FC2ブログ

自転車アプローチ登山9 戸倉山(1,681m)

日付: 2014/7/28 月
ルート: 戸倉山キャンプ場 ~ 山頂ピストン

ここ何日かのうだるような暑さが嘘のような、カラッと晴れた気持ちのいい一日だった。とりあえずの暑さのピークは越えたらしい。
クルミの葉は早くも黄色くなりはじめています。クルミってのは黄葉するのも落葉するのも異様に早い・・・。
「伊那富士」とも呼ばれている戸倉山へ、自転車アプローチで行ってきました。伊那と駒ヶ根の境界にある山です。

8:40に自宅を出発。
アプローチは、ちょっと遠回りになるんですが、小渋湖沿いの県道210号(西伊那線)がどうなったのか気になって、四徳から折草峠経由のルート。
土砂崩れによりしばらく通行止となっていた西伊那線ですが、今回無事通れるようになってました!ここが通れると四徳へ抜けるのがえらく楽。
お気に入りの四徳川沿いの道ですが、やはりしんどい。ぜひとも脚に自信のある方に走っていただきたい。いいトレランコースだと思いますよ!
ちなみに、今度は折草峠から陣馬形山頂までの区間が林道舗装のため通行止になります。タイミングのいいことに今日から、10/30までの予定です。こちらから陣馬形山へ行こうとしている方は要注意!

折草峠までせっかく上ったのに、もったいないことにいったん6kmほども下る。
県道49号(駒ヶ根長谷線)に出たところから再び上り。しばらく長谷方面に走り、県道210号の分岐を北に入る(西伊那線が分断された形になっている)。
「戸倉山キャンプ場」という標示に従ってさらに枝道に入ると・・・すんごい激坂。
ここ、たぶん荷物満載の状態では上れまい。こういうところに住んでいる人ってのはすごいと思う。

こんな坂をいったいどこまで上らされるんだと、もう自転車を置いて歩き始めたほうがいいのではないかと、嫌気が差してきた頃キャンプ場に着いた。
全面木陰で天国のようなところだった。誰もいないし、蛇口をひねってみたら水も出た。極楽、極楽。
キャンプ場に着いたのが11:30。休まず走ったのに、32kmのアプローチに三時間もかかったことになる。厳しいアプローチだった・・・。

テントサイトのイスとテーブルを使わせてもらってのんびり準備。
自転車を木に縛り付けて11:50に歩き始めた。
前回の風越山に続いて、気持ちのいい森林浴ウォーク。
山頂まで樹林帯で、やはり展望はないけれど、実に気持ちがいい。暑い盛りに涼みに来るのが最高!風越山以上に心地いい。

キャンプ場からすぐのところは、よく管理されたヒノキの人工林。だんだんカラマツが増えてきて、そのうちブナやコナラなどの落葉樹が交じってくる。
13:00過ぎに登頂。登り1時間15分。アプローチが核心の典型的な山だ。
山頂付近は針葉樹と広葉樹(落葉樹)の混交林。基本的に樹林帯の中なのだけれど、ところどころうまい具合に木が伐ってあって展望がある。
東に伊那谷(駒ヶ根の町)が見える。中央アルプスは上部が雲の中。その向こうに乗鞍が見える。相変らずどこが山頂なのかハッキリしない。
案内板によると、雲がなければ槍に穂高、さらには白馬まで望めるらしい。
西側の南アルプスも上部は雲の中。仙丈が真正面に見える。一つ一つの山が大きい南アルプスの中でもひときわ大きい仙丈。この山だけは見間違えることがない。
さらに、北側には美和湖と長谷の集落が見える。ものすごく山奥にあるように思える長谷も、ここから望むと伊那谷からすぐだ。

30分ほどボーっとして下山。
途中、マムシが登山道を横切っていた。マムシを見たのは久しぶりだ。
短くずんぐりした体形と、独特の鎖模様からすぐに識別できる。
見たことない人のために・・・マムシは日本に生息している他のヘビと違って、ニョロニョロしてません。寸胴で、這うスピードものろい。いかにも毒を持ってます、といった風の悪そうな面構えをしています。
アオダイショウやヤマカガシなどは、人とバッタリ出会うとあり得ないスピードでスタコラサッサと逃げますが、マムシは無闇に逃げず、すぐに戦闘態勢をとります。面白半分にちょっかいを出すのはやめましょう!

自転車に乗っているとき、歩いているとき、今日はヘビが何匹も目の前を横切っていきました。
アオダイショウ、ヤマカガシ、ジムグリ、そしてマムシ。何気にアオダイショウを見たのも久しぶりです。
ちなみに、普段一番よく見かけるのはヤマカガシ。なんてったってうちの庭に生息してますから(笑)。小さな子ヘビまで見かけます。

下りは45分ほど。14:25に下りてきた。
相変らず誰もいないキャンプ場。テーブルとイスを贅沢に借りて荷物をまとめ、帰路についた。
今日の帰りはずっと下り基調。
毎度天竜川までは一度もこがないスーパーダウンヒル。そこから勝手知ったる県道を走って自宅まで帰ってきました(15:50着)。
本日の走行距離56km。

P1190912_サイズ変更 P1190914_サイズ変更
水が少ないらしく、末端が緑化した小渋湖             陣馬形山へ行かれる方、要注意!

P1190915_サイズ変更 P1190916_サイズ変更
戸倉山キャンプ場に自転車をとめて歩き始める          プレートを設置したときから松がこれだけ成長した
                                       ・・・木に直接打ちつけるのはいただけない
P1190921_サイズ変更 P1190922_サイズ変更
戸倉山山頂                       伊那谷と中央アルプス(雲の中)

P1190926_サイズ変更 P1190925_サイズ変更
南アルプス方面・・・正面が仙丈                    美和湖と長谷の集落

P1190932_サイズ変更
久々に見たマムシ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2014.07.30(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年07月 30日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 伊那谷の山
  └ 自転車アプローチ登山9 戸倉山(1,681m)
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム