FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ALEXRIMS DH19 ホイール組み

スペシャの後輪用にアレックスのDH-19でホイールを組む。

まずは使用した部品について。

【リム】
前回書いたようにリムは三択で、この中からアレックスのDH-19を選択(3,694円)。
DM-18とDH-19という二種類がアレックスのラインナップにあるが、ダウンヒル用と謳われているDH-19のほうが強度があるだろうということでこちらを選択。ホール数は32H。

P1260290_サイズ変更
ALEXRIMS DH19
可もなく不可もなくといった感じのいわゆる普通のホイール。わりと出来はよくて何も不満はない。
ハトメは一階部分だけをカバーしている。
ちなみに、DH-19のほうがDM-18よりリム高が高い。

【ハブ】
フリーハブはLX(FH-T670)。
ストック品を使おうと思っていたのだが、よく考えたら36Hだったので新たに購入(2,984円)。
現状のハブ(スペシャ製、おそらくどこかのOEM)を使い回そうかとも思ったけど、せっかくなので新調することにした。

P1260295_サイズ変更
LX(FH-T670)
おそらく消えるのも時間の問題と思われるが、個人的にお気に入りのハブ。
性能的にはDEORE以上ならOKであるが、そんなモデルの事情もあってDEOREとの実売価格差は100円以下(ところによっては逆にDEOREのほうが200円くらい高かったりする)。迷わずLXを購入。

【スポーク】
DT チャンピオン 2.0mm。
ありがたいことに、今回は4本単位で売っているところを見つけた。4本で235円なので、1本あたり59円ほど。

P1260296_サイズ変更
もちろん少々割高であるが、4本単位で売ってくれるのは本当にありがたい。
毎度ながらイタリアン6本組み(3クロス)とする。

例によってリムを先に購入し、スポーク長を決めるために各種寸法を測定する。
P1260329_サイズ変更

ここからスポーク長を計算すると、LH(反フリー側)=265.0mm、RH(フリー側)=263.4mmとなる。
購入するスポークは、LH=265mm×16本、RH=263mm×16本。
DTは1mm単位でラインナップされているからこれまたありがたい。

ときに、DH-19にはERDのメーカ公表値があり、それによるとERD=537.8mm。
実測値がERD=543.4mmだから、その差5.6mm。この差ははっきりいって大きい。
試しにメーカ公表値を使ってスポーク長を計算すると、LH(反フリー側)=262.3mm、RH(フリー側)=260.6mmとなる。
これに従ってスポークを買うとすれば、LH=262mm、RH=261mm。
実測から得られるスポーク長との差は、LHが3mm、RHが2mm・・・この差ははっきりいって大きい。

ERDというのは、ホイールになった状態でのスポーク先端から対角のスポーク先端までの距離(径)のこと。
ホイールに組んだときスポークの先端がどこにくるのか、予め想定しておく必要がある。
これを通常はニップルの溝までとし、実測値が正しければ、実測の通りERD=543mm前後になるはず。
もちろん実測には誤差があるが、何度確認してみてもメーカ公表値の537.8mm程度になるとは思えない。
とどのつまりこれはホイールに組んだときのスポーク先端位置をニップルの溝より低い(短い)位置に想定している、ということではないかと思う。

メーカ公表値なんてものがあるがためにさんざん惑わされたが、いつもの通り実測値によってスポークを手配することにした。
これまでこの方法で失敗したことはないので、自分の経験のほうを信用する。

P1260301_サイズ変更
完成したホイール。

P1260303_サイズ変更 P1260302_サイズ変更
スポーク先端は狙い通りの位置に収まっていい感じ。
これより2mm、3mmと短いのは、どう考えてもスポークが短すぎるのでは・・・その長さでもホイールは組めそうではあるけど。
ちなみに、今回はいつもの手感覚に加え、テンションメーターを使ってスポークテンションをジャイアントの後輪に合わせた。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.12.13(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

絶滅危惧種の26インチMTB

いつの間にか26inのMTBが絶滅危惧種になっている。
すっかり下火になったとは思っていたけど、まさかここまで来ているとは思わなかった。
右も左もMTB(26in)だった90年代が嘘のよう。当時はMTBが花盛りで、ロードレーサーは一部のマニア(自分もその一人だった)だけが乗っているマイナーな存在だった。
今とまるっきり逆の状態。

もちろんMTBは今でもあるけど、これまでのように26inではなく、27.5inや29inになってしまっている。
主力が27.5inや29inになっても別にかまわないが、26inの部品がなくなってしまうのは非常に困る・・・。

そもそもMTBが26inでなければならない理由などなくて、もう少し径が大きいほうが速く走れるのではないかと以前から言われてもいる。
MTBというものの生みの親であるゲーリー・フィッシャーがなんで26inのタイヤにしたかというと、たまたま当時アメリカで一番入手しやすかったのが26inだったから。
たったそれだけの理由からMTBのスタンダードが26inとなったわけだけど、ルック車も含め世界中にこの規格の自転車が普及して今に至っている。

自転車も工業製品である以上、規格というものから逃れることはできない。
規格には技術の進歩が深く絡んでいるわけだけど、中には単なる規格変更ビジネスではないかと勘ぐりたくなるものも少なくない。
特に自転車の世界はその傾向が強く、なにかにつけて規格変更に振り回されがち。

26inが旅の自転車として最強であるのはまだしばらく変わらないであろう。
これは世界中どこでも部品が手に入るという圧倒的な汎用性と、径が小さい分リムが割れにくいという耐久性から。

が、現実問題として日本では26inの部品入手が困難になってきている。

困ったことになりそうなのはリム。
今のところタイヤとチューブ、それからスポークに関しては普通に入手できる。
リムも今はまだ入手できるものがあるけど、選択肢は信じられないくらい減ったし、この先さらに減っていきそう。

現在、日本で簡単に入手できるのはアラヤかアレックスリムしかない。
さらに具体的に言うと、アラヤのTM-840Fか、アレックスリムのDH-19かDM-18の三択。ダブルウォールのリムだとこれくらいしかない(涙)。
マビックなんてもはやラインナップにすらないし・・・。

こんなことならサンリングルのライノライトをもっと早くに買っておけばよかった・・・と思っても後の祭り。
もはや簡単には手に入らないでしょうね。あまり高いんじゃ買う気にならないですしね。

ライノライトによらず本当は36Hのリムが欲しかったのだけれど、もはや望むべくもなし。
スペシャとジャイアントのリアホイールを組むにあたり、32Hのリムを買いました。

P1260291_サイズ変更 P1260292_サイズ変更
スペシャ用にアレックスリムのDH-19(左)、ジャイアント用にアラヤのTM-840F(右)を購入。
購入価格はDH-19が3,694円、TM-840Fが2,241円。

26inのリムが果たしていつまで容易に入手できるのか・・・これから先が甚だ心配。

余談ですが・・・ブレーキは確実にリムブレーキからディスクブレーキにシフトしつつある。
自転車用のディスクブレーキなんて遅くとも35年前にはありましたが、昨今のディスク化に関しては小型・軽量化を含め技術の進歩といってよいでしょうかね。
ブレーキの効きや、何よりリムへの負荷を考えるとディスクのほうが圧倒的に有利なので、この流れは喜ばしいことかもしれない。
旅先での修理性を考えると、ワイヤ式のディスクブレーキが最強ではないかと個人的には思ってます。

ただ・・・リムブレーキ用のリムというのがこれから入手しにくくなっていくのでしょうね(涙)。
ディスク化の流れはおそらくロードの世界も逃れられまい。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.12.11(Tue) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

白戸から日留賀岳

那須連峰の西南に、男鹿(おじか)山塊と呼ばれる山々がある。
大佐飛山(1,908m)を主峰とし、男鹿岳、鹿又岳、黒滝山、長者岳などが連なり、その西南には栃木と福島の県境をなす帝釈(たいしゃく)山地が延びている。
男鹿山塊の山々には登山道というものがなく、いわば未開の山塊。いずれも激しい藪山で、足を踏み入れるのは積雪期に限られる。無雪期にトレースするのはかなり厳しいものがある。
その昔一度だけ、夏に大蛇尾川西股を遡行したことがあり、その時は上に抜けてから塩那道路を延々と歩いて板室温泉まで下りたが、とても山深いところだった。
源頭部のあたりに野生動物の生態調査のために無人カメラが仕掛けられていて、フラッシュが急にパシャッと光って驚かされたことがあったな、そういえば・・・。

ちなみに塩那道路というのは、塩那スカイラインとして計画されながら頓挫して廃道化された道路(工事用のパイロット道路)で、現在は自然にかえりつつある。
建設現場の地形が急峻で、民間の業者では機材の搬入が困難であったことから、工事を委託された陸上自衛隊が訓練の一環として工事に当たったという経緯があり、陸自による難工事の末、パイロット道路は1971年に貫通した。

そんな男鹿山塊の中で唯一登山道があるのが、山塊のはずれにある日留賀岳(1,849m)。
塩原温泉から登ることができ、標高差が1,300m以上ある。車で白戸集落まで入ることができるが、そこからでも標高差は1,200mくらいあるという山。
先日帰省したときに登ってきました。

日付: 2018/11/23(金) 雪
行程: (小山さん宅)0750 ~ 0850(林道終点) ~ (鳥居) ~ 1140(日留賀岳山頂) ~ 1255(鳥居) ~ 1400(林道終点) ~ 1450(小山さん宅)

6:50頃家を出る。
この日は冬型で、平野部は晴れていたが、山はどれも雪雲の中。高原山も日光の山も那須のほうも、白く煙っていて山は見えない。

アプローチは箒川沿いを走るR400をずっと辿る。
塩原温泉を過ぎ、日塩もみじラインの分岐を左に見送ったら、箒川を渡って白戸集落へ上る。
集落の奥にある小山さんが敷地の一部を登山者用の駐車場に提供してくださっており(8台くらい駐車可能)、ここにありがたく車を置かせてもらう。
小山さん宅の庭を通り、黙って入山するのも気が引けたので、玄関から声をかけたらお婆さんが出てこられた。
雪が降っていて、付近の畑は薄っすら白くなりはじめていたが、お婆さんによるとまともに雪が降るのは今シーズンはじめてらしい。

P1260249_サイズ変更 P1260250_サイズ変更
玄関の外に置かれたノートに記帳して入山する。
家の裏手に鳥居がある。

P1260251_サイズ変更 P1260253_サイズ変更
小山さん宅の裏山をひと登りすると、送電鉄塔の先で林道に出る。

P1260256_サイズ変更
しばらく林道を辿り、小山さん宅からちょうど一時間ほどで林道終点に着く。

P1260257_サイズ変更
その先は思っていた以上に雪があった。どうやら山は昨日から雪だったようだ。
雪に埋もれて夏道はもうほとんどわからない。

念のためコンパスを出して北上。
比津羅山の東を巻くようにして正面の尾根に取り付く。

IMGP1173_サイズ変更
急な尾根をしばらく登るとP1514の肩の付近で傾斜が緩み、少し行くと鳥居がある。

IMGP1175_サイズ変更
鳥居の先で稜線上に出ると風が強く、急に寒くなる。
たまらず一枚着て、下もカッパをはく。ニット帽とグローブも出した。

P1260265_サイズ変更 IMGP1179_サイズ変更
ガスっていて山頂が見えない。
そのせいもあって、なんだかなかなか山頂に着かない・・・。

P1260266_サイズ変更
ようやく登頂。
360°遮るものがないすばらしい眺めのはずが・・・まっしろで何も見えない(涙)。

P1260270_サイズ変更
北の方角。
大佐飛山や男鹿岳など、男鹿山塊の秘峰が目の前に見えるはずが・・・まっしろで何も見えない(涙)。

快適に休める場所もないので即下山。
風を避けられるところまで移動して小休止。
雪雲はすぐに引くかと思っていたが、結局一日雪だった。

IMGP1180_サイズ変更
下りは登りのトレースを辿る。

P1260273_サイズ変更
年中風が強いようで、横に伸びたり、捻れて伸びた木が多い。

IMGP1184_サイズ変更
尾根の下部のほうまで下ると、雪が融けていた。

P1260276_サイズ変更
林道終点まで来ると、もうすっかり雪がない。

P1260278_サイズ変更
下界は晴れていた。
行きはまっしろで何も見えなかったが、林道から塩原温泉が遠望できる。

帰りも小山さん宅で声をかけたら、やはりお婆さんが出てこられた。
後からもう一人山へ行ったということだが会わなかったので、どうやら途中で引き返したらしい。
玄関の外に置かれている「日留賀岳」と書かれた手拭いをお土産に買って帰った。

さあ温泉!
せっかくなので、日塩もみじラインをしばらく上って奥塩原温泉まで行き(もみじラインはここまで無料)、新湯の共同浴場に浸かった。
新湯には共同浴場が三つあり、どれも300円で入れる。
この日は「むじなの湯」に入った。

・・・ここ最高!やっぱ硫黄泉が一番だ。
湯温がそこそこ高くて自分好み。洗い場がないので混み合うこともない。
この日は寒くて唸り度指数も高い。
硫黄泉というのは伊那谷付近にはないので、なんだかとても久しぶり。
こんな温泉に毎日入れたら最高だろうな・・・。

関連記事
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2018.12.07(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

塩原渓谷歩道

ここ何年か、11月の勤労感謝の日前後に実家のある大田原へ帰省するのが定番となっている。
そのとき近場の山に登ったり、どこか歩きに行くのも定番となっていて、今年は塩原渓谷歩道と日留賀岳に行ってきました。

まずは塩原渓谷歩道の記録。
11月21日に、お袋をつれてマユミと三人で行ってきました。

IMGP1107_サイズ変更 P1260216_サイズ変更
回顧(みかえり)の吊橋からスタート。駐車場があってトイレもあります。
ここまで実家から車で30分ほど。

P1260218_サイズ変更
回顧の滝。
紅葉はほぼ終わって葉っぱは散っていたが、これらがすべて紅葉していたらさぞやきれいであろうと想像できる(笑)。
もう何十年も見てませんが、塩原の紅葉はすごくきれいです。もみじが多く、黄葉ではなく紅葉が多いのが特徴。
お袋は11月7日ころ友人の車で紅葉を見に来て、日塩もみじラインを流したらしいが、その頃が塩原の紅葉の見ごろだったのかも。

IMGP1123_サイズ変更
落葉樹に交じってモミの巨木の茂っている場所もある。
このモミの巨木もなかなかすごくて、我が村で御柱にされるモミよりはるかに太い。

P1260221_サイズ変更
留春(りゅうしゅん)の滝の下流部では、現在トンネルの先に橋を建造している。
その工事のために一つ上の写真のようなモミの巨木が何本か伐られていた。

P1260222_サイズ変更 P1260224_サイズ変更
留春の滝・・・テーブルとベンチがあって休憩スポットになっている。

IMGP1137_サイズ変更 IMGP1140_サイズ変更
大網温泉の先あたりでばったり会ったカモシカ。きれいな毛並みをしていた。
ニホンジカと違って単独行動、人と会っても駆けて逃げることはなく、木の陰に身を隠してこちらをじーーーっと観察している。

IMGP1145_サイズ変更
箒川ダム

IMGP1150_サイズ変更 P1260232_サイズ変更
(左)コナラの巨木と、(右)布滝

P1260239_サイズ変更
布滝より上流は流れが穏やかになる。

P1260242_サイズ変更 IMGP1152_サイズ変更
(左)不動の湯の先に無料の足湯があった。贅沢にもかけながしです。せっかくなので浸かっていくことに。
(右)は不動の湯。シーズン中なら200円で入れる混浴露天風呂ですが、川原や遊歩道からあまりに丸見えなんで少々落ち着かないかな。

P1260244_サイズ変更 P1260247_サイズ変更
(左)福渡温泉に到着。背後の山の木がすべて紅葉していたのかと思うと、さぞやきれいであったろう。
(右)福渡温泉の対岸にある岩の湯。ここも開いてるときなら200円で入れる混浴露天風呂ですが、やはりあまりに丸見えで少々落ち着かないかな。

福渡温泉から川岸の遊歩道をしばらく歩いて橋を渡り、もうひと登りするとゴールのビジターセンター。
帰りの足のバスについて教えてくれた職員の方がえらく親切な方だった。

「塩原温泉はすっかり廃れちゃったぞ」と親父やお袋から聞いていたけど、思ったほどではなかったような。
確かに昔に比べれば活気がなくなったのかもしれないけど、新しい施設もできてるし観光客もけっこう来ている。今日日この状況なら十分健闘しているといってよいのではなかろうか。

ビジターセンターからすぐのところに七ツ岩吊橋があり、吊り橋を渡ったところにバス停がある。
帰りは車をとめた回顧橋までバスで戻ることが可能。運賃は360円。
ちなみにバス停の前にも無料の足湯があって、時間がある場合は足湯に浸かって時間を潰すことも可能。

歩いて戻る場合は、車道歩きはオススメできない。R400(会津東街道)は狭いワインディングロードで路側帯もなく、おまけに交通量も多いから、こんなところを歩いていたら車にひかれかねない。

本日の歩行時間は、足湯に浸かっていた時間も込みで6時間というところです(回顧橋からビジターセンターまで)。

余談ですが・・・大田原へは車で帰るのですが、いつも迷うのがタイヤ。
夏タイヤで行っちゃうか、スタッドレスに履き替えていくか・・・。
ここ何年かは夏タイヤがツルツルだったこともあり、このタイミングでスタッドレスに履き替えてました。
が、今年はあまりに暖かい。もったいなくてとてもまだスタッドレスという気分にはならない。おまけに夏タイヤはこの春に新調したばかりなんで何の不安もない。
・・・というわけで、今年は夏タイヤのまま帰りました。日光白根山のロープウェイ山頂駅もR120の丸沼高原入口も、事前にライブカメラを見た限り雪は皆無。

行き帰りのルートは基本的にいつも同じで、下道オンリーの最短ルートをとる。その場合、和田峠、鳥居峠、金精峠と大きな峠を三つ越えますが、この時期なら和田峠と鳥居峠はまず問題なし。問題なのは金精峠、それも峠の群馬側。
日光にはまず雪はないが、群馬側の丸沼高原入口より上(冬期は閉鎖される)にはだいたい雪がある。
今年も行きこそ雪は皆無でしたが、帰りは金精峠から丸沼高原入口まで路上にけっこう雪があり、ちょっとビビりました。
実家を出る前にライブカメラで確認して大丈夫と思ったんですがね・・・この時期油断は禁物です。雪のなくなるところまで四駆にして二速でノロノロ下ってきましたよ。

ちなみに金精峠ですが(トンネルがある)、その前後で景色がガラッと変わるのが興味深い。
明るく開けた日光側と、狭くて暗い片品側という構図です。天気も日光側は晴れているが、片品側はどんより曇っていることが多い。
毎度群馬側は気が滅入ってくるような感じがあります・・・。

自宅から実家まで距離にして340kmくらい。車で8~9時間ほどかかる。
もう少し暖かい時季に、いつかこのルートを自転車で走ってみたいと思ってます。
自転車だと三日か四日かかりますね。

関連記事
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 関東の山] | 2018.12.05(Wed) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

小川路峠と金森山 二日目

日付: 2018/10/21(日) 晴れ
行程: (テン場)0600 ~ 0700(金森山)0710 ~ 0805(テン場)0920 ~ 1130(十一番観音=自転車デポ地点)1210 ~ 1235(ゲート) ~ 1250(卯月山登山口)1330 ~ 1400(パンク@県83交差点先)1500 ~ 1740(自宅)
走行: 38.5km

朝になっても風が強い。

P1260148_サイズ変更
遠山谷は雲海の下。

テントを張りっぱなしにして空身で金森山を往復する。

P1260149_サイズ変更
こちらは展望地から、朝の伊那谷と中央アルプス。
伊那谷には雲がなかった。

IMGP0818_サイズ変更
朝の散歩。気分爽快。
遠山谷のほうへ目をやれば(写真の左側が遠山谷)、樹間に南アルプス深南部の山々が見える。

P1260154_サイズ変更
行く手に金森山が見えてくる。

小川路峠から金森山まで、薄っすらと道があるようなないような・・・一部に明確に道と思しきものが認められるが、大方の部分で消えている。代わりに鹿道が錯綜しているが(笑)、特にわかりにくいところもないので、方位さえ確認していれば迷うことはないと思う。

P1260163_サイズ変更 P1260158_サイズ変更
金森山山頂。三角点以外なにもない。

P1260161_サイズ変更 P1260159_サイズ変更
山頂から、さらに南へと続く伊那山脈=黒石岳、戸倉山方面・・・尾根はきれいにつながっており問題なく歩けそう。
どこから入るか・・・問題はアプローチ。どこから入るにしても、戸倉山まで自転車だと二泊は必要そう。
次回はぜひとも上村から小川路峠に上がってみたい。

P1260164_サイズ変更
小川路峠へ戻る稜線上。左が伊那谷方面、右が遠山谷方面。
稜線を境に伊那谷側はブナやミズナラの広葉樹林、遠山谷側はカラマツ林とくっきり分かれているのがおもしろい。
ここらは遠山谷のほうで植林が盛んだったらしい。

テントまで戻り、そのまま北側の展望地まで行ってみた。

IMGP0825_サイズ変更
すっかり晴れて風もなくなった。なかなかすばらしい眺め。
南アルプスは薄っすら雪化粧。
・・・それにしても山深い。
上村から大鹿へは山ひだの中を抜けねばならない。つくづくたいへんなところだなと思う。

IMGP0823_サイズ変更
しらびそ高原(1,918m)
拡大するとハイランドしらびそが見えるのだが・・・この写真ではわからないですね。

テントの中でコーヒーを飲んでから撤収。
曽山を目指す。

昨日探索した地点より南(小川路峠側)には分岐の尾根がないことはわかっていたので、ひとまずそこまで古道を下る。
二十九番観音の少し上にあるその地点まで下り、そこから北の稜線上についてもしばらく探索済みだったので、分岐はもう少し下だろうとそのまましばらく古道を下ってしまった・・・これがいけなかった。
いい加減ここらだろうと思い稜線上に上がってみたが、相変らずよくわからない。もう少し下かと古道に戻り、再び稜線上に上がったときには明らかに下りすぎていた。
うぅぅむ・・・労をいとわずきちんと稜線通しに下るべきだった。

が、時すでに遅し。登り返すのも億劫だったし、登り返したところで目的の尾根を見つけられる確証もなかった。
さらについてないことに、この日はなにやら小川路峠を歩くイベントがあるらしく、これから二十人くらい上がってくると行き会った人たちが教えてくれた。
登り返して分岐の尾根を見つけ、曽山まで往復してくることも時間的にはまだ可能であったが、それだと下山のどこかで団体とかち合いそう。
それも気が進まないので、今回はきっぱり諦めることにした。
不本意だが、曽山~小川路峠間は次の機会に回すことにした。アプローチがたいへんなので、できれば今回片付けてしまいたかったのだが・・・次回の宿題になってしまった。
どうにも顕著な尾根ではなさそうなので、次回は曽山から逆方向に詰めてみようと思う。
 
IMGP0830_サイズ変更
諦めて下っていくと、いくつかのグループに分かれて団体が上がってきた。

何人かと言葉を交わすと、小川路峠を整備されているグループの主催するイベントとのこと。毎年十月の第三日曜に行われているらしい。
今年で二十四回目ということなので、ずいぶん長いこと行われているイベントだ。
上久堅と上村の両側から小川路峠に登り、峠で交流するというのがイベントの趣旨らしい。
なんでも上村の人たちが肉とBBQセットをかついで登ってくるらしく、峠でジンギスカンが食べられるのだとか。
(遠山郷には肉のスズキヤなど肉屋(加工業者)がいくつかあり、猪肉や鹿肉など山肉も多く扱っている。遠山ジンギスというのはこのあたりではけっこう有名。)

IMGP0831_サイズ変更
ミズナラのドングリがたくさん落ちていたので、持ち帰って後日庭や隣の藪にばらまいた。

ひょっとしてパンクしてるかも・・・と少々心配だったのだが、デポした自転車のところに戻ってみると、どうにか無事でホッと胸をなでおろした。
パッキングして、スペシャのほうは念のためさらにエアを抜いてゲートまで下る。

P1260188_サイズ変更
行きより荷物も減っているので、気持ちの上でも少々余裕がある。が、念には念を入れてノロノロ下る。
自転車さえ万全ならかなり気持ちのいい道だ。

P1260192_サイズ変更
ゲートまで戻ると、イベントの受付が設置してあった。
デポ地点からゲートまで2.5km。

ゲートのところで千代へと抜けられる林道が分岐している。
この林道を少し行くと、卯月山に登ることができる。
卯月山というのは伊那山脈の前衛峰で、標高1,102m。特に何ということもない里山だが、こんな時でもないとまず登ることもないので、せっかくだからこの機会に登っておくことにした。

P1260194_サイズ変更 P1260198_サイズ変更
ゲートから1kmほど行くと卯月山の登山口。そして山頂までは登山口から僅か5分(笑)。
山頂からは上久堅の集落と、その背後に飯田の街がよく見える。

卯月山を後にして帰路につく。
途中、上久堅でパンクしたのは前回の記事の通り

そこからの30kmはヒヤヒヤだった・・・後輪のエアを極限まで抜いてブヨブヨの状態にし、騙し騙し自宅まで帰ってきた。

関連記事
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.11.12(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 各ページ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。