科山、霧ヶ峰、美ヶ原、諏訪湖・・・と見渡せる。
個人的にもっとも目を奪われるのは、諏訪から茅野にかけてまったく途切れない家の多さだったりするけれど。

IMGP7991_サイズ変更
こんな立派な展望台がある(無料)

IMGP7990_サイズ変更 IMGP7989_サイズ変更
そこから展望する八ヶ岳(左)と、諏訪湖(右)

P1240151_サイズ変更
諏訪湖の向こうに霞む槍穂の山塊(槍とキレット)

景色を満喫したところで杖突峠まで上り返し、そのままR152を3~4km下る。
目指すは片倉にある、松尾峠への林道の分岐。
R152をそのまま南下したのでは味気ないので、山をもう一つ越えて伊那谷へ抜ける。
もみじ湖(箕輪ダム)というのも前から気になっていて、松尾峠経由で湖へ抜けるのも今旅の楽しみのひとつだった。

分岐は、正確には片倉の集落のちょっと手前にある。
下りでスピードが乗るし、たぶんわからず集落まで下ってしまうであろう、とは思っていた。
果たしてその通りとなったが、まぁよい。集落で人に訊けばいいやと、おぼろに考えていたことだ。

IMGP7993_サイズ変更
片倉の集落で、それっぽい道に入ってみる。
畑仕事をしていたおばちゃんに訊いてみると、この道は違っていて、この先で行き止まりになるということだった。
おばちゃんは丁寧に正しい道を教えてくれた。その教えに従って、R152をちょっと戻る。

P1240152_サイズ変更 IMGP7994_サイズ変更
立派な林道が現れた。まさかこんな立派な道だとは思わなかった。
道は守屋山(1650m)を巻くように上っていく。途中に守屋山の登山口がいくつもある。

P1240155_サイズ変更 P1240156_サイズ変更
松尾峠にて

IMGP7996_サイズ変更 IMGP8001_サイズ変更
峠から下ると、もみじ湖。湖畔に気持ちのいい道が延びている。
その名の通り、たくさんのもみじが植えられている。もう少しすれば、紅葉が美しいことだろう。

P1240160_サイズ変更 P1240162_サイズ変更
ダム湖であり、末端にあるのが箕輪ダム。

ダムより下はかなり気合を入れて整備されていて、公園や広場のようなものがいくつもある。
休みの日などは家族連れの集まるスポットのようで、テントを張ってキャンプをしている?人たちが何組も見えた。

ダムから下ると竜東線(県19)に出て、そのまま箕輪と伊那のこの上なく走りにくい市街地を耐え忍んで走った。
三峰川を渡ったところでいったん竜東線から脱出し、県488に逃げる。
この道はしばらく通り抜けできない期間があったので(崖崩れか何かだったと思う)、走るのは久しぶり。

P1240164_サイズ変更 P1240165_サイズ変更
途中に、猿岩という岩場がある。
伊那峡の手前、天竜川の岸から少し上がった樹林の中に岩場がある。右の写真がその場所なんだけど、木が鬱蒼と茂っていて写真ではまったくわからないな・・・。
伊那谷に引っ越してきてすぐの頃、一度だけ登りに来たことがあったが、そのときすでにあまり登られている様子がなかった。今も登られていなさそうだ。

16:00に自宅に帰ってきた。
天気も良かったし、計画通り走ることができ、充実の二日間だった。

関連記事
スポンサーサイト

Theme [自転車旅行] Genre [旅行]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ トレラン、ショートトリップ] | 2017.10.14(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年10月 14日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ トレラン、ショートトリップ
  └ 高遠の奥のほうを巡る旅 二日目
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム