【閲覧注意】 猪の解体

猪はこれまでのところ自分で解体したことはない。
が、補助をしながら見せてもらったことがあるので、そのときのことを書きとめておく。

IMGP7796_サイズ変更
9月の中ごろ、たて続けに猪が三頭捕れた。
その中の一体。雌、三歳か四歳くらいだろうとのこと。ウリ坊を連れていたという話。

猪はデカイ。鹿よりずっとデカイ。
肉づきがよけりゃ骨格もごつい。

IMGP7801_サイズ変更
基本的に、やることは鹿の場合と一緒。皮を剥き、四肢を外して、肉を切り出す。
が、ごつい分、解体するのはたいへん。骨の形状などを知らないと、まったく作業にならない。

やはりくくり罠で捕れたもので、止めを刺して、血抜き、腹抜きをする手順も鹿の場合と同じ。
ただ、猪の場合、危険なので、頭の付け根を棒で打つというわけにはいかない。そもそも首なんてないように見えるから、どこが頭の付け根かもわからないし。
猪の場合は銃で撃つことが多い。
写真のものも銃殺されたもので、上の写真で見えている頭部右側の目の周囲はぐちゃぐちゃになっている。

IMGP7812_サイズ変更
鹿の場合と違うのは、猪の場合は鼻先まですべて皮を剥く(鹿の場合は頭の付け根あたりまでしか剥かない)。
これは、ホホ肉をとるということもあるが、そもそもそうしないと作業がしづらい。

猪の場合、価値があるのは脂だから、皮はできるだけ薄く、皮だけを剥くようにする。
鹿とは逆で、鹿の場合は赤身がすべて。脂なんて皮と一緒に剥いてしまったほうがむしろ後の作業が楽。そもそも猪とは脂の量がぜんぜん違うけれど。
季節がら、写真の個体には脂がほとんどないが、たっぷり脂のつく冬場には、5cmほども脂がつくという。

食べたことがある人は知っていると思うが、猪肉というのはすこぶる旨い。豚より断然旨い。
よって、猪の場合は罠で捕れた場合も、罠をかけた人が自分で食べたり、さばいたりすることが少なくない。
特に絶品なのは脂で(故に価値がある)、これはもう豚の脂とはぜんぜん違う。旨い上に、いくら食べてもまったくもたれることがない。
今回の猪は、脂がついていないが故に解体施設にまわってきたともいえる。

食べたことがない人は、ぜひ一度ご賞味あれ。
焼いても、とんかつでも、猪鍋でも・・・どんなふうに食べても本当に旨い。こんなに旨い肉は他にないから。

IMGP7815_サイズ変更
肉をすべてとった状態(今回はあばらも片側もらって帰った)。

驚いたのは、その骨格。まるで恐竜か何かのようだ。
胸椎の棘突起が非常に発達していて、魚の背びれのようになっている。鹿とは明らかに違う。
当然ながら、猪の場合も頚椎はあって、前後に短いが、鹿と同じような形をしている。これに肉がつくと、鹿の場合と違って首なんてないように見えるのは、頭の後ろから胸椎の突起にかけてすべて肉がつくから。
頭ではわかっていながら、猪の頚椎が鹿と同じようだというのは、肉と毛皮を着た生きた猪からは想像しづらく、新鮮な驚きだった。

解体を教えてくれるキタサンは、この胸椎の棘突起のことを「くらぼね」と呼んでいた。
冬場になって脂がつくと、肩からくらぼねのあたりにかけて、まさに鎧を着たような状態になる。
このくらぼねというのは、銃弾もはじき返すのだとか。
弾が確かに命中して猪は勢いよくひっくり返る。が、その後なぜか起き上がって逃げてしまうというような場合、弾はくらぼねではじかれている。
猟をしていると、そんなことが時どきあるらしい。

今回、補助をしながら見せてもらった猪の解体(足一本だけ骨抜きをさせてもらった)、もちろん報酬なんてないが、代わりに半身分の肉を山分けしてもらった。
家に持ち帰って量ってみたら、全部で9.4kgもあった。すげぇ・・・。

ちなみに、あばらのもう半分は、たまたま顔を出したキタサンの知人の猟師が、犬にやるので欲しいということであった。
猟犬はこういうものを食べて(もちろん生で)、野生の勘を磨くんだね。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 田舎暮らし日記] | 2017.10.25(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年10月 25日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 田舎暮らし日記
  └ 【閲覧注意】 猪の解体
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム