FC2ブログ

小川路峠と金森山 二日目

日付: 2018/10/21(日) 晴れ
行程: (テン場)0600 ~ 0700(金森山)0710 ~ 0805(テン場)0920 ~ 1130(十一番観音=自転車デポ地点)1210 ~ 1235(ゲート) ~ 1250(卯月山登山口)1330 ~ 1400(パンク@県83交差点先)1500 ~ 1740(自宅)
走行: 38.5km

朝になっても風が強い。

P1260148_サイズ変更
遠山谷は雲海の下。

テントを張りっぱなしにして空身で金森山を往復する。

P1260149_サイズ変更
こちらは展望地から、朝の伊那谷と中央アルプス。
伊那谷には雲がなかった。

IMGP0818_サイズ変更
朝の散歩。気分爽快。
遠山谷のほうへ目をやれば(写真の左側が遠山谷)、樹間に南アルプス深南部の山々が見える。

P1260154_サイズ変更
行く手に金森山が見えてくる。

小川路峠から金森山まで、薄っすらと道があるようなないような・・・一部に明確に道と思しきものが認められるが、大方の部分で消えている。代わりに鹿道が錯綜しているが(笑)、特にわかりにくいところもないので、方位さえ確認していれば迷うことはないと思う。

P1260163_サイズ変更 P1260158_サイズ変更
金森山山頂。三角点以外なにもない。

P1260161_サイズ変更 P1260159_サイズ変更
山頂から、さらに南へと続く伊那山脈=黒石岳、戸倉山方面・・・尾根はきれいにつながっており問題なく歩けそう。
どこから入るか・・・問題はアプローチ。どこから入るにしても、戸倉山まで自転車だと二泊は必要そう。
次回はぜひとも上村から小川路峠に上がってみたい。

P1260164_サイズ変更
小川路峠へ戻る稜線上。左が伊那谷方面、右が遠山谷方面。
稜線を境に伊那谷側はブナやミズナラの広葉樹林、遠山谷側はカラマツ林とくっきり分かれているのがおもしろい。
ここらは遠山谷のほうで植林が盛んだったらしい。

テントまで戻り、そのまま北側の展望地まで行ってみた。

IMGP0825_サイズ変更
すっかり晴れて風もなくなった。なかなかすばらしい眺め。
南アルプスは薄っすら雪化粧。
・・・それにしても山深い。
上村から大鹿へは山ひだの中を抜けねばならない。つくづくたいへんなところだなと思う。

IMGP0823_サイズ変更
しらびそ高原(1,918m)
拡大するとハイランドしらびそが見えるのだが・・・この写真ではわからないですね。

テントの中でコーヒーを飲んでから撤収。
曽山を目指す。

昨日探索した地点より南(小川路峠側)には分岐の尾根がないことはわかっていたので、ひとまずそこまで古道を下る。
二十九番観音の少し上にあるその地点まで下り、そこから北の稜線上についてもしばらく探索済みだったので、分岐はもう少し下だろうとそのまましばらく古道を下ってしまった・・・これがいけなかった。
いい加減ここらだろうと思い稜線上に上がってみたが、相変らずよくわからない。もう少し下かと古道に戻り、再び稜線上に上がったときには明らかに下りすぎていた。
うぅぅむ・・・労をいとわずきちんと稜線通しに下るべきだった。

が、時すでに遅し。登り返すのも億劫だったし、登り返したところで目的の尾根を見つけられる確証もなかった。
さらについてないことに、この日はなにやら小川路峠を歩くイベントがあるらしく、これから二十人くらい上がってくると行き会った人たちが教えてくれた。
登り返して分岐の尾根を見つけ、曽山まで往復してくることも時間的にはまだ可能であったが、それだと下山のどこかで団体とかち合いそう。
それも気が進まないので、今回はきっぱり諦めることにした。
不本意だが、曽山~小川路峠間は次の機会に回すことにした。アプローチがたいへんなので、できれば今回片付けてしまいたかったのだが・・・次回の宿題になってしまった。
どうにも顕著な尾根ではなさそうなので、次回は曽山から逆方向に詰めてみようと思う。
 
IMGP0830_サイズ変更
諦めて下っていくと、いくつかのグループに分かれて団体が上がってきた。

何人かと言葉を交わすと、小川路峠を整備されているグループの主催するイベントとのこと。毎年十月の第三日曜に行われているらしい。
今年で二十四回目ということなので、ずいぶん長いこと行われているイベントだ。
上久堅と上村の両側から小川路峠に登り、峠で交流するというのがイベントの趣旨らしい。
なんでも上村の人たちが肉とBBQセットをかついで登ってくるらしく、峠でジンギスカンが食べられるのだとか。
(遠山郷には肉のスズキヤなど肉屋(加工業者)がいくつかあり、猪肉や鹿肉など山肉も多く扱っている。遠山ジンギスというのはこのあたりではけっこう有名。)

IMGP0831_サイズ変更
ミズナラのドングリがたくさん落ちていたので、持ち帰って後日庭や隣の藪にばらまいた。

ひょっとしてパンクしてるかも・・・と少々心配だったのだが、デポした自転車のところに戻ってみると、どうにか無事でホッと胸をなでおろした。
パッキングして、スペシャのほうは念のためさらにエアを抜いてゲートまで下る。

P1260188_サイズ変更
行きより荷物も減っているので、気持ちの上でも少々余裕がある。が、念には念を入れてノロノロ下る。
自転車さえ万全ならかなり気持ちのいい道だ。

P1260192_サイズ変更
ゲートまで戻ると、イベントの受付が設置してあった。
デポ地点からゲートまで2.5km。

ゲートのところで千代へと抜けられる林道が分岐している。
この林道を少し行くと、卯月山に登ることができる。
卯月山というのは伊那山脈の前衛峰で、標高1,102m。特に何ということもない里山だが、こんな時でもないとまず登ることもないので、せっかくだからこの機会に登っておくことにした。

P1260194_サイズ変更 P1260198_サイズ変更
ゲートから1kmほど行くと卯月山の登山口。そして山頂までは登山口から僅か5分(笑)。
山頂からは上久堅の集落と、その背後に飯田の街がよく見える。

卯月山を後にして帰路につく。
途中、上久堅でパンクしたのは前回の記事の通り

そこからの30kmはヒヤヒヤだった・・・後輪のエアを極限まで抜いてブヨブヨの状態にし、騙し騙し自宅まで帰ってきた。

関連記事
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.11.12(Mon) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

小川路峠と金森山 一日目

小川路峠、別名を辞職峠ともいい、地図によってはそのようにきちんと括弧書きされている。
かつて伊那谷より遠山谷(遠山郷)を訪れるには、天竜川から遠山川沿いに遡るか、もしくは1,000m以上の峠越えをしなければならなかった。
峠越えの道にはいくつかあったが、その中で伊那谷の飯田から最短で遠山郷へ抜けていたのが小川路峠。
現在では飯田市街からR256が伊那山脈の中腹まで来ているが、これがほぼ小川路峠の道筋と一致している。峠道は国道が途切れた先を飯田市と喬木村の境に沿って進み、金森山の北に位置する小川路峠で上村(現飯田市)に入り、上村の中心地上町へと下っている(地理院の二万五千図では飯田から上村へと続く道筋のすべてがR256と表記されている。)
小川路峠の道は地元の有志の方々によって整備と保存がされており、今でも往時を偲びながら快適に歩くことができる。

小川路峠は明治十年頃から改修が進み、牛馬の通れる道として飯田と遠山郷との行き来に使われた。
明治以降、遠山郷に赴任する公職の職員や警察官も皆この峠を利用したわけであるが、そのあまりの険しさに驚き、職を辞したくなったというのが辞職峠という異名の起こりであるらしい。

2017年11月、この峠道をゲートのあるところまで自転車でトレースし、その時はそこを幻の国道R256の終点とした
今回はそのゲートの先、金毘羅様のところまで車で入れると以前おっちゃんたちに聞いたところまで自転車で入り、そこから歩いて小川路峠に向かうという計画。
小川路峠は伊那山脈の主稜線上にあるので、峠にテントを張り、伊那山脈分割縦走の一環として曽山~小川路峠~金森山の間をトレースするというのが計画の主目的。

日付: 2018/10/20(土) 晴れのち曇り、夜になって雨
行程: (自宅)0630 ~ 0915(観音清水)0940 ~ 1000(ゲート) ~ 1045(十一番観音=自転車デポ)1145 ~ 1335(曽山分岐?)1355 ~ (尾根上に出て探索)1425 ~ 1440(小川路峠) ~ 1530(幕営)
走行: 32km

6:30に自宅を出て、すぐにトラブルに見舞われたのは前回の記事の通り。
今回の出で立ちはこんな感じ↓
IMGP0787_サイズ変更

ゲート=R256の終点としたところまでは昨年と同じルートを辿る。
昨年から変わったことといえば、三遠南信道の工事が着実に進んでいることくらい。
IMGP0790_サイズ変更
現在のところぶつ切りに開通している区間がいくつかあり、自動車なら無料で通行できる。

P1260091_サイズ変更
これより3km先というのがゲートのあるところ。

IMGP0795_サイズ変更
観音清水は東屋もあり、格好の休憩場所。すぐ隣に一番観音がある。
ここで水を各自4.5Lほど補給。この先に水をとれそうな場所は期待できないので、一泊分の生活水と行動水をくんでおく。
リムが割れているので重量増が不安だ・・・。

P1260095_サイズ変更
おなじみのゲート=R256の終点。
普段使われてないと思うけど、チェーンと南京錠がゲートにかかっている。
「カギが必要な方は下記までご連絡ください」と電話番号まで表記されているので少々不安になるが、入ったあとで万一施錠されても自転車ならどうにか出られる。
荷物を下ろしてトラバースすればそこから出られるな、ということを確認してから自転車を入れた。

P1260100_サイズ変更
もともと牛馬の通った街道であり、急なアップダウンがなく快適。

P1260105_サイズ変更
「大曲りの水飲み場」
峠道唯一の水飲み場とされた場所で、現在も水は出ている。が、流れが変わったようで、桶のあった場所には出ておらず、道から少々下ったところにけっこうな勢いで出ていた。

P1260110_サイズ変更 P1260107_サイズ変更
十一番観音のすぐ先、ここから勾配がきつくなりそうなので、この場所に自転車をデポ。
いつもの通り靴を替え、ザックにパッキングしなおして出発。

P1260116_サイズ変更
「汗馬沢」
峠の中で一番後まで茶屋があり、最盛期には四、五軒の茶屋があったといわれている。戦後の二十年代まで人が住んでいた。

IMGP0802_サイズ変更
熊野古道を歩いているような気分になってくる。古道歩きは楽しい。

P1260121_サイズ変更
「堂屋敷」
昭和初期まで千代村の野池の人たちが石灰を焼いたところ。伊那谷の農家では水田の肥料にこの石灰が必要不可欠なものであったらしい。
遠山郷の人たちの郵便物はこの街道を利用して逓送されていて、ここに居た沢田一代宅が交換所として利用されていたとのこと(昭和十一年には廃止された)。

P1260125_サイズ変更 P1260123_サイズ変更
「ひいるば」
地名の由来には様々な説があるが、どれも定かでない。天然のカラマツの大木のある広場で、木地師の人たちがここらで生活していたらしい。
眼下に赤石林道が見える。

P1260129_サイズ変更
伊那谷が展望できる場所があった。中心あたりに見える牙のように尖ったところが鬼ヶ城山で、その奥(右側)に氏乗山があるはずだが・・・どれがそうだかわからない(笑)。
13:00過ぎ、このあたりから天気が怪しくなってきた。

P1260130_サイズ変更
二十九番観音の先のこのあたりがおそらく曽山への分岐となるところ。
ザックをデポして尾根上に出てみるが・・・分岐の尾根が見当たらず。

あまり顕著な尾根ではなく、ずっと尾根(主稜線)通しにでも歩いてこない限り探し当てるのは至難の業。
峠道は稜線の直下につけられていて、尾根(主稜線)の向こう側は見えない。
30分ほど主稜線上を探索してみたがそれと思しき尾根を特定できず。
分岐から曽山まで一時間ほどかかるはずなので、この日は時間切れで諦めた。明日の帰りがけに再トライすることに。
ザックを回収して峠道に戻る。

P1260131_サイズ変更
これは熊だな・・・
動物たちも峠道を大いに利用している。

P1260133_サイズ変更 P1260135_サイズ変更
小川路峠に到着。
伊那谷と遠山谷とを結び、生活物資の交換や文化の交流の中心地として、また秋葉山信者の信仰の道として大いに栄えたところである。
ここに五間半×十二間の本棟造りという花菱屋(茶屋)があったというから驚きだ。花菱屋は宝暦年代から大正まで続いたらしい。

P1260138_サイズ変更
峠から南に少し上がったところに展望地があり、伊那谷と中央アルプスがよく見える。
風が強く、この日は天気も悪くて雨も飛んできていた。テント一張りくらいなら張れそうなスペースがあるが、幕営するのは風のない日に限られる。

驚いたのは・・・
P1260137_サイズ変更
ここには電波反射板があったはずだが、撤去されてなくなっていたこと。

さて、テン場。
どこか風を避けられるところを探さないと、この風では幕営は厳しい。鳥居の前にも平坦地があるのだが、そこも風の通り道となっている。
幸い時間はたっぷりあるので、じっくり時間をかけてテン場を探す。

峠から北に少し上がると、今度は南アルプスを展望できる場所がある。
風は伊那谷のほうから吹いていたので風は避けられるが、残念ながらそこには十分な平坦地がなかった。

P1260140_サイズ変更 P1260142_サイズ変更
結局、峠の東の平坦地を整地して幕営。
西側に斜面を背負っているため防風は完璧。ゴーゴーと風音はするもののテントには一切当たらないという快適な場所。

P1260144_サイズ変更 P1260145_サイズ変更
写真じゃわかりにくいが、目の前に遠山谷が広がりロケーションもなかなか。
明日登る金森山もテン場から見える(右)。

16:00過ぎから一時間半ほど雨となった。
風は一晩中強く音だけゴーゴー聞こえていたが、テントが揺らされることはなく実に安心、快適だった。

関連記事
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.11.09(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

久しぶりにリム割れ(涙)

10月末に自転車で一泊の山行に出かけた際に、スペシャの後輪のリムが割れた(涙)。
リム割れなんて実に久しぶり。
山行の記録は改めて書くとして、ひとまずリム割れの顛末をメモしておく。

10月20日の朝6:30、小川路峠に向けて自宅を出発。
走り始めてすぐ、リアブレーキをかけたときの挙動がおかしいことに気付く。
・・・ブレーキをかけると、一箇所だけリムとブレーキシューの当たり方がおかしい。ちょうどリムが振れたときのような感じで、最初はリムが振れてしまったのかと思った。昨日までは特におかしなことはなかったのだけれど。

が、走りながら目視確認しても特に後輪が振れている様子はない。
気のせい、ではないにしても別段深刻なことでもあるまいと、自転車をとめて詳しくチェックすることはしなかった。
この日は行動が長く時間がかかりそうだったので、少々気が急いていたこともある。そのまま無視して走り続ける。

自宅を出てしばらくは下りが続く。
下りでブレーキをかけると異音がするが、ブレーキをかけていなければ特に何事もない。
リムとシューのちょっとした当たりの問題だろう、昨日までは何ともなかったのだから。あとで休憩のときにでもチェックしてみよう、などと思いながら走り続けた。

自宅から2kmほど来たところ、再び下りとなったところで少し強めにブレーキを引いてみる。
すると・・・「ギョワ、ギョワ、ギョワ~」
音が大きくなった。
かまわず引き続けているとそのうち・・・「ギョワ、ギョワ、ギョワ~・・・バキッ!ズズ、ズズゥ、ズズズゥ・・・」

へ?「バキッ」っていったいどういうこと?
さすがに即自転車をとめてリアブレーキまわりをチェックしてみる。
なにやら焦げ臭い。ブレーキシューが傾いてしまってタイヤと接触していた。
「ズズ、ズズゥ、ズズズゥ・・・」というのが、そして焦げ臭いのがシューホルダーごとタイヤに押し付けられたことが原因であることはすぐにわかった。
でもなぜ?なんでそういうことになったのか?
最初はブレーキのトラブルかと思った。
が、そうではないことがわかるまで一分とかからなかった。

「あっ!リムが割れてる・・・」
シューの当たるサイド面が割れてめくれ上がっていた。
「バキッ」というのはリムが割れた音で、割れた部分がブレーキシューと干渉してめくれ上がり、ブレーキシューは曲げられてタイヤと接触した・・・ということ。
発生した現象のメカニズムが頭の中で瞬時に判明した。
車輪が回るように、即座にリムのめくれ上がった部分をむしりとり、ブレーキを元通りに修復した。

P1260185_サイズ変更
この日はなんだかんだ余裕がなくて、写真は翌日撮ったもの。
お気に入りだったリッチーのオフセットリムが割れてしまった(涙)。タイヤも一部リムの外周が当たっていたところが裂けてしまってオシャカ、中のチューブが見えている。
それにしてもこんなところが割れたのは初めてだ。おそらく気付かなかっただけで、事前にクラックが入っていたのだろうね。

さてこの状態だが、パンクはしておらずどうにか走れそうだ。
マユミはやめてもいいと言うが、こういうときの自分は(良い言い方をすれば)非常に前向きで、山行を中止するという気にはまったくならなかった。
しばらく雨続きだった後の貴重な晴れ間だったし、せっかくの休みだったし、二晩かけて準備して朝も早起きして出てきたし・・・。
ということで続行。
後輪のエアを少々抜いて走り始める。
もちろんリアブレーキは以後使えないが、行きのアプローチはこのあと上りでブレーキなどほとんど使わないし、アプローチさえできてしまえば帰りはなんとでもなる、という目論見だった。下りはフロントブレーキを引きずりながらノロノロ下ればいいし、急なところは最悪押せばいいやという腹積もりで。そもそも制動に関してはリアはあまり寄与していないことだし。

で、翌日デポ地点に下りてきたところ↓
P1260184_サイズ変更
パンクもしておらず自転車は無事だった。
パッキングを終えてから撮ったのが一つ上のリムの写真。

下りに備えて後輪のエアをさらに抜いて出発。
IMGP0840_サイズ変更 IMGP0845_サイズ変更
やばそうなところは念のため降りて押し、フロントブレーキを引きずりながら慎重に下る。

IMGP0855_サイズ変更
核心部を抜けて気が緩んだのか、明るく視界が開け、道路が広くなったところで前方の上り返しに備えて車速を上げてしまった。
心も晴れやかに気持ちよく下っていると・・・
「プシャーーー」

P1260204_サイズ変更
自業自得というべきか、当然の帰結というべきか。
自宅までまだ30kmくらいある。

IMGP0857_サイズ変更
果たして自宅まで無事帰れるのか、最悪は自分がマユミのジャイアントで帰って車でピックアップか。
ひとまずチューブを交換してみる。

IMGP0859_サイズ変更
パンク箇所はやはりここ。
リムが割れ、タイヤが裂けて露出したチューブにピンホールが一つ開いていた。

割れたリムの断面にヤスリがけをしたいところだが、あいにくそんなものは携行していない。
酷ければ石で磨こうと思ったが幸い破断面はきれいで、シャープエッジがタイヤに接触したりするようなことはなさそう。
リムの割れた箇所とタイヤの裂けた箇所をずらして装着し、リムの割れた箇所には念のため手拭いを破いて保護布に充てた。
IMGP0862_サイズ変更
パンクしたチューブを切って使おうとも思ったのだが、やはりもったいなくてできなかった。
手拭いじゃほとんど役に立たないだろうが、ないよりマシだろうと気休めに。

エアを極力下げてもうブヨブヨの状態にして、おっかなびっくり乗って帰ってきた。
今回はパンク修理具は持っていないし、予備チューブも他にはなかったので、もう一回パンクしたら自走不可能ということで。

リアブレーキはワイヤをはずして開放した状態で走行。
すっかり暗くなってしまったが、17:40に無事帰宅できた。

次の日、空身なら大丈夫だろうとそのままスペシャに乗って仕事に行ったが、タイヤの裂けたところからチューブが見えているのはやはり危うく、その日帰宅してから屋内で応急処置をした。
リムの破断面にヤスリがけをし、その箇所にプロテクターとしていらないチューブを切って充てた。同様にタイヤの裂けた箇所にも内側のチューブとの間にプロテクターとして入れた。
我が家には自転車は他に6台もあるのだが、すべて室内に保管してあるため出すのが面倒で、このように処置したスペシャにまだ乗っている。

お気に入りのリムが割れてしまったのはショックだったが、それ以上にショックだったのは、換えのリムを探してみたところ今日日26inのリムなどほとんど売っていないということ。
26inがすっかり下火だとは気付いていたけど、まさかここまでとは思わなんだ。自転車雑誌などまったく見なくなってしまったから、すっかり情報に疎くなってしまった。
すぐに絶滅するとは思わないけど今後の状況が不透明なので、この機会にジャイアントの分のリアホイールも一緒に組むことにした。
現在二台分の部品を集めているところ。
ホイールを組むのはすこぶる楽しく、リム割れはショックだったがまたホイールを組めるのかという楽しみも少なからずあったりする。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ ホイール関係] | 2018.11.01(Thu) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

坂バカとパスハンターに捧ぐ! 中峰黒川林道から黒川牧場、黒河山、笹山

今回はアプローチの自転車のほうがメインです。

三伏峠から塩見岳に登るときにおなじみの本谷山。
その本谷山から分杭峠まで北西方向に延びる長大な尾根がある。大鹿村と旧長谷村(現伊那市)の境界をなす非常になだらかな尾根で、伊那谷の天竜川西岸(中央アルプス側)の少し高い場所、例えば清流苑の露天風呂などから顕著に見ることのできる、それはそれは牧歌的ななんとも気持ちのよさそうな尾根である。
尾根の西面に黒川牧場と北川牧場があり、雪が降るとそこだけまっしろになるので遠望するとまるでスキー場があるように見えたりする。

黒川牧場下の山腹をぐにゃぐにゃと複雑に走っているのが林道中峰黒川線で、そのぐにゃぐにゃっぷりは地図を見ても道がどう走っているのかうまく追えないほど。特に、集落への道が複雑に分岐している鹿塩のあたりはどうなっているのかよくわからない。
おまけによく通行止にもなるので(大鹿の場合はここだけに限った話じゃないけど・・・)、走れるかどうかは運次第という道でもある。

そんな中峰黒川林道が今回の舞台。
今回は北側の儀内路から林道に入り、黒川牧場に登って、山にも登ったあと南の鹿塩へと抜けてきました。
林道自体は今では九割方舗装路。大まかなコースプロファイルは伊那谷からアプローチした場合、行きの30kmが上りで帰りの30kmが下りということになります。

日付: 2018/10/8(月) 晴れ
行程: (自宅)0615 ~ (小渋湖) ~ 0810(儀内路=中峰黒川林道入口) ~ 0945(北川牧場分岐) ~ 1005(二児山西尾根取付) ~ 1040(黒川牧場入口) ~ 1100(自転車デポ地点)1120 ~ 1150(天空の池) ~ 1215(笹山頂) ~ 1255(黒河山頂)1310 ~ 1330(天空の池) ~ 1345(自転車デポ地点)1400 ~ (黒川牧場入口) ~ (入沢井) ~ 1520(鹿塩) ~ (小渋湖) ~ 1630(自宅)
走行: 68km

6:15に家を出た。
自宅から渡場に下りて県59(松川インター大鹿線)に出ると、
P1250931_サイズ変更
・・・マジで。
いや、今日はそっちへは行かないけれど、近いうちに地蔵峠から鬼面山に上がろうと思っていたのに・・・どうも無理っぽい。
うぅぅむ。

P1250933_サイズ変更
雲に煙る小渋ダム。最近朝はこんな感じの日が多いです。

この日は体育の日でトンネル工事はお休み。
ダンプがいないので県59は快適だった。代わりに三連休などにおなじみの、県外ナンバーの車が朝からけっこう走っている。

桶谷トンネルの先にある桶谷の泉で水を2.5L確保。
大鹿へ行くときの定番。

最後に大鹿トンネルを抜けるとR152に合流。
右へ行く上村方面にはやはり全面通行止の標示があった。
P1250934_サイズ変更
細かなことはやはり書かれていなかったが、地蔵峠へ抜けるどこかで路肩が崩壊しているもよう。
なんとなくしばらくのあいだ通行できそうにない雰囲気。今季は絶望的だろうか・・・そのまま冬期閉鎖に突入する線が濃厚。
ちなみに、「迂回をお願いします」とありますが、迂回路なんてものはありません。

R152を北上していくと、目指す黒河尾根の山々が見えてくる。写真は柳島のあたりだと思う。
P1250935_サイズ変更
このあたりまでは広くて快適なR152ですが・・・

儀内路まで来るとこんな感じになる。
P1250936_サイズ変更
前方に見えているのが中峰黒河林道の入口。

P1250938_サイズ変更
えっ、マジで。ここもですか・・・ザッツ大鹿。

と、ここまで来てそんなことを言われても困ってしまう。
躊躇なく前進。
ジムニーで通りかかったおっちゃんが、「ゲートが閉まっていて行けないよ」と教えてくれたけど、とにかく前進。

P1250940_サイズ変更
やっぱりか。
いつもの冬期通行止のゲートが閉じているけど、もちろん今は冬期閉鎖のためではない。
このゲートは歩行者が脇から入れるようになっているので、そこから自転車を入れる。自転車なら楽々通れる。

「自転車は押せば歩行者」という理屈で奥へと入っていく。
自転車の場合最悪は担げば、突破できない崩落場所などそうはない。ま、何かあったときには自己責任で。

P1250941_サイズ変更
しばらく九十九折りに上っていく。
・・・と、あるコーナーを曲がったところで強烈に死臭がした。
これは・・・経験上大型動物が近くで死んでるはずだが、走りながらキョロキョロしてみても見当たらなかった。
九十九折りを折り返して再びその地点の上を通過するとまた死臭が漂ってきたが、やはり何も見当たらず。

P1250944_サイズ変更 P1250946_サイズ変更
しばらく上ると開けて明るくなり、樹間に目指す天空の牧場がチラチラ望めるようになる。
そこかしこに沢があって水が簡単にとれるけど、ここの場合どこから流れ落ちているのか正確にわからない沢からはとらないほうが無難。牧場のほうから来ている沢はもちろんアウト。

P1250948_サイズ変更
北川牧場への分岐・・・北川牧場への道は一般車進入禁止。
ここから北川牧場まで1.3km、黒川牧場まで3.3km。

P1250954_サイズ変更 P1250955_サイズ変更
伊那山脈を歩いているとき牧場の近くに大規模な崩落地が見えたけど、ここだったか。
ごっそり落ちている・・・ザッツ大鹿。

P1250956_サイズ変更
二児山の西尾根。
今回は西尾根の取り付きを偵察するのも目的だった。
ここまで自宅から4時間近くかかっている。もう少し気合を入れても3時間はかかるか・・・日帰りで登るのは厳しいかもしれない。

P1250958_サイズ変更 P1250960_サイズ変更
すぐ先に橋が架かっており、橋の上流にいきなり堰堤がある。まずはこの堰堤を巻かないといけない。

P1250963_サイズ変更
橋の先に車4、5台分のスペースがある。

今回は偵察だけしてさらに林道を詰めると、いよいよ牧場が現れる。
P1250965_サイズ変更 P1250967_サイズ変更
いやーこれはなかなかすばらしい。とても気持ちのよいところだ。

P1250969_サイズ変更
黒川牧場の出入り口。
ここに自転車をデポして正面の尾根を登れば、黒河尾根にダイレクトに突き上げることもできる。

が、今回はさらに林道を詰めて、牧場内を走る道と出合うところまで行ってみる。

P1250972_サイズ変更
このあたりからずっと、展望は素晴らしい。
残念ながら中央アルプスは雲の中だが、伊那谷を挟んで手前にある伊那山脈の格好の展望台となっている。

P1250974_サイズ変更 P1250973_サイズ変更
黒川牧場の入口。通行止とある向こうから走ってきました。
北川牧場と同じように、てっきり牧場内を走る道は一般車進入禁止であろうと思い込んでいたが、「砂利道のため注意して走行して下さい」とある。
こんなところ車両進入禁止でいいと思うけど、太っ腹にも?車で入っていいらしい。せっかくなので自転車で入ってみることにする。

ときに黒川牧場ですが、牧場と聞いて一般的に想像されるような場所とは違います。
ソフトクリームを食べられたり搾りたての牛乳を飲めたりするようなところではなくて、単なる夏場の放牧地です。特に何もありません。

P1250980_サイズ変更
最初はこんな感じのフラットダートですが、だんだんガレてきて歩いたほうが早い状況になる。

P1250981_サイズ変更 P1250982_サイズ変更
入口から700~800mほど、標高差にして100mほど上ったところに自転車をデポ。展望がますます素晴らしくなる。

大萱山から大松尾山まで、前回まで歩いたところがよく見える。素晴らしい展望台だ。
P1250987_サイズ変更

P1250995_サイズ変更
無名峠から南へ延びる林道は笹尾の直下あたりで終わっているらしい。

デポ地点からのんびり30分ほど歩くと天空の池に着く。
帰りに撮った写真で、後ろに見えているポコポコした山が二児山。
P1260050_サイズ変更
車は天空の池の先にある駐車場まで入ってくることができる。天空の池の脇にも駐車スペースあり。

その先も黒河尾根の下をトレースが延びている。
P1260006_サイズ変更
黒河山へは、本当はこの写真のあたりで尾根上に出ないといけなかったのだが、あまりに明確なトレースだったため地形図もろくに確認しないまま詰めてしまった。

P1260008_サイズ変更
あたりは一面の笹原。

P1260009_サイズ変更
そして尾根の直下にシラビソの立ち枯れが目立つようになる。鹿の食害と言われている。

P1260013_サイズ変更
さらに詰めると小屋があり、トレースは小屋の前で切れている。

P1260014_サイズ変更
小屋からすぐ尾根上に出られるのだが、倒木がすごくて足の踏み場がない。

あのあたりが山頂かと笹原の中を詰め上がっていくと、ダケカンバの木にプレートらしきものがあるのが見えた。
プレートのほうへ回り込んでみると、
P1260015_サイズ変更
・・・ん?

P1260016_サイズ変更
なんと笹山の山頂だった。
黒河山をスルーして笹山まで来てしまった。

P1260020_サイズ変更 P1260018_サイズ変更
山頂は広い笹原になっている。(右)は三角点。

北のほうを遠望してみるが、どれが黒河山なのかいまひとつはっきりしない。
トレースを戻ってまた通り過ぎてしまうと嫌なので、尾根上をそのまま詰めることにした。

P1260024_サイズ変更
尾根上はシラビソ林で、見通しが利かない。
鹿道が錯綜していて、とにかく倒木が多くて歩きにくい。
シラビソに巻かれたピンクテープは山仕事用ではなく、どうやらルートを示しているっぽい。

P1260027_サイズ変更 P1260028_サイズ変更
唐突に開けたところに出て、そこは伊那谷のすばらしい展望地となっていた。

P1260033_サイズ変更
この先の平らなピークがどうやら黒河山の山頂らしい。

P1260036_サイズ変更 P1260038_サイズ変更
ようやく着いた。

このまま尾根を詰めても牧場へ帰れるが、時間がかかりそうなので行きに歩いたトレースに戻ることにした。
山頂から適当に西のほうへ斜面を下りれば、トレースに戻れる。

P1260045_サイズ変更
下るとここに出た。
これが黒河山だったのかとはじめてわかった(笑)。

デポ地点まで下って自転車をピックアップ。
林道まで下り、そのまま鹿塩方面へと下る。

天空の池にオフの単車が上がってきていたので、こちら側は普通に通行できるのかと思っていたのだが・・・

P1260057_サイズ変更
しばらく行くと道が崩落していた。

P1260061_サイズ変更 P1260059_サイズ変更
すごい。見事に崩落している・・・。
これは当然こっち側も通行止だろうな。
単車も自分と同じく儀内路のほうから上がってきたということか。そっち側は特にこれといった危険箇所はなかったから。

P1260063_サイズ変更
やっぱりか。
でも、ここも歩行者が脇から入れるようになっているので、二輪車なら難なく出入りできる。

P1260065_サイズ変更 P1260066_サイズ変更
確かに道路がなくなっていた・・・。

そのまま下ると「青いけし」の中村農園があり、さらに行くと大池がある。
標高1,300mのあたりから集落がポツポツ現れる。最奥の集落は入沢井ということになろうか。
いくつか分岐を経て塩川沿いの道に出る。
この道は樺沢小屋、そして塩川小屋へと続いているが、林道が合流したところから上は依然として通行止。どうやら新しい堰堤を造っているらしい。
その昔、はじめて塩見に登ったときは塩川小屋から取り付いたが、今や塩川小屋から三伏峠へと登る道は廃道となりつつある。
自転車で再び塩川小屋まで入れるようになるのは果たしていつの日になるだろうか?

塩川に沿って下っていくと、堰堤の上に流木が積み重なっているところがあった。
P1260085_サイズ変更
・・・すごい。先日の台風の時だろうか?
ある意味堰堤がしっかり機能しているということなんだけど、すごい水量だったということですね。

その堰堤からしばらく下ったところに鹿塩温泉がある。
P1260088_サイズ変更
懐かしの塩湯荘。最後に入ったのはもう十年前になるだろうか。
なかなか味のある温泉なので、興味のある方はぜひ天気のいい日に入りに来てください。

毎回思うのだけれど、大鹿村というのはすごいところです。特に奥地は秘境と言っていい。
具体的に何がということはないのだが、なんとなく不安に思えてくる、そんな場所です。
おそらくいたるところから水が出ていることと(水に困らないというのは生活する上ではありがたいことではあるけれど)、それからいたるところが崩れていることが本能的にそう思わせるのだと思う。
こんなところにリニアを通すだなんて正気の沙汰とは思えない。

小渋川沿いを走って16:30に自宅に帰ってきた。毎度伊那谷に帰ってくるとホッとする。
本日の行動時間10時間。歩きが少なかったためにそれほど疲れはなく、ほどよい疲労感が心地いいというコースでした。

関連記事
Theme [山登り] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [■ 伊那谷の山] | 2018.10.12(Fri) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   

ジャイアントのサドルを交換

冬の旅に備えて、ジャイアントのサドルを交換しました。
これまでサンマルコのスクアドラを使ってましたが、いかんせん年代物でへたっているためにあまり長い距離を走るには不安があったので、この機会に交換することにしました。

交換品の第一条件はもちろん安価なことですが、どうやらドッペルギャンガー(260パルセイロ)につけているやつがマユミの尻には合うらしい。
ドッペルにつけたやつというのは、ゴリックスのGX-C14-1という穴あきサドル。いわゆるセラSMPのパクり品です。
が、このサドル、値段は本家の1/10でありながらかなり出来はよく、座り心地はもちろん品質も合格点といってよいのではないでしょうか。本家のほうを使ったことがないので比較はできないですけど・・・。

これと同じサドルが入手できれば一番なんですけど、残念ながらゴリックスのGX-C14-1は完売。
もう手に入らないわけですが、そこは中華製のパクり品。モノは同じだと思われる品がアマゾンでいくつか見つかります。
その中で模様まで含めてゴリックス品と同じであろうと思われた品をポチッとな。

20日かかりましたが無事に中国から届きました↓
P1250896_サイズ変更 P1250897_サイズ変更
一見雑ですが、梱包はまずまず問題なし。

肝心の物はというと、予想通りゴリックス品と同じモノですね。
P1250898_サイズ変更 P1250903_サイズ変更
パッと見の違いといえば、サドルの先端と尾部のプレートに「GORIX」の文字がないくらい。

ちなみに、こちらがゴリックスの物↓
P1250915_サイズ変更 P1250918_サイズ変更

が、今回購入した物はゴリックス品と違って品質がいまひとつでした。
届いた品をよく確認してみると、気になる点が二点。

まずはこれ↓
P1250905_サイズ変更 P1250908_サイズ変更
なぜこんなところを削ってあるんだ?ひょっとしてバリとり?
まったく理解できないが、いずれにしてもこういう強度に関係するようなところを削っちゃダメでしょう・・・。

もちろん反対側も同じように削ってあります。
P1250907_サイズ変更 P1250906_サイズ変更
大丈夫だと思うけど、まさかマユミの尻圧で折れたり変形したりしないだろうな・・・?

当然ゴリックスの物にはそんなものはありません。
P1250916_サイズ変更 P1250917_サイズ変更

そしてこれ↓
P1250909_サイズ変更
表皮をとめるステープラーの針が一箇所はみ出してる(涙)。
せっかく樹脂カバーがついているというのに、なんでこういうことになるのか?まったく理解できない。
ま、こっちは強度には関係なく見た目だけの問題だからまだいいけど・・・。

同じ中国製の製品でも、日本の業者を通すのとそうでないのとでは雲泥の差がある。
例えば衣類。日本で今日日売られている衣類なんてほとんどが中国製なわけですが、日本で買う中国製の服ってそんなに悪くないですよね。
委託も含め日本のメーカなりが中国で生産しているというだけなんで当然といえば当然なんですが、これが例えば中央アジアあたりで見てみるとまったく事情が違っていて、そこで買う中国製の服ってのは本当に酷くてまったくもたない。
そんなことは身をもって知っていたのに、中国から直接買うとやはりこういうリスクがあるんですよね・・・改めて勉強になりました。

ところで買値ですが、一月に買ったゴリックスのほうが2,199円で、九月に買った今回の物が2,880円(涙)。

そんなこんなのサドルに交換してポジション出しをしました。
P1250927_サイズ変更 P1250928_サイズ変更
(左)交換前、(右)交換後

この手のセラSMPタイプのサドルというのはセッティングが少々難しいかも。
乗車ポジションや踏み方にもよるでしょうけど、やや前下がりにセットすると調子がよさそうです。

自分も乗ってみましたが、このサドルはいいかもしれない。
ということは、セラSMPの中級グレード以上のものはやはりいいんでしょうね、もちろん買わない(買えない)ですけど。

関連記事
Theme [自転車] Genre [趣味・実用]
Trackback [0] | Comment [2] | Category [■ サドルまわり] | 2018.10.06(Sat) PageTop
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
記事が面白かったときはポチッとお願いします!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ    
   
   


 Web Page Translation
 You are here / ブログ内の現在地
なかっぴー通信NEO
 トップページ
  └ 各ページ
 About Me / プロフィール

nakappie

Author:nakappie
1970年生まれ。妻と二人信州伊那谷在住。
2009年10月~2013年5月の旅を記録するために”なかっぴー通信”をスタートさせました。
現在は伊那谷にて節約生活をしながら充電中。
2014年4月、ブログのタイトルを”なかっぴー通信NEO”に改めました。
信州伊那谷より~旅のこと、山のこと、自転車のこと、そして田舎暮らしのことなどなど・・・気ままに綴ってゆきます。
”おもしろきこともなき世をおもしろく”そんなふうに生きていけたらいいですね。

 名言集
すばらしい一日でありますように・・・
 ランキングに参加しています
押してもらえると嬉しき哉

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
 Latest Diary / 最新記事
 Category / カテゴリー
 Search Form / 検索フォーム
 にほんブログ村
 アクセスランキング
   
   
i2iポイントサイトへのご招待です♪
 Links / リンク
 Mail Form / メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 Latest Comments / 最新コメント
 アクセスカウンター
 Monthly Archives / 月別アーカイブ
 RSSリンクの表示
 ブロとも申請フォーム