清水平~大島山~念丈岳~池ノ平山~烏帽子岳~七久保駅

日付: 2018/4/30(月) 晴れのち曇り
行程: (清水平)0700 ~ 0715(大島山頂) ~ 0800(上沢泉)0820 ~ 0850(念丈手前のピーク) ~ 0930(念丈岳山頂)1010 ~ 1120(池ノ平山頂)1140 ~ 1215(烏帽子岳山頂)1235 ~ 1330(七合目飯島ルート分岐) ~ 1430(五合目) ~ 1530(登山口)1550 ~ 1740(七久保駅) ~ 1840(自宅)

二日目。
笹原をひと登りで大島山頂。
IMGP9157_サイズ変更 P1250283_サイズ変更

南アルプス深南部で目立つのは、なんといっても池口。
光のデカさもさることながら、そのすぐ南にある顕著な双耳峰はよく目立つ。
P1250279_サイズ変更 P1250280_サイズ変更

大島山より先は、ところどころ雪が目につくようになった。
基本的に道はずっとついているのだと思うが、雪のため忠実にトレースすることは不可能で、ところどころ藪こぎとなる。
IMGP9161_サイズ変更
クマザサとシャクナゲが多い。
ま、軽い藪こぎです。

P1250293_サイズ変更 P1250294_サイズ変更
春山の典型といえば・・・ズボズボ埋まる足下と、ザックが木の枝に引っ掛かって身動きがとれなくなること。
特に木の枝は手強く、ルーファイに時間がとられる上、しゃがんだり振りほどいたりしているうちに体力を吸い取られる。

IMGP9165_サイズ変更
上沢泉に到着。

P1250298_サイズ変更 P1250304_サイズ変更
最初はやはり雪渓の割れ目で水を汲んでいたのだが(左)、すぐ上にこんな快適な場所があった(右)。

P1250306_サイズ変更
結構な水量があります。

IMGP9168_サイズ変更 P1250307_サイズ変更
上沢泉の先もしばらく藪(雪が無ければ道はあるのだと思う)。

IMGP9170_サイズ変更
途中にある崩落地。
中央アルプスは地質の年代が古く、風化が著しい。このような崩落地が随所にある。
あとどのくらいかかるのかわからないけれど、きっと何万年か後には山がなくなっているんでしょうね。

P1250327_サイズ変更 P1250326_サイズ変更
写真じゃうまく伝わらないと思いますが、その先で美しい景色を拝める。
ちょっと日本離れした、ヨーロッパのような山並みが広がっている。
ま、遠目にはそう見えても、行ってみると笹薮なんですけどね・・・。

IMGP9173_サイズ変更 P1250320_サイズ変更
(左)正面が念丈。(右)御嶽山もよく見えた。

P1250344_サイズ変更
登ってきた尾根を振り返る。正面に見えているのが念丈手前のピーク。

IMGP9182_サイズ変更 IMGP9180_サイズ変更
念丈の登り。
最後は急で、ありがたいことに笹が刈られて道がつけられているが、もし道がついていなければ、ここは木登り、笹登りとなるところ。

P1250346_サイズ変更 P1250347_サイズ変更
急登を抜けてひと登りで山頂。ハイマツの先に標柱が見えてくる。

P1250354_サイズ変更
念丈の山頂は眺めがすばらしい。
特に中央アルプス南部の展望台として、ここ以上の場所はないと思う。
それほど広くはないけど平坦で、幕営も可能。風は強いだろうけど、一度幕営してみたいと思っている。

P1250364_サイズ変更 P1250363_サイズ変更
中央アルプス南部。北からの連続写真。

P1250365_サイズ変更
一番南は安平路山から摺古木山。

P1250372_サイズ変更
八ヶ岳と蓼科山、その左に浅間山(ともに真っ黒)。

IMGP9199_サイズ変更 P1250379_サイズ変更
念丈から烏帽子の間も思っていた以上に雪が残っていた。

P1250384_サイズ変更
念丈と奥念丈を結ぶ吊り尾根。

P1250390_サイズ変更
池ノ平山頂。広くていいテン場だが、近くで容易に水はとれない。

P1250393_サイズ変更
池ノ平を越えてようやく見えた烏帽子の山頂。
念丈側からは巨大な池ノ平の陰になってしまってまったく見えない。

P1250398_サイズ変更
烏帽子岳山頂。烏帽子から中央アルプスの主脈が望めたのははじめてのような気がする。

烏帽子から先は雪が無く、あとは長大な尾根を伊那谷へ向けて下るだけ。
今回はいつもの小八郎尾根を鳩打峠へ下るのではなく、七合目から飯島ルートを下る。初めてなのでここもちょっと楽しみだった。

ぶっちゃけ、ここには笑ってしまいましたね。
なんでわざわざこんなところに道をつけようと思ったのか・・・。

P1250413_サイズ変更 IMGP9217_サイズ変更
トラロープがこれでもかというくらい張られている。
何かのアトラクションのようで、面白いと言えないこともない。

ずっと尾根通しに下れないことはないのだが、一般道とするには少々厳しすぎ、ところどころ巻いている。
が、その巻いてる沢がけっこう急な上にガレている。
IMGP9216_サイズ変更 P1250434_サイズ変更
なんでこんなところにルートを通したのかと、思わず笑ってしまう。

P1250421_サイズ変更
そしてようやく下りてきた登山口。
いやー長かった。七合目の分岐から二時間、烏帽子の山頂からだと三時間もかかった。
小八郎尾根も長いけど、ここはもっと長い。烏帽子はトレーニングに打ってつけの山のようだ。

登山口から先がまだまだ長いんです。長~い林道歩き。
随所で崩れて水が出ているから、こんなところ車で入ってくるのも嫌ですけどね。
無事に入ってこられても、山に入っているうちに崩れたら出られなくなってしまう。
軽トラか、もしくは軽の四駆でないと厳しいと思う。

IMGP9223_サイズ変更
林道のあたりはちょうど芽吹きの頃で、新緑が眩しかった。
タイミング的にちょっと遅かったが、まだいけそうなコゴミを見つけたので摘んで帰った。

P1250424_サイズ変更
前方でガサガサと音が聞こえ、何かいるなと警戒していたら、立派なカモシカの成獣だった。
あまりにも丸々していて猪にしか見えなかったが、こちらを振り返った顔を見て、頭の角を見て、ようやくカモシカと識別できた。
関東の山ではよく見かけたんだけど、伊那谷に越してきてからははじめて見た。

そういえば、今回は体にマダニもついていた。
自分は足首のあたり、マユミは首の後ろに一匹ずつ。
もちろんまだ血は吸っていない。マダニは取り付いてもすぐに吸血行動には入らない。
いつどこで取り付かれたのか?藪こぎのときか?座って休んだときか・・・?
春はマダニも活発になるので要注意。
鹿の解体を始めてから見慣れた存在ではあるのだけれど、よく見りゃかわいい姿をしているのだけれど、やっぱり嫌ですよね。
ぶっちゃけ、血を吸われるだけなら構わないとも思うのだけれど、感染症を媒介されるのだけは勘弁。

林道が終わって獣避けのゲートを出てからも、舗装路歩きがまだまだ続く。
17:40頃、七久保駅に着いた。
が、次の列車までまだ30分くらいある。
何より飯田線を使ったところで、乗るのはたったの二駅。しかも乗ったところで南北に移動するだけで、自宅にはあまり近づかないという・・・。

できれば家に帰ってから温泉に行きたいと思っていたので、30分がもったいなくてそのまま歩くことに。
最後にきての舗装路歩きはとても効く・・・。

中川村に入り、横前まで歩いた。地元で長い坂と通称されている坂道を下っていると、村営バスのバス停が目に入った。
一日に夕方の二本だけ、方向別にいえばたったの一本だけ運行されているバス。そのバスが、走っていればあと5分ほどで来る。
役場(自宅から2kmくらい)まで行けるだけでもありがたい。
が、今日は休日だ。果たしてバスは来るのか・・・?
ちょうど農作業を終えて引き上げてくる人がいたので、バスのことを訊いてみた。が、よくわからないということだった。
ダメもとで待ってみよう。

待ってみたものの・・・やはりバスは来なかった。やはり休日は運行していないらしい。
諦めて再び坂を下り始めた。もしかしたらバスが、と思ってときどき後ろを振り返りながら。

しばらくすると、後ろから軽自動車がやって来て声をかけられた。
よく見ると先ほどの人だった。気になって追ってきてくれたらしい。
もしよかったら・・・なんて仰ってくれて、車に乗せてもらえることになった。
感謝感激雨あられ。
世の中には親切な人がいるものだ。同じ状況にあったとして、果たして自分に同じことができるかどうか・・・とてもできないであろう。

同じ村のMさんに救われた。Mさんのおかげで、この日帰ってから温泉に行くことができた。
何かあれば、今後人には親切にせねばと痛切に思った。

(おわり)

関連記事
スポンサーサイト

Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.05.07(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2018年05月 07日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 伊那谷の山
  └ 清水平~大島山~念丈岳~池ノ平山~烏帽子岳~七久保駅
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム