FC2ブログ

歩いて陣馬形山へ(夏の終わりに)

日付: 2014/9/3(水)
ルート: 自宅 ~ 柳沢 ~ 桑原 ~ 四徳 ~ 陣馬形山 ~ 美里 ~ 大草 ~ 自宅

すっかり涼しくなりました。というか、今年はずっと涼しかったと思わなくもない。
今年は夏というものがあったのだろうか???
晴天率が高いと思われるここ伊那谷でも、梅雨以降スッキリしない天気が続いてます。大雨ということはないですが、雨もそこそこ、いつもの年より降っています。
入梅の頃から山が見えた日がほとんどありません。特に中央アルプスが酷く、まったく姿を現しません。

聞くところによると、今年は30年に一度以上の異常気象らしいですね。広島ではたいへんな災害もありました。
「雨の少ない土地だったのに・・・」とか「昔はこんなことなかったのに・・・」などということも最近はまったくあてにならない。
人間の経験に則った、50年とか100年といった非常に短いスパンで自然現象を捉えても意味がない、ということでしょう。

お盆の頃から、時どきのぞく晴れ間もすっかり秋の空といった感じです。
栗やクルミといった秋の恵みも、家の周りでボチボチ収穫できるようになりました。
そんな夏の終わりに陣馬形山へ行ってきました。
今回は自宅から歩いて出発。
お気に入りの道でグルリと四徳へ回り、そこから陣馬形山を横断して伊那谷側へ下り、自宅へ戻ってくる。30kmほどのサーキットコースです。

8:10に自宅をスタート。細かなタイムなども備忘録として記録しておきます。
9:10桑原会館、10:20四徳学校跡、10:45登山口。
自宅から登山口までのアプローチにおよそ二時間半。
ここは自転車でもアプローチしたことがあり(自転車アプローチ登山5 陣馬形山)、その時は二時間弱だった。
やはり自転車は速いと言うべきか、あまり変わらないと言うべきか・・・登山口まではずっと上りなので、歩いても時間的にはビックリするような差はない、というのが正直なところ。
が、やはり気分的には自転車の快適性を、機動性を、そして積載性を痛感する。自転車ってなんて便利なんだろう、なんて楽なんだろうと思わずにおれない。
今回は水と行動食しか背負ってないからこの程度の差だけれど、泊まりの装備を背負ったりすればその差は明白だ。

自転車というのは旅の道具として強力である。積載性がもう段違い。楽に荷物を運ぶことができる。
歩くのと比べて一番大きいのは下りだろうか。
自転車の場合、(基本的に)苦労の末に上った先の下りはご褒美である。何もせずとも重力に身を任せていれば自動的に進んでくれる。
歩きが辛いのはここかなぁ・・・元気なときならまだしも、疲れてくるとむしろ下りのほうが辛くなってくる。

前回自転車でアプローチしたときは、登山口に自転車をデポして山頂を往復した。
今回はそのまま立ち止まりもせず登山道を行く。山に登って逆側へ抜けるというのは歩きならではの芸当。自転車では無理とは言わないけれど、非常に困難。

山には栗やクルミがいっぱい。拾って帰りたいところだけれど、荷物になるので今回はやめておく。
それから、キノコがすごい。いろんなやつがポコポコ生えている。
先日、キノコのことをちょっと知っている知人と山登りに行ったマユミも言っていたのだけれど、どうやら今年はキノコが豊作らしい。日照時間の不足により野菜の値段が上がっているこの頃ですが、雨が多かったためキノコは当たり年。
ただ、残念ながらキノコのことはよく知らないので、採ることができない。名人のような人でも時どき亡くなったりするから、どうもキノコには手を出せないでいる。

12:05陣馬形山頂。登り1時間20分。前回とほぼ一緒。
平日でもキャンプしている人がいるから驚きだ。無料だし、絶景だし、快適だし、けっこう有名なスポットです。
残念ながら中央アルプスも南アルプスもスッポリ雲の中。まったく見えず。低く垂れこめた雲の下に伊那谷だけは見えている。

20分ほどで山頂をあとにし、伊那谷へと下る。
こちら側は時どき車道が見えたり、車道を横切ったり。歩いていてあまり気持ちのいいところではない。
山頂からちょっと下ったところに、丸尾のブナという推定樹齢六百年とされるブナの巨木がある。
付近には他にブナは目につかない。ブナは成長が遅いから他の木に負けてしまうのだと思うが、このブナだけどうしてここまで生長できたのか不思議だ。

13:30に美里の集落の車道に出、そこから自宅までさらに歩く。
14:45自宅着。行動時間はトータル六時間半といったところ。
年のせいか単なる運動不足か、最近山に行くと脚の付け根が痛くなる・・・。
これについてはまた次回書くことにします。

P1200037_サイズ変更 P1200040_サイズ変更
この日の陣馬形山頂                           平日でもキャンパーがいる人気スポット

P1200043_サイズ変更
丸尾のブナ・・・推定樹齢六百年

P1200044_サイズ変更 P1200047_サイズ変更
今年はキノコの当たり年!こんな巨大なキノコもある・・・比較対象はデジカメのケース
実はこれ、食べられるらしい?のですが(通常はここまでになる前に食べる)、とても食べる度胸はない。
食べたら一つで満腹、というか食べ切れないに違いない。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2014.09.05(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年09月 05日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ ■ 伊那谷の山
  └ 歩いて陣馬形山へ(夏の終わりに)
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム