FC2ブログ

これまた絶景の傘山(自転車アプローチ)

”からかさやま”と読む。
飯島町と駒ヶ根市の境にある、中央アルプスの前衛峰で(標高1,542m)、全国いたるところにある笠ヶ岳と同じように、読んで字のごとくきれいな三角形をした山である。
遠望すると富士山のような整った形をしていて、普通ならかなり目立つ山であるはずが、すぐ背後に中央アルプスの主脈が鎮座しているために背景に溶け込んでしまってまったく目立たない。
が、前回の吉田山に続きこれまた絶景の山で、山頂からの眺めがとにかくすばらしい。
南アルプス方面は吉田山より見通しが利く。
この日は春っぽく白く霞んでいたけど、鋸の北には八ヶ岳、蓼科山が見え、南は光岳のさらに南の深南部の山々まで見通せた。

P1250193_サイズ変更
傘山頂から展望する伊那谷(飯島町)と南アルプス

日付: 2018/4/21(土) 快晴!
行程: (自宅)0845 ~ 七久保 ~ 1020(林道辰己ヶ沢線入口)1045 ~ 1200(登山口)1210 ~ 1250(傘山頂)1340 ~ 1405(登山口) ~ 1500(林道辰己ヶ沢線入口)1515 ~ 1545(千人塚) ~ 七久保 ~ 1650(自宅)
走行: 32km

自宅を出て、まずは天竜川まで下って対岸へ渡り、前沢川沿いを走る。おなじみのコース。
前回は伊那田島駅方面に走って県15に出たが、今回は一つ北の高遠原駅の先で県15へと上がった。
県15は中川より南は車が少なく快適だけど、飯島から北は車が多く、自転車にはあまりオススメできないルートである。それでも下の国道(R153)を走るよりはマシだけど・・・。

IMGP9037_サイズ変更 P1250151_サイズ変更
(左)梨の花が満開。
(右)七久保の道の駅(花の里いいじま)越しに見る傘山。中央アルプスの主脈に溶け込んでしまい、こんな近くから見てもよくわからない(笑)。

IMGP9041_サイズ変更 IMGP9043_サイズ変更
県15をしばらく北上し、文化館入口交差点を西に折れたら、あとは道なりに詰める。ところどころに傘山の標示が現れる。

P1250156_サイズ変更 P1250157_サイズ変更
林道辰己ヶ沢線入口。出だしは舗装されているが、すぐにダートとなる。
どうせ同じところを下ってこなければならないので、自転車は林道入口にデポしたほうが楽。
2kmほど先にPがあるようだが、林道は道幅狭く、車のすれ違い不可能。車の場合も横着せず下にとめて歩いたほうが気楽だと思う。

P1250154_サイズ変更
というわけで、林道入口の木陰に自転車をデポ。

登山口と言っているところは、Pからさらに林道(一般車進入不可)を1.5kmほど詰めた先にある。
だるい林道歩きとなるところだが、林道入口から歩けば林道をショートカットできる。

P1250160_サイズ変更
一つ目のショートカットポイント。
林道に入り、二つ目のヘアピンを曲がって300mほど先のところ。
特に目印はないが、取り付けそうなところから適当に取り付く。

IMGP9046_サイズ変更
P1060を目指してほぼ真北へ登る。

P1250161_サイズ変更
ピーク近くで道っぽいところに出た。
二万五千図にも点線で表示されている道だが、歩く人は少ないようで荒れている。

道は尾根上を北上するので、あとは道に沿って歩けば再び林道に合流する。
作業道が錯綜しているが、方位を確認しつつ尾根さえはずさなければ迷うことはないと思う。

P1250162_サイズ変更 P1250164_サイズ変更
林道と合流したところ。
湧水の溜まっているところにヒキガエルの卵があった。

IMGP9047_サイズ変更
林道(一般車進入禁止)はこんな感じ。

またすぐに右ヘアピンがあり、そこを曲がって200mほどのところで再びショートカット。
P1250165_サイズ変更
二回目ショートカットの取り付き。やはり目印等はない。

IMGP9051_サイズ変更
ルンゼ状のところを直登する。
かなり急。ここなど歩いている人はもうほとんどいないでしょうね。下りは林道をたどったほうが速そう。

P1250169_サイズ変更
林道に合流して右ヘアピンを曲がると、唐突に視界が開ける。

P1250171_サイズ変更
さらに300mほど行くと広く切り開かれたスペースが出現し、そこが登山口となっている。トイレまである!

IMGP9053_サイズ変更 P1250176_サイズ変更
南駒と仙涯嶺が正面に見える(左)。そしてこちらが目指す傘山(右)。

P1250178_サイズ変更
登山口から先は大名登山が可能なほど整備されている。
この山も比較的自然林が残っているほうで、ブナやミズナラが茂っている。が、巨木と呼べるほどのものは残っていない。
途中に二箇所ほど展望台が設けられている。

P1250183_サイズ変更
傘山頂

P1250196_サイズ変更
伊那谷と南アルプスがよく見える。
仙丈は先週よりさらにグッと黒くなった。八ヶ岳にいたってはもうほとんど雪が無いですね。
南アルプスで雪がそれなりに残っているのは荒川以南。
この角度から見ると兎が聖の南に見える!というのをはじめて知った。

P1250208_サイズ変更 P1250209_サイズ変更
中央アルプスは近すぎて、一部しか見えない。
(左)南駒と仙涯嶺、(右)空木。

伊那谷もよく見えるが、見えるのは飯島で、自宅のある中川はあまり見えないので、いつものようにはテンションが上がらない。
が、たまに仕事をしている七久保や本郷のハウスがよく見えた(笑)。

P1250197_サイズ変更
千人塚の城ヶ池

下りはあっという間に林道入口まで下りてしまった。
自転車の帰りは、車の多い来た道は避け、与田切川沿いにもうしばらく詰める。
発電所のところで川を渡っていったん大きく上り、山ノ神白山権現の手前でシオジ平へと続く道に出る。
ここからようやく下りに入り、千人塚経由で帰ってきた。

P1250213_サイズ変更 P1250216_サイズ変更
シオジ平への道との合流点。
右の写真の奥に見えるのが山ノ神白山権現。
相変らずシオジ平へは通行できないらしい。

P1250218_サイズ変更 IMGP9081_サイズ変更
千人塚。美味しい水が出ている。

関連記事
スポンサーサイト

Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.04.22(Sun) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2018年04月 22日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 伊那谷の山
  └ これまた絶景の傘山(自転車アプローチ)
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム