タイヤのバルブが傾いてしまうときの対処法

P1240091_サイズ変更 P1240092_サイズ変更
(左)前輪、(右)後輪、ともに写真の右側が前方

自転車に乗っていると、リムに対してタイヤのバルブが傾いてくることがある。
上の写真くらいの状態なら実用上何の問題もないが、これを放っておくと、場合によってバルブがさらに傾いてきて、バルブの根元付近でチューブがちぎれてパンクする。
この場合のパンクは性質が悪い。普通のパンクと違い、バルブの根元が裂けてしまうから、パッチを張って修理することが不可能。そのままチューブがお釈迦になってしまう。
おまけに、根元が裂けるほどバルブが傾いてしまった場合には、リムフラップもダメージを負っている。引っ張られてバルブ穴が長穴になってしまい、皺が寄って元に戻らなくなる。
ま、リムフラップのほうはそのまま使い続けても問題なさそうではあるが、気分が悪い。

ちなみに、この問題は当然、フレンチバルブのうちバルブにねじ山が切ってあって、リムナットでバルブをリムに固定できるチューブでは起こらない。
写真はUSバルブであるが、フレンチでもねじ山がなくリムナットで固定できないものでは時どき発生する。

通常、一度タイヤを外してセットしなおせば直ることも多いが、何度やっても同じように傾いてしまうという場合もある。
マユミのジャイアントの場合がそう。
上の写真はジャイアントの車輪であるが、一度前輪がバルブの根元でパンクし、チューブとリムフラップを新品に交換してしばらく乗った後の状態である(そのとき後輪も同時にチューブとタイヤをセットしなおした)。

今回、高遠のほうへ走りに行く前に、再び前後ともタイヤとチューブをセットしなおしたが、せっかくなのでその際に、対策を施してテストすることにした。
対策といっても手持ちのものでできる簡単なもので、いらないチューブを切り出し、バルブの周囲にパッチとしてあてるというだけ。
これは、年単位で世界中を走り回っている人たちが時どきやっている方法だ。
といっても目的は少々違っていて、チューブの入手のしやすさからリムのバルブ穴は予めUSが使える大きさにしておき、これにフレンチのチューブを使う場合にこのようにしている。
が、バルブが傾くのを押さえる効果も多少はあるんじゃないかと期待し、事前に施してみることにした。

P1240094_サイズ変更 P1240095_サイズ変更
いらないチューブを適当な大きさに切り出して、バルブの周囲にあてるだけ。

この対策を施し、いつもより空気圧を高くして今回走った結果・・・

P1240137_サイズ変更
前輪に対してはまったく効果なし(泣)。
写真は二日目の朝、金沢峠で撮ったものである(左側が前方)。
ただ(たまたま感が否めないが)、後輪に対しては効果があり、この時点で後輪のバルブはまったく傾いていなかった。

P1240138_サイズ変更
このまま走ってパンクしては面倒なので、奥の手を出す。
幸い前輪なので、そして幸いタイヤに回転方向がないので、ホイールごと左右逆にする(左側が前方)。

これで家まで帰って様子を見てみることにした。
うまくいけば、今度はバルブが逆に動いて元に戻るかもしれない(笑)。

家に帰って確認した結果がこれ↓

P1240166_サイズ変更 P1240138_サイズ変更
ある意味成功!
金沢峠の写真(右)と比較して、バルブがほとんど動いていない(ともに左側が前方)。良くもなってないけど、悪くもなっていない。

P1240167_サイズ変更
ちなみに、家に帰りついた状態の後輪。バルブは微動だにしていない。

今回の対策に効果がなかったのは、よく考えれば当たり前のことだ。
チューブから切り出したパッチを当てても当てなくても、リムとの間の摩擦抵抗は変わらないのだから・・・。

なぜ、バルブが傾くのか?
空気を入れた(しかもパンパンに)チューブが、タイヤの内で動いているとは考えにくい。
通常、チューブとタイヤは密着しているので、リムに対してタイヤが(チューブごと)動いているのだと思われる。検証はしてないけど。
だとすると、バルブやチューブがどうこうではなくて、単にリムとタイヤの相性の問題なのかもしれない。

参考までに、今回のジャイアントのリムとタイヤの仕様を列記しておく。
リム(フロント): アラヤ RM-17 36H
リム(リア): アラヤ RM-395 TeamXC 32H
タイヤ: ミツボシ GIZMO 26×1.95 ケブラービード

経験上、ワイヤービードであればバルブが傾いたりしない。
重かったり、折りたためないので携行には難ありだが、旅の自転車にはワイヤービードのほうが向いている。

世の中にはバルブ穴スペーサーという便利なものがあるので、今度これを買って、ジャイアントもフレンチバルブ化してしまおうと思っている。
うちのスペシャはフレンチなので、そうすれば二台ともフレンチに統一できる。

関連記事
スポンサーサイト

Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 自転車いじり、自転車ネタ] | 2017.10.16(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年10月 16日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 自転車いじり、自転車ネタ
  └ タイヤのバルブが傾いてしまうときの対処法
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム